zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!4年目に入りました!

IMG_3023
各種ご依頼の受付しています!ご依頼はTwitterのDMまでよろしくお願いしたします!

カテゴリ: バンド紹介

地元金沢で活動中のバンド Ace ON Dawn(@AOND_official)さんのCD制作でエンジニアリングや作編曲を担当させていただきました。
制作期間は4月〜6月の2ヶ月で6曲入りのCDの制作となりました。

6曲中、1.DAWN、3.Overcomeの2曲の作編曲を担当させていただきました。
エンジニアリングということでレコーディングはもちろんですがMix&Masteringも担当しています。基本はドラム録り以外は僕のDTM部屋を使った制作となりました。
IMG_2824
↑実際の作業環境です。制作をする際はこちらでレコーディング等行なっています。

Ace ON Dawn 1st.Mini Album INTRO[ ]Release Tour

S__63037450
今回の1st Mini Album INTRO[ ]で全国20箇所のツアーを行うようです。
各地で彼らのライブにぜひ遊びに行ってみてください。

7/14(Sun)@金沢vanvan V4
7/20(Sat)@町田classic
7/26(Fri)@渋谷NO STYLE
7/27(Sat)@上越EARTH
8/4(Sun)@富山SOULPOWER
8/10(Sat)@福井chop
8/12(Mon)@金沢vanvan V4
8/18(Sun)@福井chop
8/31(Sat)@北浦和kyara
9/14(Sat)@新潟CLUB RIVERST
9/15(Sun)@上田Radius
9/16(Mon)@新宿ACB
10/1  (Tue)  @高田馬場club PHASE
10/12  (Sat)  @神戸KINGSX
11/15  (Fri)  @京都GROWLY
11/22(Fri)@心斎橋VARON
and more...

TOUR FINAL
12/14(Sat)@金沢vanvan V4

実際のレコーディング風景




スタジオではなく自分の部屋を使ったレコーディングとなるので基本的に時間に追われるような雰囲気は作らずに落ち着いて録ることを第一にレコーディングをしていきました。
普段から楽曲制作時にも意識しているのが作業感覚にせずにモノ作りを意識したレコーディングなので「もっと良くしたい!」「もっとかっこ良くしたい!」というモノ作りに貪欲になれるような空間を考えて2ヶ月制作をご一緒させていただきました。

終わりに

とりあえずAce ON DawnさんのCD制作が無事に終わりホッとしています。
2ヶ月という短いスパンの中で忍耐力を保ちながら共に制作を頑張れたのは「良い音源を作りたい!」という想いが強く入っていたからだと振り返ってみて思います。
バンドレコーディングの依頼をしてくださるバンドさんたちとはなるべく近い目線で制作をこれからもしていけたらなと思います。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

これからバンドサウンドの音楽を色々聴いてみたい!という人に向けて完全に僕の趣味で
オススメのジャンルとアーティストを紹介させていただきます
メジャーアーティストは知っているけれどもインディーズバンドはあまり知らないという人にも色々聴いてみるきっかけになればいいかなぁと思います
bg_music_live_stage

疾走感を感じたいならばメロディック・ハードコア

band_three_man
走り出したくなるような疾走感を感じたいならばメロディック・ハードコア一択です
略してメロコアと言われています。ちなみにメロコアは日本のみのジャンルです
海外ではパンクやポップパンク、イージーコアなどのジャンルがありますがそもそも海外にはメロコアという概念がありません
シャウトやデスボイスも基本的には無く、聴きやすいメロディーラインが特徴的です
そして疾走感を感じる!というくらいなのでBPMは170~210とハイテンポです
バンド自体はV系のような派手なメイクや衣装では無くTシャツ1枚に短パンやジーンズといった、非常にシンプルな見た目であります
だからこその漢らしさを感じるのも好きなポイントであります

Northern19


メロコアといえば「ウォー!!ウォー!!ウォー!!」っとシンガロングするのも特徴の一つでもあります
特にNorthern19の「STAY YOUTH FOREVER」はライブで会場全体でシンガロングするシーンがあります
こちらのバンドも基本ハイテンポで疾走感に溢れる曲ばかりです
僕も何度もライブに行きましたが毎回サークルモッシュをしてしまいました
(サークルモッシュとは円を描くように走り出す動きです)
学生時代に憧れていたバンドの一つでもあります
特にオススメの曲はやはり「STAY YOUTH FOREVER」です

OVER ARM THROW


こちらのDear my songsのサビから入る美しいメロディーラインがたまらない
どの曲も聴きやすいかつコーラスワークによる掛け合いが素晴らしい…
DTMを始めて4年ほどになりますがもう一度初心に戻ってメロディーラインの重要さを考え直すきっかけにもなったのがこちらのバンドでもあります
複雑なコード進行や展開を使って曲を作るのも大事なことではありますが自分にとって根本的に音楽的に大事だと思うのは何かを振り返ることができました
特にオススメの曲は「Dreaming of you」です。コーラスとの掛け合いが最高です…
スリーピースバンドのかっこよさをOVER ARM THROWのサウンドで是非とも味わっていただきたい

FOUR GET ME A NOTS


第一印象が「ドラムが凄まじくうまい…」学生の頃にライブで見た時は革命的でした
「何なんだこのかっこいいフィルインは…」今でも音源を聴いて思うばかりです。
ギターの智恵さんの豪快なライブでのパフォーマンスが凄まじいです
男女ツインボーカルでもあり、華麗に重なるコーラスワークも特徴的あります
特にオススメの曲は「Heroine」という曲です
サビの切なさを感じるメロに男女ツインのボーカルによる鮮やかさが美しいです

Knotlamp


日本語歌詞のメロディック・ハードコアです
LAST TRAIN-新しい朝は「遊☆戯☆王5D's」オープニングテーマでもあります
学生の頃、初めて聴いた時に衝撃が走ったのを覚えています
バンドスコアを全部買いました笑。「遠くへ」のギターソロをコピーしたのを懐かしく感じます。それくらい好きです
メロコアなのにギターソロまで入っていて僕の好きな要素を盛り込んだバンドです
英語詞だけでは無く日本語詞も聴きたいという人には是非ともオススメします
特にオススメの曲は「遠くへ」です

終わりに

紹介したいメロディック・ハードコアのバンドは山のようにありますが今回はここまでとさせていただきます。
王道のバンドは紹介せずともみんな知っているだろうということもあり、あえてインディーズバンドを紹介させていただいております
改めてこの4バンドを聴いてみましたが懐かしさとともにいつ聴いてもかっこいいなぁと感じます
僕のオリジナル曲でも2ビートが入るのは間違いなくメロコアの影響であります

是非とも一度ご視聴ください。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

昨日はvanvanV4 presents COUNT DOWN LIVE2018 day3へ遊びに行ってきました(^ ^)
毎年年末になるとこのカウントダウンライブイベントが数日間に分けて行われます
この日はなんとOPEN / START 11:00 / 11:30の全18バンド出演のイベントとなりました
1日で18バンド全てを見た!というわけではなく夕方から見に行かせていただきました♪( ´θ`)

ライブハウス:vanvan V4

竪町の交差点から徒歩で20分ほど歩いた場所にあります
近くにコインパーキングがあるので僕は車できました
バスを使って行く場合は猿丸神社前で降りるとちょうど目の前に見えます♪( ´▽`)

多くのバンドを見ることができるイベント

IMG_0141
↑Elqu(エルク)さん(@Elqu_official)のライブの様子

夕方からイベントに向かいましたがそれでも多くのバンドを見ることができるボリューミーなイベントでありました
僕自身が久しぶりにライブハウスへ足を運び始めたのもあるので初めて見る地元バンドばかりで新鮮な気分をになりました

その中でもお気に入りのサウンドを放っていたのがこちらのHEARTBURNERさん(@HEARTBURNER415)でした
ハードコア調の激しいミクスチャーロックで重い音が好きな僕としては大好物でありました
つい最近ライブを見に行ったAce On Dawnさん(@AOND_official)もこの日はトリでライブをされていました
年の瀬に激しいバンドサウンドをライブハウスで感じることができたので良い刺激をいただきました
やはりライブを見ると作曲意欲が湧き出てくるものがあります

終わりに

IMG_0535
今回もちゃっかり打ち上げに参加させていただきました(^ ^)v
昔からのバンド仲間もいたので色々話をしながら新しい出会いもありました
僕のこのブログを見たことがあると言ってくださった方もいて意外と地元の人も見てくれてるのだなーとありがたく感じました
色々話をさせてもらって感じたことはバンドマンが必要としているのは
活動をする上で必要とするあらゆるコンテンツ
・音源
・ライブ映像
・写真
・デザイン
・HPの作成、運営
などを気軽に制作できる環境、もしくは頼めるクリエイターだなと感じました
そしてそのコンテンツを発信するためのメディアがあれば良いのです
コンテンツとメディアが紐づくことでもっと面白く盛り上がっていく可能性があるっと感じております
なのでそういったことを2019年はやっていきたいなぁと考えております
というわけで今日はこの辺で!ではまた

久しぶりにライブハウスへ遊びに行きました
Tiny rain×Ace ON Dawn presents "Stage for over the wall"という企画イベントでした 僕が久しぶりに地元バンドのイベントへ足を運んだ理由としては
・今後地元バンドの力になれるような活動をしてシーンを盛り上げていきたい
まさにこれです。これからは主に裏方として地元音楽シーンに寄り添っていきたいという気持ちが芽生えているのです
若手バンドが集まるイベントへまずは自分から足を運びに行かねば!ということで金沢AZへ向かいました

ライブハウス:金沢AZ


ライブイベントの会場は金沢AZホールでした
金沢の繁華街、片町から竪町ストリートへ向かってそこから歩いて5分ほどの場所です

Ace On Dawn(エース オン ドーン)

IMG_0485
Ace ON Dawn@AOND_official)のライブの様子
僕が高校生の時から付き合いのある先輩のKENTA@AOND_bassさん(@kenta0815)が所属するバンド
Ace ON Dawnのライブを見て迫力も感じましたがその他にも色々感じさせられるものがありました
純粋に音楽を楽しみ、ステージで堂々とライブをする姿は奮い立たせられるものがあります
僕が音楽活動をしていく中で学んだ大切なことの一つに
・10年後、3年後、1年後、むしろ明日自分が好きなことができているのか保証がないからこそ今を楽しむべき
ということをふと振り返るきっかけとなりました
IMG_0487
飛び入りで打ち上げにも参加させていただきました。
現役時代の僕は飛び入りで打ち上げに参加するスタイルが定番と化していたのでツアーバンドの人からは箱のスタッフと思われていたこともありました笑
打ち上げも大盛り上がりでしたが中堅の僕は昔ほど前線に立つのではなくしっぽりと音楽トークを楽しませていただきました

終わりに

今回ライブイベントに足を運んで感じたことはやはり僕も何かの形で若手バンドマンに協力できるようなことをしたい!ということでした
っとなるとやはり僕の場合はDTMを活かしたバンドレコーディングになるのだと思います
今後金沢のバンドのレコーディングを担当していきたいと考えております!


↑ポストハードコアユニットとしてDTMで作った音源がこちらです
あとはバンドのHPの作成や更新もサポートしていきたいです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日、地元のライブハウスにて
4ピースメロディックエモバンド、Morbid Slothのライブを見てきました
IMG_1219
実は何度かライブは僕が大学生だった頃にも見ていました
もう10年以上Morbid Slothは活動をされているのかもしれません
この日、ツアーで金沢にワンマンライブとのことですが
ライブ中のMCでも「金沢は第二の故郷」と言うほど金沢に思い入れがあるとのことです

コーラスワークがとにかく綺麗

ハイテンポの2ビートで疾走感のある楽曲から緩やかなテンポによるまさにエモを形作る楽曲たちなのですが
特にコーラスワークが素晴らしいと感じました

「after conflict」のMVを見ていただくと感じると思いますが
とにかくコーラスワークが綺麗です
2ビートの入る楽曲は基本的にはハイゲインよりなイメージがありますがMorbid Slothの場合はストラトキャスターとテレキャスターによるクランチサウンドなのです
綺麗に各楽器の音がそれぞれ突き抜けて尚且つバンドアンサンブルとしてダイレクトに耳元に届いてくるので
音圧感も十分に感じられました

最新曲「Stroop」がハンパじゃないクオリティだ

実は9/18のvanvan V4のワンマンライブにて
アンコールの後に最新曲「Stroop」のMVを発表しました

自分の意見を押し付ける「多数派」へのアンチテーゼがテーマの楽曲です
メッセージ性が強い歌詞になっていますしやはり何よりコーラスワークがたまらないです
ぜひこのメロディックエモをライブハウスで聴いていただきたいです

終わりに

2年ぶりくらいにMorbid Slothのライブを見ましたが
やはり圧倒的なライブパフォーマンスでした
バンドサウンドを聴いていても音作りの勉強になるなぁと感じたものがたくさんあったので
僕もクランチサウンドのギターで激しいバンドサウンドを作ってみたいと感じました
ではまた!

↑このページのトップヘ