zunx2の暇つぶしDTMブログVer

人生は神ゲー!!元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます

カテゴリ: これからDTMを始めたい方へ

ドラムの打ち込み方がわからんから教えてくれ!
っていうのがちょくちょくあるので
初心者向けドラム打ち込み講座的なのやりますw
21
私の使用しているDAWのCubaseで説明していきます
超アナログ人間だった私流のやり方でいきます
(DTMやり始めの頃はタスクマネージャーすら開けなかったww)
必ずドラムロールで打ち込んで行ってください
ピアノロールよりドラムロールの方がわかりやすいです

リズムの基本は8ビート

絶対に誰でも聴いたことがあるリズムパターンです
ドッタンドドタンってやつです

これをまずは打ち込めるようにします

そして打ち込む時は口ずさみながら打ち込んだほうがいいです
ドラムの人とかはリズムパターンを口ずさんでることが結構あるんです
ドッがバスドラ
タンがスネア
シャーンがシンバル
初心者の方はリズムに対してどの位置に何の楽器が入るのかわからないというのが一番大きい不安要素だと思います
これでどの位置に何の楽器が入るのかイメージが鮮明になります
ここから先でより細かく説明していきます

続きを読む

おはようございます。カレンダー通りの出勤ですw
先週、私が編曲、REC、MIX、マスタリングした楽曲が
ニコニコ動画にて作曲者のももんちゅさん(@3tailsuki)から投稿となりました

実は3、4ヶ月前から楽曲の制作の話になっていたのですが私のwindows PCが壊れたことによりだいぶ押してしまいましたorz

プロジェクデータでのやり取りで作業を進めた

12
二人ともCubaseユーザーのためプロジェクトデータでやり取りを行っていきました
まずは曲の骨組みをももんちゅさんが作り、
そのプロジェクトデータをフォルダごと私に送って作業をしました
二人とも使っているドラム音源やベース音源などのサンプリング音源は違うので
プロジェクトデータを送る場合は
オーディオデータに書き出したり別の音源で代用して音を鳴らします
また一度2mixをwavで書き出してこちらで使っている音源ではどうなるのかを相手に伝えます
34

編曲を始める前にどういう曲なのか把握する

私はとりあえずプロジェクトデータをもらいすぐ編曲を始めていきましたが
すぐに息詰まってしまった。うまくまとまらないorz
こういった場合まずは骨組み(ワンコーラス)をしっかり聴き込み
曲全体を見渡すことが大事だと考えました
・キー
・コード進行
・メロディの流れ
・リズムパターン
・拍子
・雰囲気

これらをまず最初にしっかりと把握、そして聞き込んで自分でどういうアレンジにしたいのかを明確にする必要がありました

アレンジによっては作曲者に曲をもう一度考えてもらうことも必要

PAK57_kangaeruookawashi_TP_V
どういう楽曲なのかを把握していくとメロディラインだったりこの拍子変更は本当に必要なのか?という添削をかけることもあった
これは編曲者側で変えることもあるがあくまでも原曲を重視するかつ双方の良さを出していく為に必要なことだと私は考えました
私が特に大事に考えているリスナー向けに聴きやすさを出す為に必要なことでした

次の日に曲を聴くということを何度も行った

N112_headphonedeongakudansei_TP_V
編曲をしている最中はどうしても主観で楽曲を見てしまうため第三者視点のジャッジが難しくなってしまいます
これはバンドで楽曲を作る際も同様でスタジオ内でメンバーと編曲をした場合もその場では良い曲になった!と思っても
次の日にスタジオでいざ合わせてみると
「あれ?不自然なところがあるなぁ」と思うことがありました
こういった経験がバンドをしていた時も
DTMに主流に変えた時もよくあったので
次の日に編曲したものを聴くようにしました
時間が空くことで楽曲を第三者として聴けると私は考えているので
違和感のあるところはすぐに修正をしました

曲作りの勉強になることがたくさんあった

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V
作曲者のメロディラインの使い方やコード進行で私の中で勉強になることがたくさんありました
・メロディラインを活かす為のリズムパターン
・音色選び
・展開の構成
・MIX、マスタリング

など他にもたくさんありました
普段から色々な音源を聴くことを心がけていますが
1つの作品を共に作るというのはまた違った見え方があるので
単に消化するだけではなく自分の今後の楽曲制作に活かせることがたくさんありました

共作することをおすすめする

自分の楽曲の幅を広げたいと考えるならば共作をおすすめします
作曲者の色と自分の色を上手くバランスを取りながらブレンドするのは普段味わうことのできない感覚なので勉強できることがたくさんあります
また達成感も一人で曲を作った時以上にあるので余裕がある時にぜひやってみていただきたい

終わりに

今回ももんちゅさんと楽曲制作を共にやらせていただいて途中
私のPCが壊れるなどのハプニングがあったりしましたがなんとか形になって良かったです
楽曲にも色々と新しい試みだったり、新しい音源を使ってみたりで挑戦することもいくつかあり
自分の中で成果を感じられることができました
ほんと良い経験ができたと思います
というわけで今日はこの辺で!
ではまた

初心者向け:EQについて←以前EQについて記事を書きましたが
これってEQの基本的な使い方なわけで
その前にまず「そもそも各帯域って何やねん」
っていうところをやりたいと思います
下から順番にアナライザーの画像と共に説明していきます

16~40ヘルツ=重低音域

11
スピーカーによってキレイに再生できないことがあります
EDMのドゥゥゥゥゥゥンという音はまさにこれです
PC内臓のスピーカーやスマホのスピーカーなどではまず再生できません
人間の耳は聴き取りにくい帯域もあるのでハイパスで削ることが多いです
ダンス系の曲でベースやシンセサイザーで
この帯域の音を出したりします
大きな音で鳴らすと空気の振動が肌でもわかるくらい図太い音です 

40~160ヘルツ=低音域

38
低音域のことをローと言ったりします
ドラム、ベース、ギターなんかの低域はここに集まってきます

ここは音の土台となる部分です
出過ぎていると高帯域が逆に出てこなくなってしまいます
余分に出過ぎてしまった低帯域を音を抑えることでクリアな質感を出せたりします
削りすぎると存在感が無くなりいわゆる音がペラいという状態になるので削りすぎに気をつける必要がある

160~320ヘルツ=中低音域

34
中低音域のことをローミッドと言ったりします
音の芯のロー寄りの部分です
音の抜けを良くしたいと考える時に
ローもしくはローミッド辺りを-3dbほど下げると良かったりします
 

320~2600ヘルツ=中音域

21
中音域のことをミッドと言ったりします
どの楽器もこの帯域の音を多く含んでいます
ボーカルは特にこの帯域が大事です
まさに
音の芯の部分です
前後感は特にこの部分が影響してくると言ってもおかしくないです
わかりやすい例としては
・ドンシャリでEQの設定をすると後ろに下がります
・逆に中音域を2~6dbほど上げると前に出てきます
他の楽器も中音域を多く含んでいるので
どうやって住み分けるかがポイントになってきます
 

2600~5000ヘルツ=中高音域

28
中高音域はハイミッドと言ったりします
まさに
音抜けの部分です
抜けを良くしたいという場合にこの帯域をブーストしたりします
存在感を強調したいトラックにブーストさせます
逆にブーストしすぎると耳が痛いと感じてしまうこともあるので注意です

5000~10000ヘルツ=高音域

35
高音域はハイと言ったりします
ドラムのハイハットなどの金物、ボーカルだと歯擦音が特に含まれる帯域です
感覚的に
音の輝きや硬さの部分に辺ります
私の場合はどうしてもこの音源の「くもり」が取れないんだよなぁという時なんかに軽くブーストしています
積極的にブーストすると耳が痛いと感じることが多いので気をつけましょう
 

10000ヘルツ以上=超高音域

24
感覚的に音の臨場感や生々しさがこの部分になってきます
私の場合はマスタリングの際にシェルフで少しだけブーストさせることがあります
この辺もPCのスピーカーやiPhoneのスピーカーではうまく再生できないことがあります
 

終わりに

ざっとこんなところでしょうか感覚的なところはありましたが
実際に耳で聴いてEQを動かしてみることで帯域の場所による音の変化が一番わかりやすいと思います
その内デジタルEQやアナログEQの使い方なども記事にしてみたいと思います
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

↑このページのトップヘ