zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

 Subliminal Pain「境界線」⇦最新曲
1st EPの購入はこちらから⇨Subliminal Pain CD

DTMで作った最新曲や告知を当ブログで宣伝したい!という方はツイッターからDMへどうぞ
意見やアドバイスが欲しい!という場合もお気軽に.。゚+.(・∀・)゚+.゚
質問や記事リクエストはこちらへ(´∀`*)⇨Peing質問箱

カテゴリ: REC

バンドを始めてついにオリジナル曲を作り、「さぁ!CDを作るぞ!」っとなった時に必要になるのがレコーディングです
昔、地元のバンドレコーディングをお手伝いさせてもらった時に「え、知りませんでした…」っとレコーディングをするギタリスト
から言われた事がありました
今となって考えてみればバンドマンはやっぱりライブをやるのが本業なのでレコーディングの知識に詳しくないというのはおかしなことではありません
基本は自分の精一杯の演奏をして後はエンジニアの方におまかせというのが無難です
とりあえず最低限これだけは知っておきましょうということを記事にしておきます
※初心者向けの記事ですので「そんなことくらい当たり前だろ!」という人はブラウザバックでお願いします

レコーディング時はチューニングを何回もする

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / Polytune 3
TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / Polytune 3
初歩的なことですがこれがめちゃめちゃ大事です
「え、そんなにこまめにするのですか?」っと言われたこともありますがレコーディング時はチューニングは何度もやります
自分でギターのレコーディングをする時も1テイクごとにチューニングをしています
海外だとチューニング専門の人もいるんだとか…それくらい重要です
スタジオにチューナーは置いてあるかと思いますが念のために自分でチューナーも持っていきましょう

バッキングギターはダブリングがある

20b6babf-s
レコーディングを経験された方であれば「もう一度そのバッキングフレーズを弾いてもらってもいいですか?」っと言われた事があるかと思います
これはいわゆるダブリングという手法でギターを二回同じ演奏のものを弾き、スピーカーのLRにそれぞれ音を振っています
そうする事でスピーカーのLRから別々の音が流れステレオとなります
一度だけ弾いて同じ音声データを複製してLRに振った場合はステレオにはなりません
音は中央に集まりモノラルとして再生されます(疑似ステレオ化という方法もありますがオススメはしません)
「なんのことか全然わからねぇ!」という人のために簡単に説明するとバッキングギターを二回弾いて録ればあとは広がりのあるサウンドにエンジニアさんが上手いことしてくれます
ローコードとハイコードに弾き方を変えて録ることもありますが基本は同じ奏法でも問題ありません

リフやソロはあらかじめフレーズを決めてからレコーディングへ

music_sakkyoku_guitar_man
たまにリフやソロをレコーディング時に練習もしくは模索し始める人がいます
ギターの腕前が凄まじく上手な人はアドリブでやっぱりこのフレーズにした!ってこともありますが
レコーディングの経験が浅い人で無難な策としてはあらかじめリフやソロはきっちりと決めてからレコーディングに臨みましょう
レコーディングは時間の都合もあると思うのでなるべくサクサク進めていけるならそれに越したことはありません
あくまでもしっかりとフレーズが弾ける事を前提としてレコーディングをするので練習をその場でして録ろうみたいな発想はやめましょう

レコーディング前にギターをメンテナンスしておくと安心

music_guitar_syuuri
レコーディングを開始してからギターの録り音にガリが乗っている事があったという事例もありました
そうなってしまうとせっかく自分のギターでレコーディングをしたくても急遽その場にある他のギターでレコーディングをすることになってしまうこともありえます
一番よくあるパターンがジャックの故障です
これはライブでも同様に言えることだと思いますがジャックは消耗品として考えていいくらいです
なのでレコーディング前にギターショップでリペアマンに見てもらうと安心です

レコーディングの時間は余裕を持つ


jikan_tobu
レコーディングをする場合はスタジオを使うのが基本ですがスタジオ代を削りたいという理由だけで時間に余裕を持たせないのはNGです
理由としては時間が限られているのはもちろんですがだからこそ少ない時間で録ろうとすると心理的な余裕も無くなります
結果的に良いテイクを録るのが難しくなってしまい納得のいかないことにもなりかねないのでレコーディングに使う時間は余裕を持ちましょう

終わりに

ざっくりととりあえずこれだけは知っておいてほしい!という基礎知識でした
エンジニアの人によっては厳しい人もいますので最低限の知識が無くて怒られてしまうということのないようにしておきましょう
というわけで今日はこの辺で!ではまた

ボーカルRECをする場合にリフレクションフィルターを使う場面があります↑こういうモノ
布製のものが何もない部屋だったりすると壁と反射して反響音がマイクに入り込んでしまうことがあるのです
その余計な反響音を抑えてくれるのがリフレクションフィルターです
反響音が入っているといくらMIXで調整しようが良い仕上がりにするのが難しいのです
(補正をかけるプラグインもありますが最初からそれに頼るのはよろしくありません)
今回コストパフォーマンスに優れたCLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900 を導入してみました
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
他のリフレクションフィルターと比べるとコスパはかなり高いです
実際に使ってみましたので紹介します

反響音を抑えることは十分可能

取り付けに少し手間取りましたが設置して音を録ってみました
録り音を聴いてみると違和感なく反響音を抑えてくれていました
MIXしてみても問題なしのクオリティです
コスパがかなり良いのでとりあえずで買っても問題なく反響音を抑えてくれると感じています
音は正常に反響音が無く録れている音として考えてもらえればいいです
最初の1台目にはちょうど良いリフレクションフィルターと感じています
宅録を楽しむ分には十分なクオリティです

初心者は取り付けで少し戸惑うかも

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
個人的にはリフレクションフィルターの取り付けはマイクスタンドの使い方を把握していないと難しいです
宅録初心者の人は「え!?これ、どうやって取り付けんの!?」ってなります

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド
↑マイクスタンドの先端のこの部分に取り付けると考えておいてください CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
↑最終的にこんな感じになります

終わりに

十分に反響音を抑えてくれるので宅録で使うならば問題ありません
取り付けだけ少し戸惑うと思いますが慣れればすぐに設置できると思います
スタジオを使ってボーカルRECをする時は持ち運びをする際に衣装ケースを使うとその他諸々の機材も一つにまとめることができるのでオススメです
キャスターがついているタイプのものだとさらに楽チンです

物販を運ぶ時なんかも便利なので一つ持っておくと良いと思います

折コンも良いみたいですよ(^ ^)折りたたみができるのでコンパクトにできます
というわけで今日はこの辺で!ではまた

コンデンサーマイクを使ってレコーディングする際にクリック音が入ってしまうっといった経験はないでしょうか
スクリーンショット 2018-10-28 14.20.46  
せっかく良いテイクだったとしてもクリック音が入っているため録り直しになってしまうと悔しいものです
この記事ではクリック(メトロノーム)を使ってレコーディングする際の音の混入防止策を紹介します
※Cubaseユーザー向けに記事を書いています
関連記事:【基礎知識】マイキング:オンマイクとオフマイク
関連記事:Lewitt 240 PRO:とにかく扱いやすい音!コンデンサーマイク

密閉型のヘッドホンでもクリック音が入ってしまう

密閉型のヘッドホンを使えば大丈夫!っと考えるのが普通なのですがそれでもクリック音が入ってしまうことがあります
そういった場合は遮音性が高いイヤモニを使うことで防止することも可能です
SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A トランスルーセントブルー
SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A トランスルーセントブルー
これはオケの混入にも防止できますのでボーカルRECをする際にDAW側の余計な音は入らないようにしたい!という場合にも有効です
関連記事:モニタリング用イヤホンとしてSHURE/SE215SPE-Aを買ってみた件

クリックの音量と音色を変更する


Steingbergのデフォルトのクリック音の場合だと音が混入してしまうことがあります
そのためデフォルト音の音量と音色を変更してやることで防止できます
スクリーンショット 2018-10-28 14.21.53
Steinbergクリック音を使用⇨カスタムサウンドを使用
スクリーンショット 2018-10-28 14.22.37
音色と音量の変更が可能となりますので好みで選んでみてください
ちなみに個人的に一番音が混入しないと感じているのはVintage Spikeです

終わりに

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 9.5
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 9.5
Vintage Splikeで録る場合少し慣れがいるかと思いますが慣れてしまうと音が混入しにくいと感じていますのでコンデンサーマイクを使う際はぜひお試しください
関連記事:Q.オススメのDAWソフトは?A.値段ではなく情報量の多さでCubaseをオススメします
関連記事:Cubase内蔵アンプシミュレーターでかっこいい音を作るために工夫したポイント
関連記事:MIXの知識ゼロの歌い手さんが3時間でセルフボーカルMIXができるようになった件(PASS付き)

先日気分転換にELLEGARDEN/Missingをアコースティックサウンドでカバーしてみました

↑原曲がこちら
25歳〜30歳辺りはもろELLE世代ではないでしょうか
僕が10代の頃は当時WALKMANで学校の通学時によく聴いていました
以前から気分転換でアコースティックサウンドは作っていましたがカバーは初めてでした
手軽にできますし楽しくできたので必要なものとやり方を記事にしておきます

今回使った楽器

YAMAHA ( ヤマハ ) / F620
YAMAHA ( ヤマハ ) / F620
・アコースティックギターZENN ( ゼン ) / DEG1
ZENN ( ゼン ) / DEG1
・エッグシェイカー
基本アコギとエッグシェイカーのみで作っています

カホンをアコギで代用する

ZENN ( ゼン ) / DCJ50
ZENN ( ゼン ) / DCJ50
打楽器の音は本来はカホンを使うのがベターですが今回はアコギのボディーを叩いてカホンの代用としました
securedownload
キックとスネアは叩く場所を変えて代用しています
これだけでも十分カホンっぽくなります

シェイカーを録音する

IMG_2193
エッグシェイカーは安価ですしコンデンサーマイクを使って録音してしまえば楽です
Cubaseであればサンプラートラックを使用すればピアノロールで打ち込みもできます

他にあったらいいもの

KORG ( コルグ ) / Pitch Clip
KORG ( コルグ ) / Pitch Clip
・クリップチューナー SHUBB ( シャブ ) / S1
SHUBB ( シャブ ) / S1
・カポタスト
関連記事:【ギターのカポ】信頼できるピッチの安定感!SHUBB/C1
特にクリップチューナーは持っておいた方が良いです

終わりに


各サービスにも投稿してみました
オケ音源なので是非歌ってみてください
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

オススメのコンデンサーマイクを聞かれることがあるので記事にしておきます LEWITT ( ルウィット ) / LCT240PRO White
LEWITT ( ルウィット ) / LCT240PRO White
実は僕もLCT 240 PROは持っていて普段
からアコースティックギターの録音で使っています
すごく扱いやすいコンデンサーマイクなので紹介します
Media integrationさんのLewitt 新製品無償モニターキャンペーンにて去年当選しました
Lewitt LCT 240 PRO ユーザーレビュー:zunx2P さま
↑こちらでもレビューしております

扱いやすく透明感のあるクリアな音


とにかく扱いやすい!
正直この一言で尽きるくらい録り音の段階で素晴らしいクオリティを出してくれます
ラフMIXの段階このままでも十分良いのでは?と感じるくらいに透明感のあるクリアな音です
MIXで変なことをしなければ良い音は約束されると感じています
ボーカルとアコースティックギターの録音で使いましたがどちらもプレイヤーが求める扱いやすいフラットな音になります

こちらの作品でまるさんもLewitt 240 PROを使用されています

低域がスッキリした音で録れる

あらかじめいらない低域をカットしているような感覚を思わせるようにスッキリした音です
特に男性はオンマイクで収録した場合は低域がブーミーになりがちですが
LCT 240 PROではそんなことにはなりません
個人的にはアコースティックギターの音を録る時が特に気に入っています


こちらの作品ではアコギとパラMIXで参加させていただいています
聴いていただけるとお分かりの通り空気感まで綺麗に録れます
録りの段階で質が高く扱いやすい音になるので難しいことを考える必要がありません
薄くサチュレーターをかけると暖かい質感も付加できるのでオススメです

終わりに

値段的にもリーズナブルなので初心者の方にぜひオススメしたい1本です
というわけで今日はこの辺で!ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

↑このページのトップヘ