zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!DTM生活5年目に入りました!機材レビュー!制作のノウハウをお届け!


管理人参加のリモートバンド。E.T.C featさよ『Regret』
MIXの依頼やレッスンに関してはTwitterのDMへお願いします!

カテゴリ: 音楽理論

こんにちわ。今日はかっこいいアニソン風ロックの作り方を解説します。

主にバンドサウンドを軸にした楽曲で、上物は主にギターとシンセサイザーが混ざり合ってできています。Lisaさんの楽曲のような力強さとスタイリッシュさを揃えている楽曲を作ってみたい方の参考になれば幸いです。

ドラムは8ビートから派生させて作ろう


4/4のロック系バンドサウンドは基本的には王道の8ビートから派生させてドラムパターンを作ることをオススメします。口に出して言うとドッタンドドタンですね。
8ビートのキックを増やしたり位置をずらしてやることで派生させていきます。色々な組み合わせを試してみてあなたのお気に入りのドラムパターンを見つけてください。ロックバンドのドラムパターンを参考にするのもオススメです。
上記の動画ではドラムパターンを派生させることやフィルインの作り方を解説しているのでぜひご覧になってください。

リードサウンドは色々な音色を重ねてみよう

スクリーンショット 2021-01-12 15.03.06
特徴的なリードサウンドを作る際には色々な音色を重ねてみましょう。例えばピアノとベルを同じフレーズのもので重ねてみるとそれだけでも単体と比べて音色の雰囲気が変わります。
組み合わせは無限にあるのでぜひ色々試してみてください。
シンセサイザーのアルペジオを重ねてみるのもなかなか面白いです。普段思いつかないようなリードフレーズが出来上がったりします。

極太リードシンセはmassiveを使ってみよう

スクリーンショット 2021-01-12 15.08.24
抜けの良い極太リードシンセを使うならばmassiveをオススメします。massiveのプリセットには即戦力となるリードサウンドが豊富に入っているため、プリセットから探すのも全然ありです。動画で解説している曲ではmassiveのA Love Leadというプリセットを使用しています。さらにここでもう一つオススメのシンセサイザーを紹介します。
スクリーンショット 2021-01-12 15.11.54
Steinberg/Hypnotic Danceです。こちらのシンセサイザーはとにかく即戦力がウリです。こちらのプリセットもすぐにアニソンで使えそうなものが豊富に入っているので使用することをオススメします。先ほど紹介した音色を重ねるという技をこちらでも使用すると良いです。
スクリーンショット 2021-01-12 15.14.44
その際に一つポイントとしてはオクターブ違いで重ねることです。オクターブ違いで重ねることで分離感が出るので音の厚みと抜けがプラスされます。

ピンポンディレイで音を左右に散らす

スクリーンショット 2021-01-12 15.20.10
ピンポンディレイはモノラルディレイと違って左右にディレイ音を散らしてくれます。
このエフェクトをアルペジオに使うことで音が分散され、幻想的なフレーズが出来上がります。アタックが早く、リリースの短い音色を使うと綺麗に散らせます。
ピアノはわかりやすく左右に散らすことができるので効果を確認するためにも最初はピアノのアルペジオにピンポンディレイをかけてみてください。クリーンギターのアルペジオにピンポンディレイをかけるのも面白いです。

分厚いギターサウンドを作るなら4つ重ねよう

スクリーンショット 2021-01-12 15.23.16
分厚いギターサウンドを作る場合はダブリングではどうしても限界があります。そのためギターを4つ重ねるクワッドトラッキングという手法を使用します。
  • ギターL100
  • ギターR100
  • ギターL50~80
  • ギターR50~80
14
僕はこの4つのパン振りでギターを重ねます。こうすることでまさにギターの分厚い壁が出来上がり凄まじい音圧が出来上がります。デメリットとしてはMIXが難しくなるという点です。ギターを使用している面積が増えた分、他のトラックとかぶるため綺麗に前に出すことが難しくなります。
そのためクワッドトラッキングは常時使うというよりはギターをメインに出したい展開で使ってやると良いです。ここぞ!というタイミングでクワッドトラッキングを使用し、重厚なギターサウンドを生み出しましょう。

シンセを使用したリードフレーズが思いつかない場合はギターを弾いて考えてみよう

YAMAHA ( ヤマハ ) / PAC612VIIFM IDB エレキギター PACIFICA(パシフィカ)
YAMAHA ( ヤマハ ) / PAC612VIIFM IDB エレキギター PACIFICA(パシフィカ)
あくまでもギターが弾ける方向けですがどうしてもシンセを使用したリードフレーズが思いつかないという場合はギターで一度考えてみましょう。
  • オクターブ奏法
  • アルペジオ
  • タッピング
  • ハンマリング、プリング
これらでリードフレーズを考えてみて、そのままシンセに置き換えてみましょう。意外とカッコ良いフレーズが出来上がることがありますのでぜひお試しを。

小室進行を使ってみよう

小室進行とも呼ばれている6・4・5・1のコード進行を使ってみましょう。

この進行にさらに7やsuss4を加えるとダークでエモーショナルな雰囲気になります。
特に6の音はギターをドロップチューニングにして開放弦で弾いてやるとカッコ良くて男らしい響きになります。小室進行は哀愁さやエモさを演出するにはピッタリなコード進行なのでかっこいいアニソン風ロックを作るならばオススメです。僕もこの進行は頻繁に使用しています。

おわりに

いかがでしたか?すぐにでもお試しできる方法を紹介しました。アニソン風のロックを作る際はシンセサイザーの音色が重要です。トランスリードやトランスゲートなど使ってやるとモダンな雰囲気を演出できると思います。というわけで今日はこの辺で!ではまた

POPSを作ってみましたので作り方やサウンドメイクの解説をします。

2003年~2007年のJ POPを意識して作ってみました。動画を作りましたのでぜひご覧になってください。チャンネル登録や高評価いただけると嬉しいです。

ビートにBattery4を使用

スクリーンショット 2021-01-11 6.13.13
イントロやAメロ部分のビートではNIのBattery4を使用しております。ビートメイクする際にはオーディオデータ直貼りで作ることがありますが今回はBattery4に好みな音色があったのでMIDI入力しております。
POPSのみならず幅広いジャンルに対応したサウンドが多く入っているのでオススメのドラム音源です。
イントロでは少し音を歪ませてビートにオールドな雰囲気を演出しております。
スクリーンショット 2021-01-11 6.17.12
この劣化感を出すためにSteinbergのgrugelizerを使用しています。Lo-Fi Hip Hopを作るときにもこちらのプラグインは便利です。

こちらの記事でもgrugelizerを解説しておりますので参考にしてみてください。

Aメロでピアノのリバースサウンドを使用

スクリーンショット 2021-01-11 6.23.42
Aメロではピアノのリバースサウンドを使用してモダンな雰囲気を演出しております。
リバースサウンドを作るときはインプレイスレンダリングで一度オーディオに書き出してからリバースさせるやり方がありますが
スクリーンショット 2021-01-11 6.25.37
今回はINITIAL REVERSEというプラグインでリバースサウンドを作っています。このプラグインでは一度オーディオに書き出さなくてもそのままリアルタイムでリバースしてくれます。

アコースティックギターでリズム感や音の厚みをプラスさせる

スクリーンショット 2021-01-11 6.29.13
POPSを作るときにはアコースティックギターは非常に便利な楽器です。
  • イマイチ全体のリズム感が楽器陣から出てこない…
  • 音の厚みをプラスさせたい
というような場合に簡単にその問題を解決してくれるのがギターです。コードバッキングでも十分なので積極的に使用しましょう。
僕はギターを演奏できるのでレコーディングすることも可能なのですが今回はインストゥルメント音源を使用し、打ち込んでみました。
2021年現在、リリースされているアコースティックギター音源はどれもクオリティが高いものばかりなので違和感も無く、全体で聴いた時も自然に重なってくれます。音質が良いのともちろん打ち込みなのでリズムのブレもありません。

エレキギターの音色について

スクープ
エレキギターの音色についての質問がよくありますので解説しておきます。エレキギターは今回はSCOOPというブランドのストラトを使用しております。
マーシャル
アンプはMarshallのDSL15Hを使用しております。シングルコイルのストラトとMarshallの組み合わせはまさに鉄板。
フロント
ストラトを使用する時はリアPU一発で使用することはあまりしませんフロントを主に使用し、フロントとセンターのハーフトーンを使用することもあります。丸みと歯切れの良さを持ち合わせたサウンドになるのでお気に入りです。

↑Marshallの音作りについてはこちらで解説しておりますので参考にしてみてください。Marshallで音を作るときには基本的には
  • BASS:12時~3時
  • MIDDLE:1~3時
  • TREBLE:11~9時
Mrashallは高帯域が強いアンプなのでTREBLEは控えめに設定し、逆にBASSやMIDDLEは強めに設定します。僕の環境ではこのように音を作っています。これはあくまでも実機の話ですのでアンプシミュレーターで同じ設定にしても似た音になるかは別です。
上記の動画でも説明していますがアンプの音作りのコツはEQを極端に設定してから調節する方法です。

間奏でD⇨Dmへ転調

スクリーンショット 2021-01-11 7.00.11
スクリーンショット 2021-01-11 7.00.22
サビから間奏にかけて転調しております。ここの転調では単に半音上にする方法ではなく、D⇨Dmへ同主調の転調をしております。この転調はドラマチックな雰囲気を演出させることができるのでお気に入りです。この転調に似たものが浜崎あゆみさんの楽曲でよく使用されております。

Daysという曲で似た方法の転調が使用されておりますので聴いてみてください。

あえて展開は読みやすくする

POPSを作るときに意識していることは聴く側に展開を読みやすくすることです。大衆寄りな曲を作る時は聴く側にとにかくボーカルや歌詞に意識を集中させたいのでなるべく展開させすぎないようにします。
作っている側は「少し単調だろうか?」と感じるくらいでちょうど良く、展開は同じでも使用する楽器を変える、もしくはメロディーラインを少し変えてやるぐらいで十分です。
また間奏で転調しているのは間奏にボーカルがいないからこそ、ここで唯一ガラッと雰囲気を変えてやるという考えです。
このように作っているジャンルによって誰に向けて曲を作っているのかを意識すると良いと感じております。

曲作りにおいて一番大事なのはセンスなのではないか?

ここ最近で特に感じていることが曲作りで一番大事なのはセンスなのではないか?ということです。というのもどのDAWソフトも曲作りにおいて音楽理論を身に付けていなかったとしてもある程度サポートしてくれる機能が搭載されていたり、プラグインにもコード進行を提案してくれるものがあります。
なので現代では作曲初心者でも曲作りがすぐにでも楽しめる時代だと感じています。そこで今後重視されていくのはいわゆるセンスなのではないか?ということです。このセンスの部分に関しては
  • どれだけ多くの曲を聴いてきたか
  • 楽器経験
  • 幅広いジャンルを聴いているか
これらが影響しているものだと感じています。ある程度の音楽理論を身に付けてしまったらあとはこれらを意識することでセンスが磨かれていくと考えています。
これは僕の独断と偏見ですのであくまでも参考として考えてもらえると幸いです。

おわりに

いかがでしたか?POPSにアコースティックギターはめちゃ使えるのでぜひ使用してみてください。今回はギターのサウンドメイクについても解説いたしました。意外と最近のDTMerは実機のギターアンプを触ったことがない人が多いようです。ギターアンプの定番はMarshallとJC-120なのでぜひ一度スタジオで触ってみてください。というわけで今日はこの辺で!ではまた

こんにちわ。今回も音楽理論の記事を書いていきます。この回ではこれまで解説してきた知識が必要になります。
特にこれらは必須ですのでぜひ復習しておきましょう。今回は9thコードについての説明です。

トライアドと7thコードのおさらい

ダイアトニックコードのトライアド、7thコードを一度おさらいします。
スクリーンショット 2020-10-16 14.01.17
ダイアトニックコードのトライアドはこのようにルートからスケール内の音を一音飛ばしで積み重ねていくことで導くことができました。
スクリーンショット 2020-10-16 14.01.17のコピー
  • Ⅰの和音はメジャーコード
  • Ⅱの和音はマイナーコード
  • Ⅲの和音はマイナーコード
  • Ⅳの和音はメジャーコード
  • Ⅴの和音はメジャーコード
  • Ⅵの和音はマイナーコード
  • Ⅶの和音はdim(マイナー♭5)コード
このように導き出していくとダイアトニックコードはこのようになります。
では7thコードはどうでしょうか?7thコードも基本的な仕組みは同じでルートからスケール内の音を1つ飛ばしで4和音にすることで導き出すことができます。
スクリーンショット 2020-10-20 1.08.04
  • CMaj7
  • Dm7
  • Em7
  • Fmaj7
  • G7
  • Am7
  • Bm7♭5
Cメジャースケールの場合はこのようになります。ここまで理解できていないという方は復習しましょう。

9thコード

鍵盤のコピー2
7thコードは1・3・5・7というコードトーンで形成されていました。
9thコードは7の音からさらに3度上の音を追加ルートから見ると9度にあたる音を追加します。
鍵盤のコピー6
1・3・5・7・9の五和音のコードトーンになります。ルートから見て9度にあたる音をテンションと呼びます。9thコードはテンションコードであるということです。
スクリーンショット 2020-11-20 1.59.50
ダイアトニックコード の9thの場合もトライアドやセブンスコードの時と同様にルートからスケール内の音を1音飛ばしで5個積み重ねることで導き出すことができます。
  1. C△7(9)
  2. Dm7(9)
  3. Em7(♭9)
  4. F△7(9)
  5. G7(9)
  6. Am7(9)
  7. Bm7(♭9♭5)
さらに緊張感や浮遊感を感じられる響きになります。
セブンスコードにテンションノートの9thを追加したと考えてこのようなコード表記になりますが省略して次のコード表記にもできます。
  1. C△9
  2. Dm9
  3. Em7♭9
  4. F△9
  5. G9
  6. Am9
  7. Bm7♭9♭5

9と♭9

スクリーンショット 2020-11-20 2.19.55
ここで一度C△9見てみましょう。C△9はルートと9thのDの関係性は長9度の関係性です。このように長9度の関係性の場合はナチュラル9th又はそのまま9と呼びます。
スクリーンショット 2020-11-20 2.21.29
1オクターブ下ろしてくるとルートと全音の関係性です。ではここでEm7♭9を見てみましょう。
スクリーンショット 2020-11-20 2.20.10
Em7♭9の場合はルートと9thの関係性は短9度の関係性です。このように短9度の関係性の場合は♭9と呼びます。
スクリーンショット 2020-11-20 2.22.04
1オクターブ下ろしてくるとルートと半音の関係性です。
  • C△9
  • Dm9
  • F△9
  • G9
  • Am9
これらのコードはルートと長9度の関係性。
  • Em7♭9
  • Bm7♭9♭5
これらのコードはルートと短9度の関係性ということがわかります。

おわりに

いかがでしょうか?トライアドやセブンスコードを理解できていれば9thコードも理解しやすいかと思います。さらに緊張感や浮遊感を演出することができますのでぜひ9thコードも使ってみてください。
特にEm7♭9やBm7♭9♭5はかなり緊張感がきつめです。というわけで今日はこの辺で!ではまた

本日も音楽理論の記事を書いていきます。今回はsus4コードについて説明いたします。
スクリーンショット 2020-11-12 1.59.46

sus4(サスフォー)

スクリーンショット 2020-11-12 2.01.04
  • 完全1度
  • 完全4度
  • 完全5度
が構成音のトライアドで独特な浮遊感を持ったコードです。長3度も短3度も含んでいません。そのためメジャーでもマイナーでもないような曖昧な響きを持っています。コードの特徴として完全4度の音が3度へ解決したがります。
スクリーンショット 2020-11-12 2.04.51
よくある例としてはCsus4(Ⅰsus4⇨)C(Ⅰ)といった流れ。またはGsus4(Vsus4)⇨G(V)⇨C(Ⅰ)といった流れもよくあります。
ちなみにこのsusはsuspended(サスペンデッド)の略です。吊るされたという意味をします。

sus4に7を加えたコード

スクリーンショット 2020-11-12 2.29.40
sus4はトライアドですがさらに短7度の音を加えて4和音にした7sus4が存在します。sus4の浮遊感に短7度の音を加えているためさらにエモーショナルなコードになります。

ちなみにですが私の好きなコード進行。Ⅵ⇨Ⅳ⇨Ⅲ⇨Ⅳ⇨Ⅴ⇨ⅥのⅥとⅤに7sus4を加えるとこのような響きのコード進行が生まれます。このワンコーラスではリズムも3拍子にしているため、跳ねたリズム+sus4の浮遊感により独特な世界観になります。個人的にめちゃくちゃ好きな響きです。
7sus4をドミナントコードとして使用する場合もあります。V7sus⇨Vではなく、V7sus4⇨ⅠとそのままⅠへ向かう流れも独特な響きを持っているのでぜひお試しください。

おわりに

sus4は僕自身も大好物なコードでよく使うコードです。簡単に浮遊感を生み出すことができるのと使いやすいコードですのでぜひ使ってみてください。というわけで今日はこの辺で!ではまた

ここまで学んできた音楽理論でも作曲を楽しむことは十分可能です。
これら7つの知識があればオリジナル曲を作るための最低限の知識は身につきますので復習しておきましょう。
ここからはさらに作曲の幅を広げるための知識を説明していきます。歌謡曲などを聴いているとダイアトニックコード以外のコードを使っている曲を耳にしたことはありませんか?
ちなみにダイアトニックコード以外のコードをノンダイアトニックコードと言います。ノンダイアトニックコードが使用されているときはセカンダリードミナントという手法を使うことがあります。
スクリーンショット 2020-11-05 14.07.50
この記事ではセカンダリードミナントについて説明していきます。

    セカンダリードミナント

    セカンダリードミナントはドミナントセブンスを用いた手法になります。
    スクリーンショット 2020-11-05 12.17.50
    これはCメジャースケールのV7⇨Ⅰなわけですがこれをダイアトニックコードの1以外の各コードから見たドミナントセブンスを想定するという手法です。
    • C7(Fから見たドミナントセブンス)⇨F
    • D7(Gから見たドミナントセブンス)⇨G
    • E7(Amから見たドミナントセブンス)⇨Am
    • G7(Cから見たドミナントセブンス)⇨C
    • A7(Dmから見たドミナントセブンス)⇨Dm
    • B7(Emから見たドミナントセブンス)⇨Em
    各コードからドミナントセブンスを想定するとこのようになります。Fの場合、その5度上のコードを考えてC7と言うことです。
    このように考えることで一時的に各キーから世界観を借りてくることやダイアトニックコードにないコードを使用することができますのでコード進行の幅を広げられます。
    A7⇨Dmの流れはDmの雰囲気を一時的に借りたというように考えます。
    ここでBdimに対するセカンダリードミナントはないのか?と感じられる方もいるはずです。F#7⇨Bdimというように考えることもできますが基本的にはあまり使用することがありません。

    5度圏表を使ってセカンダリードミナントを見つける

    スクリーンショット 2020-10-30 11.28.54
    頭の中で考えるのは難しいという方は5度圏表を利用してセカンダリードミナントを考えることをオススメします。
    スクリーンショット 2020-11-05 13.30.06
    例えばFメジャーから見たドミナントセブンスを見つける場合はFを主音にして考えて右隣にきているのがVになります。そのためこの場合はC7がFのドミナントセブンスと言うことになります。
    スクリーンショット 2020-11-05 13.30.15
    Dmの場合も簡単です。Dmから見たVを探してみましょう。この場合も右隣の音がVになります。
    Dmの場合はA7が使えるということになります。
    マイナーキーで考えるのが難しいという方はメジャーキーで考えれば簡単です。
    スクリーンショット 2020-11-05 13.44.34
    先ほどの「マイナーキーではディグリーネームを考えるのが難しい、もっと簡単な方法はないのか?」という方には一旦メジャーキーで考えて(5度圏表の外枠)主音の右隣の音にセブンスをつければセカンダリードミナントを簡単に見つけることができます。

    おわりに

    いかがでしたか?ノンダイアトニックコードを曲中で使用できるので「曲作りに単調さが出てきてしまった…」と言う場合に使ってみてください。転調をする前にセカンダリードミナントを使用することで自然に転調させることもできるので覚えておくと便利な手法です。と言うわけで今日はこの辺で!ではまた

    ↑このページのトップヘ