zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!DTM生活5年目に入りました!機材レビュー!制作のノウハウをお届け!

管理人のVOCALOIDオリジナル曲を『ZERO』by YOSAGYO
MIXの依頼やレッスンに関してはTwitterのDMへお願いします!

カテゴリ: REC

こんにちは
sm0wnIKpklbh3Kz1631716540_1631716563
今日はボーカルレコーディングで発生するノイズの種類と原因&対策のいくつかを紹介します。

音割れの原因(クリッピングノイズ)

ピーク値
「レコーディングした音が歪んでしまっている」このような経験をされた方はいませんか?
これはREC時の入力レベルが高すぎて0dbを超えてしまった時に発生します。音割れしてしまった音源はMIX時に修復することは基本的にできません。
そのため、RECの時には必ず0dbを超えない入力レベルの設定でRECしましょう

「プチッ」というノイズの原因(プチノイズ)

いわゆるプチノイズと言われるものです。これはパンチインでRECした際のイベント又はリージョンのつなぎ目で発生します。
またMIX時に手コンプをした際にも発生することがあります。特にイベントの切り目が悪いとプチノイズが発生します。そのため手コンプはなるべく無音部分で切り目を入れることをオススメします。
25
パンチインや手コンプをした際にイベントのつなぎ目でプチノイズが発生する場合は対策としてはつなぎ目でクロスフェードを入れることです。それでもダメな場合は最終手段としてノイズ除去プラグインを使用しましょう。

「サーッ!」というノイズの原因(ホワイトノイズ)

IFにマイクを繋げているだけなのに「サーッ!」というノイズが発生したことはありませんか?
これはホワイトノイズと言われるノイズです。歌を録っている時にホワイトノイズが混入すると非常に厄介です。電源の環境によってこのノイズ量がどれくらい混入するのかが決まるので気になるぐらいにノイズが入るのであればパワーディストリビューターをオススメします。
TASCAM ( タスカム ) / AV-P250 パワーディストリビューター
TASCAM ( タスカム ) / AV-P250 パワーディストリビューター

ホワイトノイズはノイズ除去プラグインである程度取り除くことが可能です。

WavesのZ-Noiseではこのようにホワイトノイズを除去できます。しかし同時に音質も劣化してしまうのでRECの段階からホワイトノイズがないことに越したことはありません。

「ボフッ!」というノイズの原因(ポップノイズ)

レコーディングをしている時にブレスがマイクに当たって「ボフッ!」という音が録り音に入ってしまったことはないでしょうか?これはポップノイズというノイズです。
REC時にポップガードを使用しているでしょうか?もしポップガードを使用していないのであれば絶対にポップガードを使用しましょう。
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / PG11
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / PG11
ポップガードを使用しているけどそれでもポップノイズが入ってしまうという場合は鉄製のポップガードをオススメします。
SE ELECTRONICS ( エスイーエレクトロニクス ) / POP SHIELD
SE ELECTRONICS ( エスイーエレクトロニクス ) / POP SHIELD
鉄製のものは布製と比べて余分な低域を避けてくれるため、音質もクリアになります。

壁からの反響音の原因

コンデンサーマイクを使用してRECしていると壁に声が反響した音が混入したことはありませんか?
これもノイズになってしまいます。反響音が入らないようにREC時は吸音する必要があります。
反響音が入らないように吸音する方法は
  • 壁に吸音材を貼る
  • 壁に服や毛布などの布製のものを壁吊す
  • リフレクションフィルターを使用する
などです。賃貸だから壁に吸音材を貼るのが難しいというの場合は毛布を壁に吊すのがオススメです。
吸音材代わりになるものは身近に色々ありますが僕のオススメは毛布やカーテンです。

リフレクションフィルターを使うのも方法の一つです。これはマイクスタンドに設置するタイプです。
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900 リフレクションフィルター
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900 リフレクションフィルター

リフレクションフィルターは反響音対策として確実な方法なのでこちらもオススメです。

ハウリングの原因

ハウリングはマイクで歌った声がモニタースピーカーから再生され、その音をまたマイクが拾うといった音の入出力のループによって発生します。
これは超基礎的な知識ですがボーカルレコーディングの時はスピーカーから流れたオケを聴いて歌うのでのではなく
  • RECはスピーカーはミュート、ヘッドホンでオケを聴いて歌う
これを必ず守ってレコーディングしましょう。こうすることでREC中にハウリングは発生しません。

おわりに

いかがでしたか?REC時に不要なノイズが入ってしまうとせっかくの良い歌声が台無しになってしまいます。
「MIXの時にプラグインでノイズを除去しよう!」このような考えを最初から持っていてはいけません。
RECの時にはノイズの混入を極力抑えることを意識しましょう。というわけで今日はこの辺で!ではまた

2020年はバンドレコーディングを中心にエンジニアとして活動することが多い年でした。バンド数で考えると6バンドほど、音源で考えると1年で15曲以上レコーディングしました。
IMG_3154
自分自身も学ばせてもらうことが多く、さらなる技術向上をさせていただきました。特にボーカルレコーディングやボーカルMIXでは学ぶことが多かったのでこの記事では上手いボーカリストの特徴をまとめておこうと思います。

1.ピッチが合っているのは当たり前。さらに表現を盛り込んでくる

スクリーンショット 2020-12-21 20.25.46
ピッチが合っているから=上手いというレベルの話はカラオケで歌っている人のレベルの話と感じております。上手いボーカリストの特徴としてピッチが合っているのは当たり前の上で人間だからこその表現を入れてきます。
ピッチが合っているから歌がうまいと言う基準があるならばそれはVOCALOIDで良いのでは?ということです。聴いていてカッコ良いボーカリストというのはエンジニアがMIXで調整をしているときに思わずニヤッとしてしまう瞬間があります。この瞬間こそが上手いボーカリストの証だと感じております。
VOCALOIDではなくそのボーカルじゃないと表現できないものがトラックに感じられるかどうかが大事なポイントです。

2.曲に合ったリズムの取り方をする

曲はリズムの取り方で雰囲気が決まってきます。4/4拍子の場合は最もポピュラーな拍子で強、弱、中強、弱の拍の取り方になりますがそういった拍の取り方を歌声でも意識できているかどうかと言うところです。わかりやすい例は3/4拍子の曲です。3/4拍子の曲は舞曲で使用されることがある通り、優雅かつ跳ねるようなイメージを曲で表現されます。

↑Bメロで前ノリ、サビで溜めるような拍の取り方をしている
そのような曲に合ったリズムの取り方を歌声で表現ができるボーカリストは曲の雰囲気にマッチしていることが多くあります。そういった拍の取り方は音の切り方や音の立ち上がりなどの一つ一つに出てきます。こういったピッチだけではなく拍の取り方などの細かいところまでこだわっているボーカリストのトラックには驚きます。

3.メインパートはもちろんのことコーラスのこだわりがすごい

スクリーンショット 2020-12-21 21.12.58
↑このように一つのハモリをダブラーでステレオにすることがよくあるがこれを使用せずにLR別々に録ってきてしまうということ
今まで出会ってきたボーカリストの中で凄まじいボーカリストと感じた方の特徴がとにかくコーラスのこだわりがハンパじゃないというところです。MIXの処理としてコーラスは1本でダブラーを使用し、LRに振りステレオにするといった処理をすることがありますがこれをLR別々で1本ずつ録ってくる方がいました。わかりやすい例だとギターのバッキングはLR別々にレコーディングすることがありますがそれをコーラスでやってきたと言うことです。ピッチとリズムのコントロールが凄まじいからこそできる技術。
3度や5度ハモリだけではなくコーラスの追加アレンジまで行うボーカリストには脱帽です。

4.しゃくりやビブラードの使い方が絶妙

スクリーンショット 2020-12-21 20.23.33
上手いボーカリストの特徴にしゃくりやビブラードの使い方が絶妙といった共通点があります。特にしゃくりに関しては上手い人と下手な人の差が大きく出ます。しゃくりには大きく分けて2つあります。
  • 歌の表現としてのしゃくり
  • 単にピッチに自信がないからしゃくって半音下から入っている
このように2つありますが歌の表現としてのしゃくりに関してはボーカリストの意図が感じられるのとピッチの違和感もありません。
スクリーンショット 2020-12-21 20.28.42
上手いボーカリストのビブラートに関しては単にピッチが合っているだけではなくビブラートのかけ方の強弱までこだわりを感じられます。このようにしゃくりやビブラードの使い方でボーカリストの実力が出ると感じております。

5.RECの時に画面を見ていないのに波形がどのような動き方をしたか理解している

スクリーンショット 2020-12-21 20.20.40
これはレコーディングの時に実際にあった話なのですが僕が北陸でもトップクラスのボーカリストと感じる方のレコーディングをさせてもらった時に
「今のテイクの波形が3音目の部分だけ大きくなってしまったので録り直させてもらっても良いですか?」とおっしゃることがありました。画面を見て言っているわけでもないので驚きでした。
これに関しては歌うときの力の入れ方やピッチの取り方を自分で把握できているからこそ波形の動きがわかるのだと感じています。普段DAWソフトを使っている方でもないのでただただ驚きでした。

おわりに

いかがでしたか?ざっと上手いボーカリストの5つの特徴をまとめてみました。特に共通しているのは1.2.3です。5に関しては特例です。しかし上手いボーカリストほど自分の歌い方を理解して声をコントロールしています。コーラスをこだわっている人が多いのも事実です。ピッチが合っている=上手いと言う基準で留まらず、ボーカリストとしての良さを歌で表現していると言うことですね。
と言うわけで今日はこの辺で!ではまた

ここ最近はマルチマイクでドラムレコーディングをする機会が増えてきました。
セルフでバンドレコーディングに挑戦されてきた方はドラムレコーディングで苦戦されてきた方も多くいるのではないでしょうか?
それもそのはず、ドラムレコーディングはボーカルレコーディングのようにマイク1本ではありません。マルチマイクだからこその難しさがあります。
私も今まで試行錯誤を繰り返し、心が折れそうになったことが何度もありました。
今では自分なりに狙った音が録れるようになりましたので私なりのドラムレコーディングのコツや気づいたことをこの記事で紹介します。 AUDIX ( オーディックス ) / DP5A ドラムマイクセット
AUDIX ( オーディックス ) / DP5A ドラムマイクセット

スネアにマイク2本は必ず使うべし

IMG_0884
良い音でスネアを録りたいならばトップとボトムのマイク2本は鉄則です。私も何度もトップだけにマイクを立ててドラムレコーディングに挑戦しましたがトップだけではスネアらしい質感がうまく出ないんですよね。というのもスネアはスナッピーがあるからこそスネアらしい響きが出るのでその部分をちゃんとマイクで拾ってやらないとしっくりくる音にはなりません。
なのでスネアはトップとボトムの2本をセットで録ると覚えておきましょう。

↑マイキングについてはこちらの記事で解説しています。

キックはバウンダリーマイクで録る

IMG_0345
ドラム音源のマイクにはあまりバウンダリーマイクは登場しませんが実はバウンダリーマイクはキックを録る時のド定番です。安定感と重厚感のある音で録れます。基本は置くだけでOKなのでマイクスタンドも使わなくて良いのでセッティングも簡単です。
キックはバウンダリーマイク一発とビーター側にも別にマイクを立ててやると尚良しです。これもスネア同様に2本で録るのがベターです。仕事でPAの方と機材談義をすることがありますが「キックはバウンダリーマイクを使え」とアドバイスをいただきようやくここにたどり着きました。
今まで色々マイクを試してみましたが今の所はこれが一番しっくりきています。58で試したこともありますがうまい具合にキックの重厚感が録れませんでしたね…。

金物はペンシル型コンデンサーマイクが鉄則

RODE ( ロード ) / NT5 Matched Pair コンデンサーマイク
RODE ( ロード ) / NT5 Matched Pair コンデンサーマイク
金物は基本的にペンシル型コンデンサーマイクで狙うが鉄則です。ハイハットだけダイナミックマイクで録ったことがありますが金物の高帯域のサスティンやきらびやかさがうまく録れません。どれか一つでもペンシル型コンデンサーマイクでなかった場合は必ず違和感が出ます。ハイハットは特に露骨に影響が出るので気をつけましょう。
IMG_0343
マイクの本数に余裕がある場合はライドにもマイクを立ててやると尚良しです。今ではライドにマイクなしは考えられないですね…。

コントロールルームで録り音を確認する

IMG_0866
ドラムレコーディングに慣れていないときにありがちなのがエンジニアがドラマーと同じ部屋に入って録るという状態。これはセルフレコーディングやり始めのあるあるなのですがこれでは録り音の確認が難しいです。さらにはドラムが爆音で叩いてる部屋に長時間一緒にいることになるので疲労も凄まじいものになるので冷静なディレクションができません。
そのため必ずコントロールルームを使用してドラムレコーディングをしましょう。

クリップ式マイクスタンドがあるとセッティングが簡単

IMG_0344
クリップ式のマイクスタンドがあるとセッティングがめちゃくちゃ楽です。かなりセッティングが時短できるのでオススメです。マイキングも楽。欠点としてはたまに間違ってドラマーが叩いて壊れてしまうことがありますが…。

マイクの本数は10~12本がオススメ

BEHRINGER ( ベリンガー ) / ADA8200 ULTRAGAIN DIGITAL ADATコンバーター / 8chマイクプリ
BEHRINGER ( ベリンガー ) / ADA8200 ULTRAGAIN DIGITAL ADATコンバーター / 8chマイクプリ
実際のところスネア2本、キック2本…とこだわっていくとマイクの本数は8本を超えてしまいます。アナログ入力が8ch以上のIFは結構高価だったりするので敷居を高く感じられると思います。そういった場合にオススメするのがIFとマイクプリアンプをオプティカル接続で繋げる方法です。
IMG_0341
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR816C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR816C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
私の場合はUR816Cを2台使用。1台をHAモードで使用し、オプティカル接続で16inにしています。やはり16inputもあれば録り音に余裕ができます。
1本でマイキング!とか2本でマイキング!といった話を聞く事はありますが実際のところ、かなりの経験者でもないと少ないマイクの数で狙った音にするのは至難の技です。僕のオススメのマイクの本数は10本~12本です。
  • スネア2本
  • キック2本
  • ハイハット1本
  • タム2本又は3本
  • OH 2本
  • ライド1本
  • ROOM1本
例としてマイクの本数を上げてみました。少ないマイク数よりも多くあったほうが後々自由が効いてくると感じています。先ほども述べましたがスネアは必ずマイクを2本使いましょう。

録りの段階でほぼクオリティが決まる

ギターレコーディングやボーカルレコーディングの時と同様に録りの段階でほぼクオリティが決まります。MIXで音を加工して良くするという考えはあまり賢明ではないと私は考えています。ドラムのMIXに慣れていない人ほどマイクやマイキングにこだわって音を録ることを意識した方が良いと考えています。
録り音は微妙だけどMIXでなんとかしてやる!という淡い期待は持たない方が良いと僕は言い切ります。

おわりに

いかがでしたか?実際に体感してみて大事だなと思う部分をまとめてみました。あまり専門的な知識を詰め込んでも逆に敷居を高く感じられてしまうと思うのでわかりやすい部分をまとめています。
実際に紹介したことを試していただけると何かしら今までと違った手応えを感じられるはずですので参考になると幸いです。というわけで今日はこの辺で!ではまた

スタジオでマイクを使用する際に清潔に使用する方法を紹介します。
NKJ52_karaokeutauonnanoko_TP_V
特にスタジオやカラオケが連続で前にも後ろにも続いている場合、他人が使ったマイクで歌うとなると衛生面を気にしてしまいますよね。この記事では少しでも清潔にマイクを使用する対策を紹介します。

マイクロホンシャワーを使用する

JASSC ( ジャスク ) / MRC-ZERO マイクロホンクリーンシャワー
JASSC ( ジャスク ) / MRC-ZERO マイクロホンクリーンシャワー
マイクをキレイに洗浄してくれるマイクロホンシャワー。マイク用の除菌、消臭スプレーですのでそのままマイクから10cmほど離して1秒ほど吹きかけてください。
除菌だけではなく消臭もしてくれる優れもの。清潔にマイクを使用するならばこれだけでも十分な効果を得られます。

マイマイクの使用をオススメ

SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク
SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク
衛生面や音質を気にしている方はすでにマイマイクを使用しているかもしれませんね。「他人が使用したマイクを使うのは嫌…。」という方はぜひマイマイクをオススメします。
カラオケでマイマイクを使用する人もいます。やはり自分のマイクがあると愛着も湧きます。
マイクロホンシャワーと合わせて清潔に使用しましょう。

定期的にグリルボールを洗う

SHURE ( シュアー ) / RK143G SM58用グリルボール
SHURE ( シュアー ) / RK143G SM58用グリルボール
定期的にグリルボールを洗いましょう。特にニオイが気になる部分ですので換えのグリルボールを用意して洗う際に交換します。
SHURE ( シュアー ) / RK143G SM58用グリルボール
グリルボールの内側にはこのように黒いスポンジが入っています。このスポンジをウインドスクリーンと言います。ちなみにこれは歌う際の破裂音(ぱぴぷぺぽ等)を抑えてくれる効果があります。
グリルを洗う際は水洗いで大丈夫です。食器用の洗剤で洗えばニオイも抑えられます。
複数のグリルを洗う際に大きな鍋を用意して沸騰した水の中に入れてグツグツと加熱して洗う人もいるようです。

おわりに

このように衛生面に気をつけてマイクを使用すれば感染症の予防にもなるはずです。マイマイクの使用をオススメしますが、もしスタジオのマイクを使用する際はマイクロホンシャワーを吹きかけるだけでも十分な効果が得られるはずです。ぜひ清潔にマイクを使用しましょう。

バンドレコーディング、ボーカルレコーディングをすることが増えてきました。
その中で大事なのはディレクションと感じています。
もちろんレコーディングする側の技術が大事なのは前提のお話で、そのボーカルや演奏者の力をうまく引き出してあげるのがディレクションと僕は考えています。
宅録バンドレコーディングで大事なこと:OKテイクとNGテイクの判断の重要性
↑過去記事でもディレクションの重要性をこちらで述べていますのでぜひ一度読んでみてください。

わかりやすく歌い方やニュアンスを伝える⇨アカペラで確認

このようにコントロールルームとレコーディングルームを分けてレコーディングをするのが鉄則です。
同じ部屋にいた場合はどうしても客観性を失ってしまったり、冷静な判断、音の質感を感じることが難しいからです。そのためなるべくこのように別々の部屋でディレクターが指示を送りましょう。
OKテイクやNGテイクの判断だけではなく、歌い方やニュアンス、曲のイメージを伝えるのもディレクションの一つです。
  • 歌の強弱
  • トーンの付け方
  • 語尾のニュアンス
など、歌のニュアンスや表現をなるべく明確に伝えてあげることが大切です。
動画にもあるように歌い方を説明したらそのまますぐに録り始めるのではなく、アカペラで確認することでイメージが伝わりやすくなります。
ボーカルが落ち着いて録れるようになるべく急かさないように気を配りましょう。

ボーカルの技術力に合ったディレクションをする

music_recording_singer_man
これはコツというよりは考え方なのですがやはりボーカルにも上手な人とそうでない人がいます。
上手な人の場合は歌い方を伝えた際にそのイメージを歌で表現する技術がありますが
そうでない人の場合はディレクションで歌い方を伝えても表現する技術がそもそも備わっていない場合もあります。そういった場合はその人が現状一番歌いやすそうな声の出し方を提案しましょう。
要はボーカルの技術力に合ったディレクションでベストテイクが録れるようにアシストするといった考え方です。

おわりに

SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク
SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク
やはりレコーディングは毎回新たな発見があってやりがいを感じています。ディレクションも大事な仕事の一つとして意識することが増えてきました。
この記事を読んでくださった人もレコーディングをする機会があればぜひディレクションで録りやすい環境作りを意識してみてください。というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ