zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

カテゴリ: 生活の知恵

おはようございます
先月イヤモニを買ってみたので
ざっと感想を述べてみようと思います
 

モニタリング用としてイヤホンを買ってみた理由

私は作業用として家にモニタースピーカーやモニターヘッドホンを持っています。
鑑賞用とモニター用はやはり全然違うなぁと思いながら日々の作業をしていまして
自分はミックスダウンした音源を次の日に出先や仕事の休憩中に聴くことをよくします
やはりイヤホンも解像度の高く、現場でも使われているようなものが欲しいという理由からモニターイヤホンを買ってみました
 

SHURE / SE215SPE-A

SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A
SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A
有名どころの物でまずは攻めてみようということで同期音源を使ったバンドのライブでもよく見る
SHURE/SE215SPE-Aを買ってみました 

遮音性が素晴らしい

遮音性がiPhone付属のイヤホンと比べると全然違います
普段iPhoneで聴いていた音量が7~10辺りで考えると今は3~5辺りで十分聞こえます
音漏れが少ないのでボーカルRECの時でも全然問題なく使えました 

空間系による奥域をしっかりと確認できる

これがすごくびっくりしました。
普通のイヤホンでは聞こえなかった
細かい空間系の質感までしっかり聴くことができました
特にボーカルのリバーブ成分を細かく聴くことができるのでより細かい音作りができると感じました 

クリアかつ低音が強く重低音もしっかり聴こえる

音質は低帯域が少し強いイメージを感じました。
バスドラ、ベース、そして重低音までしっかりと聴こえます。
なので
低域の処理をする時には特に力を発揮してくれると感じています
全体で見るとハイミッドが少し弱いイメージ感じますが抜けが悪いわけでもなく気になる程でもないです 

終わりに

IMG_0105
家での作業でメインとして使うというよりは出先で音源を聴く時に最適だと思います

専用のケースも付いているので持ち運びも楽です
断線した場合にはケーブルだけを変えることも可能なので切れた時の心配もないです
出先での高品質なリスニング環境を作るには十分なクオリティを出してくれます!
ということでではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ 

お疲れ様です。
ツイッターの方でライブに出演されてる方が増えてきたので
初めてライブをする前に知っておきたい予備知識
を書いていこうかなと思います
C754_stadiorensyu_TP_V
私も6年ほどですがライブハウスでライブをさせていただいてました
初めの頃はライブした時にえ!?なにこれ!?Σヾ( ̄0 ̄;ノ
ということや気をつけること、暗黙のルールがあるので
読者の方で実際にライブに出演される際の
事前に知っておくべきことを書いておきたいと思います
OOK0I9A1979_TP_V
1.入り時間に遅刻は厳禁
入り時間は絶対に守りましょう。遅れるとかなり怒られます
何かしらの要因で遅れる場合は事前に連絡が必要です
基本的には入り時間に必ずライブハウスへ行きましょう

2.チケットノルマがある
ライブは無料で出れるなんてことは基本的にはありません
バンドセットなら¥20000~¥26000
個人(ex.弾き語り オケを流して歌う) 
¥10000~15000ほどです
少し高めに見積もっていますので実際にはもっと少ない場合もあります

ノルマが発生するのでもちろんチケットは自分で売る必要があるので
それに応じた宣伝や売り方も工夫が必要です 
よくあるのはバンドセットで出演してノルマが達成できずに
一人頭¥4000をオーガナイザー(イベント企画者)に支払うということはごく普通に有り得ることなので
事前に
SNS等で告知はしっかりしておきましょう
3.ライブハウスについてからリハーサルがある 
本番前に各出演者はステージでPAさんとリハーサルがあります 
1組ずつ時間を与えてもらえるのでここでモニタースピーカーの返しやセットリストの確認、音作り、セットリストの確認を行います
「ドラム3点ください!」と言われたら
バスドラ、スネア、ハイハットのことです
上手(かみて)下手(しもて) と言われたら
PAさんから見て
右手が上手、左手が下手です
リハーサル時にどれだけ本番の確認ができるかが
落ち着いてライブをするための重要なポイントになります
もしわからないことがあれば素直にPAさんに聞きましょう

4.その日の自分以外の出演者さんのライブも見る
これは暗黙のルールです。
出番の1つ前、出番の1つ後などは見れないことはありますが極力同じイベントの出演者さんのライブは見ましょう 
5.出演時間は基本25分、転換15分
基本的には出演時間は25分というのが一般的です。転換も15分あるので落ち着いて準備できます
最近では地底アイドルさんや歌い手さんのイベントで出演時間10分~15分、転換時間なし、
というのがあるみたいです
個人的には出演時間10分というのでMCも入れたら2.3曲ほどしかできないだろうし、それでノルマも発生してくるとなるとチケットを売るのが大変そうだなぁという印象です

6.ライブ時は一度演奏が始まったらその曲をやりきる 
「ライブは生モノだ 」というのをとあるツアーバンドの先輩に言われたことがあります
これはどういうことかというともちろんライブなのでミスや機材トラブルなどは付きものです
もしライブ中にトラブルが発生した場合でも演奏は止めない
その曲をやりきるということです
事前に機材のチェックや曲の展開、コード進行、歌詞を確認するのは当たり前ですがそれでもトラブルが発生しないとは限りません
同じミスやトラブルを何度もライブをするたびに繰り返すのは良くないのでそれは対処を明確にしておきましょう
7.イベント後はPAさん又は店長さんに挨拶をしてから撤収する
挨拶後はライブに対しての感想や改善点などを教えてくれます
自分では気づけないことなどを正確かつ明確に教えてくれるので今後ライブする上で必ずためになります

8.打ち上げはなるべく出る 
もちろん次の日仕事などあると思いますが
出れるのであれば出た方が絶対に良いです
出演者の方やライブハウスのスタッフの方と仲良くなれるチャンスです。こうすることで
次のライブイベントを紹介してもらえたり、
音楽仲間ができていきます。ツアーバンドと仲良くなると各地に仲間ができることになるので遠征ライブなんかをするときには案内だったり、対バンをしてくれることもあります
音楽の繋がりで仲間ができていくことがライブハウスの楽しみの一つなので打ち上げに出ることは大事なことです

ざっと最低限これは知識として持っておいた方が良いことを並べて見ました
ライブイベントは楽しいので是非ライブハウスやクラブにプレイヤーとしてもお客さんとしても足を運んで見ていただきたいです
TSU75_micmotute_TP_V
ということでではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ 

お疲れ様です。実は2ヶ月前ほどになるのですが
謎の目の疲れに悩まされてました
OZP85_gannkyuuhirou_TP_V
これは単純に目が疲れているんだと思い睡眠時間を長くしたりしていたのですが
1週間経ってどれだけ寝ても目の疲れが取れない 
7時間〜10時間寝ようがこの目の疲れが取れないのです
なんでや!?と思いドライアイなんだろうかと思い症状を色々調べてみると
・目の疲労が取れない
・目がゴロゴロする
・目が重たい感じがする
・目が充血する 
自分は全部当てはまったいたのでまさにドライアイ(´Д⊂)
恐らく長時間ディスオプレイモニターを見ているのでそれが原因なんだろうと思いました
この目の疲れによって
作業効率が悪くなっていたのは明らかでした
・集中力が持たない
・疲れ方が異常
・イライラする
・瞬きの回数がやたら増える
・仕事すら集中できなくなってくる

GORIPAKU2894_TP_V
ストレスをなるべく無くした環境を作ろうとしている自分からしたら最悪な状態
これは早く治したい!!と思い立ったらすぐ行動する派の私はすぐさま薬局に向かい
店員さんに「ドライアイに効く目薬が欲しいです!」というと
新なみだロートドライアイ 13mL
というのをオススメしてもらいました
名前からしてドライアイに効きそうですよね
実際に試してみると一発挿すだけでも目の疲れ具合が柔らぎました
続けざまに二発、三発と癖になって挿してしまったのですがww
それくらいドライアイの私には快感でした
今でも作業中はよく使ってます
ドライアイ特有のあの目の疲れが解消されたので快適に作業できてます
少しでも目の疲れに違和感を感じているのであれば是非試してみることをお勧めします
目の疲れが柔らぐと作業が捗ります
このほかにも良い目薬があったら知りたいです
DTMerの方は本当にドライアイに気をつけてください
C754_mixer_TP_V (1)
もしかするとすでにドライアイになられている方もいるかもしれません
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ 

お疲れ様です。絶賛社畜になってます。
仕事の合間の時間にブログをサクッと更新していきます
cc0160170531_TP_V
最近全然作業が進んでないですorz
MIX依頼や楽曲制作等で関係者の方々、本当に申し訳ないです
もしかすると制作ペースが去年より落ちるかもしれないです
個人的なことになってしまうのですが仕事で
社内状況がだいぶカオスなことになってまして
12時間〜14時間労働が普通になってきてます
月の休みが下手すると6回あるかないかくらいかもしれないです
LIG_chirabattaokanetotekyu-thumb-autox1600-16199
社畜状態でどうやったら楽曲制作をしていくかを考えてみると
自分が考えた中で最も大事だと思ったのは
ストレスとどうやってうまく向き合っていくか
なのかなぁと思いました
・時間をうまく作る
・いつでも作業しやすい環境を作る
・なるべくストレスを溜め込まない 
・家に帰ってから何をするのか明確にしておく
ストレスとうまく向き合う以外ではこの4つも大事にしようという考えになりました
社畜状態でストレスとうまく向き合うには
・発散方法を見つける
・一人で考え込まない
・計画性を持って動く
・真に受けすぎない 
・相談できる上司や仲間を見つける
・困ったらことが発生したらすぐに上に報告する
・無理なものは無理だと考えて開き直る 
(自分の力でどうしようもできないものは考えても仕方がない)

大体こんな感じなのかなぁと自分の考えをまとめるために
ざっと箇条書きにして見ました 
1日の時間が最も多いのが会社なので
なるべくストレスフリーな環境を作り
家に帰ってからの創作作業を捗らせるようにしたいと思います
そんな感じで今日も仕事を乗り切っていきます!
DTMができる休日のために!!
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ 

お疲れ様ですー。先日買ったGarritanをインストールしながら記事を書いていきます
最近改めて思うのが
今だからこそバンドマンにDTMをオススメしたいです!
ここ数年でだいぶDTMの敷居が下がったと思います
昔では宅録する!ってなったら10万くらいするMTRを買ったりして
しかもトラック数が10トラックだけだったりして大変だったのですが
今ではかなりリーズナブルな値段でプロユースのものが手に入ったりします
オススメしたい要素を並べていきますと

1.曲作りの手間が色々省けます
全くのゼロからスタジオに行ってメンバー全員で何時間もスタジオに篭って作るのと
1コーラス分の音源を作ってからスタジオに入ってメンバーと編曲していくのとだと
後者の方が時短になるし効率もいいしお金も節約になりますよね
賛否両論あるとは思いますが私は後者の方が効率が良いと感じました

2.デモCDを自分達で作れる
バンドやり始めの頃はなかなかいきなりデモCDをレコーディングスタジオでエンジニアをつけて作るなんて難しいことですが
無料配布用などであれば自分たちでそれなりのクオリティのCDを作ってしまうこともDTMではできます

3.同期音源を導入できる
最近同期音源を導入しているバンドがすごく増えて来ました
同期音源を導入することで音圧が増したり、バンドサウンドの幅がさらに広がります
普段使うことができない音も導入できます
ドラマーはクリックを聴いて叩くことになりますがその分リズムが安定します

03
44
4.曲作りの幅が広がる
曲の展開なども安易に変えることができるので計算しながら展開を納得のいくまで作り込めます
客観的に聞いてみてダメだと思えば作り変えればいいです
それもすぐに簡単に!
スタジオに入る前に試験的に考えることができます

5.音作りの知識が増える
バンドサウンドでは音の住み分けが大事とよく言います
音をメーターで見たりアナライザーで見ることで視覚的に確認ができます
DTMを続けていくことで各楽器の音を帯域ごとにうまくまとめることが身につきます
 
 12
続きを読む

↑このページのトップヘ