zunx2の暇つぶしDTMブログVer

アマチュアDTMerが宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

カテゴリ: 生活の知恵

先日polcaというサービスが流行ってる!という情報を聞いて
私も実際にpolcaをインストールし、プロジェクトを立ち上げてみました
自分の目標や夢を発表し、それに対して投げ銭的な感覚で応援できるというもの
他にも使い方としては飲み会でビンゴ大会をしてそのプレゼントを友達同士でクレカでのやりとりで集金出来たりもします
IMG_1005
内容は何だって良いです。彼女と旅行に行きたい!とアピールしている方もいました、そのアピールした内容が素敵だ!と感じられるならば支援がきます

自分の目標や夢は発表してこそ

僕も早速プロジェクトを立ち上げてみました
クリエイターが集まれるシェアハウスを作りたい
ぶっちゃけると本当にこれで支援なんてくるのかよwぐらいの感覚でいましたが本当にきました!
IMG_0983
開始してすぐに支援がきてビックリしました
実際にクリエイターが集まれるシェアハウスってやってみたいと考えていました
でも本当に支援がくるとは思っていなかったのでとりあえず必要な金額を¥30,000円で設定してみましたが
可能性があるから改めて明確に考え直して良いと思いました
そして始めて1日目で感じたのは自分の目標や夢を発表したことを応援してくれる人が実際にいることでした
「世の中には言うだけただ」という言葉があるように自分が考えていることは口にしてこそ意味があると思います
「どんな目標だって良いじゃないか!堂々と胸を張って言える目標ならどんどんみんなに発表しようぜ!」っと私は思えるようになりました

開始3日目にして目標金額の30%を突破

急にドカッと支援が入ってきました
IMG_1006

私の場合は1口¥500円からにしたのですがそれを複数支援していただいた方もいました
この3日間で私が試みたことを具体的に表しますと
・1日の内に複数回プロジェクトをツイッターにてアピールした
・アピールする時間は朝(9:00)、昼(12:00)、夜(19:00)、深夜になる前(22:00)
・#polcaのハッシュタグをつけてツイート、現状と今後どうしたいのかを述べた
・支援していただいた方にはpolca、ツイッターでお礼のコメントやリプライなどをした

具体的にはこの4つでした
そしてまさかのこのサービスの代表の家入さんから支援があってビックリしました
IMG_1004
目標金額は今回かなり低めに設定していてこのままで難しいものなのでとりあえず現時点での目標金額が達成できればまた再度練り直したいと考えています
3日目で30%を突破したと言うことは単純に計算すると10日で¥30,000円にいくことになります
これを1年、3年続けていくと…本当にクリエイターが集まれるシェアハウスを作ることが現実になるかもしれません
というよりは現実にするしかないだろ!

終わりに

はじめはこんなうまい話があるわけないだろwと思っていましたが実際に支援があってビックリしています
それと同時に自分の考え方が古かったのだと感じました
もし今、自分に目標や夢があるならばぜひpolcaを使ってアピールしてみてください
きっと誰か応援してくれる人がいると思います!と言うことで
今日はこの辺で!ではまた

会社に通いながら家に帰ってからはクリエイターして活動されてる方が多いと思います
GREEN_TO20140125_TP_V1
私もDTMで楽曲制作やMIXやマスタリングを普段からしているのですが最近感じていたことがありまして…
会社から家に帰ってきてから作業をしようにも
・体が重い
・疲れてすぐにベッドに横になってしまう
・やる気が起きない
これをどうにかしたい!!
これさえなんとかなればさらに集中して安定した生産性を出せるのではないか?と考えていました

会社から帰ってきてグッタリしないために体力を向上させる

GREEN_TI20140125_TP_V1
そもそもの基礎体力自体が低下しているから家に帰ってきてから疲れてしまって何もやる気が起きないのでは?と思い
色々調べているととあるプロゲーマーの方もジムに通ってランニングをしているという情報をリークしました
ゲームをするのになぜランニングが必要なのか?と思いましたが
人間は集中力を保とうとすると脳をフル回転させるため体が疲れてしまうということを私が通っていた高校の体育の先生から昔、教わったことがありました
ということは基礎体力を向上させれば会社から帰ってきてからもグッタリしない+作業中の集中力も上がる可能性があると考えました

とりあえずランニングを生活の中に入れた

IMG_0571
次の日にすぐにランニングシューズを買ってきました
普通の靴でランニングをすると足に余計な負荷がかかるので疲労が多くなってしまうと考えたからです
これは普段から心がけている余計なストレスをなるべく減らしたいということからもきています
dash160214050I9A8226_TP_V1
なるべく毎日走りたいので距離は3キロ〜4キロにしています大体30分くらいで終わります
僕は家に帰ってからベッドに横になる前にランニングをすることにしました
一度ベッドに横になってしまうとなかなかそこから起き上がってランニングをしようという気が起きにくくなると感じました

ランニング後のシャワーがさぁ!作業するぞ!という気にさせてくれる

TAKEBE160224090I9A0695_TP_V
気持ちの問題もあると思いますが
運動不足を解消させるとメンタル面にもプラスの効果があるようで前向きな発想が湧き出てくると感じています
シャワーから上がると「さぁ!やるぞ!」という活気が出てきます
ランニングなしのシャワーとランニング後のシャワーでは違いがあるのか作業をする気の向上度がランニング後のシャワーの方が上だと感じています

基礎体力を上げたことで疲れにくくなり生産性が上がった

IMG_0948
まずランニングをすると朝の目覚めから体の様子が違います
体のキレも増しているのか仕事の作業スピードも上がりました
そして何より家に帰ってからのグッタリした感じも減ってむしろスッキリした状態になりました
なので作業中も集中力が持続するようになり今まで以上に生産性が上がったと感じています
休みの日でも1日中何もやる気が起きないということが以前ありましたがその発想が出にくくなりした
「さぁ!今日はレコーディングだ!」と朝、目覚めてすぐに思えるようになっています
「あー、今日はこの作業をやるつもりだったのに結局1日何もせずにゴロゴロしているだけだった」という無駄な休みの消化が無くなることでしょう
今以上に生産性を上げたい!と感じている方にはぜひランニングの習慣をオススメします

終わりに

IMG_0916
ランニングを習慣付けする前まではランニングをしたらかえって疲れるだけで
逆に生産性の低下になるんじゃないか?と思っていましたがその発想をしていたことが勿体無かったと感じています
むしろもっと早くやっておけば1日のDTMの時間を増やせていたのに!と今となっては思っています
基礎体力を上げれば疲れにくくなり、集中力も持続して結果的に生産性向上に繋がるのでぜひ導入してみてください!
ということでではまた!

最近なのですが生活のタスクが増えてきまして
時間の有効活用化について考えることが増えました

TRT0607007_TP_V
その結果、自分なりに考えたことを色々まとめておきます

生活の時間を圧迫しているものは仕事の時間

LIG_h_officezangyousurudansei_TP_V
大体の人の1日の半分の時間が仕事だと思います
仕事の時間が多いから生活に空き時間が少ないんだとおっしゃる方をよく見ますしまさにその通りだと思います
そう考えるならば自分の時間を圧迫しているのがまさに仕事の時間だということです

ならば勤務時間中に空き時間を上手く作ることができればその時間を何かに有効活用できないか?と考えます

時間の状態を区別する

仕事の時間の状態には
・絶対に自分が今やらなければいけない状態
・自分が今やるべき状態
・自分がやらなくてもなんとかなる状態
・自分がやらなくていい状態

の4つだと考えます
上2つは仕事をしていないとダメですし、仕事に支障が発生する可能性があります。下手すれば重大なミスになってしまいます
そんな状態で仕事をサボるというのは幾ら何でもモラルが無さすぎます
逆に下2つの状態であれば自分が今やらなくても仕事には何の支障も発生しませんし誰にも迷惑もかけていないということです
ならば下2つの状態にさえ工夫して持っていければ
「空き時間ができる」ということです

空き時間を作るために仕込みを作る


00_PP47_PP_TP_V
仕事の中に空き時間を作れない時の大体が「準備不足」だと考えます
前日のうちに空き時間を作れそうなターゲットを把握しておいて
そこに持っていくための準備を前日の内にしてしまいます
できれば定時で帰ることを優先したいのでその準備も「空き時間」で作ってしまいましょう
最悪のパターンが残業して準備を作ることだと考えます
準備は可能な範囲内であればどんな手段でも良いです
そもそも残業することが当たり前になってしまっている方はもっと根本的な
・そもそもその仕事に自分が向いているのか
・残業自体が風潮になっている会社を自分は好きなのか
・自分と他の人の仕事量に差はどれくらいあるのか

を考えてもいいと思います
もし仕事量に差があるのならば自分の意見をはっきり言ってそれで怒鳴られるようならばむしろ喧嘩になるくらいまで主張してしまいましょう
なぜなら1番大事なのは会社ではなく自分だからです
それでも何も変わらないのであればさっさとやめて他の環境を探した方が今後有意義な時間が増える可能性が高いです
その会社で一生働いてこそ美徳だという考え方は大体は親がいうと思いますがそれは何年前の話を言っているんだ?ということです
私も新卒で入った会社はサービス残業が毎日4時間ありましたが1年でやめて今では健康に別の会社で働いています

空き時間を作るためのスーパーチームを作る

SSSSS_TP_V
会社内に似たような考えを持っている人は必ずいます
それはなるべく仕事を早く済ませて休憩したいと考える人です
こういうタイプの人といかに仕事を早く済ませるか共に考えましょう
その同志が増えれば増えるほど組織力は強くなるのでさらに空き時間を作るための作業効率化が進むわけです
私はサボりのスペシャリスト達と名付けています
注意人物としてはいわゆる意識高い系の人です
この手のタイプは自分の必要以上に仕事をやりたがるのでこういったタイプの人とは関わるのは必要最低限にしましょう
関わると自分がやらなくても良いことまでやらされる羽目になって最悪の場合は空き時間が失われます
下手すると会社で上手く使われるだけのカモになります
極端な例では私の会社では勤務20年以上の意識高い系の先輩が出世もなくただのカモになって使い倒されて去年退職しました
サボりのスペシャリスト達を編成することで合理的に正確に素早く自分の必要範囲内の仕事を終わらせることができるので
誰も損はありません、これこそ時間の有効活用です

空き時間を1日の内にいくつも作る

PAK86_shigotocyumangayomu20140125-thumb-autox1600-17586
空き時間のポイントを何個作れるかが大事になってきます
例えば空き時間15分を6個、休憩以外で生成することに成功すれば90分作れたことになります
90分でもできることはたくさんあります
空き時間の内に勉強がしたいのであればカバンに英語の本を忍ばせておくのも良いですしスマホでもできます
可能であれば自分のノートPCを持ってきて社内のWi-Fiを使ってしまいましょう
この空き時間の内に自分に身合った手法で時間を有効活用します
あくまでも上司に怒られない範囲、お客さんに迷惑をかけない範囲内で節度とモラルを持って行動しましょう
サボりのスペシャリスト達と危険を察知、予知しながら上手くやりくりするだけです
これをするだけで生活に時間の余裕が生まれるのではないでしょうか

終わりに

DANDA170629sp_TP_V
どうでしょうか、賛否両論あると思います
人によっては仕事をナメていると考える人もいるでしょう
私は人に迷惑をかけないのであれば好きに時間を過ごして良いと考えます
大事なのは人に迷惑をかけないということです
1度私に上司が事務の仕事をするように指示を送ってきたことがありましたが私はまず事務員ではないので
「事務の仕事は事務のプロの事務員がやるべきで僕のような専門外の人間が一人でやって重大なミスが発生したら責任は誰が取るのですか?」とハッキリと言い返しました
結果、そのような専門外の仕事の押し付けが無くなりました
頼れる存在だから仕事を頼むんだと言っていた方が社内にいたのですが専門外の人に仕事を振るということは普段事務員の人が頼れないからなのか?ということになります
自分のやるべき仕事とそうでない仕事を明確にさせて
やるべきではない仕事はきっぱりと断るべき
だと考えます
それがしたいならすれば良いだけですが自己責任です
会社のカモにはなりたくないので私は私の仕事を正確に素早くやって空き時間を作るだけです
というわけで時間の有効活用について自分なりの考え方でした
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

とあるバンドさんとの打ち上げの際にセルフマネジメントという言葉が出て
色々考えさせられました。それは自分が今後どうしたいのか、明確に目標を設定して
それに対して自分自身で自分をその道へ導いていく
いわゆる自己管理能力ということなのでそのことについて自分なりの考えを記事をしておきたいと思います

自分がどうなりたいのかを明確に目標を設定する

何か行動を起こす際は漠然とした状態は物事がうまく進みにくいと私は考えています
まずは明確に自分が1年後、どうなりたいのかを設定してしまいます
目標

まずは自分がどこにいるのかを確認します
基準は自分で決めれば良いです
なぜなら基準がこの時に低かった場合でも目標を達成した後に
もう一度目標設定した際に基準も変わっている可能性もあるからです
私は基本的には基準値は高めに見ています
わかりやすく動画の再生数で考え直してみるとこのようにしてみました
セルフマネジメント
まずは自分がどこにいるのかを確認して
次投稿する動画はどこに行きたいのかを設定してしまいましょう

目標に対しての取り組みを決める

Green5_bite20141123160246_TP_V
目標が決まってしまえばあとはそこに行くだけです
しかしこの時に闇雲に進めていっては同じ成果になる確率が高いです
それは運頼みみたいなものなので合理性が悪すぎます
目標に対して進んで行くためにはそのための明確な取り組みが必須になると考えています
例えばツイッターでの拡散で再生数増加を測ると考えた場合
仮にRT50以上いいね50以上を目標に設定したならば
そのための動きをツイッター内でしていく必要が出てくるということになりますね
もしそれで自分が目標設定した再生数まで到達できないのであれば
RT100以上いいね100以上にする又はインフルエンサーを使うなど他の選択肢を選んでもいいことになります
そのため目標達成には小さな目標達成を積み重ねて行くといった考え方になります

思ってる以上に他人は自分を見ていない恥ずかしいと言う考えは捨てろ

TRTM9296_TP_V
例えば自分がミスをした、何か問題のある発言をしたなどと言うのは
他人はほとんど明日〜3日以内に忘れていることがほとんどです
もし1週間経っても覚えている場合はそれだけ相手に自分の印象を与えたということになります
もちろん周りの人の意見を聞いて反省や改善をするのは必要です
これはSNSに動画付きのツイートをした場合でも同様で
タイムラインは1つのツイートに対して人が見ている時間は3秒もないと言われています
SNSは情報が川の流れのように大量に流れているので
自分の動画の告知だったり宣伝ツイートする場合でも
「うざがられるんじゃないか」
「タイムラインを汚してしまう」
などと言う考えは持ったところで明日には忘れているのがほとんどだと頭に入れておけば気が引けることも減ると思います
この「うざがられるのんじゃないか」という考えはSNSをうまく使いたいのであれば
セルフマネジメントにおいて邪魔な発想
なので周りのことは必要以上に考えないでください
もし本当にうざがられた場合はその時にまた考え直せばいいだけなのでとりあえずは自分が考えたことを今すぐやってしまいましょう

わからないことはいつまでも放置するな

E146_omaira-thumb-autox1600-15304
何かを進めて行く上で絶対に壁は発生します
わからないことを放置すると言うことは現状打破から逃れていることなので
わからないことはすぐにネットで調べてみてそれでもわからなければわかる人に聞けばいいだけです
とにかく放置はやめましょう
放置して解決できる問題のことの方が少ないです
いくつもの壁を超えた時に見えるものがあるので
限界を自分で決めてしまってはそれ以上の成長は無いと思いましょう

クオリティが出ない!打開策を明確にして1つ1つ潰していく

S20170330155314_TP_V
クオリティが出ない時はほとんどが
・技術不足
・機材不足のどちらかだと考えています
どう頑張ってもクオリティが伸びない!
場合は簡単なのは機材を新しくすることです
実際に機材を新しくすることで見えてくるものもありますし
五千円の機材と3万円の機材では全然訳が違います
それでダメなら技術を持ってる人にヒントを聞きましょう
自分なりの打開策を箇条書きにしてやってみたことを1つ1つ斜線を引いて潰して行くのがおすすめです
・ネットで調べる
・機材新調
・わかる人に聴く
・色んな人の意見を聴く
・量をこなす
などです

終わりに

自分なりのセルフマネジメントを書いてみました
特に自分は1つ1つのことを明確にすることを心がけています
明確にできないことは実現しないことがほとんどだし当然だと考えています
生活に自分なりのセルフマネジメントを持って実行して行くだけでも楽しくなってくると思いますので
ぜひ生活の中に取り入れてみてください!
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

バンドが解散した後のバンドマンの方が
「俺は一体どうしたらいいんだー!」って言って頭を悩ませているのをSNSなりライブハウスなりで見かけたことがあります
TRTM1915_TP_V
私もバンドが終わった後そうなりましたorz
お先真っ暗といった状態でした
最初は悲観的に考えてしまいますが実は休止期間だからこそ
自分を成長させる期間だと考えられるようになりました
今では私も前向きに音楽を楽しめるようになったのでそこで感じたことをいくつかこの記事で書いていきます

曲作りをするならばDTMをやらないと損

34
今の時代では曲作りをする上でDTMはやらないと損と言われているくらいです
PCが苦手だから…っていうバンドマンもよく見られますが私も苦手でしたし最初の頃はDTMどころかPCのタスクマネージャーすら開けませんでした笑
ですが今はネットで検索すればDTMに関してわからないことは解決してくれることが多いです
独学でDTMをやっている人もめちゃめちゃいます

DAWソフトって高額なイメージがあると思いますが
IF=オーディオインターフェース:STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR12
IF=オーディオインターフェース:STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR12
IFなどの周辺機器を買った時に機能制限版ですがDAWソフトが付属してきます
バンドサウンドを作るならば機能制限版でも十分デモ音源がつくれちゃったりします。それも高音質で!
もうスマホ録りで楽曲を録音するのではなく
DTMソフトを使って楽曲制作するのが普通の時代ですので
オリジナル曲を作るならばDTMをぜひやりましょう

バンドで使っていた費用を今こそ機材費に回せ

freee151108039472_TP_V
バンドをやっていた時期はとにかく何かしら費用がかかっていました
スタジオ代、チケットノルマ、ツアー等の移動費、バンド内貯金、
その他にもコストがかかっていました
だが一人になった今だからこそもうその心配がないんです
自分が欲しかったギター、アンプ、音源、等々今こそ自分の機材力を上げる時間だと思いましょう
機材費を費やすその精神こそがこれを使ってもっと俺は上手くなるんだ!とか良い曲作るんだ!っていう向上心になります
KENTA012_hosiimonolist_TP_V
さぁ!今こそマイニューギアをしましょう

自分のオリジナル曲をネットに上げてみよう

GORIPAKU2894_TP_V (1)
自分が最初にネット上にオリジナル曲を投稿した際に最初に感じたことはネットのレスポンスはすごく早いということでした
バンドの場合は基本的にライブハウスで演奏して人前に見せることでレスポンスを得ることですが
個人の活動であればネットを使わないことには自分の楽曲が人の目に触れることすらないです
なのでバンド活動ができていないのであれば個人活動はネットも視野に入れましょう
自分の楽曲がネットを通じて人の目に触れることでさらなるクオリティアップに繋がりますし色々な方からのアドバイスももらえます
そして人が集まってきてさらなる人脈の拡張にもなりますので
勇気を出して楽曲をネットを使い世界中に発表しましょう
楽曲を発表できるサービスもたくさんあります
SoundCloud 
Bandcamp
youtube
ニコニコ動画

ブログで自分の学んだことを書き記す

gori0I9A9925_TP_V
ブログは芸能人みたいな日常生活を単に書いていくだけなのかなー?と思っていましたが
そのような使い方も良いですが例えば機材の使い方やレビュー、エフェクターの効果などの音楽に付いて学んだ知識をブログにて書き記していきます
これがなぜ良いのかというと文にしてまとめることでさらなる理解が深まるのとあとで簡単に読み返すことができます
しかもノートではないので劣化することもありません
SNSは情報の流れが川の流れのように凄まじいスピードで流れていきますが
ブログの場合は検索エンジンを通して情報の保管庫と考えておくと良いと思います
そして自分が書いた記事が検索エンジンを通して誰かの目に止まることで誰かの役にも立ちますしそれがきっかけでまた人脈が広がるということもあります
実際にブログから私を知ってくださって繋がった方がたくさんいます
次第に自分のブログのアクセス数をさらに増やすにはどうしたら良いんだろう?ということも考え始めると
それが結果的に情報の発信力の向上にもなります

そこで学んだノウハウをバンドが再開した時に使うことで
情報発信のノウハウがないのとあるのとでは全然訳が違います
私はブログを始めることをぜひオススメします
ブログはアメブロではなく、はてなブログやライブドアブログをオススメします

終わりに

C754_mixer_TP_V (1)
バンドが解散した!といって悲観的になるのはもうやめましょう
むしろ今が個人の力を成長させるチャンスだと思います
逆に考えれば次バンドを始めた時にこの期間でどれだけ自分がパワーアップできたのかが鍵になると考えています
今回記事で私がオススメしたことが実践できれば
DTM、情報戦略、機材知識、ブログ、HP運営などバンドが再開した時に活きてくる能力が身につくと考えています
私も今ではDTMで曲作れるようになりましたしブログも運営しています
一番大事なことは行動力です
行動力があれば日常にもスピード感が溢れますしさらなる活性化になります
さぁ今こそハイスペックスーパーバンドマンになるための第一歩を踏み出し始めましょう
そしてさらなる楽しい音楽生活を!
私はバンドが解散してしまったバンドマンを応援しています
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

↑このページのトップヘ