zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!4年目に入りました!

 
↑管理人のDTMユニット、Subliminal Painの新曲『AttEnd』
レコーディング、MIX、マスタリング等のご依頼は随時受付中です!

カテゴリ: DTM活動報告

ボカロP、真宵ラノさんの新曲『Say Good Bye』にてマスタリングを担当させていただきました。

実は以前にも真宵ラノさんのボーカロイドオリジナル曲『イノセント・ワールド』にてMIX、マスタリングを担当させていただいております。

真宵ラノ『Say Good Bye』


今作でも真宵ラノさんの世界感全開でマスタリングをしながらその世界観に引き込まれていました。
印象的なギターリフが曲中で頭に残るように演奏されており、別れを感じさせる切ない歌詞がエモーショナルな世界観を作り出しています。
シンプルなバンド編成のサウンドだからこそ、この曲の味が出ているのでしょう。
温かみを感じられるクランチギターの音色もこの曲の雰囲気にマッチしています。
リフレインするサビのメロディーが一度聴くとつい、口ずさんでしまいそうで印象的ですよね。
曲中の歌詞にある『さよならをしよう』の意味を考えながら聴いてみるとこの曲の奥深さがさらに感じられるはずですよ!

おわりに


前作の『イノセント・ワールド』もぜひご視聴ください。曲中のディレイとリバーブの空間の使い方が素晴らしいんです!!ラスサビの盛り上がりとボーカロイドの切ない裏声がエモさ全開!!真宵ラノさんの世界観の奥深さをきっと感じられるはずですよ!
というわけで今日はこの辺で!ではまた

あけましておめでとうございます。2020年元旦からなんと、新曲を投稿いたしました。
『AttEnd』というタイトルで思いっきりゴリゴリなポストハードコアを作ってみました。
間奏部分ではNIのMassiveでワブルベースやグロウルベースをサウンドに組み込んでみました。
今回動画も自分で撮影から編集までFinal Cut Proを使って制作してみました。カメラはiPhone Xsです。

Subliminal Pain『AttEnd』

 
参加メンバーは以下の4人です。
Vocal : Finnip(@_Finnip
music:zunx2(@ zunx2_dayo919
Bass&Key:Taturo(@tatsuro_sp
Gest Vocal:negiko(@xxxx_Ln_xxxx
今回は福井のメタルバンド、éther(@ether__jp)のボーカルのねぎこさんにゲストボーカルとして参加していただきました。
今できる全てをこの曲に盛り込んでみました。たくさんの人に届くと嬉しいです。

おわりに

まさかの元旦に新曲を発表することになるとは。今年も自身の楽曲制作も頑張っていきたいと考えています。今年こそ2nd EPを出したいです。というわけで今日はこの辺で!ではまた

金沢のバンド『TAKE YOUR LIFE』さんのレコーディングを担当させていただきました。
304 RecordsによるV.A.「304 Collection Vol.2」の8曲目の『Stage』でTAKE YOUR LIFEさんが参加されています。全国流通のオムニバスということで今回レコーディングを担当させていただいて光栄です。

V.A.『304 Collection Vol.2』

 
Trailerを聴くだけでもおもわずサークルモッシュをしたくなっちゃいます♪
まさにパンクキッズが大好物な曲が集まったオムニバスです!
全国のTOWER RECORDSやTSUTAYAで購入できますのでぜひ手にとっていただきたいです。

TAKE YOUR LIFEのライブがめちゃくちゃかっこいい

 
音源を聴いてかっこいいと感じたらぜひライブにも足を運んでいただきたい。
こちらの映像はTAKE YOUR LIFEさんの実際のライブの様子です。フロアライブならでの熱さがたまらないですよね。映像を見るだけでもその熱量が伝わってくるはずです。
とにかくめちゃくちゃ熱い!ライブ映像を見るだけでも手に汗握るほどのかっこよさです。
ぜひライブハウスでそのかっこよさを体感してみてくださいね!

おわりに

IMG_2847
早速僕もCDを手に入れることができました!めちゃくちゃ嬉しいです。
この経験を自信にして日々精進していこうと思います。明日からもDTMを楽しんでいきます。というわけで今日はこの辺で!ではまた

金沢のバンド『Arcy Cat』さんのバンドレコーディング&MIXを担当させていただきました。
制作期間としては1ヶ月ほどですが濃密なお時間を共にさせていただきました。
3曲入りの1st.EP 『アイベツリク 』を12月14日から金沢AZでのライブより発売とのことです。

Arcy Catのレコーディングの様子

主に僕のDTM部屋と金沢のスタジオを使ってレコーディングしました。
緊張してしまって上手くレコーディングで録れないということがないようになるべくリラックスして録れるような雰囲気作りを意識しています。
ギターはアンプシミュレーターではなく実機のヘッドアンプを使いレコーディングを行います。なるべくいつも通りの機材とセッティングで録ってもらいたいという考えからです。
やっぱりレコーディングでは自分のエフェクターとかアンプを使いたいものだと僕自身もそう思うからです。

おわりに

ぜひ会場でArcy Catの1st EP『アイベツリク 』を手に取ってみてください。僕もレコーディングの時から収録される曲が好きでMIXやマスタリングではより一層気合が入って作業しておりました!!
というわけで今日はこの辺で!ではまた!

このようなツイートをいたしました。音楽webマガジン、音マグさんにてMIXとは?初心者が知るべきミキシングの基礎知識という記事を書かせていただきました。
具体的なテクニックというよりは基礎的な概念や考え方、そもそもMIXってなに!?といった初心者向けの記事になっています。DTMを始めて1~2年目の方になるべく読みやすい内容にしてみました。
今年から地元バンドのレコーディング業務が増えたのもあり、僕自身もまだまだ発見することが多いです。日々勉強と研究をしているのでこれからも新たな発見やテクニックを見出した際にはブログで記事にしていこうと考えています。
というわけで!ではまた

↑このページのトップヘ