zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

 Subliminal Pain「境界線」⇦最新曲
1st EPの購入はこちらから⇨Subliminal Pain CD

DTMで作った最新曲や告知を当ブログで宣伝したい!という方はツイッターからDMへどうぞ
意見やアドバイスが欲しい!という場合もお気軽に.。゚+.(・∀・)゚+.゚
質問や記事リクエストはこちらへ(´∀`*)⇨Peing質問箱

カテゴリ:ギター/機材 > アンプ

HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー )から現代の技術が詰め込まれた最新鋭アンプが遂に登場しました
HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー ) / Black Spirit 200 HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー ) / Black Spirit 200 HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー ) / Black Spirit 200
ギタリスト脳なのでまず見た目のかっこよさに目がいきました
HUGHES&KETTNERのアンプはヘッドがスケルトンになっていて中の真空管が丸見えの印象が強いのですが今回はブラックになっていてロゴが青白く浮かび上がっています
ステージ映えがすごく良さそうですね
関連記事:弾いてみたに最適なアンプシミュレーター4選

現代のギタリストのニーズに沿ったヘッドアンプ


HUGHES&KETTNER ( ヒュースアンドケトナー ) / Black Spirit 200
HUGHES&KETTNERのアンプはクリーンからクランチ、ディストーションサウンドまで4チャンネル仕様で幅広い音色作りが可能ですが今回のBlack Spirit 200は出音はもちろんのこと
現代のギタリストのニーズに沿ったアンプだと感じています
世界初となるパワーアンプサギングコントロールが搭載されていて*チューブに高い負荷がかかった状態で、チューブへの電源電圧が急低下する現象をうまく利用することができます
このことにより歪みのキャラクターを変え表現の幅を広げることができます
さらにはキャビネットシミュレーターも搭載、スピーカーアウトは200W/20W/2W切り替えに加えて、新たにGuitar Cab/Fullrange Cabから選択できます
DI Outも可能ですのでRed Box AE+によりミキサーやレコーディングデバイスへ出力することもできます
今までのヘッドアンプの場合はヘッドアンプ⇨ロードボックス⇨キャビシミュ⇨IFという流れが必要でしたがBlack Spirit 200の場合はヘッドアンプ⇨IFという流れで直接RECすることができます
要はヘッドアンプからダイレクトにレコーディングができるってことですね
関連記事:宅録で実機アンプを使ってレコーディングするためにロードボックスを導入しよう
関連記事:DTMで作るDjent系のバンドサウンドの音作りまとめ

終わりに

これ一台で何でもできちゃいますって感じのまさに最新鋭のヘッドアンプですね
個人的にはアンプから直接レコーディングが可能っていうポイントが宅録ギタリストを意識していて良いなぁと感じました
アンプシミュレーターも進化を続けていますが実機アンプもあらゆる面に対応してきていますね
最近は実機アンプの中古市場も値段が下がってきているので宅録でもなんだかんだ実機アンプを使うのも全然ありだなぁと感じています
というわけで今日はこの辺で!ではまた
関連記事:DTMの僕なりのギターの配置

ギタリストが宅録でアンプシミュレーターを使った時に
「音は似てるんだけどなんか違うんだよなぁ…箱鳴り感がもっとほしい!」
「もっとリアルさを!スタジオで鳴らしている感覚に近づけたい!」
music_guitarist
こんな感覚は誰しもが経験すると思うのですが極論を言えば実機アンプを宅録で使えば解決するんじゃね?ということなのです
その考えでいくと部屋でアンプを使って爆音を出してマイキングをしてレコーディングをするということになってしまうのですがそれでは確実に近隣から苦情がきてしまいます
だから宅録ギタリストはアンプシミュレーターを使う選択になるわけです
しかしそれでも「なんとか宅録でも実機アンプを使ってなんとかレコーディングがしたい!」という人にロードボックスを使うことで実機を使ったレコーディングが可能になるということを紹介したいと思います

実機アンプとIFの間にロードボックス+キャビネットシミュレーターを挟む

実機アンプのLINE OUTから直接IFのIN PUTに入力じゃダメなの?といった発想もあるかと思いますがこれはできないことはないのですがオススメしません
理由はこちらをどうぞ⇨ギターの音をアンプからLINE入力すると・・・
簡単にいうとキャビネットから音を出して入力しているわけではないため録った音は普段心地良く鳴らしている音と違います
そのため実機アンプとIFの間にロードボックス+キャビネットシミュレーターを挟んでIFに送るという方法を使います

ギター
ロードボックスは擬似的にキャビネットスピーカーと接続した状態にしてIFに送ることができるものです
どちらにせよキャビネットだけはどうしてもシミュレートになってしまいます
しかしモニタースピーカーから出力される音はまさにキャビネットそのものに限りなく近いものになります
この記事ではロードボックス+キャビネットシミュレーターを紹介します

TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live

TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live
TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live
僕も現在こちらのロードボックスを所有しています
キャビネットシミュレートの数は大量に入っています
使った感想としてはモニタースピーカーがキャビネットと同等の箱鳴り感を出してくれました
雑誌などでも全ギタリストにオススメしたい!と言われるほどでクオリティとしてはアンプシミュレーターに付いているキャビシミュとは別格のクオリティとして体感しています
パワーアンプシミュレーターも搭載しているので実機アンプだけではなくプリアンプとの接続も可能です
関連記事:ギタリストが実機アンプを宅録で使うならトップクラスのキャビネットシミュレートのTorpedo Liveを推奨したい

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OX

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OX
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OX

●世界最高のリアクティブ・ロード・ボックス
長年蓄積されたアナログハードウェアに関する豊富な知識を有する UNIVERSAL AUDIO 
のエンジニアリングによって、チューブ・ギター・アンプの最高の「スウィート・スポット」で演奏と録音を、ダイナミクスを損なうことなく、どこでも、どんな音量でも可能にします。

●完璧なギターレコーディング・システム
OX 
のフロントパネルに備わる6ポジションのRIGコントロールを使用すると、エミュレートされたスピーカーキャビネット、クローズマイク、アンビエントルームマイク、最大4つを同時使用可能なスタジオエフェクトを含む完璧なセットアップを素早く選択することが可能です。

●ダイナミック・スピーカー・モデリング
UNIVERSAL AUDIO 
の革新的なダイナミック・スピーカー・モデリングは、本物のチューブアンプのトーンに欠かせない成分であるスピーカーのブレイクアップ、ドライブ、コーンクライをエミュレートします。OX 
アプリケーションの ""Speaker Breakup"" 
ノブでは実際のスピーカーキャビネットで起きる現象と同様に、さまざまなスピーカーにおいて特定の周波数や音量レベルによって生じるハーモニクスや複雑な影響を扱うことができます 
- これは静的なインパルス・レスポンスのシステムでは考えられないことです。
サウンドハウスさんより引用
ギターアンプの「スウィート・スポット」での演奏を的確に可能とするのはなかなか簡単にできないことですがそれを宅録でいつでも可能にしてしまいます
個人的にユニバーサルオーディオの製品は大好物なのでいつか手にしたいなぁと感じております
ダイナミック・スピーカー・モデリングによる恩恵を味わってみたいものです
EQやコンプ、リバーブやディレイも搭載されているのでこれだけでもかなりの音作りが可能となっています

終わりに

ギターの宅録はアンプシミュレーター!っと定番になっていますがロードボックスを使うことで宅録の可能性が広がるということを認識してもらえると幸いです
TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Liveではプリアンプの接続も可能なのでペダルタイプのプリアンプを使って音作りをしていくのも面白そうです
そして最近の実機アンプの中古市場の値段が下がってきているのも事実としてあります
AxeやBIASなどのハードウェアのアンプシミュレーターがトレンドになっている傾向がありますがだからこそもう一度ヘッドアンプに目を向けてみても面白いのかなと思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた

ギターの機材でMy New Gearを果たしました
TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live
いわゆるロードボックスでありキャビネットシミュレーターです
簡単にわかりやすく説明するとギターの実機アンプを宅録で使いたい!っと考えるならばこれがあればできます
TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live
TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live
家でギターアンプを使ってレコーディングする場合単純にLINE入力でIFを経由してRECすると思った通りの音にはなりません
ギターの音をアンプからLINE入力すると・・・⇦その理由はこちらで説明してあります
その結果、家でギターアンプを使ってレコーディングするとなるとマイクを使ってRECする方法が一般的な発想でいけばベストなのです
しかしギターアンプを爆音で鳴らしてRECというのは近所迷惑になりかねません
しかもある程度ギターアンプもボリュームを上げてやらないと本来の力を発揮しないということもあるので小さな音でRECというのも現実的ではありません
そのためギタリストは基本宅録であればアンプシミュレーターを使っています
しかしTWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Liveであれば家で実機アンプの宅録ができちゃいます
関連記事:2018年版:弾いてみたに最適なアンプシミュレーター4選

キャビネットシミュレーターに特化しているからこそ圧倒的な再現度

TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live
TWO NOTES ( トゥーノーツ ) / Torpedo Live
基本どのアンプシミュレーターもキャビネットシミュレーターも付いていますがこれはキャビネットシミュレーターに特化しているものです
接続としては実機アンプのスピーカーアウト⇨Torpedo Live⇨IF⇨PCという順番で送ります
ハードウェアのアンプシミュレーターのキャビネットをバイパスしてTorpedo Liveに送るというのも全然ありな使い方だと思います
音自体はアンプのキャビネットから出るのではなくヘッドホンもしくはモニタースピーカーから出ることになります
家の実機アンプを鳴らしてからTorpedo Liveを使ってモニタースピーカーから鳴らした音を比べてみましたがモニタースピーカーがまさにキャビネット化します
それと同時にギターアンプってプリアンプも大事だけどキャビネットでもかなり音が変わるというのを再認識させられました
ギタリストっていくらお金を使えば理想的な音を宅録で再現できるんだろうなーとも考えることがありましたが家に実機アンプがあるならばTorpedo Liveでいつも鳴らしている音にかなり近い状態で宅録でできると考えて良いと感じています
IMG_0044
今の時代は実機アンプよりもアンプシミュレーターを買う人がかなり増えてきていますが…
その代わりに中古ヘッドアンプの価格はかなり値段が落ちてきていますのでヘッドアンプの音にこだわりたい!っと考えている人は今が買い時なのかもしれません

終わりに

IMG_0045
ちなみにこれのプラグイン版もあるみたいなのでソフトウェアのアンシミュを基本使っている人はプラグイン版でも良いかもしれません
AxeとToredo Liveの組み合わせとかも試してみたいものですね
僕の環境だと今は実機アンプとの組み合わせしか試すことができませんでした
いずれまたハードウェアのアンプシミュレーターは導入を考えているのでその時までのお楽しみにしておきます
というわけで今日はこの辺で!ではまた

実機アンプの紹介です
マーシャルの話題になればこの名前が出ないことはないでしょう
MARSHALL ( マーシャル ) / JCM800
MARSHALL ( マーシャル ) / JCM800

シンプルなコントロール

シンプルな操作でノブの数が6つのみです
・マスターボリューム
・ベース
・ミドル
・トレブル
・プリアンプボリューム
THE AMP!!って感じのまさにシンプルイズベスト
僕も実機は何度かスタジオで使ったことがあります
「GAINがない」と最初口に出して言ったのを覚えています

プリアンプボリュームをあげて歪ませる

JCM800、普通に使ってもなかなかうまいこと歪みません
歪ませる場合はプリアンプボリュームを上げます
ちなみにメサや5150のようなハイゲインな歪みはこのアンプには求めてはいけません
クリーンやクランチであればちょうど良い感じになりますが
がっつり歪ませる場合は別途ドライブペダルが必要です
有名どころだとTS9だったりBOSSのODです

ハイが強い

アンプの出音自体がデフォルトでハイが強いです
EQを全て12時の方向でセッティングするとハイの強さが目立ちます
シングルコイルのギターだと特にそれが目立ってしまうので
お使いのギターによってはトレブルを9時の方向くらいまで下げて逆にベースとミドルをがっつり上げてやると良いです
ちなみに僕はトレブルはゼロ、ベースとミドルをフルテンにして使っていました
それくらい極端に使ってやることもギターの種類によっては必要です
また差込口がHighとLowの2つがあります
有名な話でパッシブピックアップがHighへ、アクティブピックアップはLowへと言われていますが
個人的には気に入った方で良いと思います
チャンネルリンクと言って二つ使う裏技もあります

終わりに

マーシャルは他にもたくさん種類があります
実際僕も触ったことがないアンプタイプがたくさんあります
基本マーシャルはハイが強い印象があります
というわけで今日はこの辺で!ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

ギターの基礎知識ということで
ギターアンプの基本的な使い方について記事にしておきます
IMG_1583
覚えてしまうと簡単に使うことができます

基本のつまみは6つ

00
アンプは基本は6つのつまみがフロントパネルに存在します
※わかりやすくアンシミュの画面を元に説明していきます
・GAIN(歪み量)
・BASS(低域のEQ)
・MIDDLE(中帯域のEQ)
・TREBLE(高帯域のEQ)
・PRESENCE(超高帯域のEQ)
・MASTER(ボリューム)
「何のこっちゃ!?」って方のために各つまみごとにを分けて説明します

GAIN:歪み量

00
音はスピーカーが正常に再生できる音量を超えた際に音が歪みます

それもかなりの爆音にした時に歪みます
ノートPC付属のスピーカーは爆音にするとわりと簡単に音が歪んだりします
カーオーディオを爆音にしているDQNの車なんかは音が歪んでいる時がよくあります
DTMでわかりやすい例ですと0dbを超えて音割れしている状態をさらに強く音割れさせたようなニュアンスです
あの歪んでいる状態を音色としてギターに意図的に発生させるのが
アンプのGAINです
GAINは左に振り切るとクリーンに近づきます(歪んでいない状態)
右に回すほど歪んでいきます
基本はクリーンから徐々に右に回して歪み量を調節します
アンプによって歪み方や特性がそれぞれ違うので自分なりのお気に入りの音を探しましょう

EQ:各帯域のTONE

28
EQを使う前に知っておきたい知識:各帯域について
↑(以前EQについての帯域ごとの説明を記事にしています)
各帯域(BASS、MIDDLE、TREBLE、PREENCE)のつまみを回すことで調整をします
11
BASS:音の太さ、重さや軽さに影響する。出しすぎるとベースやキックとぶつかる
54
MIDDLE:音の芯、音抜けや存在感に影響する。出しすぎるとボーカルとぶつかる
23
TREBLE:音の輪郭、音の鮮明さに影響する。出しすぎると耳が痛くなるような音になる
39
PRESENCE:音の硬さ、音抜けやエッジに影響する。出しすぎるとノイズになったりハイハットとぶつかる
※図はあくまでも例えとしてデジタルEQを使いました

MASTER:音量

03
MASTERで音量の調整です。
基本ボリュームゼロの状態から右に回して調整します
アンプにギターのシールドを抜き差しする場合にもボリュームはゼロにしてからです
↑これはどこのスタジオやライブハウスでも常識として考えられているので守らなかった場合は怒られたりします
ボリュームをゼロにしないままシールドを抜き差しすると過大入力音がアンプに入るのでキャビネット(スピーカー)が最悪の場合壊れます
音量は一人でギターを弾く場合は好みで良いと思いますがバンドの場合は
ドラム⇨ベース⇨ギター⇨ボーカルの順番で音量を調整していきます

終わりに

アンプは基本この6つのつまみで考えると良いです
アンプによっては10個以上つまみがあることもあります
アンプの種類によって歪み方やEQの特性が違うので自分なりにアンプによって音作りを使い分けて考えましょう
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ