普段から使用しているCubaseの便利な機能をこの記事で紹介します。これからDTMを始めようと考えている人にもCubaseの魅力が伝われば嬉しいです。
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 10.5
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 10.5
関連記事:少しでもDTMに興味がある人にオススメする理由5選

1.コードアシスタント

スクリーンショット 2020-03-20 5.02.26
スクリーンショット 2020-03-20 5.02.43
作曲をアシストするAI機能。Cubaseならでは便利な機能の代表格といっても過言ではないでしょう。Cubaseを使って作曲を始めた当初はこの機能に頼りまくってきました。「音楽理論がわからないけど今すぐに作曲を楽しみたい!」という方はぜひこの機能を使いましょう。オススメのコード進行を提示してくれるので作曲で迷った時に頼りになります♪(´ε` )

2.VariAudio 3

スクリーンショット 2020-03-20 5.06.06
オーディオのピッチ補正、タイミング補正機能。もはやどのDAWソフトにもピッチ補正機能は内蔵されていますが、Cubaseのピッチ補正機能は一味違います。他のパートのピッチデータを同時に表示させたり、コードトラックとの連携を使うことでハーモニーも一瞬にして生成可能ケロケロボイスの作成も一瞬で作成可能です。
個人的にはボーカルデータのみならず、ギターやベースなどのオーディオデータにも使用することがあります。レコーディング後にちょっとしたタイミングのズレやピッチのズレが判明した場合にも難なく対応できてしまいます。特にバンドレコーディングでは何度もこの機能に助けられてきました( ;∀;)

3.オーディオアライメント

スクリーンショット 2020-03-20 5.07.31
ダブルトラックの自動タイミング整列機能。ギターのダブルトラッキングの微妙なタイミングのズレやボーカルとハモリパートのタイミングのズレを自動で整列させます。
この機能が追加される前にサードパーティ製のプラグインを買った経験があります(^_^;)
Cubase内蔵の機能として使えるのでめちゃくちゃありがたい\(^o^)/

4.ダイレクトオフラインプロセシング

スクリーンショット 2020-03-20 5.08.58
視認性抜群のオフライン処理機能。オーディオにダイレクトにエフェクト編集を加えるため、CPUの負荷を軽減します。リアルタイムエフェクトの感覚でオフライン処理を行い、処理履歴から順番の入れ替えも自由自在。

5.インプレイスレンダリング

スクリーンショット 2020-03-20 5.11.59
パートを簡単に、そして瞬時にバウンスする機能。
「プロジェクトが重くなってきた…」という場合にインストゥルメントをオーディオに変換し、プロジェクトを軽くするといったケースやオーディオに変換し、波形編集したい場合などに重宝します。
インストゥルメントをインプレイスレンダリング後⇨ダイレクトオフラインプロセシングでがっつり編集するといった組み合わせがオススメです。

6.MixConsole スナップショット

スクリーンショット 2020-03-20 5.13.19
複数のMIXパターンを瞬時に切り替えできる機能。この機能がCubaseに追加された時は本当に嬉しく感じました。わかりやすい例としてはMIXの修正があった場合に重宝します。
MIXの修正を終えていざ提出してみたら、「やっぱり前回のMIXに治して欲しい!」こういった経験はありませんか?MixConsoleのスナップショット機能を使えば複数のMIXパターンの保存ができ、瞬時に切り替え、比較が可能です。ちなみにスナップショットにメモを加えることもできます。
これでDTMerの迷えるMIX沼から脱却する一筋の光が射します\(^o^)/

7.アレンジャートラック

スクリーンショット 2020-03-20 5.17.20
展開を自由に切り替える機能。作曲を終えて、いざアレンジをするぞ!といった時にプロジェクトデータを崩して、展開を入れ替え…というのはめんどくさいですよね。そういった時はこの機能を使うことでアレンジを円滑にしてくれます。展開の入れ替えが簡単にできてしまいます。まだ使ってない方はぜひお試しあれ。

8.コードトラック

スクリーンショット 2020-03-20 5.19.08
設定したコードからコードボイシングやスケールをMIDIやオーディオに適用。
VariAudio3.0でも少し触れましたがコードトラックを使用することで様々な機能と繋がってくれます。
曲を作り始める時はとりあえずコードトラックを追加する癖を付けましょう。
ドラッグ&ドロップでコードを打ち込めたり、任意のインストゥルメントでコードトーンを簡単に確認できます。コードトラックを使用したMIDI入力のリアルタイム変換を使えば音楽理論に詳しくない人でも音ゲー感覚で曲作りができてしまいます。
普段弾くことのないコード名を打ち込んで「え、こんな美しい響きがあったなんて…」といった運命的なコードとの出会いもあるかも!?

9.オーディオのプリレコード

スクリーンショット 2020-03-20 5.21.30
録音開始前に演奏していた場合でもオーディオデータを記録しているといった優れもの。

「良い演奏ができたのに…レコーディングさえしておけば…」といったタイミングでこの機能が活躍します。この機能にも何度も助けられてきました。レコーディングを担当していたギターの方に「え、どうやって今のテイクを呼び出したんですか!?」と驚かれたことが経験が何度かあります。
デフォルトの秒数から少しだけ長めに設定するのもオススメです。

10.マルチテイクコンピング

スクリーンショット 2020-03-20 5.24.46
複数テイクの切り替えを行う機能。この機能めちゃくちゃ便利だし、僕も一番使用頻度が高いです。
むしろこれがあるからギターのレコーディングやボーカルレコーディングが円滑に行ってくれています。何度かレコーディングしておいて、あとでベストなテイクを選定、ベストテイク同士の組み合わせも簡単にできます。
わかりやすい例としては1テイク目の前半部分と2テイク目の後半部分を組み合わせたハイブリッドテイクを構築するといえばわかりやすいでしょうか…。一発録りで苦しんでいる方はぜひこの機能を使ってみてください。

おわりに

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 10.5
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 10.5
ざっとCubaseの便利な機能を10個紹介させていただきました。やはり1番のわかりやすい機能としてはコードアシスタントです。これから作曲を始めようと考えている人はガンガン使っていただきたい機能です。次はCubase付属のオススメのプラグインとかも記事にしてみようかと考えています。
というわけで今日はこの辺で!ではまた