zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!DTM生活5年目に入りました!機材レビュー!制作のノウハウをお届け!

管理人のVOCALOIDオリジナル曲を『ZERO』by YOSAGYO
MIXの依頼やレッスンに関してはTwitterのDMへお願いします!

カテゴリ:ギター/機材 > アンプシミュレーター

Line6からHX STOMPの新型が発表されました。その名もHX STOMP XL

Line 6 ( ライン6 ) / HX STOMP XL Line 6 ( ライン6 ) / HX STOMP XL
Line 6 ( ライン6 ) / HX STOMP XL
その名の通り、HX STOMPの機能を拡張したプロセッサーです。もちろんサウンドはフラッグシップモデルのHelixから継承しており、全く引けを取らないクオリティ。
HX STOMPのコンパクトとHelixの良いところ取りをしたようなプロセッサーと考えれば良いかと思います。

フットスイッチが3基から8基へ!ペダルボードに組み込みやすいサイズ


HX STOMPからの特に大きな変化としてはフットスイッチが3基から8基へ増えた点です。
これによりさらに自由度の高いサウンドの切り替えが可能になりました。
エフェクターボードにも組み込みやすいサイズ感なので他のペダルとのスペースの兼ね合いも良いでしょう。
個人的にHX STOMPはギターのみならずベースのアンプシミュレーターのクオリティが非常に高く、スタジオのクオリティのサウンドをギター、ベース、どちらともこれ1台で出力できるのがウリだと考えています。
さらには歴代のLine6の空間系ペダルをモデリングしたエフェクトがプリセットとして用意されているのもLine6ファンとしては胸熱なポイントです。
そしてステレオ・エフェクト・ループを備えているために最大2台の外部ペダルをプリセットに組み込めるのも嬉しいポイント。
4ケーブル・メソッドでアンプと接続ができるため自由度の高いルーティングをこの1台で可能にします。
プリセット内で4つのスナップショットを設定でき、最大4種類の異なる設定を保存、切り替えを可能にします。これにより瞬時に設定の変更が可能ですので曲ごとの設定の切り替えも簡単に行えます。
さらに機能の詳細やスペックを知りたい方はこちらからご確認ください。

おわりに

いかがでしたか?HX STOMPの機能を拡張したプロセッサーということでさらに自由度が高くなりました。意外にもギタリストのみならずベーシストがHX STOMPを使用されている方が多いんですよね。サウンドも十分かつ満足のいくベースサウンドを出してくれます。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

ZOOMからギターマルチプロセッサーG6がリリースされました! ZOOM ( ズーム ) / G6
ZOOM ( ズーム ) / G6
『G11』と同じ最新のエフェクトプロセッシング技術と、スマホ感覚で操作できる4.3インチのタッチスクリーンを搭載しています。そしてなんといっても驚きのコストパフォーマンス。G11は私も試奏してみましたがクオリティは非常に素晴らしいものです。スマホ感覚で操作できてまさに今の時代にマッチしたマルチプロセッサー!

ZOOM/G6

ZOOM ( ズーム ) / G6 ZOOM ( ズーム ) / G6
ZOOM ( ズーム ) / G6
■主な特長
・フラッグシップ機『G11』と同等の最新エフェクトプロセッシング技術
・16種類の定番アンプモデル+6種類の新開発ZOOMオリジナルアンプモデル
・22種類のキャビネットモデルに加え、70個のIRデータをプリセット
・新開発のオリジナルエフェクト:ディストーション2種+モジュレーション3種
・最大2048サンプル、合計120個(70プリセット+50ユーザー)を読み込めるIRローダー機能
・最大7エフェクト+1アンプモデルの同時使用が可能
・240種類のエフェクトパッチをメモリー可能(ファクトリー/ユーザー兼用)
・スワイプやドラッグ&ドロップ操作が可能な4.3インチ・タッチスクリーン
・最長でステレオ45秒(モノラル90秒)のフレーズを録音できるルーパー機能
・68種類のリズムパターン
・2イン/2アウトのUSBオーディオ・インターフェース機能
・外部エフェクトを接続できるセンド/リターン端子を搭載
・音楽プレイヤーなどの接続に便利なステレオAUXインプット端子
・ボリューム/ピッチ/ワウ等をフットコントロールするエクスプレッションペダル
・外部IRデータの読み込みやルーパー録音時間の拡張/保存が行えるSDカードスロット
・追加エフェクト/パッチを入手できる、Mac/PC用ソフトウェア『Guitar Lab』対応
・別売Bluetoothアダプタ(BTA-1)で、iOSアプリ『Handy Guitar Lab』を利用可能
・無償オンラインユーザー登録で、製品保証期間を3年間に延長
サウンドハウスさんより引用
G11と同様のエフェクトクオリティを誇る本機をこのコストパフォーマンスで実現できたのはまさにお見事です。外部エフェクトを接続できるセンド/リターン端子が搭載されているのも嬉しいポイントです。
ギタリストが必要とするサウンドクオリティと機能をコンパクトな筐体に凝縮した本機。コストパフォーマンスの高いマルチプロセッサーを探している方にピッタリの製品です。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

ついにNAMM SHOWでも話題になったLine6のPOD GOがリリースされました。 Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
まさにアンプシミュレーターの代名詞はPODというほどに世界中で大ヒットしたPODシリーズです。僕もPOD2.0、POD XT、POD X3を今まで使用してきましたがPODファンからするとPODの最新作は胸熱です!PODといえば豆型のイメージがありますが今回はフロア型になっています。実際に僕も試奏してみましたので早速レビューしていきます!

PODの最新作!POD GO

Line 6 ( ライン6 ) / POD GO Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
実際に試奏してみてどう感じたのか…。結論から申しますと2020年のハードウェアで一押しのアンプシミュレーターです。
  • コスパ
  • 扱いやすさ
  • 音質
この3つのどれを見ても非常に素晴らしいです。まずは気になるのは音質の面だと思います。それは安心していただきたい。何故ならばHelix/HXファミリーから継承された最先端のサウンド・エンジンをPOD GOに備えているからです。ハイゲインサウンドやクリーンサウンド、どのアンプタイプも非常に上手くできており、プリセットもちゃんと使えるサウンドです。音質はそのままレコーディングで使えるサウンドなのでエンジニアにも安心して渡すことができるクオリティです。
扱いやすさはPODならではのギタリストユースのUIと操作性になっており、直感的ですぐに音を作り込めるようになっています。アンプシミュレーター特有の難しい操作を感じさせない作りはさすがPODの最新作です。

ライブでも十分に使えるアンプシミュレーター


宅録のみならずライブの使用も想定された作りになっています。MAIN OUT(LINEステレオ出力)はもちろんですがPOD GOはAMP OUTを備えており、ライブでは使用する場合はAMP OUTからパワードキャビネットへ、MAIN OUTはPA卓へ送るといった使い方が可能です。 Line 6 ( ライン6 ) / Powercab 112 Plus
Line 6 ( ライン6 ) / Powercab 112 Plus
Line 6からパワードキャビがリリースがされているのでライブではPOD GOとPowercabの組み合わせがベストでしょう。今までアンプシミュレーターをライブで使用する際はアンプのSEND/Returnに挿して音をキャビネットから出していた方はぜひこの組み合わせがあることも頭に入れておいていただきたい。
さらに本機のエフェクト・ループを活用して、手持ちのコンパクト・エフェクターやアンプのプリアンプ部をPOD Goに組み込む“4ケーブル・メソッド”も可能です。この価格帯にしてよくこれほどのクオリティと操作性、ライブでの実用性を実現したと関心するばかりです…。

おわりに

いかがでしょうか?この価格帯でこれほどの充実したクオリティと機能はなかなかないと思います。本当に「よくやってくれましたLine6!」と思うばかりです。僕も今後ライブをする機会があればPOD GOを使いたいくらいです。重さも軽量なので持ち運びも楽です。単純にPODファンとして最新作が出ただけでも嬉しいです。というわけで今日はこの辺で!ではまた

大人気最強アンプシミュレーターのKemper Profiling Amplifier Kemper Profiling Amplifier
なんとフロアタイプが出ると発表されたようです。
どうやらKEMPER PROFILERとPROFILER Remoteを一つにしたタイプのようです。

さらに今まで以上に持ち運びが楽になります。ギタリストの機材のミニマム化が進んで行きますね。

KEMPER PROFILER STAGE

Kemper Profiling Amplifier
Kemper Profiling Amplifier
今までのKemper Profiling Amplifierサウンドのクオリティはそのままにもちろんのことプロファイリング機能も使えるようです。パワーアンプは搭載していません。
ライブで使うとなると一般的なのはPA宅に直送りもしくはJC-120のSendに挿すという方法になるのかもしれないですね。
まだまだギタリストのアンプシミュレーターのトレンドは続いていきそうです!
というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日My New Gearを果たしましたソフトウェアギターアンプシミュレーターの代表格一つ

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAXです
300機種以上のギター機材を網羅しています
それもそのはずAmpliTubeシリーズ製品のすべてのギア・モデルを含んだバンドルがこのAmpliTube MAXです
ギタリストならば一度は触ったことのあるアンプタイプばかりではないでしょうか
この記事ではAmplitube4 MAXを紹介させていただきます

著名ブランドの実機を忠実に再現!公認ギア・モデル

著名ブランドの実機を忠実に再現した公認ギア・モデルが用意されています
Amplitube4のアンプシミュレートに対するこだわりがハンパじゃないのがこれだけでも伝わってきます
MESA/BoogieR、FenderR、AmpegR、OrangeR、SoldanoR、CarvinR、EnglR、 Wampler PedalsR、T-RexR、Seymour DuncanR、MorleyR、Z-VexR、Dr. Z
AmplificationR、FulltoneR、Groove TubesRなど、伝説的名機、人気のストンプ・エフェクトなどのオリジナルの実機を忠実にモデリング。
サウンドハウスさんより引用
公認ギア・モデルのものは本当にまんまそれってやつです
僕も使ってみて感じたのは忠実に再現されているためシミュレートっていうよりは実機そのものです
「現代のアンプシミュレーターのクオリティは音だけ聴いたら判別できないんじゃないか」…っと感じさせるほどです

ずーーーーっと触り続けてしまいそうになるほどの自由度


サウンドのクオリティも凄まじいものを誇っていますがAmpliTube MAXのすごいところはそれだけではありません
ギタリストが実機を使ってこうしたい!とかこれがしたかった!を叶えてくれるソフトウェアでもあります
自由度がとにかく高いので痒い所に手が届くどころか、ずーーっと触り続けてしまいそうになります IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
マイキングの位置の変更はもちろんですがキャビネットの中身や部屋のタイプまで選ぶこともできます
「ギターアンプのゲームみたいだな…」っと感じるくらいです IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
ペダルエフェクトやラックエフェクターも入っています。スライドさせるだけで順番も簡単に変更できます
これ一つだけで宅録ギタリストがギターで遊びたいことが完結できてしまいます

素材としてのクオリティが高いためMIXも上手く混ざりやすい


↑早速サンプルも作ってみました
主にMesa、ORANGEのシミュレートでギターの音を作ってみました
素材としてのクオリティが高いためMIX時も複雑な処理をしなくても綺麗に混ぜ合わせる事ができました
いわゆる音の情報量が多いためMIX時もEQの効きが良いのです
DAW側でアナログEQのプラグインを使って磨きをかけることでさらに力を発揮していきます
私の場合はアナログEQとデジタルEQの二段がけで音作りに磨きをかけています
アナログEQは主に加算、デジタルEQは主に減算させるという役割で分けています

終わりに

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
元々Amplitube3を持っていましたがAmplitube4にバージョンアップしてからのクオリティの向上に驚きました
本家公認のアンプモデルの再現度の高さが特に印象的です
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ