zunx2の暇つぶしDTMブログVer

アマチュアDTMerが宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

カテゴリ: マネタイズ

DTMerが音楽活動をしていく上でどうしても発生してしまうのが機材費などのいわゆる活動費用です
今ではDTMをメインにしていますがバンドをしていたころからも考えて音楽活動全般で変わらないのは
とにかく音楽はお金がかかるといった印象
game_kakin
DTMでは機材やプラグインは次から次へと新しいものが出てきますし
特にプラグインのセールが一番財布の紐を刺激するものだと感じています
「ONE DAY ALL 70% OFF!!」っといった某プラグインメーカー御用達のやり方に何度も苦しめられた方もいるのではないでしょうか…
ある程度自分の中で必要なものと不必要なものへ判断をすることでセービングが必要だと感じています
(今年が一番機材やら何やら買いまくっていますが_| ̄|○)
っといってもどうしても今必要なものがあったり、最悪な場合は金欠になってしまった場合は本末転倒です
そういったいわゆる音楽活動費での金欠対策を紹介します

用途に応じて口座をいくつかに分ける

tatemono_bank_money
一番簡単にできることがまず用途に応じて口座をいくつかに分けることです
・生活用
・貯める用
・引き落とし用

などです
できればどちらの口座も銀行がサービスとして行っているネットバンクと紐付けてしまって
internet_online_kessai
いわゆるお金の動きを見える化してしまった方が使いすぎにセービングが効きやすくなることでしょう
僕自身も使いすぎに気をつけたいものです…^^;

複数のキャッシュポイントを持つ

money_kakeibo_happy
一つの収入源だけではなく他にも2~4つなど収入源を増やすという発想です
簡単にいうと副業です

初期費用をかけずに副業をはじめるなら「Saleshub」
働き方改革により副業OKな企業も続々と出てきています
といっても色々あると思いますがコンビニバイトのような普段の仕事以外にしたくもないような労働はナンセンスです
これではかえってストレスにより精神的疲労がたまってしまい音楽活動に支障が出る可能性もあります
僕自身、正社員以外の仕事にバイトもしていますがそれはあくまでも自分の得意なことや好きなことです
・バイト(得意なことや好きなこと)
・ブログ収益・note
・物販(CDなど)
・DTMでの制作依頼(MIXやギター入れ、編曲など)

など収入源(キャッシュポイント)を1つだけではなく2つ〜4つなどに増やしておくことで余裕が出てきます
単に節約をするだけではなく得意なことで稼ぐというのも手段の一つだと考えます
money_nagesen_guitar_case
今現在キャッシュポイントが1つならばまずは2つ目をどうやって作るかを考えてみてはどうでしょうか
手軽に始められるクラウドソーシングはココナラです
一度登録だけでもしてみて自分ができそうなものはないか見てみるのも良いと思います

関連記事:得意なことを収益化⇨機材投資のループで強くなれ!:オススメのサービス3選
関連記事:バンドマンこそマネタイズする方法はある!バンド活動をさらに活発化させるためにオススメのサービスを紹介

使っていない機材を思い切って売ってしまう

今現在使っていないものは今後使うことがないことがほとんどです
・まだ使うかわからないけれどとりあえず念のために買っておいたもの
・昔よく使っていたけど新しいものを買って今は使っていないもの
こういったものは僕の場合は今後出番のないことがほとんどでした
考え方を少し変えると今現在利用していないものは今必要ないから使っていないとも考えられます
money_fuyouhin_auction_man
エフェクターやバンドスコア、などは結構良い値段でフリマサイトやネットオークションで売れます
なので今現在使っていないものは思い切って売ってしまってまた新たな機材投資に使うというのも手段の一つと考えられます

自分の方向性をもう一度考えて活動費用を練り直す

dtm_musician
最近よく目にするもので曲作りもMIXもマスタリングも全て一人で完璧にやってしまいたいということ、これは個人的には全然ありだと思うのですがこの場合はもちろん出費もその分大きくなっていくと感じています
いわゆるこれがプラグイン沼のことです
音源のクオリティの質は上を見るとキリがないので市販されているプロのエンジニアが手掛けた音源に戦おうと考えた場合一体どれほどの機材費が必要になるのか…と息を飲んでしまいます
もちろん技術が大事なのは最前提の話だと思います
それらを踏まえてた上で自分の方向性をもう一度考えて活動費を見直すのも大事かと感じています
・アーティスト特化型
・エンジニア特化型
・アーティスト兼エンジニア型
など大体この3パターンに分かれるのではないでしょうか
もちろん一番費用がかかるのは3番目のアーティスト兼エンジニア型でしょう
MIXやマスタリングに関しては
・アマチュアができる宅録の限界に挑戦するのか
・プロのエンジニアレベルの音質まで挑むのか

方向性は人それぞれですが一般的な会社員やフリーターでアマチュアとしてDTMを楽しむのであれば現実的なのは前者ではないかと感じます
アーティスト特化型の人であればMIXやマスタリングは外注してしまうか、AIがMIXやマスタリングを自動でやってくれるプラグインやサービスもあるのでそれらをうまく使うことで時短になったり費用を抑えられるものもあると思います

終わりに

ざっとこんなところでしょうか
音楽活動はお金がかかるものばかりですがだからこそやりがいもあるのだと思います
あくまでも音楽は楽しむものなのでお金の使いすぎにより生活が破産してしまうの本末転倒です
自分に合った今できる現実的な手段をうまく使って活動費用をうまくやりくりしていきたいものです
というわけで今日はこの辺で
ではまた

どこの会社で働いたとしてもうざい上司がいたり、休日日数がやたら少なかったり労働時間が12時間以上だったりする会社は少なくはありません
いわゆるブラック企業は僕も一度経験し、退職しましたが当時を振り返ると最悪な労働環境だったなぁと感じます
その結果、僕も一度鬱を経験しています。そしてなんとか復活しました

今の会社でもうざい上司はいますが仕事上の最低限のコミュニケーション以外は取らないようにしてストレスをなるべく少なくするようにしています
極論はやりたくもない仕事をやめて好きな時間に起きて好きなように働くことですが
そう簡単にすぐにうまくいくものではないのが現実です
そこで僕はとりあえず好きなことや得意なことで正社員としての収入の3/1を稼げるようになることを目標にしてみました

得意なことのバイト

つい最近ですが会社の元同僚から野球のバッティングコーチのバイトをしないか?という誘いが舞い込んできました
実は僕は小学校から高校まで野球を9年間経験していて知識やノウハウは学んでいました
これは得意なこととして自分の中にあったので迷わずノリ良く、じゃあ明日から行きます!と言って決めました
得意なことで自分の時間と知識やノウハウを売るという考え方の場合は自分主体で働けるのでストレスが少ない状態で対価をいただけるということだと考えています
その辺のコンビニのバイトで適当に時間と労力を売って収入にするよりは全然有意義なバイトです
得意なことのバイトがきたのは僕も予想外でしたが個人的にはリアルでもネットでも何かしら絶対にこういった誘いはどこかのタイミングでくると考えています
バンドマン時代はバンドの物販制作会社の営業をしないか?と誘われたこともありました
少しでも良いなと思える誘いがあれば見切り発車でもいいから実行してみることをオススメしたいです

大人になってから好きなことに真剣に、そして素直になることの大事さを感じた

バッティングコーチのバイトを始めて一ヶ月が経ち感じたことは子供は好きなことに真剣で素直だということでした
小学生の頃の自分を振り返ってみれば確かに好きなことに真剣で素直でしたし
「好きなことくらい真剣になれ!」と親に言われたこともあります
大人になってからもそれは忘れてはいけないですし
普段やりたくもない仕事に追われているのであればこそ好きなことくらい真剣であるべきだと感じます 

終わりに

最初から仕事を好きなことや得意なことにして生計を立てるというのはハードルが高いので
まずは現在の収入の10/1を目標にして一つ一つクリアしていってみてはどうでしょうか? 
今すぐにでもやまてしまいたいくらいの仕事の状態であれば明日にでもすぐにやめて次の仕事を探すことをオススメします 


好きなことで稼ぐ手段は色々あるのでぜひストレスの少ない生活の構築を考えてみはどうでしょうか?
関連記事:得意なことを収益化⇨機材投資のループで強くなれ!:オススメのサービス3選 
ということでではまた

少しずつですが僕も好きなことでマネタイズができてきました
楽器が弾けたり、曲が作れるのは昔にバンドをやっててよかった!と感じることが多いです
現役バンドマンでもマネタイズすることは可能なのでは?と感じましたし、もしできるのであればバンド活動はより活性化されていくと思います
CCC9V9A9995_TP_V
・スタジオ練習
・ライブのチケットノルマ
・物販制作費用
・音源制作費用
・交通費

などこれら以外にもバンド活動はとにかく出費が多いですし、できれば抑えたいものです
僕の当時のバンドメンバーにも電気と水道が止まってバンドの出費が生活を圧迫してしまったというケースもあります。しかしこれは絶対に避けたいものです
今回は僕なりの現役バンドマンにもぜひ実践してみていただきたいマネタイズ方法を紹介いたします

マネタイズの前に…

tsuchimoto0I9A6617_TP_V
マネタイズの前に一つだけ必要なものを挙げさせていただきます

バンドマンもDTMは今後必須なスキルだと認識していただきたいということです
理由としては今は本当にDTMの敷居も必要な機材を揃える費用も下がっています
さらにはネットで調べたらいくらでもノウハウや情報を手にすることができます
(昔は全然情報がなかったから調べるのがマジで大変だった)
しかしDTMを極めろ!というわけではなく本当の初歩的な部分だけ身につけるだけでも活動の幅がグッと広がっていきます
C754_mixer_TP_V (3)
・ドラムの打ち込み
・ギター、ベース、ボーカルのレコーディング
・基礎的なMIX(PAN振り、ボリューム調整など)
これらができれば十分です
今はDTMを始めるにはめちゃめちゃ好条件な時代なので始めないのは損なくらいです

↑ちなみにこれは僕がアコースティックギターとシェイカーのみを使ってELLEGARDENのMissingという曲をカバーした音源です
これに関しては打ち込みは一切していません。レコーディングのみで作りました
関連記事:アコースティックサウンドに必要なものと作り方
関連記事:脳筋系バンドマンだったわいがDTMをやった結果ww
関連記事:今だからこそバンドマンにDTMをオススメしたい

得意なことを売買できるココナラで収益化



ギターやベース入れ、ボーカルの仮歌など普段バンドマンがスタジオ練習や個人練習でしていることで収益化を狙うことができます
基本無料で利用できますし、逆にバンドのロゴマークをイラストレイターさんにお願いすることもできます
DTMに慣れてきたバンドマンの方で作曲から編曲、そしてMIXで依頼を受けている方もいるようです
とりあえず登録だけしてしまって募集を常にかける又は行けそうな案件があればそこに飛び込んでみてはどうでしょうか

無料でネットショップを持って収益化


こちらも基本無料で年会費などもかかりません
バンドのデモCDやステッカーなどの物販が現在あるのであれば会場限定で販売だけでなく
ネットショップを持って手広く販売も始めた方が収益化の可能性も広がります
今現在、もし物販がないのであればBASEはオリジナルの物販も作ることもできるのでとりあえず一度登録して目を通してメンバーとミーティングするなりで戦略を練ってみることをオススメします

基本何でもを販売することも可能なのでギター入れや仮歌入れ、作詞、作曲なども選択肢の一つに入れても全然OKです

BASEのHPはこちらです

ブログやバンドHPで収益化

BOSEIMGL3147_TP_V
バンドのブログやHPがもしあるのであればそれでも収益化を狙うことはできます

僕の場合はlivedoorブログを使っています
基本無料ですし気軽に始めることができます
その際に独自ドメインは絶対に取得してしまった方があらゆる面で有利になります
ブログ運営:個人ブログを始めるならば独自ドメインは必ず取得しよう
↑ドメインに関してはこちらで詳しく記事にしています
ある程度記事数が増えてきたらアフィリエイトサイトに登録して広告を提携すれば
そこから成果が発生すると報酬として収益化することができます
アフィリエイトと聞くと胡散臭いと感じる人もいますが僕の場合は良いサービスや良い楽器の機材などを紹介するついでにリンクを貼ってるだけの感覚です
なのでそこまで周りの目を気にする必要はないと感じています
実際に記事を見て参考になった!と言ってくださる方もいますからね
ではそのアフィリエイトサイトを2つ紹介しておきます
続きを読む

この時期になると就活だったり新社会人として新たな生活が始まります
僕も社会人5年目となりますがやはり初めの頃は社会の常識だったりわからないことばかりで困ることがたくさんありました。そしてブラック企業からの転職も経験しました
AL204kusukusu320140830152421_TP_V
その中で僕なりの新社会人としてまず気をつけてみてほしい3つのことをまとめておきます

1.体育会系のノリがある社員がいたら距離を取れ

yotakaGJ09178_TP_V
体育会系のノリがある社員は要注意人物として考えています
基本的に運動部は「気合い!魂!根性!」というような精神論が多く頭に刷り込まれますが社会に出てから精神論が通用することはほとんどありません
個人的な偏見やイメージかもしれないですが体育会系のノリの社員は論理的な思考が乏しいからか気合いだ!根性だ!と後輩社員にわけのわからない考えを押し付けてくることが多いです
それが本当に成績に反映されて仕事が上達するのであればまだしもそんなことはほとんどないどころか無駄な労力に付き合わされることもあります
上司が帰るまで残業をしろ!というのは典型的な体育会系の例です
こういったことは本当に無駄なのとそれが社会の常識と言う先輩社員がいればぜひ距離を取っていただきたいです
会社では過程を評価されることはほとんどありません
仕事を正確に完了したかどうかのみ見られるので最短距離で完了を成し遂げるためのアドバイスをくれる先輩社員に仕事を教わるべきだと考えます

2.初めの一週間は会社は猫を被っている

cc0160155650_TP_V
入社する前と会社のイメージが違ったというのはよくある話ですが
これは当然だと考えます
基本的に初めの一週間は会社は素顔は見せないですし定時上がりさせるものです
二週間、三週間で徐々に会社の素顔が見えてきますので初めの一週間では実態はわかりません
1ヶ月〜2ヶ月ほど経ってみて既に残業させられていたり、よくわからない理由で仕事を押し付けらていたらそれが本来の会社の姿だと考えて対応しましょう
新入社員だからと言う理由で全てを引き受けてしまっては次第に会社のカモとして使い倒されてしまうので長い目で働きたいと考えるのであれば会社のカモにならない思考を持つべきだと考えます
関連記事:会社のカモとして使い倒されないための発想

3.何でそれくらいの社会の常識を知らないんだ!ってヤツ

MAX85_konosyouhinwoteian20140531_TP_V
ブラック企業に勤めていた初めの1週間で僕は「そんなもん社会の常識だろ!」と言うことで先輩上司に怒鳴られました
上司とタクシーに乗る際に僕は乗り方を間違えてしまったのです
僕は怒鳴れた時に「そんなもん知らなくて当然じゃないか」と思っていました
社会の常識としてタクシーの乗り方やエレベーターの操作など様々なものがありますが
僕は新卒の新入社員が社会の常識を知らないのは当然だと考えます
学生の頃、確かにマナー研修みたいなものはありましたが必要のないものばかりでしたし実際にタクシーの乗り方なんてものは説明すらされていませんでした
社会の常識ぐらいアルバイトで身につけろ!といった意見もありますが
まず学校教育は高校の場合、アルバイト禁止というのも珍しくないですし、アルバイトでは最低限の礼儀やマナーは学べたとしても社会の常識の細かい部分まで学ぶことは難しいです
そんな状態で社会の常識を会社に入る前に学んでしまえ!と言うのは極めて難しいことですし、学んでいるとしたら一般的な学生というよりはかなり頭の回転が早い人です
事前にネットで調べるということもできますが数多くある社会の常識を全てネットの知識だけで補うというのは無理があります
SEP_329915201730_TP_V
なので新卒生は社会の常識を知らなくて当然なので一喜一憂せずに失敗したのであればそこで吸収してしまって同じ失敗を繰り返さなければそれでいいのです
それで頭ごなしに怒鳴ってくる先輩社員は単純に自分の価値観を押し付けているだけなので教育とは言い難いと考えます

終わりに

以上ブラック企業を経験した僕からの3つの気をつけて欲しいことでした
個人的には正社員で月収が手取りで16万以下の場合は正社員一本で豊かな生活をするのは難しいと感じています
その状態で家庭を持って良い車に乗って子供を育てるというのは共働きでもしない限り難しいでしょう
ある程度仕事に慣れてきたら自分の得意なことで収益を得て少しでも生活の足しにしていくというのも頭の片隅にあると良いと思います
関連記事:得意なことを収益化⇨機材投資のループで強くなれ!:オススメのサービス3選

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
このように休みの日や空いた時間に稼ぐためのサービスはたくさんあるので登録だけしておいて稼げそうなタイミングでやってみるというのも手の一つだと考えます
ということではまた

2週間前ほどに物置部屋を掃除していた時にたまたま不要になったバンドスコア達を発見しました
そういや昔、たくさん買ってコピーしたなぁと思っていたのですが 
現在は全く使っていないのと今後使う予定もないのでまさに不要物です
そこで久しぶりにメルカリを使って売ってみることにしました

バンドスコアを売ったら¥7000円くらいの売上になった

売りに出して開始10分で1冊売れていました
そこから1週間で3冊、10日間でさらに2冊売れていました
合計で6冊なので大体¥7000円くらいの売上になりました
結構すぐにコメントがきたり、朝、目が覚めたら3冊売れていた!ということもあったので
試してみる価値はあるとも思います
家にある不要なバンドスコアや楽譜であればリスクがかかりませんのでぜひ一度試してみていただきたいです

音楽はお金がかかる趣味なので少しでもマネタイズを心掛けましょう

9C1B969D-4ED0-4EE9-A861-97C911969696
基本的に音楽を趣味とする人は月の出費が一般的な生活をしている人に比べて多い傾向にあります
そのためついついお金を使いすぎてしまった!というのをよく目にしますし
僕も未だに色々買ってしまうことがあります
バンドマンは特にライブのチケットノルマだったり、思わぬ出費というのは日常茶飯事だと思います
最悪の場合は今月破産してしまった!ということや常に貧乏な生活を送るといったことも少なくはありません
音楽を楽しむために仕事をして生活をしているのにもかかわらずそれどころか音楽が生活を圧迫してしまう形になるのは避けたいものです
そのため少しでも何か自分なりのマネタイズ方法を心掛けておくと良いと感じます 
関連記事:得意なことを収益化⇨機材投資のループで強くなれ!:オススメのサービス3選

終わりに

今では発想次第では色々マネタイズする手段はあると思いますのでこの機会に一度まずは不要になったものをメルカリで売りに出してみることから始めてみてはどうでしょうか?
というわけで今日はこの辺で!ではまた 

↑このページのトップヘ