zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

 Subliminal Pain「境界線」⇦最新曲
1st EPの購入はこちらから⇨Subliminal Pain CD

DTMで作った最新曲や告知を当ブログで宣伝したい!という方はツイッターからDMへどうぞ
意見やアドバイスが欲しい!という場合もお気軽に.。゚+.(・∀・)゚+.゚
質問や記事リクエストはこちらへ(´∀`*)⇨Peing質問箱

カテゴリ: 生活の知恵

最近働き方改革というのをかなり耳にするようになってきました
簡単にいうと副業OKの企業が増えてきているためバイトなり自宅でできる仕事なりで稼ぐ人が急増しているといった感じです
僕もダブルワークをしていますがやはり金銭的に生活は楽になりました
job_roudousya_young
その代わり時間を取られてしまいますが収益は全て機材投資や自己投資に回しています
自己投資で好きなことで収益を得る額を増やす発想になります
株式やFXを考えた時期もありましたが自分なりの考えとしては20代はとにかく好きなことや得意なことに真剣に向き合うことが1番の投資と考えました
正社員+副業という形が安定してコンスタントに収益を得られるので精神的にも落ち着けるのかなと感じています
いきなり仕事を辞めてフリーランスを目指すぞ!!っというのも勢いがあっていいなと思うのですが現在働いている職場にそこまでストレスや不満を感じていないのであれば無理してまで辞めてフリーランスにこだわる必要もないと考えています
money_nagesen_guitar_case
DTMerはセールが来るたびにプラグインだ!!機材だ!!となってしまいがちですが中には高いグレードの製品もあるので常に強化し続けるぞ!っと考えた場合はサラリーマン一本の収入では限界があると僕は感じています
音楽で破産してしまっては本末転倒となってしまいますのでそうならないためにも少しでもキャッシュポイントを増やすことをオススメしたいです
最近ではオンラインショップやクラウドソーシングが増えてきているのでいくつか紹介します
関連記事:DTMerが音楽活動をする上で誰でもできる金欠対策を考えてみた

最短2分でオンラインショップ:STORES.jp


STORES.jp
オンラインショップを作るならSTORES.jp

こちらは基本無料でプレミアムは月額980円かかります
最短2分でオンラインショップが開設できます
デジタル販売や定期便も可能
STORES.jpの商品を、Instagramからも販売できます
倉庫サービスもあるので保管、梱包、発送業務を全て代行してくれます

初期費用、月額費用0円!BASE


無料ネットショップ開業【BASE】

こちらも
基本無料で年会費などもかかりません
バンドのデモCDやステッカーなどの物販が現在あるのであれば会場限定で販売だけでなく
ネットショップを持って手広く販売も始めた方が収益化の可能性も広がります
今現在、もし物販がないのであればBASEはオリジナルの物販も作ることもできるのでとりあえず一度登録して目を通して戦略を練ってみることをオススメします

クロネコヤマトのらくうるカート


ネットショップ開業ならクロネコの『らくうるカート』にお任せ!ヤマトグループの決済&配送が完全連携で運用が簡単だから、初心者でも安心。まずは気軽に無料お試し! 

・ネットショップ開業に必須のネットショップ作成サービス
・決済・配送がまとめて申し込める ・ヤマトグループの決済・配送と完全連携しているので、精算・配送情報を一画面で  管理できて運用がらくちん ・購入者に喜ばれる、コンビニ受取・スマホ対応・会員機能、完備 ・月あたり300円で開業できる ・Webの知識がなくてもテンプレートでかんたんにサイトが作れる

コンビニやヤマト運輸のセンターで受取が可能というのが良いですね
販売ページまで知識がなくても簡単に作れてしまいます
僕も以前CDを通販で販売した時に「コンビニ受取できませんか?」というご要望があったので購入者側からすると住所も明かす必要がないので気軽に購入できるのかもしれません
月¥300円かかってしまいますがだからこその充実したサービスと言えます
販売、決済データ、伝票、配送、受取データ、精算データまでこれ一つで全てできてしまいます。
30日間は無料でお試しできるみたいなので物販サイトを作ってみたい!という方はお試しだけでもしてみても良いと思います

不用品販売で気軽に稼ぐ!メルカリ


メルカリ
一番簡単に収益化ができる方法といえば不用品販売だと僕は感じています
ちなみに使わなくなったエフェクターやバンドスコアなんかは売りに出して数分で売れたりします
使わなくなったIFやアンプシミュレーターなども僕の場合はあっさり売れてしまいました
すぐにでもマネタイズをしたい!考えるならば家にある不用品をまずはメルカリで出品してみることをオススメします!これは本当に即効で売れることがあります

自分のスキルや得意で稼ぐ!ココナラ




TV CMでもお馴染みですね。クリエイターの方ならば知らない人はいないのでは?というほどに有名なクラウドソーシングです
・自分の得意なことやスキルが出品できるオンラインマーケット ・イラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OK ・会員数50万人突破、取引件数100万件以上 ・誰でも無料で会員登録
DTMerの場合ですとMIXやマスタリング、作曲、ギタリストやベーシストだとレコーディングだったり
好きなことや得意なことは基本何でも売り買いができてしまいます
登録して出品さえしてしまえばあとは広告までしてくれるので集客もあまり難しく考えなくても良いかもしれないですね
クラウドソーシングならばまずはココナラから気軽にやってみましょう

がっつり稼ぎにかかる!クラウドワークス


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
がっつり稼ぎたい人向けの日本最大級のクラウドソーシングです
僕も登録だけしてみましたが定期的に案件の提案のメールをもらえます
仕事から家に帰ってから副業を本格的にやりたい!と考えている人にはちょうど良いかもしれませんね
基本在宅ワークの仕事が多いので会社に行かずに家で稼ぐことが可能です
僕もいつか在宅で稼げるくらいになってしまいたいものです

稼ぐことの目的を明確にしておく

businessman_workaholic_woman

一時期、僕はトリプルワークをしていたこともありましたが生活を豊かにしたり、欲しい機材を買って環境をグレードアップする!というような働くことの明確な目的を常に忘れてはいけないと僕は感じました
これを忘れてしまうと単純に時間に余裕がない人になってしまい
「何のためにこんなに働いてるのだろうか…」と考え込んでしまうこともありえます
これでは働き方改革というよりは自ら社畜沼にハマってしまうようなものです
副業は歯を食いしばって稼ぐ!というのではなくあくまでも自分に余裕のある状態で心地良くすることが大事なのだと感じました
副業でお金は得ることができても使い道のないお金は無駄遣いの元になりかねないので常に自分が働くことの意味を考えておきたいものですね

終わりに

働き方改革は今は誰でも実行しやすい世の中の仕組みになってきたと感じますがそれと同時に自分がなぜさらに働くのかも同時に再認識することが大事だと思います
機材を買ったり、セールで買いまくるという気持ちもすごくわかるのですが自分のお財布と真剣に向き合って身を滅ぼさない程度にグレードアップしていきましょう
というわけで今日はこの辺で!ではまた

最近近所の居酒屋に行き始めたのですがそこの大将の作り料理がひたすらにおいしい
tatemono_izakaya
話を聞くと25年間一人で店を守り続けてきたようでバイトも基本雇わない
バイトを雇ったとしても日雇いで店のクオリティが下がると思ったら「明日から来なくていいです」っときっぱり断ってしまうほど徹底されたこだわり
syugyou3_tatsujin
特に手作りの餃子はついつい連続で頼んでしまうくらいの中毒性を誇っている
それほどのクオリティと25年間、一人で店を続けてきた大将に色々お話を聞いたのですがもはや料理人というよりは職人でありクリエイター。その中で印象的だった部分を紹介します

今できる全てを惜しみなく出し切る

自分がおいしいと思った物しかお客さんに出したくないという
純粋にクオリティを求め続けた結果なだけでお店の利益うんぬんの問題ではないと熱く語っていました
居酒屋はどこも冷凍食品で簡易的に作られたものが多いが
「お客さん一人一人を大事にしたいからこそ出す料理も今できる全てを材料からこだわって惜しみなく出し切るからこそやりがいがあるのだ」という
これをDTMに置き換えるとするならばひたすらに録り音や素材音源にこだわれということなのだろうか
大将の場合は25年という長いキャリアがあるからこその完璧主義が出来上がっている
僕はどちらかといえば完了主義派ですが完了主義の中でも積み重ねたものがあればそれを日々アップデートすることで完了主義と完璧主義を組み合わせた何かが出来上がっていくのだろう
完了主義をアップデート⇨完璧主義へと成長していくという発想なのかもしれない
関連記事:

周りと同じことをしても似たり寄ったりになって面白くない

IMG_2982
この餃子はひたすらに何年もかけて一から材料もたくさん試し続けついに出来上がった渾身のオリジナル餃子と言っていました
「周りと同じような餃子を出しても面白くない、やるからには自分のオリジナルで勝負してこそだ」
まさに職人の域と感じるほどのこだわりっぷり
実際にこの餃子は本当に他で食べるものとは違う、歯ごたえがあってそれでかつジューシーなのです
ありふれた物はあくまでも予備知識として持っておいてオリジナル要素をいくつ持つことができるか僕も日々の研究でそれを意識していきたいと感じます

クオリティが落ちるならば邪魔なものは容赦無くやめる

IMG_2990 2
一時期居酒屋以外にも仕事をしていた時期があったみたいなのですが半年ほどでやめたみたいで理由を聞くと
お金は確かに多く得ることができたが自分が意識していなくても疲れが溜まっていたりして、お客さんに不機嫌な対応をしてしまうことがあった。それでは店のクオリティが落ちる。そう思った瞬間にすぐに辞めた
大将からすれば店を続けることこそが生きがいであり価値のある時間なのだという
自分が価値を感じるものや時間を犠牲にしてしまうくらいならば邪魔なものは捨てていくという発想となります
まさに好きなものややりがいのあるものに徹底的にこだわり続けたからこそ容赦無く行動に移せるのかもしれない

終わりに

基本的に何を頼んでもおいしいのですがその裏側には大将の徹底されたこだわりが隠されていました
今後もこの居酒屋には通うことになると同時に大将から学んでいくことがたくさんありそうです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

ここ最近、悩みでもないのかもしれないのですが色々なことに対してすぐ飽きるってことが増えていることを感じてきていました
nayamu_boy2
やり始めとしばらく経って色々学んで体験してみてある程度知識と技術が身についた時辺りが自分が楽しめている期間なのかもしれないと自覚しています
いわゆるマンネリ化に近い何かを感じてきているのだと思ったのですがこれを何とかコントロールしてもっと生活を楽しめるようにならなくてはと危機感を感じていました
そこで2年前ほどに見た梅原大吾さんの講演会の動画を見た時にそういえば色々共感する部分があったなと思い、勢いで本を2冊iBooks Storeで買って読んでみました

1日ひとつだけ、強くなる。世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

勝負論 梅原大吾の流儀
2冊とも最初から最後まで終始色々考えさせられるきっかけとなったので自分なりに解釈したことを紹介させていただきます

勝ち続けることは成長し続けること

勝負論
勝つという行為には大きなリスクが隠されていることを、ほめられている人のほとんどは意識していない
表面的な勝ちだけが価値ではない
最終的な到達点は、自分が自分に対して行う評価が、自分自身のモチベーションになることだ。その世界にいる自分にとって何を「勝ち」と定義するかなのだ。
僕の場合は格闘ゲームではなくDTMを日頃しています
DTMは僕の考えではひたすらに自分との戦いを繰り返し過去の自分に勝てたかどうかが価値だと感じています
そのためには成長し続けないことには過去の自分に勝つことはできません
作品を発表して周りから評判が良かったかどうかよりもその作品を作った自分は過去の自分に勝つことができたのか?ということが成長し続けている基準として自分自身へ持つべきと再確認することができました
レスポンスも確かに大事なことなのかもしれないけれど本質的に自分が作品を作って達成感と満足感を得られる部分は過去の自分の作品のクオリティを超えることだなと考えを深めることもできました
勝ち続けること=成長し続けることとして定義し、表面上の結果に捉われず自分と真剣に向き合い続けることでマンネリ化が防止できるのかも?と感じました

壁に当たりながら基礎を固める

散々常識やセオリーにいちゃもんをつけ、時間をかけて定石を学んだ人は、抜け出した後のバリエーションが圧倒的に違う
DTMをやり始めの頃はひたすらにたくさんのネットや本のセオリーに目を通してみましたが
本当にこれが良い音なのか?と感じることが僕の中にも色々ありました
その結果、セオリーはあくまでも予備知識として持っておいて自分の作る音に対して自分専用のやり方を編み出すことの方が大事なのかもしれないと感じるようになりました
現に自分の中でのDTMでの最大の壁にぶち当たった時に一度、全部やり方を取っ払って
インストゥルメント、MIXのやり方、打ち込みの方法など全て一新した時期もありました

↑詳しくは以前にnoteで記事にしています

↑悩みに悩みまくってた時期にやっと自分自身で壁を超えた!と実感できた作品がこちらでした
今現在効率が最も良いと感じている手法があったとしてもまだもっと良い方法があるんじゃないか?と自分自身へいちゃもんをつけてバリエーションをどんどん見出していくことでマンネリ化を防ぐ策になるのかもしれません

一日一つだけ成長をメモする

bunbougu_memo
成長の実感⇨モチベーション⇨成果=「成長のループ」
成長が実感できていればゲームだろうがなんだろうが飽きるってことはない。人間が前向きに努力を続ける上では成長があれば良い、成長さえ実感することができれば人間ってのは飽きない。
自分がかっこいいと感じる曲をDTMでひたすらに作っていくことの繰り返しをしています
作っていくことを繰り返していくと「また同じ感じの曲調になってしまった」といったことがあります
そういったことも飽きるということに繋がってしまう要因になりうるので曲を作っていく上で成長を感じられるためにもいつもと違うリズムパターン、違うKey、違うスケールを使ってみることも意識的にやってみることも必要なのかもしれないと再確認できました
上手くいっていても何かを変える必要性があるのは自分自身を飽きさせないためでもあるということなのだと考えます

終わりに

ここ最近色々と考えることがありました。正直かなりモヤモヤした何かがありましたが梅原大吾さんの考え方や発想を本を読んでみて、救われたというような感覚に近いものを得ることができました
何か壁にぶち当たった時や、何かを飽きそうになった時に再度読み返していきたいと思います
今現在、何かで思い悩んでいることがある人はぜひ手にとってみることをオススメしたいです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

最近目にすることが増えてきたキャッシュレス生活ってやつがどんなものなのかちょろっと試してみました
shopping_credit_card_mashine_woman
いわゆる財布に現金を持たずにクレジットカードやデビットカードで支払いを基本的にするというもの
とにかく今は中国のキャッシュレス具合が凄まじいらしいというのを耳にする機会も増えました
ヨーロッパに住む友人にキャッシュレスな生活かどうかを聞いてみたところむしろ現金を使う時の方が減ったという話もありました
というわけで僕もとりあえずはデビットカードを作ってみました
実際にデビットカードを作ってみてからどう感じたのかを記事にしてみます

そもそもデビットカードって何?

money_debit_card
簡単に言うとクレジットカードの即効で銀行口座から引き落とししてくれる版みたいな感じ
クレジットカードは基本、翌月に引き落としになりますがデビットカードは即時銀行口座から引き落とし
なので気が付いたらプラグインを買いすぎてクレジットカードの支払いが恐ろしいことになっていたということにはなりにくいです
クレジットカードの国際ブランド(JCBやVISA)がデビットカードには搭載されていてクレジットカードと同じ利用ができます
基本デビットカードは銀行から発行で必要な審査はありません
銀行と直結なのでキャッシュカードと一体型もあります
口座に入っている金額以上の引き落としはできません
購入直後にメールでお知らせしてくれることも可能なのでプラグインを今までクレジットカードでの購入が基本だった人はデビットカードによりプラグインの買い過ぎ防止策になるかもしれませんね

ジャパンネット銀行でデビットカードを発行してみた

IMG_2844
ジャパンネット銀行でデビットカードを発行してみました
審査は基本ないので最短で3日で発送してくれます
ネットバンクとして使うことができるのでアプリやHPから残高の確認も簡単にできます
封筒に一緒にワンタイムパスワード用のトークンが送られてきます
IMG_2845
こちらで口座開設の手続きを行うワンタイムパスワードを表示してくれます
1のボタンをポチッと押すとパスワードが表示されます
・ファミマTカードととして使えるものもある
・年会費無料のVISAデビットカード
・ジャパンネット銀行のキャッシュカードとしても使える
っといった感じです

デビットカードを使ってみた感想

これでわいもキャッシュレスや!と言うことで早速デビットカードを使って生活してみました
結論から言うと個人的には完全にキャッシュレスっていうのは今現在の日本では難しいのかなといった感想でした
今のところコンビニだったり飲食店や洋服を買いに行ったりする場面ではデビットカードでの支払いができないといったことはありませんでした
自動販売機がまだ現金のみしか対応していなかったり割り勘とかを友達とする際に現金でのやり取りになったりすることがありました
地方によっては交通自体が電車よりも乗用車が基本だったりするのでそもそもSuicaを使う場面が少ない人は公共の交通機関を使う場合に現金の方が馴染みがあるのかもしれません
もっとスマートにできる方法があるんだろうけど直感的にやはりまだキャッシュレスという流れ自体はまだ日本では浸透し切っていないんだろうなぁと感じました

終わりに

久しぶりに会った友人がキャッシュレスの生活になっていて驚きました
その友人が言うには「現金いる?」と言うくらいまでにキャッシュレスに慣れていました
お金の管理自体もアプリで残高の確認や家計簿までつけていて器用な人はすぐにキャッシュレスに慣れてしまうのかもしれませんね
僕は完全にキャッシュレスというのはまだ時間がかかりそうです
でも単純にプラグインやインストゥルメントを今までクレジットカードで買っていましたがデビットカードにしたことで残高以上の引き落としができない、即時引き落としということで使いすぎに気をつけることができるかもと考えられるのでそれは素直に嬉しく感じました
というわけで今日はこの辺で!ではまた

2ヶ月前くらいに実はAppleのワイヤレスイヤホンのAir Podsを買いました
IMG_2679
Apple純正のイヤホンのワイヤレス版みたいな位置付けだと考えれば正解だと思います
「うどんを耳から垂らしてる」とネタにされることもありますが個人的にはデザインは好きです
2ヶ月使ってみた感想を述べてみようと思います

iphoneユーザーには強く推したいくらい快適



Apple Musicに加入しているのでAir Podsがあることで圧倒的に音楽を聴く量が増えました
他のメーカーのワイヤレスイヤホンを使っていた時期もありましたが音飛びだったり通話の時にシームレスに切り替えができなかったりでストレスを感じることもありましたがAir Podsに関してはさすがApple公認のワイヤレスイヤホンといった感じで自然に切り替えができます
Air Podsをタップして再生と停止が可能なので一々iphoneを取り出して停止するという手間がありません
電話がきた場合は自動で音楽を停止、通話終了後は再生を自動でしてくれます
耳につけた瞬間にAir Podsが反応して電源が入るのもお気に入りな要素の一つです

専用のケースに入れて充電する

IMG_2682
Air Podsは専用のケースが付いてきます
このケースが有能でこのケース自体を充電しておけばどこでもAir Podsを充電することが可能です
モバイルバッテリーのような機能を果たしてくれるのでケースのバッテリーさえあれば安心です
Air Pods自体を無くしてしまうんじゃないかと心配でしたがケースに入れる癖をつけてしまえばその心配も薄れてきました
基本自分の場合は家にいるときもお風呂に入る時以外は耳に付けっぱなしなのでよっぽどのことが無い限り無くすことはなさそうです
1時間くらい充電すると半日以上は使えると感じています。もしかするともっと保つかも

終わりに

Apple Watchを持っていると通話がきた時に手元で取ってAir Podsで通話も可能です
気がついたら僕はApple製品に埋め尽くされたような生活になっていました
あんまり長々と機能について書くよりもこれは実際に使ってみた方が快適さが伝わると思います
単純に基本イヤホンを耳につけていることになったので音楽を聴く機会自体も増えました
やっぱり曲作りはいわゆるアウトプット(作る)も大事だと思いますがインプット(聴く)ことも大事だと再認識できましたし、アウトプットとインプットのバランスを取りながら日頃のDTMライフに活かすことができれば曲作りの幅も広がると感じています
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ