こんにちわ、久しぶりの執筆になります。今回はドラムのキックを太くする2つの方法を紹介します。
z9ezhPPjhXx7sVJ1620641185_1620641235
紹介する2つの方法はすぐに実践できるものなのでぜひお試しください

EQで太くする

スクリーンショット 2021-05-10 18.37.36
この方法は色々な方が紹介していると思いますし、既に実践されている方も多いことでしょう。
僕がオススメするブーストポイントはズバリ70Hz辺りです。いろいろ試した結果、キックを太くするならばこの辺りがベストだと感じております。
6dbくらいブーストしてみてイマイチうまくいかないという場合はドラム音源のマイクの位置を内側ではなく外側へ移動させてみてください。

EDM系のキックをレイヤーする

EQのブーストも試したけどそれでも上手くいかない!という場合はキックをレイヤーさせます。こうすることでキックの音色の重心が下がります。
レイヤーさせるプラグインもいくつかありますが僕がオススメするのはEDMのキックで使用されているようなサンプル素材です。
スクリーンショット 2021-05-10 18.48.57
Cubaseを使用されている方はMedia Bayから探してみましょう。僕がよく使用しているサンプルは03 kick hitです。
このサンプル以外にも重ねると太さが増す音色がいくつかあるのがぜひお気に入りのサンプルを色々探してみてください。
ポイントとしてはサンプルの低域が強めのモノです。足りない帯域をレイヤーすることで補完してやるという発想だからです。「EQでダメなら足りない帯域にいっそのこと音を突っ込んでやれ!」ということです。
スクリーンショット 2021-05-10 18.52.51
オーディオデータ直貼りでも良いですが手間がかかってしまうのでサンプラートラックの使用をオススメします。

おわりに

いかがでしたか?「これで上手くいかない!」という場合はドラム音源のプリセットやキットからもう一度見直してみましょう。ドラムのキックの音作りは全体のサウンドに大きく影響が出る部分です。
特に力強いロックなバンドサウンドはキックの音作りで悩んでいるという方も多いと思いますのでこの記事が何かしらの参考になれば幸いです。というわけで今日はこの辺で!ではまた