ボーカルレコーディングの時に反射音に悩まされた経験はありませんか?
部屋の中に吸音してくれるような布類がなかった場合には露骨に反射音が鳴ってしまいます。ボーカルを録った時に反射音が入ってしまった場合にはMIXをする際に厄介になります。
そこで反射音を防いでくれるのが吸音材です。この記事ではボーカルレコーディングの時に使うオススメのリフレクションフィルターを紹介します。

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900 リフレクションフィルター
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900 リフレクションフィルター
こちらのリフレクションフィルターはコストパフォーマンスが高く、導入の敷居も低いことから使用される方も多くいます。吸音効果は十分なクオリティでボーカルやナレーションで使用するのであればこちらで問題ございません。
初めてのリフレクションフィルター1台目にぴったりです。取り外しに少し手間がかかるので気をつけましょう。私自身、2~3年使用しましたがクオリティに問題なし。

KAOTICA ( カオティカ ) / EYEBALL

KAOTICA ( カオティカ ) / EYEBALL
KAOTICA ( カオティカ ) / EYEBALL
とにかく簡単なセッティングでベストな吸音効果を狙いたい方はこちらをオススメします。マイクを吸音材で覆い被すような形なので四方八方から反響音を防ぎます。
さらに青いポップフィルターを筐体にそのまま取り付けられるため、通常のリフレクションフィルターと違って場所を狭い場所でもセッティングが楽。コストは少し高めですが納得のクオリティと取り回しやすさです。僕も実際に使ってみた感想はとにかくセッティングが楽なのと圧倒的な吸音効果。

ASTON MICROPHONES ( アストン・マイクロホンズ ) / Shadow

ASTON MICROPHONES ( アストン・マイクロホンズ ) / Shadow
ASTON MICROPHONES ( アストン・マイクロホンズ ) / Shadow
まるでSF映画に出てきそうな見た目のリフレクションフィルター。こちらも全体を吸音材で多い被すような形です。見た目と違って重量は軽量なので女性でも取り付けが簡単です。
波模様の形状を採用していることで表面積を拡大、吸音性を絶大な吸音効果を実現したプロユースのリフレクションフィルターです。とにかく見た目がかっこいい。見た目も吸音効果もどちらもトップクラスを求めたい方にオススメです。

SE ELECTRONICS ( エスイーエレクトロニクス ) / Reflexion Filter Pro

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/14763/
SE ELECTRONICS ( エスイーエレクトロニクス ) / Reflexion Filter Pro
こちらはセッティングが容易で、軽量な可搬型。
ボーカルやナレーション録りだけでなく、ギターやベースのアンプへのセッティングでも重宝します。セッティングする際にレンチが必要です。
ハードウェアをマイクスタンドに固定してリフレクションフィルターを立てます。マイクの前後位置も可変させることができるのでセッティングの自由が効きます。あるようでなかったリフレクションフィルター。吸音効果ももちろん抜群です。

ISO VOX2


一度私の記事でも紹介したことがあるISO VOX2。こちらは吸音効果はもちろんのこと防音効果もある、まさに一石二鳥のリフレクションフィルター。マイクスタンドにすっぽりと被せるだけなのでセッティングも簡単。中にはライトもあるので歌詞カードを入れることができます。
お値段は張りますがこれがあれば思い切り声を出すことができます。余計な反射音も完全にシャットアウト。まさにボーカリストの悩みを無くすべく開発された夢のようなリフレクションフィルター。

おわりに

いかがでしたか?リフレクションフィルターの値段はそれぞれかなり違いますので自分の用途にあった物を選ぶと良いと思います。特に初心者の方はCAR900を使うことをオススメします。僕はクローゼットを防音室にしまいましたが興味があればこちらの記事もどうぞ

というわけで今日はこの辺で!ではまた