zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

 Subliminal Pain「境界線」⇦最新曲
↑管理人のDTMユニット:1st EPの購入はこちらから⇨Subliminal Pain CD

カテゴリ: DTM活動報告

shananoさん(@shanano00)の「花可憐 feat.VY1V4」という曲でMix&Masteringをさせていただきました

「花可憐 feat.VY1V4」
まさに和ロック!のかっこいい楽曲になっていますね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

この楽曲の調声はなゆさん(@chiyuna_nayu)が担当されています
パラMIXの時にはシンセ、三味線や琴の音の配置決めを最初に頭の中でイメージしてから組み立てていくように作業していきました
様々な楽器が重なる場合は一つ一つの音をなるべく埋もれさせないような配置と音量のバランスに気をつけて調整しています
というわけで今日はこの辺で!ではまた
MIXや各種ご依頼はツイッターからDMでよろしくお願いします♪( ´▽`)
IMG_2824
関連記事:ボーカルMIX・パラMIXの依頼について

音楽を続けていて良かったっと感じられる出来事がここ最近増えてきています
またこれからの音楽の自分なりの楽しみ方だったり生活の中でいろいろ感じる事があったので雑記となりますが
まとめておきたいなと思ったので記事にしておこうと思います

ライバル視に近い感覚があったバンドマンにばったり会った

ギターの音作りのお手伝いということでスタジオに入る機会がありました
1時間ほどで終わってスタジオから出て帰ろうとした時に「zunx2君?」っと声をかけられて
誰だろう?っと思ったら僕がバンドをしていた頃の時、かれこれ6年ほど前くらいだろうか
当時、いわゆる無意識的にライバル視に近い何かを感じていたバンドマンの人でした
そして、意外なことにごく普通に仲良く会話をして6年前の当時のイベントの思い出話や裏話だったり、これからの地元の音楽シーンをどうしていきたいかなどの会話をしてまるでちょっとした同窓会に近いような感覚でした
本当に腹から笑うことができたし「この感覚、久しぶりだな」と思うと同時にやっぱりステージに立って音楽を楽しんでいる人たちと関わるのが好きなのは今も昔も根本的な部分は変わっていないのだと感じることができました

時間が解決してくれることがあることを再認識

IMG_0961
正直なところ意識的にライブハウスという場所を避けてしまうことがここ数年間ありました
理由としては元バンドマンの状態の自分がいくらDTMで音楽を続けているとはいえ、演者ではない自分が箱に足を運んでも素直に楽しむことができないということだったり
ライバル視していたバンドマン達から「ここはお前の来る場所ではない」と言葉には発しなくてもそういう目で見られているのではないか?という勝手な解釈と誤解をしていたのです
スタジオから出てバッタリ会ったバンドマンの彼とも「お互いが当時の空気感や風潮で勝手に意識をしてしまっていたのではないか?」と折り合いをつけることができました
当時ではあれば話をしようとも考えなかったと思うのですが僕の中では時間の経過と共にお互いの考え方が落ち着き、心に余裕が出たのだと感じています
その時に「こういうことが大人になって考えが丸くなったということなのかもしれないな笑」っと笑い合うことができました
この出来事から人間関係は時間が解決をしてくれることもあると感じています
生活の中に周りの空気感や風潮で誰かと勝手に距離を置いてしまったり、変に意識をしてしまうということはあるのと思うのです
そういった相手がもしいるのであれば時間が経ってからでもいいのでもう一度「俺たちって何でこんな感じになっちゃったんだっけ?」っとあえて自分から声をかけてみても良いかもしれません
時間が経ってからであれば落ち着いて会話ができるのでお互いの間に起きてしまった何らかの問題を解決することができると思うのです

音楽の楽しみは人と想いが重なることでさらに面白くなる

DTMで曲を作ることに方向をシフトして今ではDTM講師としてレッスンやセミナーをやらせてもらえるようになりました
僕としては楽しい毎日を送ることができていますが音楽はまだまだもっと楽しむことができると感じています
家に篭ってひたすらにDTMで制作!というのも好きですが僕はやっぱり音楽そのものと音を発する場所が好きなんだと考えることが増えました
ネットの音楽活動だけではなくこれからは音楽と音楽が好きな人が集まる場所に積極的に足を運んで行きたいなと感じています
音楽が好きな人が集まる場所とその時間には想いが重なることでドラマが生まれるということをこれまでの音楽活動の中で学んだことでもあるのでもっとそれを生活の中で感じ取って生きていきたいのだと気づくことができました

終わりに

そして演者ではありませんが僕もライブイベントの運営側の人間としてMCをさせていただく機会をもらうことができました
これからの音楽人生をもっと楽しんでいくためにライブハウスにもまた足を運んでいきたいと考えています
バンドのレコーディングとかもやっていきたいです
というわけで久しぶりに真面目トークな記事になりました
今日はこの辺で!ではまた

Subliminal Pain「境界線」を発表しました
zunx2の暇つぶしラジオver 第二回で話していた通り18:00にyoutubeに投稿しました

3拍子の曲にしました。サビ前でシャウトしているのは僕の声です
Bメロとサビをリフレインさせることで頭に残りやすいようにメロディーラインを工夫してみました
ラジオで話しした通りReal ADTをハモリに使ってボーカルとハモリパートに奥行きを出しています
詳しい方法はこちらでも紹介しています

ギターの音作り

ギターにはUAD-2のENGL646ENGL Savege 120を使用しています
・ザクザク言わせるけど歪ませすぎないGAIN量
・低域の出しすぎに注意
・キャビネットに対するマイクタイプをSHURE 57のシュミレートを使う

UAD-2のENGLのシミュレートはこの3つを意識しています
いわゆる混ざった時に良い音になれば良いと考えてRECの段階で音を作ってみました
あとは個々のギターによって細かいEQやGAINの調節は変わると思うので割愛させていただきます
基本はダブルトラッキングでリードを中央に配置しています
関連記事:UAD-2 ENGL Savage 120:ラウド系にピッタリの重厚感のあるハイゲインアンプシミュレーター
関連記事:UAD-2 ENGL 646 VS:圧倒的パワーを誇るメタルモンスターアンプ

工夫したポイント:歌詞の作り方

IMG_2934
歌詞の作り方を今回いつもと少し変えてみました
といっても難しいことをしているわけでもなく既に実行している人がほとんどだと思いますが
今まではPCデスクの前で歌詞を考えていましたが
今回はふとした瞬間に思い付いた言葉をiphoneのメモに書き溜めてそれらを繋ぎ合わせて歌詞制作をしてみました
思いつく瞬間が会社でイライラした時や車の中だったり、様々なシチュエーションがありました
書き溜めないとすぐに忘れてしまいそうになるので思い付いたらすぐにメモを取ることが大事だと感じました

工夫したポイント:スネアのゴーストの入れ方

スクリーンショット 2018-08-16 9.34.00
パワー系ドラマーではなくお洒落に叩く爽やか系ドラマーを意識してみました
終盤の3:12~3:28のドラムフレーズではスネアのゴーストノートを工夫してみました
キックのダブルやタム回しで手数を稼ぐのではなくスネアをゴーストノートで細かく入れることで複雑なフレーズに見せています(画像のピンクで囲った部分)
ハイハットの使い方としては基本ですがおさらいとして紹介します
ハイハットの開け閉めはオープンハイハットとペダルハイハットを前後に配置することで再現しています
(画像の赤丸と緑丸の部分です)

終わりに

今回は前作よりも少しテンポを落とした曲にしてみました
3拍子でマイナースケールの曲調でダークな印象にしたかったのでうまく形にできたと手応えを感じています
というわけで今日はこの辺で!ではまた

やっと吸音材を壁に貼り付けることが完了しました
IMG_2824
やはり吸音材を壁に貼り付けると部屋の雰囲気が変わりますね
まさに作業部屋って感じになります
吸音材はAURALEXの吸音材を使用しました
関連記事:AURALEXの吸音材を導入しました:デッドなモニタリング環境作り
今回色々試行錯誤することがあったのでそれらをまとめておきます

テープ類では簡単に剥がれ落ちた

吸音材がきたその日に早速壁に両面テープで貼り付けてみましたが寝て起きたら翌日の朝には全てはがれ落ちていました

↑コンビニにも売ってるこれです
その翌日にもならばもっと強力な粘着力のものならどうだ?ということで

もっと超強力なものにしました
確かにこれは1週間くらいは持つのですが24枚吸音材を貼るにしても一つでいけても5.6枚ほどしか貼れませんでした
なのでコスパ的には悪いのと何回も買わなければいけないと考えるとランニングコストが悪すぎるという結果になりました

ブチルテープも試してみましたが翌日に剥がれていました
どうやらテープ類ではダメだったという結果になりました。両面テープは基本的に値段が高いです
自分の貼り方が悪いのでは?とも考えたのですが考え出すとキリがないなということでテープ類で壁に貼るという発想をやめました

瞬間接着剤で壁に貼るという発想


瞬間接着剤ならば簡単に剥がれないだろうといういかにも脳筋な発想なのですがこれが1番確実に壁に貼り付けることができる方法でした
しかし壁に直接瞬間接着剤を貼るのは壁紙に確実にダメージが出るので一旦壁にマスキングテープを貼りました

マスキングテープも24枚貼るためにはかなりの量が必要になります
IMG_2770
今回の場合はマスキングテープの上にさらにブチルテープを貼ってその上に接着剤で貼るという方法です
これならば絶対に剥がれないだろうという何重にも保険をかけたような方法です
実際のところかなりの労力を使います( ;∀;)
そして瞬間接着剤が一番コスパが悪いという結果になりました
貼り付けることができても最大で4枚ほどでした

ボンドという発想に行き着いた

IMG_2817
たまたまドンキ・ホーテに立ち寄った時に店員さんに聞いたら「ボンドならこいつだ」ということで
ホットグルーガンで接着することにしました

しかもテープ類や瞬間接着剤と比べると一番コスパが良いのがホットグルーガンです
接着力もテープ類と瞬間接着剤の間くらいです
最終的に残りの吸音材を全てホットグルーガンで貼り付けることに成功しました
しかしボンド自体が熱いので火傷に気をつけてください
結果として吸音材を壁に貼る時は僕の場合はホットグルーガンに行きつきました

終わりに

IMG_2818
ここまで振り返ってみると吸音材を壁に貼るのはかなりの労力になりました
個人的には内装屋とかの業者とかに頼んだ方が楽だと思いました
IMG_2823
ウーハーの裏側にも吸音材をつけました
吸音材が24枚で1万5千円ってかなり安いと感じましたがそれを壁に貼るためにもコストがかかるということを認識しておいた方がいいです
僕の場合はあーだこーだーで試行錯誤したので5千円くらいかかりました( ;∀;)
最初からホットグルーガンに行き着いていればもっと安上がりだったと思います
とりあえず新しいDTMデスクと吸音材を壁に貼れたのでよかったです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

軽く活動報告をします
7月はひたすらパラMIXとDTM部屋の強化をしていました
パラMIXでお手伝いさせていただいた作品で7月に発表されたものを紹介します
7月はまだ発表されていないものも含めると10曲ほどMIXしていました
とにかく家に帰ってからはひたすらMIXの日々だったので良い経験をさせていただけました

Ephemeral Starさん:夏ノ最終戦

安斎もち子さん:瞳に映らない

真宵ラノさん:イノセント・ワールド

DTM部屋の強化を始めた

IMG_2797
そろそろDTMデスクを新調しようということでQUIKLOK ( クイックロック ) / Z250を導入しました
あとは以前も記事にしていますが吸音材を壁に貼り始めたりもしています
AURALEXの吸音材を導入しました:デッドなモニタリング環境作り
吸音材の貼り付けはまだ完成していないので7月中に完成させてしまいたいです

MIDI鍵盤を新調

MIDIキーボードでROLAND ( ローランド ) / A-49-BKを導入してみました
ある程度鍵盤も弾けるようにならなくてはということでまずはお手軽な値段でも買えるし性能もMIDI鍵盤として十分なROLAND ( ローランド ) / A-49-BKにしてみましたROLAND ( ローランド ) / A-49-BK
ROLAND ( ローランド ) / A-49-BK
とりあえずは自分の曲をコード弾きくらいはできるようにしたいものです
お洒落にinside Death Painを弾けるようになりたいものです

終わりに

8月は楽曲制作もしつつ、お盆休みもあるので遠出したいなぁと考えています
オーディオストックに投稿していた曲が1曲にも関わらず売れていたのでびっくりしました
もっとひたすらに量産しまくったらさらに可能性を秘めていると考えると夢が膨らみます
またボーカロイドオリジナル曲などのパラMIXの依頼はいつでも受付けていますのでお気軽にDMいただきたいです
それにしてもこの異常な気温の高さを何とかして欲しいものです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ