zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

 Subliminal Pain「境界線」⇦最新曲
1st EPの購入はこちらから⇨Subliminal Pain CD

DTMで作った最新曲や告知を当ブログで宣伝したい!という方はツイッターからDMへどうぞ
意見やアドバイスが欲しい!という場合もお気軽に.。゚+.(・∀・)゚+.゚
質問や記事リクエストはこちらへ(´∀`*)⇨Peing質問箱

カテゴリ: ギター/機材

2017/12/17/ 20:12にBIAS AMPのアップデートがありました
新世代のハイクオリティアンプシミュレーター:BIAS AMP

↑以前紹介記事を書いています
今回のアップデートによりBIASユーザーがずっと求めていたであろう
REVERB機能が追加されました
僕もギターREC時にBIASにREVERBがあったらなぁ…と思ったことがありましたので素直に嬉しい

BIAS AMP REVERB機能追加

上品なREVERBで特にクリーンを弾いていて心地良さを感じます

6つのパラメーター

28
・LEVEL 
・DAMPING 
・DWELL 
・TIME
・LOW CUT
・HIGH CUT
アンプらしいノブでの操作です
リバーブ量、衰退音、リバーブの長さだけではなく
残響音の低域、高帯域のカットも可能なので気にいる音に作り込むことができそうです

9種類のリバーブタイプ

39
・Room Studio A
・Room Studio B
・Chamber
・Hall Natural
・Hall Medium
・Hall Ambient
・Plate Short
・Plate Rich
・Plete Long
の9種類のリバーブタイプが用意されています

終わりに

Positive Grid ( ポジティブ グリッド ) / BIAS Amp Desktop Professional PROMO
Positive Grid ( ポジティブ グリッド ) / BIAS Amp Desktop Professional PROMO
これにてBIAS AMPの痒いところに手が届きました
これはBIAS ユーザーならば誰しもが一度は思ったことのはずです
DAW側で別途空間系を挿して音を作ったりしていましたがBIAS AMP側でリバーブをかけらるようになったのでその必要がなくなりました
というわけで今日はこの辺で!ではまた(*・ω・)ノ

昔使ってきたギターエフェクターを紹介します
BOSS ( ボス ) / GE-7

BOSS ( ボス ) / GE-7

7バンドグラフィックEQ

BOSS ( ボス ) / GE-7
GE-7ということで7バンドグラフィックEQです
100khz~6.4Kまで帯域ごとの調整が可能です
EQを使う前に知っておきたい知識:各帯域について
↑帯域ってなんやねん?って方は以前こちらで記事にしています
41
デジタルEQで見るとイメージとしてはこのようになります
アンプのEQだけでは作り込めなかった帯域まで細かく音作りが可能ということです

ブースターとしても使える

BOSS ( ボス ) / GE-7
Level(出力量)もいじることが可能です
ボリュームだけ増幅させることもできるのでギターソロの時などにブースターとしても使用可能です
ボリュームだけでなく800khz~1.6K辺りをブーストすることでさらに抜けの良い音になります
クリーンブースターだけではできなかった音の抜けを出すことが可能ということです

終わりに

IMG_1753
アンプのEQだけではできなかったこと、通常のブースターだけではできなかったことがこのGE-7では可能です
ノイズカットやブーミーになってしまった低域のカットなど様々な用途で活躍します
使い方次第ではGE-7を2台使用することもありそうですね
繋ぎ方によっても音色が変わるので色々試す価値がありそうです
というわけで今日はこの辺で!ではまた!

昔使ってきたギターエフェクターを紹介します
ネタとしてもあげられるくらい有名なBOSSの
MT-2(メタルゾーン)です
BOSS ( ボス ) / MT-2
BOSS ( ボス ) / MT-2

メタル特化型ディストーションペダル

BOSS ( ボス ) / MT-2
名前の通りまさにTHE メタル!!といったディストーションペダルです
つまみのパラメーターはLEVEL、EQ(帯域別)、DIST(歪み)の4つです
ですがEQのつまみはパッと見たところ2つです
よく見ると上段と下段でつまみが分かれているのがおわかりいただけるでしょうか
EQだけで4つつまみがあります
左側のつまみ:上段がHIGH、下段がLOW
右側のつまみ:上段がMID、下段がMID FREQ(200khz~5K)

音作りのポイントはMID EQ

BOSS ( ボス ) / MT-2
メタル!といえばまさにドンシャリな音のイメージですが
僕はこのMT-2の音色のポイントはMID EQのFREQにあると感じています
MID FREQのレンジ(幅)が200khz~5Kです
MIDのレンジがめちゃめちゃ広いです
そしてこのペダルにはTONEがありません
とりあえずEQのつまみは12時で!というセオリーがありますがそれでやるとこのペダルの真骨頂が発揮されません
使っているギターやアンプによって出音が変わるので環境によってMT-2のEQを上手く使ってあげないとただのドンシャリになってしまいます
抜けるリードギターサウンドを作るためにはこのMID EQを上手く使うことがポイントだと感じます
クセがあるペダルと言われることがありますが上手くEQと歪み量を調節することで太く抜けの良いサウンドになります

終わりに

ネタでMT-2を4個連結!!といった話がありますが
MT-2を使える音として使用する場合はそんなことはまずやりません笑
僕はアンプ側の歪みをゼロにしてメインの歪みとしてMT-2をよく使っていました
というわけで今日はこの辺で!ではまた

昔使ってきたギターエフェクターを紹介します
ギタリストならば誰もが知っているであろう
万能かつまさにど定番の歪み!BOSS:BD-2です
BOSS ( ボス ) / BD-2

BOSS ( ボス ) / BD-2

オールラウンドに使える幅広い歪み

BOSS ( ボス ) / BD-2
パラメーターとしてはLEVEL、TONE、GAINの3つです
ブルージーなトーンを追求したモデルですがクランチからサスティーンの効いたハイゲインまで幅広く使えます
トーンやギター側のボリュームでも音色に変化が出るので自分なりにしっくりくる音色を探して楽しむこともできます
そしてブースターとして使うのも僕はお気に入りです

改良版のBD-2Wはさらに作り込まれている

BOSS ( ボス ) / BD-2W
BOSS ( ボス ) / BD-2W
まさにBOSSの本気!技WAZA CRAFTによる新設計の改良版も出ています
BD-2の良さは残しつつもさらに柔軟に幅広く対応できるようになっています
1つひとつのパーツを選定し組み上げられたディスクリード回路を搭載しています
エンジニアによる熱い情熱と磨き上げられた技による技WAZA CRAFTです

BD-2Wはスタンダードモードとカスタムモードによる2種類の音色

BOSS ( ボス ) / BD-2W
中央にあるS/CのSは従来のBD-2の音色、スタンダードモード
Cは繊細なピッキングニュアンスに図太く粘り気のあるBD-2Wのカスタムモードです
どちらも好みと楽曲の雰囲気に応じて使い分けると良いことでしょう

終わりに

まさにど定番の歪みペダルです
年代問わず幅広い年齢層に使われ続けたまさに生きるレジェントといったところでしょうか
歪みやブースターに迷ったらBD-2と言われるくらいに定番です
というわけで今日はこの辺で!ではまた(。・ω・)ノ゙

昔使っていたギターエフェクターペダルを紹介します
SUHR ( サー ) / Riot Distortion
SUHR ( サー ) / Riot Distortion

図太いディストーションペダル


THE 音圧!!って感じの図太い歪みの音になります
コンボアンプで使用した際にまるでスタックアンプを使っているかのような高い音圧感を感じさせてくれます
2013年〜2015年辺りでライブハウスでは特に流行っていた印象があります
低域もスッキリしていてブーミーにならずToneでミッドレンジの効きを操っていく音色です

Dist.Tone.Voice,Levelのつまみ

SUHR ( サー ) / Riot Distortion
・Dist  歪み量
・Tone ミッドレンジのEQ Tone
・Level 出力量
・Voice 左、真ん中、右で音色を切り替え
ギターの歪みペダルらしいシンプルなつまみになっています

終わりに

IMG_1714
一時期やたら流行った時期がありました
まず見た目がかっこいいです
なんだか懐かしい気分がします
というわけで今日はこの辺で!ではまた(*・ω・)ノ

↑このページのトップヘ