zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!DTM生活5年目に入りました!機材レビュー!制作のノウハウをお届け!


【DTM】かっこいいアニソン風ロックの作り方と解説
MIXの依頼やレッスンに関してはTwitterのDMへお願いします!

カテゴリ: ギター/機材

お家での時間が増えたことでアコースティックギターに挑戦する人も増えています。ギター1本で気軽に演奏ができるが良いですよね。ギター弾き語りで友達とセッションができるとさらに楽しいです。
この記事ではアコースティックギターを始めた初心者の方にオススメの曲を7曲紹介させていただきます。
YAMAHA ( ヤマハ ) / FS820 NATURAL アコースティックギター

YAMAHA ( ヤマハ ) / FS820 NATURAL アコースティックギター

スピッツ:チェリー


初心者にオススメの名曲。スピッツの『チェリー』
この曲がリリースされてから長く初心者にオススメの曲として選ばれています。アコースティックギターの登竜門と呼ばれているFコードが使用されています。この曲を弾けるようになればFコードも綺麗に音が鳴るようになるはずです。Fコードのコツは指の側面でフレットを抑えることですよ。C⇨FのコードチェンジがありますがCの人差し指の位置は1フレット上にありますのでそのまま人差し指でセーハするイメージで弾いてみるとうまくコードチェンジができるはずです。

YUI:Goodbye Days


アコギ女子といえばYUIを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?インディーズ時代には第二の尾崎豊と言われていたそうです。路上ライブではあぐらをかいて演奏するスタイルだったそうですよ。そのYUIの代表曲の一つ『Good-bye days』
映画『タイヨウのうた』で主題歌として使用されています。アコースティックギター初心者にもオススメの曲です。原曲のコードが難しい場合はカポを4フレットに付けて練習してみてください!慣れてきたら指弾きでアルペジオを弾いてみるとさらに切ない雰囲気になります!

あいみょん:マリーゴールド


何曲か弾けるようになったらあいみょんの『マリーゴールド』に挑戦してみましょう。まさにあいみょんの代表曲です。この曲ではC/EやC/Bなどのオンコードが出てきますよ。オンコードが弾けるようになるとさらに演奏の幅が広がります。サビのコード進行が弾けるようになればすぐに他の展開も弾けるように鳴るはずです。ストロークも一定のリズムなので丁寧に弾きましょう。

19(ジューク):あの紙ヒコーキ くもり空わって


1999年にリリースされ大ヒットし、紅白歌合戦にも出場した。19の『あの紙ヒコーキくもり空わって』
切ないメロディーラインで合唱曲や卒業ソングとしても使用されることが多い曲です。初心者にも弾きやすい曲でオススメの曲です。BメロではFaugやA/E、D#dimなどのテンションコードやオンコードが使用されています。この曲の切ないメロディーラインを生み出すためには必須のコードですのでぜひ弾けるようになりましょう。弾けるようになったらフォークデュオでこの曲を演奏してみるとさらに楽しいですよ!

Avril Lavigne:Complicated


日本のアーティストだけではなく海外のアーティストの曲も紹介させていただきます。
爽やかで青春を感じさせてくれるAvril Lavigneの『Complicated』
1枚目のシングルにして一気に人気を獲得した曲です。この曲もアコースティックギター初心者にオススメの曲です。バレーコードはB♭とF、Gmを使用します。
B♭とFは共に1フレットをセーハしているコードなのでB♭⇨Fのコードチェンジは意外と簡単ですよ。この曲も弾けるようになるととてもクールな曲ですのでぜひ挑戦してみてください。

瑛人:香水


SNSで爆発的に人気になった曲。瑛人の『香水』
この曲はアコースティックギターのみで原曲通りに演奏できます。アコースティックギター初心者の方はカポを3フレットに付けて演奏してみましょう。カポを3フレットに付けた場合はC、E7、F、G、Amの5つのコードで演奏が可能です。この曲で頻繁に使用されているF⇨G⇨Cのコード進行はまさに王道の進行と言われているコード進行です。このコード進行が弾ければほぼこの曲が弾けるようになったようなものです。慣れてきたら指弾きで原曲のようにアルペジオを交えて弾いてみましょう。

ゆず:夏色


日本を代表するフォークデュオといえばゆずですよね。彼らの代表するフォークソングの一つ『夏色』
軽快なリズムでノリが良く、弾けるようになるとスカッとするくらいに気持ちが良いですよ。
カポを3フレットに付けて演奏すると初心者の方にも優しいコードチェンジです。彼らもカポを3フレットに付けて演奏していますよ。
弾けるようになったら二人組みで一緒に歌ってみましょう。ハモりながら歌えると最高に心地良いはずです!

おわりに

YAMAHA ( ヤマハ ) / FG830 Tobacco Brown Sunburst アコースティックギター
YAMAHA ( ヤマハ ) / FG830 Tobacco Brown Sunburst アコースティックギター
いかがでしょうか?どの曲も難易度は優しい曲です。特にFコードは登竜門と言われていますので紹介させていただいた曲に挑戦してぜひ克服してみてください。バレーコードが弾けるようになると一気に弾ける曲が増えますのでさらにギターが楽しくなるはずです。というわけで今日はこの辺で!ではまた

コロナの影響により自宅で過ごす時間が増えて楽器を始めた人も多いのではないでしょうか?
楽器の中でもエレキギターは手軽に始められるのとかっこいい音が出て弾いていて楽しい楽器です。
エレキギター初心者の方は何の曲から練習したら良いんだろう?と考えるかもしれません。
私なりにエレキギター初心者の方にオススメの7曲をピックアップしました。これからギターを練習する人の参考になると嬉しいです。 FENDER ( フェンダー ) / American Original 60s Stratocaster 3-Color Sunburst
FENDER ( フェンダー ) / American Original 60s Stratocaster 3-Color Sunburst

モンゴル800:小さな恋の歌


まさに王道の定番曲です。軽音楽部によってはこの曲が課題曲だったという方もいるのではないでしょうか?まずはパワーコードでジャカジャカ弾きたいという方はこの曲を練習してみることをオススメします。イントロでブリッジミュートがありますがここは力強くダウンピッキングで弾いてみましょう。シンプルなコードバッキングが中心の曲ですのでテンポキープを意識して弾いてみてください。慣れてきたら歌いながら弾いてみても楽しいですよ。

桜高軽音部:Dont'Say Lazy


この曲がリリースされ、けいおん!!ブームが起きていた当時はこの曲もバンドでコピーする人がたくさんいました。ギターの演奏も初心者が始めるにはちょうど良い難易度です。コードバッキング、ブラッシング、単音弾きなど基礎的な奏法を学ぶことができますよ。ツインギターの曲ですのでバッキングパートに慣れたらリードパートにも挑戦してみましょう。
ギターの音作りはスタジオならほぼ常設されているMarshallで作ってみましょう。GAINは歪ませすぎず、EQは高帯域がキンキンしないように工夫してみてください。
ギターアンプの音作りに迷ったら⇨ ギターアンプの音作り

中島美嘉:GLAMOROUS SKY


中島美嘉さんはバラードのイメージがある人も多いと思いますが実はロックな曲もかっこいいですよ。それもそのはずこの曲の作編曲はL'Arc〜en〜CielのHYDEさんが担当しています。
納得のかっこよさですよね。ギターの演奏はロックバンドらしいパワーコードでのバッキングが中心です。弾けるようになるとブリッジミュート、アルペジオ、オクターブ奏法が身につきます。こちらもツインギターでの演奏ですのでバッキングパートになれたらリードパートもぜひ練習してみてください。
間奏のギターソロではオクターブ奏法をかっこよく弾いてみてください!!

ELLEGARDEN:Missing


まさにエルレ世代の人はこの曲に憧れてギターを始めた人もいるのではないでしょうか?私もギターを始めたての頃はこの曲を練習しました。イントロのリードパートからすでにかっこいいですよね。
Aメロの16分のブリッジミュートによる刻みのポイントは弦に右手を強く押し付けすぎずに程良い触れ加減を探してみてください。慣れてくると腕が疲れない弾き方が身につくはずです。
特にラスサビのアルペジオは落ち着いて一音一音弾いてみましょう。慣れない内はメトロノームを使ってテンポを落として練習してみてください。

GO!!GO!!7188:こいのうた


スリーピースガールズバンドといえばGO!!GO!!7188というほどに多くのファンから人気を誇ったバンドの名曲『こいのうた』この曲もギター初心者の課題曲としてど定番の曲です。シンプルにバッキングを続けていく曲ですのでコードチェンジを身に付けたい方にはもってこいの曲です。これからバンドを始めたいという楽器初心者の方でも楽しみやすい曲ですよ。慣れたら歌いながら演奏することにもぜひ挑戦してみてください。目指せ!ギターボーカル!

YUI:Rolling Star


ギターの演奏にも慣れてきて少しだけ難易度をあげた曲を弾きたい方にオススメの曲です。イントロのリードフレーズ、サビのリードパートフレーズは良い練習になるはずですよ。そしてこの曲ではかっこいいギターソロもあります。ワウを使った演奏もありますのでワウペダルの使い方も工夫してみてくださいね。少しだけ難易度が上がりますがぜひ挑戦してみてください!それにしてもライブでこの曲をかき鳴らすYUIさんの姿がめちゃくちゃかっこいいですねぇ…。

ONE OK ROCK:完全感覚Dreamer


ONE OK ROCKに憧れてギターを始めた方はまずはこの曲を弾きたいのではないでしょうか?イントロのオクターブ奏法からかっこよくて弾いててテンションが上がりますよね。音作りのコツは中音域を少し上げ目でリードパートの音抜けを意識してみてください。Aメロはミュートを意識して、音を出すところと切るところを意識、Bメロではカッティングがあるので左手のミュートを工夫してみましょう。
サビで思いっきりギターかき鳴らしましょう。僕がまだ10代の頃にONE OK ROCKのライブ行ってこの曲がCDになる前に新曲として聴いたことがありますが当時の興奮は忘れられないですねぇ…。

おわりに

TOKAI ( トーカイ ) / LS129 GT
TOKAI ( トーカイ ) / LS129 GT
いかがでしょうか?個人的には懐かしい曲ばかりで私自身もエレキギターを始めた頃に弾いたことがある曲をいくつかピックアップしました。いきなり難しい曲から始めるのではなく少しずつレベルアップしていくことが大切です。
一つ心がけていただきたいのはテンポキープが一番大切だと私は考えています。指が早く動くことよりも音が綺麗になってリズムがちゃんと取れているとそれだけでもかっこいい演奏になりますよ。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

ついにNAMM SHOWでも話題になったLine6のPOD GOがリリースされました。 Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
まさにアンプシミュレーターの代名詞はPODというほどに世界中で大ヒットしたPODシリーズです。僕もPOD2.0、POD XT、POD X3を今まで使用してきましたがPODファンからするとPODの最新作は胸熱です!PODといえば豆型のイメージがありますが今回はフロア型になっています。実際に僕も試奏してみましたので早速レビューしていきます!

PODの最新作!POD GO

Line 6 ( ライン6 ) / POD GO Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
Line 6 ( ライン6 ) / POD GO
実際に試奏してみてどう感じたのか…。結論から申しますと2020年のハードウェアで一押しのアンプシミュレーターです。
  • コスパ
  • 扱いやすさ
  • 音質
この3つのどれを見ても非常に素晴らしいです。まずは気になるのは音質の面だと思います。それは安心していただきたい。何故ならばHelix/HXファミリーから継承された最先端のサウンド・エンジンをPOD GOに備えているからです。ハイゲインサウンドやクリーンサウンド、どのアンプタイプも非常に上手くできており、プリセットもちゃんと使えるサウンドです。音質はそのままレコーディングで使えるサウンドなのでエンジニアにも安心して渡すことができるクオリティです。
扱いやすさはPODならではのギタリストユースのUIと操作性になっており、直感的ですぐに音を作り込めるようになっています。アンプシミュレーター特有の難しい操作を感じさせない作りはさすがPODの最新作です。

ライブでも十分に使えるアンプシミュレーター


宅録のみならずライブの使用も想定された作りになっています。MAIN OUT(LINEステレオ出力)はもちろんですがPOD GOはAMP OUTを備えており、ライブでは使用する場合はAMP OUTからパワードキャビネットへ、MAIN OUTはPA卓へ送るといった使い方が可能です。 Line 6 ( ライン6 ) / Powercab 112 Plus
Line 6 ( ライン6 ) / Powercab 112 Plus
Line 6からパワードキャビがリリースがされているのでライブではPOD GOとPowercabの組み合わせがベストでしょう。今までアンプシミュレーターをライブで使用する際はアンプのSEND/Returnに挿して音をキャビネットから出していた方はぜひこの組み合わせがあることも頭に入れておいていただきたい。
さらに本機のエフェクト・ループを活用して、手持ちのコンパクト・エフェクターやアンプのプリアンプ部をPOD Goに組み込む“4ケーブル・メソッド”も可能です。この価格帯にしてよくこれほどのクオリティと操作性、ライブでの実用性を実現したと関心するばかりです…。

おわりに

いかがでしょうか?この価格帯でこれほどの充実したクオリティと機能はなかなかないと思います。本当に「よくやってくれましたLine6!」と思うばかりです。僕も今後ライブをする機会があればPOD GOを使いたいくらいです。重さも軽量なので持ち運びも楽です。単純にPODファンとして最新作が出ただけでも嬉しいです。というわけで今日はこの辺で!ではまた

NAMM SHOW2020にてZOOMより発表されたマルチプロセッサーG11。まさにZOOMの集大成とも言える目玉新製品です。今回G11を試奏出来る機会がありましたのでレビューします。
ZOOM ( ズーム ) / G11
ZOOM ( ズーム ) / G11 

まさに集大成とも言える圧倒的なクオリティを誇るG11

ZOOM ( ズーム ) / G11 ZOOM ( ズーム ) / G11
ZOOM ( ズーム ) / G11
結論から申しますとまさにZOOMの集大成!と感じさせるほどのクオリティです!胸を張ってこのマルチエフェクターをオススメします。
プリセット、A-1のKRAMPUSがザクザクとしたハイゲインの歪み感、重厚感共にギタリストが弾いていて心地良いと感じさせてくれます。僕は音を出した瞬間に「お!これだよ!この感じ!」と口に出してしまいました。ハイゲインスタックアンプから音を出した時の粘り気やバイト感を十分に感じられます。
アンプのシミュレートはG5nに入っているアンプタイプはもちろんのこと、今回から新たに収録されているアンプタイプもあります。
私のお気に入りは新開発され今回追加されたKRAMPUSと7 Heavenです。Djentやハードコアのジャンルを弾いている方は好みのサウンドのはず。分厚いバンドアンサンブルの中でも存在感のあるギターサウンドを構築することができるアンプモデルです。ハイゲインアンプのみならずクリーンやクランチサウンドもギタリストのニーズをわかっているプリセットが用意されています。アンプシミュレーターを初めて使用する人でもきっと気に入ったサウンドを得ることができますよ。

液晶タッチパネルで直感的な操作でサウンドメイクができる

フロントパネルに大きな液晶タッチパネルがあります。この液晶パネルを使用し、サウンドメイクを行います。アンプシミュレーターを初めて使う方でも直感的に音作りを楽しむことができますよ。
ルーティングを一目で確認できますし、順番も簡単に決められます。バイパスのON/OFFもわかりやすいです。またIRのON/OFFもわかりやすく、複雑な操作もありません。「こういうの直感的な操作ができるマルチエフェクターを求めていた!」というギタリストのニーズに答えてくれます。

IRのこだわりを強く感じられる

今回僕が特にこだわりを強く感じたところはIRです。部屋鳴りの空気感の再現度が素晴らしい。
キャビネットごとに3つの異なるマイクポジション(オンマイク/オフマイク/ルームマイク)で収録された70個のIRデータをプリセットするほか、サードパーティー製のIRデータも最大130個までロード可能。
ZOOM 公式ページより引用
平面的なサウンドではなくちゃんとサウンドに奥行き感があります。LINE出力した際にも手応えのあるサウンドが得られますよ。今まで様々なアンプシミュレーターを使用してきましたがここまでIRに対するこだわりを強く感じたのは初めてです。70個のIRデータの詳細はこちら

おわりに

いかがでしょうか…。G11のクオリティは是非とも体感していただきたいです。サウンドメイクがまさに自由自在で、操作や使い勝手もちゃんとギタリストのことを考えた作りになっています。またMIDI入出力も付いており、外部機器との連携も可能です。というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日iRig Nano AMPを使用する機会があったのでレビューいたします。
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
Amplitube4 MAXを普段から使用していることもあり、あのアンプサウンドが手元で手軽にスマホを通して出せたら良いなぁと思っていました。こちらのiRig Nano Ampを使えばあの本格アンプサウンドが出せちゃいます。

手のひらサイズで持ち運びが楽

  IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
サイズ感としては手の平サイズで手軽に持ち運びできます。ポケットに入ってしまうくらい小さなサイズです。
使用方法としてモードがAMPモードとDEVICEモードの二つがあり、単体で使用する場合はAMPモード。スマホに接続してAmplitubeを使用する場合はDEVICEモードにします。
DEVICEモードにしてiPhoneからAmplitubeのアプリを通せばこの小さなサイズにしてちゃんと本格派のアンプサウンドが鳴りますよ。
さらに外部スピーカー・キャビネットへの接続が可能、ヘッドホン出力も可能なので大音量で使用したり、深夜の自宅練習にも最適できます。
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
このように背面にスタンドも付いているので立たせて使うこともできます。気が利いた設計ですね。
実際に音を出してみましたが小さなサイズだからといって、音割れすることもありませんでした。
Amplitubeを使用して音を出してみましたがいつものあのサウンドがちゃんとこのサイズで鳴ってくれます。値段もリーズナブルだし、GarageBandを起動して使用した場合もIFとして使えます。AmplitubeもGarageBandと連携して使用できますよ。PCがないけどスマホで楽曲制作を楽しみたいという人に最適なアンプ&IFです。電池駆動なので出先での使用も可能。

おわりに

このサイズ感で普通に良い音が鳴るのでびっくりしました。キャビネットに接続できるのも面白いですよね。お使いのスマホによってはイヤホンジャックが付いていないものがあるのでその場合には変換端子が必要になります。というわけで今日はこの辺で!ではまた。

↑このページのトップヘ