zunx2の暇つぶしDTMブログVer

人生は神ゲー!!元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます

タグ:DTM

先月実はApllo twin mkⅡを導入しました
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD
実はだいぶ前から導入しようと思っていたのですがやっとBIAS RACKの支払いが終了したので導入してみました
新世代のハイクオリティアンプシミュレーター:BIAS AMP
(↑以前BIAS RACKを紹介した記事です)
IMG_1496
とりあえず箱がでかいw

プロクオリティを宅録で再現できるIF

IMG_1503
・デスクトップスタイル、アナログ2イン/6アウトのMacintosh/Windowsに対応したThunderboltオーディオインターフェイス
・ブラックパネルのAPOLLOラックモデルと同等性能のA/D D/Aコンバーター搭載による24ビット/192 kHz変換*
・SHARCプロセッサー4基搭載
・2つの高性能マイク/ラインプリアンプ(Unison機能搭載)、2つのラインアウト、フロントネルに搭載されたHi-Zインストルメントインプットとヘッドフォンアウト
・いかなる音量レベルでも常に最大の解像度を実現する2つのデジタルコントロールアナログモニターアウト
・最大8チャンネルのデジタルインプット(オプティカル接続) ・慎重に設計されたアナログ回路、選びぬかれた部品、そして高いレベルの品質
一部サウンドハウスさんより引用
IFはいわゆる音の入り口と出口なわけですがスピーカーから出る音にも違いをすぐに感じました
今までと出音で一番違いを感じられたのはヘッドホンから出る音でした
ヘッドホンの本来持っている力をより引き出してくれるような感覚です
より細かい調整が可能になると感じています
(プラシーボではないはず!!)
ギターの音もより繊細に音の情報がDAWに書き込まれていくような感覚です
RECの際にギター、ベース、マイクの録る音も確実に良くなります
またUAD-2プラグインを使ったマイクプリアンプのかけ録りも可能です

UAD-2プラグインが今まで感じたことのない質感

IMG_1288
導入前にとある某所にてUAD-2プラグインを色々と試させていただいたのですが第一印象が
「今まで使ってきたプラグインは一体なんだったのか…」
と思ってしまうくらい。プラグインの質感が凄まじい
UAD-2は基本的にアナログハードウェアのシミュレートがほとんどです
・音が綺麗に馴染む
・音がグッと前に出る
・EQのかかりがより自然にわざとらしくない質感
機材のレビューでよくある抽象的な感じですが
プラシーボとかでもなく素直にこれを感じられる質感です

28
↑API 2500
33
↑MANLEY VOX BOX
48
↑UA 1176
39
↑SSL channel strip
27
↑LA-2A

これらを実際に試させていただいて他のメーカーのモデリングと比べてみるとかかり具合の解像度が桁違う
わかりやすくゲーム機で極端に例えるとスーファミとPS2ぐらいの違いでしょうか
この感動は本当に一度味わってみないことにはわからないのでどこかで試す機会があればぜひ味わっていただきたいです

アンプシミュレーターが本気で実機レベル再現度

15
まず見た目から実機を忠実に再現しています
画面越しですがまるで目の前にヘッドアンプがあるような感覚です
38
実際の出音も文句がないくらいの解像度の音でした
これほどのクオリティが出るならライブをするときもハードウェアタイプのアンシミュを持参するのではなく
Apollo twinを持参してアンシミュの音をPA卓に直送りしても全然問題なく戦える音になるのでは…とも思いました
10
定番のIbanez Tube Screamerのモデリングもありました
BIAS RACKを売って…UAD2のアンシミュを買うという選択肢も無きにしもあらず

終わりに


これはぜひ一度は味わっていただきたい質感です
IFに10万円以上って…と私も最初は抵抗がありましたがその考えが吹っ飛ぶくらいのクオリティを持っていました
UAD-2プラグインは特に○avesとアナログシミュレート系と比べてみるとその差に笑ってしまうくらいでした
また依頼などで私が協力させていただいた作品にも惜しみなくUAD-2プラグインを使っていきます
というわけで今日はこの辺で!ではまた!

先日、今年買ったSHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition断線しましたorz
IMG_0105
モニタリング用イヤホンとしてSHURE/SE215SPE-Aを買ってみた件
↑以前イヤモニを買った記事があります
普通に1万円以上するイヤモニです
「おい、また1万円以上出してイヤモニ買わなきゃいけないのかよ(TДT)」
って思ってしまいがちなのですが
実はこのケーブルって着脱可能なんです
SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition
付け替え用のケーブルがあればリケーブルが可能ということです

リケーブルに必要なもの

SHURE ( シュアー ) / EAC64BK
SHURE ( シュアー ) / EAC64BK
用意するものはこれだけ
基本的にはこれを付け替えるだけです

ケーブルを外そうにも最初は付け根がクソ固い

securedownload (3)
「めっちゃ簡単なやり方だ!」と思っていたのですんなりできると思っていましたが
ここで問題が発生、ケーブルの付け根部分が固くて外れない
どれだけ力を入れたり爪を立てたりしても外れない
securedownload (2)
そこで布を当ててペンチを使いこれでやっと外れました
おそらくメーカーが作る際にかなり固めに閉めてあるのだと思います
securedownload
↑外したケーブルがこちら

セルフでリケーブルしても無事に復活する

securedownload (1)
セルフでリケーブルしても音質に問題なく使えます

見事に断線したイヤモニが復活を遂げたわけです
イヤモニが1つあれば断線した時に一々買い替えしなくてもリケーブルすればずっと使えるというわけです
そう考えれば1万円のイヤモニって安いのかも?

終わりに

SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition
SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition
ペンチを使って外すというのは意外でしたがそれ以外は思ってた以上に簡単でした
なので断線しても大丈夫と考えれば今後も安心して使うことができます
イヤモニは遮音性が良いのでボーカルRECの時にも音漏れがヘッドホンに比べると圧倒的に少ないです
ボーカルの方も1つイヤモニがあると便利だと思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた

まるさんの週に2回新作の歌ってみた動画をツイッターにて投稿するというチャレンジにMIXでお手伝いさせていただきました
先日歌ってみた週2投稿チャレンジが無事に完了されました
Cubase標準プラグインだけでボーカルMIX:基本的なやり方
【ボーカルMIX】ケロケロ加工をやってみよう 
↑MIXのやり方も記事にしています

SNSで認知度を高める試み

C789_keitaitomba_TP_V
作品を作ったからにはやっぱり人に見てもらう、又は聴いてほしいです
そこで現代のネット社会ではSNSでの認知度や影響力を付ける必要性があると感じています
そのためにツイッターであればある程度浮上率を上げる、人に見てもらう時間を稼ぐ必要があります
ちなみに人が1つのツイートを見る時間は3秒程度だそうです
興味のないものであればもっと短いかもしれません
要は文だけのツイートでは見てもらえる時間は短いということです
しかし2:00ほどの動画付きツイートを全部見たとすれば
ツイートを見る時間は動画であれば文よりも必然的に長くなります
そして文だけよりも動画の方が拡散される率が高いと感じています
動画付きのツイートをコンスタントに実行してみればSNSでの認知度や存在感、影響力にも変化が出るのでは?と考えてみました

完璧主義?完了主義?

Green5_bite20141123160246_TP_V
例えばクリエイターの評価を作品の合計点数で考えた場合
1週間で100点を1つ作る完璧主義の人
1週間で80点を3つ作る完了主義の人

合計点数だけ考えれば140点の差が生まれます
この考え方で行けば合計点数を多く稼ぐためには
「コンスタントに短いスパンで80点の作品を作る」ということになります
人が集まっている場所をSNSとしてそこに80点を連発したらどうなるだろうか?と気になっていたので今回実際にやってみました
指標をRTやイイねで考えれば結果にバラツキは出ましたが

コンスタントに60~80点を取れたと感じました
賛否両論あると思いますが私はどちらかといえば完了主義派です

ツイッターはタグで伸び率が変わる可能性が高い

動画のクオリティもオリジナルMVにして音源自体もMIXはある程度適切なものにしましたが
なぜか一つだけレスポンスが高いものがありました
これだけ!しかも週2チャレンジをやる前に何も考えずにとりあえず上げてみますか!で投稿したこの動画だけRTとイイねに2倍くらいの差がある
週2チャレンジと違うものがこれにはある
タグに
#い手さんMIX師さん絵師さん動画師さんとPさん繋がりたいというのがこれにあったのです
どうやらこのタグにはそれほどの拡散力がある可能性が高いということですね

終わりに

結局何が言いたいのか?という感じの記事になりましたが
完璧主義と完了主義のどちらを選ぶかは人、それぞれだと思いますが
人の目につきやすいのは完了主義の方が可能性が高いということです
完璧を求めるが故に悩んでしまいフットワークが重くなってしまっている方はまずは今ある作品を自分なりの形で完了させることも大事だと頭のどこかに入れてみても良いと思います
ということでではまた!

DTMはどうしても一人での作業が増えてしまいます
SNSで繋がりが増えたとしても
MBPPAKU1969_TP_V
実際の活動は一人で黙々とPCと向き合って作業…なんてことが多いと思います
ぶっちゃけ僕は休日にひたすら作業は寂しいと感じることはあります笑
僕は創作サークルを立ち上げたのですが全国誰でも参加可能にしています
初心者でも、これからDTMを始めようとしている人でも全然大丈夫です
残りたい奴だけ残ってあとはお互いに高め合えというスタイルなので幽霊部員になろうがどうでもいいです
これは会社、学校、サークルなど
どこの組織に入ろうが結局は自発的に仲間と情報、楽しさを等価交換していける人が存在感のある人になるからです
全国に仲間がいればワイワイお酒を飲みながら楽しく音楽を語り合える日がくるのでは?と思い
IMG_1413
先日名古屋でサークルメンバーと集ってきました
早速朝、一発目からラーメンとお酒を堪能しましたが
まさにバイオレンスフードです
その日々を記事にしておきます

楽器屋に行くとワクワクが止まらない

IMG_1418
↑島村楽器:名古屋PARCO店
基本的にDTMをやってる人は楽器屋に行くとワクワクが止まらないw
会話が「あの機材は!!このギターは!!このIFは!!」
DTMをしている人同士でしか通じない会話が楽しめました
久しぶりに僕も名古屋の楽器屋さんに行ったのですが
まさにワクワクが止まらなかったです

IMG_1420
楽器のことについて語り合うだけでも楽しいですがやはり実物を見ながらだと楽しさは倍以上です
IMG_1423
↑ロッキン名古屋栄店
凄まじいギターの数を目の前に色々試奏させていただきましたが
こういった時に個々のアンプのEQの使い方ギターの弾き方なども参考になることがあって面白いです

全国に仲間がいれば各地のうまい食べ物が仲間と食べれる

IMG_1473
今回は名古屋での集結だったわけですが
全国に仲間がいれば各地のうまい食べ物を仲間と食べることができる
こんな素晴らしいことがあるだろうか!!
そして名古屋はとにかく土手煮が最高だ!!

IMG_1477
世界の山ちゃんの手羽先は最高だ!!
「手羽先を食べると幸せだなぁパタパタパタ♪」と僕はニヤケてしまうくらい幸せな気分になりました
IMG_1442
ビールの一気飲みを連発してしまうくらいに羽目を外してしまいましたが

個人作業が多いDTMerはたまには仲間と騒いで羽目を外してもいいじゃないか!!と僕は声を大にして言いたい
お店や他の人に迷惑がかからない範囲ならば存分に楽しめば良いのです。何ならみんなが作った曲を飲みの席で歌っても良いと思う
有名な人が作った曲よりも仲間が作った曲の方が僕は好きです

なぜなら一曲を作るまでに数々の試行錯誤だったりでその過程にはたくさんのストーリーがあるわけで

苦楽を共にした仲間が作った曲は思い出の詰まった曲になります
僕は全国の仲間ともっと杯を交わし音楽や創作について語り合いたい

終わりに

IMG_1475
今回の名古屋遠征はボーカロイドパラダイスに出展も兼ねてだったのですが楽しい3日間でした

羽目を外して二日酔いになりかけましたが対処法を知っていたので翌日、シャワーを浴びた頃にはスッキリしていました
二日酔いにはソルマックが最強の魔剤です
またどこかでサークルメンバーと集いたいです
次は東京に足を運びたいなぁと考えています
というわけで今日はこの辺で!

去年の11月ごろから再録をするようになったのですがそこで自分の中で明確になったことがありましたので記事にしておきます

音源のクオリティは素材音源で大半が決まる

C754_mixer_TP_V (2)
「MIXが〜」「マスタリングが〜」っていうのをSNSで良く耳にしますが
目標とするクオリティに対して素材音源の基準がしっかりと自分の中で持っていなければMIX沼にハマるだけだと僕は考えています
同時に素材音源からMIXをした際にどれくらいのクオリティまでいけそうなのか予想を立てた上で作業していく必要があるということです
なぜこんなことを言うかと良いますと
例えばですがギターのアンプシミュレーターの場合は
・Cubase内臓のアンプシミュレーター
・BIAS AMP

その時点でも大きな差があり
MIXでは超えられない壁が実際にあります
MIXでどれだけ頑張ってもCubase付属のアンプシミュレーターではBIAS AMPのような出音になりません
無理なものは無理だと妥協できないと一生沼にハマるわけです
※わかりやすくドラクエで例えると
レベル15のドラキーとレベル30のデスピサロを育てていくと考えたらどう考えてもデスピサロを育てた方が成長の伸びしろは高いのと予想が付きやすいです
話を戻すとプレイヤースキルにもよりますが
¥3000円のマイクと¥20,000円のマイクのどちらかを考えた場合にも同様のことが言えるわけです

続きを読む

↑このページのトップヘ