zunx2の暇つぶしDTMブログVer

元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます

タグ:cubase

パンチインアウトっていうのを説明します
トランスポートパネルの記事で軽くですが説明させていただきました
F3

簡単にいうと録音開始、録音終わりを再生しながら自動でやってくれるというものです
これをどういうところで使うのかわかりやすい例でいうと
Aメロ、Bメロ、サビ、などを一発録りではなく個別で録っていきたいという場合などです 
左右ロケーターで設定したところを自動で録音してくれるわけなので
ぱんtっちちちちt

Aメロを指定、Bメロを指定 ・・・とやっていけばいいわけです
個別にトラックを立ち上げてなんてことをしなくてもよくなるかもしれませんね 
なるべく最小限のトラック数になりますね
ですがやりすぎには禁物です。別々で録っていってるので
休符がないところでやると不自然さが出てしまいます 
なのでなるべく録れるところまでは録るけど
休符がある場合なんかはパンチインアウトで個別に録るとちょうどいいかもしれませんね 
 ぱなんちまん
Lの下の部分とRの下のマークを押すと適用されます
ボーカルRECのときなんかはこれを使うと便利だと思います 
特に宅録で一人でRECされてる方なんかは
 mikusann

PCのRECボタンを押してマイクスタンドへダッシュ!!
なんてことがあってもおかしくはないです笑
マイクスタンドへ向かっているの間にも歩いている音や何かにぶつかった音が入ってしまいます
用は代わりにRECボタンを押してくれて任意の場所でRECが始まればいいのでこういう場面で
パンチインアウトを使うと落ち着いてRECができて無駄な音が入らないかもしれません
というわけでこんな感じでパンチインアウトを使ったRECの説明でした
ではまた 

おつかれさまです。2日連続になりました
最近ディビジョンっていうTPSのゲームにハマッてますw
今日はグループチャンネルというのを説明しようと思います
※主はcubaseなのでcubaseで説明していきます

簡単にいうと複数のトラックを一つのトラックへまとめることができます

わかりやすい例だとドラムだったりします 
ドラムの場合は複数の打楽器で構成されていて
一つ一つ最適なMIX処理をしないとうまいこと聴きやすくなりません 
PANの調整(音の場所)だったり、EQだったり、前後感だったり・・・その他色々
一つ一つパーツごとにMIXができた!さぁ全体通して聴いてみると・・・なんだか音が小さいorz
ってなったときもう一度一つ一つの音量を少しずつ上げて全体のバランスを取ろう!なんてやってられません^^;
それが例えばパーツで10トラックあった場合、
10トラックを一気に一つのフェーダーで操作できたらすごく楽になります
それから複数トラックに対して統一感のあるMIX処理ができます
それができるのがグループチャンネルです
昔、主はグループチャンネルを知らなかった時はすごく苦戦してましたwww 
ちなみに私はギターの処理なんかでもよくやります。
cubaseの場合はやり方は簡単です
1.右クリックをしてグループチャンネルトラックを追加 
 グループチャンネル
2.各トラックの出力をグループチャンネルへ送る
 グループ2
3.ミックスコンソールを開いて再度調整
※F3でミックスコンソールが開きます
 ぐるーぷ33
これだけです
一括で複数トラックのボリュームやエフェクトを再度調整できるということです 
統一したエフェクトをグループチャンネルで通すことで全体がしっかりとまとまったりすると思います
これはボーカルのMIXでもハモリとかに使えると思います
ハモリを左右にPANで振ってる 場合とかでグループチャンネルを使うと統一感が出るので
同じ空間系のエフェクトを使いたいなんて時は最適だと思います

そんな感じで今日はだいぶざっくりでしたがグループチャンネルについて記事にしてみました
ではまた! 

↑このページのトップヘ