zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!DTM生活5年目に入りました!機材レビュー!制作のノウハウをお届け!


管理人のDTMユニットの最新曲「AttEnd」
MIXの依頼やレッスンに関してはTwitterのDMへお願いします!

カテゴリ: ドラム打ち込み講座

Youtubeにフリートラックを投稿し始めました。意外とフリートラックから僕のことを知ってくださる方が増えてきました。それだけではなく実際にラップを入れてくださっている方もいて、嬉しく感じております。

↑公開しているフリートラックの再生リストがこちらです。ぜひ聴いてみてください。
この記事では僕のトラックの作り方をまとめておきます。これからトラックメイキングを始める方の参考になれば幸いです。

ビートメイクのやり方


僕のビートメイクの方法はハードウェアのパッドは使いません。オーディオの直貼りとサンプラートラックを使用して行います。
  1. MediaBayから各素材を取り出してくる
  2. タイムラインに並べてビートを作る
  3. ハイハットはサンプラートラックを使用してもOK
  4. ハイハットに強弱をつける
  5. ループさせるビートが出来上がったらたまにスネアやキックを増やして少し変化を加えてやる
ハイハットはサンプラートラックに入れてMIDI入力し、ベロシティーを調節し、強弱をつけることをオススメします。そうすることでさらにビートの生々しさが出てきます。
このようにビートメイクの方法はシンプルですが早く出来上がるのでオススメです。
他にはドラム音源を使用する場合もあります。ビートメイクでオススメのドラム音源は Addictive Drums2 です。
Addictive Drums2
Addictive Drums2
バンドサウンドで使われることが多い印象がありますが有名なトラックメイカーもこのドラム音源を使うことがあります。扱いやすい音で金物の音色も種類が豊富で実はビートメイクに向いています。

僕のフリートラックのこちらの曲のビートもAddictive Drums2 を使用しています。

ベースを入れる

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / MODO BASS
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / MODO BASS
ベースは基本的にはシンプルなベースラインにしています。たまに動かしてやるくらいがちょうど良いと感じております。キックの位置とかぶせるような形で打ち込んでやるのが簡単な方法です。

ちなみにこの曲はDragonAshのIKUZONEさんのベースラインを意識してみました。この曲はわりとベースラインを動かしています。

僕はDragon Ashの『陽はまたのぼりくりかえす』という曲が好きで学生時代に歌詞を丸暗記するほどでした。日本にHip Hopを一般的なシーンへと広げてくれたバンドと言っても過言ではないでしょう。

ギターを入れる


ギターが弾ける方はぜひトラックにギターを入れてみましょう。この曲ではアコースティックギターのアルペジオを入れています。静かでシンプルなフレーズの方が僕は好みです。
この曲はアコースティックギターをコンデンサーマイクでマイキングしています。さらに曲に立体感を出すためにギターをダブルトラッキングさせています。コードをジャラーンと白玉一発でも全然ありなのでギターを持っている方はぜひやってみてください。

ギターは以前にブログで紹介したYAMAHA ( ヤマハ ) / FS-TA BSを使用しています。

上物(ピアノ、シンセ、環境音)を入れる


こちらの曲で使用している上物はKontaktのVINTAGE KYEを使用しています。
スクリーンショット 2020-05-15 17.37.27
プリセットはHot Clubです。この音色がお気に入りで使用することが多いです。
この曲ではアコースティックギターのバッキングとVINTAGE KEYを主に上物として使用しています。
スクリーンショット 2020-05-15 17.38.03
上物はピアノやシンセ、ストリングスなど基本何でもOKですがレトロなHip Hopの感じにしたいのであればVINTAGE KEYの音色がオススメです。コードがわからない方はコードトラックを使用しましょう
MIDIを打ち込んだらサスティーンペダルのON/OFFやベロシティーの調整もしてやりましょう。
ZOOM ( ズーム ) / H1n ハンディレコーダー
ZOOM ( ズーム ) / H1n ハンディレコーダー
他には街頭の音などの環境音をハンディーレコーダーでサンプリングして上物として使用するのもオススメです!

おわりに

BEE音楽スクール
いかがでしょうか?トラックメイクは手軽に楽しめるので制作の息抜きにオススメです。
最近ではトラックメイキングを学べるオンラインスクールも増えてきているようです。ネットで調べるだけでも多くのノウハウを得られる時代ではありますが実際に講師から直接学ぶと上達も早いはずです。
僕も地元のDTMスクールに4年ほど通い、多くのノウハウと技術を学ぶことができました。というわけで今日はこの辺で!ではまた

生ドラム⇨ドラム音源へ差し替えという作業を何度かする機会あり、人間味のあるリアルなドラムサウンドを作る必要がありました。
スクリーンショット 2019-08-15 14.39.54
その際に改めて大事だなと感じたことや発見がありましたのでまとめておこうと思います。
動画も作りましたので参考になると幸いです。序盤は初心者の方にもわかりやすい内容になっています。


FXPANSION ( エフエックスパンション ) / BFD3 USB 2.0 Flash Drive
FXPANSION ( エフエックスパンション ) / BFD3 USB 2.0 Flash Drive

リアルなドラム打ち込みのために必要なこと

 
生ドラムからドラム音源へ差し替えをする場合、Cubaseの機能としてオーディオデータのヒットポイントの検出からMIDI変換でMIDIに起こすことが可能です。(サードパーティ製のプラグインではTRIGGER2というのもあります。)
しかし今回はあえてそれはせずに生ドラム忠実に近づけるために耳コピして打ち込みをしました。
動画では大事だなと再認識したこと発見したことをいくつか紹介しています。
    • 打ち込みたいドラムフレーズを口ずさんでみる
    • 細かいハイハットのベロシティーは基準値を弱めに設定して強弱をつける
    • ドラム音源のクローズドリムショットの音が好みではない場合はサンプリング素材を使う
    • ドラムセットの中でタムの強弱はかなりニュアンスが変わる
    • スネアの強弱はベロシティーだけではなく時にはオープンリムショットでニュアンスをつける
この動画では紹介はしていませんがベロシティーのランダマイズ(特定の強弱でベロシティーをランダムでかく)という方法もあります。
  • 打ち込みのドラムを人間が叩いたように近づける
  • ドラムフレーズの幅を広げたい
という場合は僕としては好きなアーティストやドラマーのドラムパターンを耳コピして実際に打ち込んでみるのが上達の早道だと感じております。

おわりに

バンドレコーディングをやり始めてからやはり毎回のように発見があります。
いかに新鮮味を感じて新しい技術に対してハングリーになっていけるか、そのためには自分を飽きさせない努力が必要だと考えています。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

52
ドラムを打ち込んでいく時に
初心者の方でどうしても「リズムパターンが単調になってしまう!」ということがあります
僕もDTMをやり始めのことろはこれで悩んでいました
「なんで僕のリズムパターンは全然面白みがないんだ!」といったように


↑このように単にリズムをずっと鳴らしているだけでは面白みが出ません
こういった場合、単調にならないように所々フィルイン(おかず)を入れます

フィルインを入れる


このように所々タムを回したり、スネアを連打するだけでもメリハリが出ます
45
↑タムを回している部分です
53
↑スネア連打の部分です
意外と打ち込んでること自体は難しいものではないです
この時に大事なのがフレーズを口に出して言うことです
楽器全般に言えることだと思いますがまずは口に出して自分が何を打ち込みたいのかを整理しましょう

スネアを連打させる時に強弱をつける

スネアを連打させた時に強弱をつけなかった場合は人間味が出ません
モロ打ち込みました!!ヾ(=^▽^=)ノ感が出てしまいます
こういった場合にベロシティーで強弱をつけます
05
スネア連打の場合は弱⇨強で階段を駆け上るかのようにベロシティーを書きます
こうすることで人間味が出て打ち込み臭さが減ります

終わりに

リズムパターンが単調だ!という場合にぜひ取り入れてみてください
スネア連打⇨タム回し⇨スネアとタム回しみたいな順序でフィルインを考えていくと慣れやすいかなと思います
一番最初に打ち込んだ僕のドラムパターンはフィルが全部スネア連打でした笑
でも最初はそれでも良いのでとにかくドラムを打ち込んで何をやったらどうなるのか?というのにひたすら慣れることが大事だと思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた

今日はドラムのここぞという時にかっこよく決まる
ロールの打ち込みを紹介します
18
表現の幅が広がるのでぜひ試していただきたいテクニックです

授賞式で「サー」ってなるアレ

TVとかでよく見る「今週の第一位は!」って司会が言った時にスネアで鳴ってるあの音です
実はあれをキメ技としてロック系で使われていることがよくあります

実際に私が編曲した「天井塔に朽ちる」で
2:34~2:38秒の間でロールを使っています
打ち込み方も簡単です
これより先でより細かく説明します
続きを読む

いつも打ち込んでる自分のドラムパターンに飽きた!
そんな方に簡単でかっこいいドラムパターンを紹介します
01

ロック系ドラマー御用達「タドドタドドタドド」

このドラムパターン、ロック系を聴いていると絶対にどこかで聴いたことがあると思います
私もドラムの打ち込みの際はよく使っています
音で言うと「タドドタドドタドド」

具体的なもので言いますとONE OK ROCKの有名曲の完全感覚Dreamerのイントロのドラムの最初の部分です
まさに「タドドタドドタドド」
ここから先でより細かく説明します
続きを読む

↑このページのトップヘ