zunx2の暇つぶしDTMブログVer

アマチュアDTMerが宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

カテゴリ: 生活の知恵

3/18に金沢gateblackさんで開催されたvivip spring vol.12にDTMセミナーで参加させていただきました
DTM教室でお世話になっている@courseK_CUBASEさんと共演させていただきました
ETO_4008
持ち時間30分のため、内容としては
・Cubaseで何ができるのか?
・Cubaseの基本的な機能の紹介
・コードトラックを使った楽曲制作の方法
・ギターRECの実演
大まかにこの4つですが他にも様々なテクニックや機能を紹介させていただきました
ワンコーラスできるまでの流れをライブイベントで実演というのは滅多にないと思いますし
僕は主にギターRECの実演でしたが個人的にもすごく良い経験をさせていただきました

インストラクターとしてセミナーに参加できたのは大きな自信になった

1521540160864
DTMを始めてかれこれ3年になりますが始めたての当初はセミナーにインストラクターとして参加するというのは想像もしていなかったので自分でもびっくりです

バンドを終えて音楽生活も終わりだと思っていた時期もありましたが今でもDTMという形で楽曲制作やセミナーをできていることを誇りであり自信になったと感じています
バンドやユニット、アイドルなどの活動が何かの理由で終わってしまい音楽活動に悩んでいる人がいるとすれば僕は真っ先にDTMをオススメしますし個人でも音楽活動は全然できるということを感じていただきたいです

終わりに

今回は非常に貴重な経験をさせていただいたのですが次回のセミナーの予定も決まっています
ぜひたくさんの方に足を運んでいただいてDTMによる楽曲制作の楽しさを感じていただきたいです
またネットでの個人レッスンも考えていますので興味のある方はリプライやDMなどどうぞ
ということでではまた

2週間前ほどに物置部屋を掃除していた時にたまたま不要になったバンドスコア達を発見しました
そういや昔、たくさん買ってコピーしたなぁと思っていたのですが 
現在は全く使っていないのと今後使う予定もないのでまさに不要物です
そこで久しぶりにメルカリを使って売ってみることにしました

バンドスコアを売ったら¥7000円くらいの売上になった

売りに出して開始10分で1冊売れていました
そこから1週間で3冊、10日間でさらに2冊売れていました
合計で6冊なので大体¥7000円くらいの売上になりました
結構すぐにコメントがきたり、朝、目が覚めたら3冊売れていた!ということもあったので
試してみる価値はあるとも思います
家にある不要なバンドスコアや楽譜であればリスクがかかりませんのでぜひ一度試してみていただきたいです

音楽はお金がかかる趣味なので少しでもマネタイズを心掛けましょう

9C1B969D-4ED0-4EE9-A861-97C911969696
基本的に音楽を趣味とする人は月の出費が一般的な生活をしている人に比べて多い傾向にあります
そのためついついお金を使いすぎてしまった!というのをよく目にしますし
僕も未だに色々買ってしまうことがあります
バンドマンは特にライブのチケットノルマだったり、思わぬ出費というのは日常茶飯事だと思います
最悪の場合は今月破産してしまった!ということや常に貧乏な生活を送るといったことも少なくはありません
音楽を楽しむために仕事をして生活をしているのにもかかわらずそれどころか音楽が生活を圧迫してしまう形になるのは避けたいものです
そのため少しでも何か自分なりのマネタイズ方法を心掛けておくと良いと感じます 
関連記事:得意なことを収益化⇨機材投資のループで強くなれ!:オススメのサービス3選

終わりに

今では発想次第では色々マネタイズする手段はあると思いますのでこの機会に一度まずは不要になったものをメルカリで売りに出してみることから始めてみてはどうでしょうか?
というわけで今日はこの辺で!ではまた 

Amazonのほしい物リストが実は匿名での公開が可能です
↑僕も早速作りましたしブログのサイドバーにも追加しました
もしかしたら誰かが自分の誕生日や何かの記念日、もしくはお礼として送ってくれることもあり得るのでアピールしておくだけ得です
今回は匿名でのほしい物リストの作成方法を記事にしておきます

ほしい物リスト作成手順

54
・TOPページのアカウト&リスト⇨ほしい物リストを作成する
58
・リストの名前変更
・公開/非公開を公開に設定
・リスト作成
36
・受取人をニックネームに変更⇦受取人は公開されます
(最初は本名になってるので気をつけてください)
・メールアドレス、誕生日を記入
34
・郵便番号、住所記入、住所2に本名の苗字を書いておきましょう
(ニックネームだけだと配達するドライバーさんが困ってしまうことがあるため)
※住所2に苗字を記入しても注文相手には公開されません
22
・第三者の出品の商品の発送同意書のチェックを外します
(デフォルトで外れています)
↑外さない場合は注文先がAmazon以外の時、そのお店に本名などの提供します
基本僕はAmazonからしか発送しないのでチェックを外しています
個人の自由でけっこうです
サプライズにするも自由でいいです
変更を保存し設定が完了です
05
あとは商品ページでほしい物をリストに追加

終わりに

以上が手順です
ブログのサイトバーやツイッターのプロフィール欄に公開しておくともしかしたらほしい物リストの中からプレゼントを送ってくれる人がいるかもしれません
というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日気がついたらAmazon Prime会員になってました

いつの間にやら…と思っていましたがどうせPrime会員なら利用しよう!と思って特典をちらほら見てみたら確かに通常のAmazon会員よりPrimeの方が全然よかったです

今回はAmazon Prime会員の特典の中でも特にこれはええな!となった特典をわかりやすく記事にしておきます
※一般会員は2018年4月からさらに配送料が値上げとなりました

年会費¥3900円

PAK83_500encointachi20140305_TP_V
Amazon Prime会員年会費¥3900円(税込み)/年です
月で換算したら月額325円です
月額プランの場合は¥400円(税込み)/月
学生だとAmazon Studentというプランになり年会費¥1900円になります
どうやらいつの間にか自分でAmazon Prime会員になっていたようです
まぁそんなに高い金額でもないし年会費も払っちゃったら月で払うわけでもないしそう思ったら¥3900円なんて気にするほどでもありませんでした(´∀`*)
それにAmazonで買い物することも普段多いのと荷物が届くのも早いですからね
しかし年間プランは途中解約できないので「特典を使ってみたけどあんまり気に入らなかったから途中でやめるわ!」と言っても¥3900円を返してもらうというのはできません
(※一度も特典を使っていない場合は返金可)

1.配送料のコスパが最強

Amazon Prime会員が優遇されているところで一番わかりやすいのが配送料のコスパの良さです
Amazon
通常会員の場合は¥2000円以下の買い物は¥400円
北海道・九州・沖縄・離島で¥440円
¥2000円以上の買い物から配送料は無料
※一般会員は2018年4月から配送料が値上げとなりました
プライム会員の場合はお急ぎ便+通常の配送料も買い物額問わず全て無料になります
お急ぎ便を使えば本州ならば翌日〜3日以内もしくは当日に荷物が届くことになります
しかし無料になるのはAmazonから配送されるものに限ります
中古本とかはもしかしたら配送料がかかっちゃうことも有り得ます
僕の場合はお急ぎ便で翌日に荷物が届くのでわざわざお店に足を運んで欲しいものを買いに行くよりもAmazonで買っちゃった方が交通費もかからないし家に届けてくれるので楽です

2.プライムビデオにより映画やドラマ、アニメが見放題

dandakeyMV2_TP_V
僕はこの特典を知って「引きこもり人口が増殖する」と悟りました
PCからであればソフトウェアのインストールなどせずにそのまま見ることが可能です
スマホやタブレットなどでもアプリを使ってみることができます
休日の暇な時間を持て余しているならば映画やドラム、そしてアニメにより時間を消化できます
ラインナップとしては全て無料というわけではないですが個人的には満足していますし僕が昔、見ていたガンダムWが全話無料だったので感動しました笑
映画やドラマもかなりの数が見放題なのでこれはまさに引きこもるためのチート特典だと感じています
いわゆる廃人化しないように気をつけましょう

3.プライムミュージックにより100万曲以上が聴き放題

yuka0I9A1561_4_TP_V
作曲をしている人は新しい発見や曲のアイディアを出すにも様々な音楽を普段からたくさん聴くというのが大事だと考えています
なので個人的にはこの特典はありがたいと感じています
100万曲以上があるなら楽曲制作の参考になりそうなのも絶対あるだろうし
さらにその上で4500万曲以上Amazon Music Unlimitedというのも用意されています


僕が○SUTAYAに行くことがこれで無くなるのかもしれない…

終わりに

他にも特典はまだまだあります
今回はとりあえず代表的であり気に入った特典を3つ紹介させていただきました
普段からAmazonを利用している人はAmazon Prime会員になっておいて損はないと感じています
個人的に気をつけたいのはプライムビデオにより廃人化して制作の手が止まってしまうのではという中毒性です('д` ;)
というわけで今日はこの辺で!ではまた

実は3年前に様々なことで精神面のダメージから体調を崩してしまった時期がありました
いわゆる躁鬱といわれる病気になってしまい今では復帰できましたが当時は相当苦しみました
そのことについてどういったものなのか、どうやって復帰したのかを記事にしておきます
noteにも当時のことを書いておきました
僕の周りにも躁鬱だったり精神的に病んでしまっている方がいたりするのでそういった方に少しでも体調が良くなる参考になればなと思います
今回は全くDTMと関係ありませんのでご了承ください

気分の上がり下がりが激しくなる

 躁鬱
通常の鬱の場合は下がっている状態が続きますが躁鬱の場合は
・気分が上がっている状態と下がっている状態が波のように繰り返していく
この波によって精神的に不安定になり人間関係にすら悪影響が起きることもありました

気を紛らわそうとして人と会うと逆効果

22222
普通に接している場合は何の問題もなく会話ができますしむしろ元気に見えますがそれが躁状態です
ならば躁状態をキープすればいいのでは?と考えますが
一人になった時に急に気分が落ち込んでしまいます
僕の場合は友達や先輩と会っていれば気を紛らわすことができると思っていたのですがそれが逆効果でかえって波の振れ幅が大きくなってしまったのです

振れ幅を縮めるには人との干渉を減らす

TAKEBE160224300I9A0331_TP_V
じゃあどうすればいいんだ!と言った声が聞こえてきそうなのですが単純に考えれば人と会ってるから気分が上がってしまうのだから
・人との干渉を減らせばいい
と考えました
これこそ逆効果になるのでは?と僕も思ったのですが
僕のことを気にかけてくれていた人が背中を押してくれた言葉に
「仲間はいつでも待ってくれているのだからいつでも帰ってきて良いとにかく楽しいことを考えてポジティブな生活を」
というものがありました
自分が思っている以上に仲間は待ってくれているのだから帰って来たくなったらまた仲間の元に行けば良いのです
そして一人でもなるべくネガティブにならずにポジティブに考える
とりあえず波が落ち着くまであえて孤独の中に飛び込むのも手だと思いました
そこから音楽は現場ではなく一人でもできるDTMをやってみようと考え、これが今の自分を作る理由になったと言ってもおかしくはないのかもしれません

人と会話するのが好きになるほど復帰できた

一時期は人と会話するのすら嫌な時期もありました
今では会話するのも好きになり飲み会にも自分から進んで行きたくなりました
そして仲間たちの元に戻った時にも背中を押してくれた言葉の通り何も変わらずいつも通りに接してくれた仲間たちがいました
もう自分と関わってくれないではないだろうかと考えたこともありましたがそんなことは一切ありませんでした
精神的に辛い時こそ孤独と向き合ってみることで真の強さを身に付けることもできるだと感じています
躁鬱だったり、気分的に不安定になりやすい人は一度孤独の世界に自ら飛び込んでみるのもありかと思います
気分的に落ち着くことができたらまた仲間たちの元に戻れば良いのです

終わりに

今振り返ってみると思わぬことがきっかけでDTMで一人で音楽をやろうと思ったのかもしれません
今現在自分では完治したと感じています
考え方もネガティブだったものがポジティブに変われました
思っている以上に生活は真面目になりすぎず適度にテキトーになっても良いと思います
というわけで今日はこの辺で!

↑このページのトップヘ