ここ数年で音楽ストリーミングサービスが日本でも普及してきています。SpotifyやApple Musicを利用し音楽を普段聴いている方も多いのではないでしょうか?
6dSqUWnpm62V0hU1614603893_1614603947
そのように音楽はストリーミングで聴くことがが日本でも浸透してきている中、 米RIAAが2020年末のレコード業界収益の83%が音楽ストリーミングだったと発表しました。前年比9.2%増の122億ドルになったとのことで2018年以降、ストリーミングの収益は上昇傾向にあるとのことです。一方CDなどの物理メディアは衰退の傾向にあり、2020年の収益は23%減の4億8300万ドルになったと発表されています。
ソース:RIAA (PDF)
この流れは日本にも影響があると予想しております。このことについて僕なりの考えを述べておこうと思います。

音楽サブスクはインディーズからメジャーまで幅広くたくさんの曲が聴ける

6dSqUWnpm62V0hU1614603893
僕は音楽サブスクはApple Musicを利用しています。かれこれ2年以上利用していますが感想としてはインディーズからメジャー、最新曲や古い曲まで幅広く手軽に聴けて快適です。
特にインディーズのアーティストが続々と新曲を発表してくれてすぐに聴けるのは嬉しいです。サブスクサービスが好みのジャンルのアーティストを自動で選んでくれて好みの曲に出会えた時は感動ものです。
「メジャーアーティストほど有名ではないけれどもこれほどまでに凄まじい曲を作るアーティストがいるとは…」という気分になった時には僕もDTMで作曲をするので燃えるものがあります。
もうCDレンタルショップで何度も視聴して借りたり、ジャケ買いをしなくて良いと考えるとものすごく楽です。それはそれでロマンがありますが…。

現代ではCDを作る側のリスクが高い

entertainment_music
現代ではCDは作る側(アーティスト)のリスクが高いと認識しています。
CDはプレス業者に発注⇨在庫⇨販売という流れになりますがこの流れはコストが高く、ストリーミングが普及しきている中、特にインディーズアーティストの場合はリターンも多く見込めないためリスクが高い媒体と考えています。CDを作る上で必要な材料費としては
  • CDジャケット
  • CD盤
  • CDケース
大きくこの3つがあります。他にも細かい部分でCDの制作費用がかかりますが一番大きいのはプレスです。僕もバンドをしたり、同人即売会でCDを制作し、販売してみましたがぶっちゃけるとストリーミングやDLの方が売る側としては断然楽です。
さらにネット通販は送料が別途発生してしまいます。色々と手間とコストがかかってしまいます。
在庫した場合には段ボール1箱分ほどのスペースを取るので売り切れなかった場合には処分も大変なのです。

一般的な若者がCDを聴く環境は車ぐらいしかない

car_green
CDを聴くと想像した場合に一番に思いつくのはカーステレオではないでしょうか?僕もCDを普段聴くならば現在は車ぐらいしかありません。
2000年代初期の頃はまだCDコンポやMDコンポが普及しており、CDを購入して家で聴くことがありましたが現代の一般的な若者がCDコンポを使用して音楽を聴いているでしょうか?真っ先に思いつくのはYoutubeでしょう。
「新しく曲を作ったから聴いて欲しい」とあなたが試しに誰かに言ったとするとこの場合も相手から出てくる言葉は「Youtubeで何て調べれば出てくる?」といった返答です。ストリーミングがどうのこうのの前に背景としてYoutubeで音楽を聴くというのが現代のニーズなのだと僕は考えています。
そもそもがCDを家で聴くのではなくスマホで音楽をYoutubeで聴くのが現代の若者だということです。

CDは熱狂的なファンのグッズというポジションになる

music_kashi_card

ここまで音源を聴くならサブスクなりYoutubeでも十分に聴けると述べてきましたがCDの存在価値はゼロではないと考えています。
音源はサブスクでも十分ですがモノとしてはCDがサブスクよりも十分に価値があります。なのでCDは今後熱狂ファンのグッズというポジションになると考えています。
「好きなアーティストだからこそCDというモノとして所有したい!」といういわゆる所有欲を満たす上ではCDはグッズとして抜群の良さを持っています。好きなアーティストだったらCDのジャケット、帯、盤面、ケース、など細かい部分まで創造性を感じたいと思うはずです。そういった観点からもCDは熱狂的ファンにとって必要な存在であり続けると考えます。

おわりに

いかがでしたか?現在アーティスト活動をしている方に新たに音源をリリースする際に
  • サブスクで配信すべきか?
  • CDで出すべきか?
  • それともどちらでも出すべきか?
など考える際に参考になれば幸いです。僕はどちらかというとサブスクでリリースすることをオススメします。もちろん収益面なども含めて考えても今はサブスクの方が良いと考えています。