zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

カテゴリ: 生活の知恵

2ヶ月前くらいに実はAppleのワイヤレスイヤホンのAir Podsを買いました
IMG_2679
Apple純正のイヤホンのワイヤレス版みたいな位置付けだと考えれば正解だと思います
「うどんを耳から垂らしてる」とネタにされることもありますが個人的にはデザインは好きです
2ヶ月使ってみた感想を述べてみようと思います

iphoneユーザーには強く推したいくらい快適



Apple Musicに加入しているのでAir Podsがあることで圧倒的に音楽を聴く量が増えました
他のメーカーのワイヤレスイヤホンを使っていた時期もありましたが音飛びだったり通話の時にシームレスに切り替えができなかったりでストレスを感じることもありましたがAir Podsに関してはさすがApple公認のワイヤレスイヤホンといった感じで自然に切り替えができます
Air Podsをタップして再生と停止が可能なので一々iphoneを取り出して停止するという手間がありません
電話がきた場合は自動で音楽を停止、通話終了後は再生を自動でしてくれます
耳につけた瞬間にAir Podsが反応して電源が入るのもお気に入りな要素の一つです

専用のケースに入れて充電する

IMG_2682
Air Podsは専用のケースが付いてきます
このケースが有能でこのケース自体を充電しておけばどこでもAir Podsを充電することが可能です
モバイルバッテリーのような機能を果たしてくれるのでケースのバッテリーさえあれば安心です
Air Pods自体を無くしてしまうんじゃないかと心配でしたがケースに入れる癖をつけてしまえばその心配も薄れてきました
基本自分の場合は家にいるときもお風呂に入る時以外は耳に付けっぱなしなのでよっぽどのことが無い限り無くすことはなさそうです
1時間くらい充電すると半日以上は使えると感じています。もしかするともっと保つかも

終わりに

Apple Watchを持っていると通話がきた時に手元で取ってAir Podsで通話も可能です
気がついたら僕はApple製品に埋め尽くされたような生活になっていました
あんまり長々と機能について書くよりもこれは実際に使ってみた方が快適さが伝わると思います
単純に基本イヤホンを耳につけていることになったので音楽を聴く機会自体も増えました
やっぱり曲作りはいわゆるアウトプット(作る)も大事だと思いますがインプット(聴く)ことも大事だと再認識できましたし、アウトプットとインプットのバランスを取りながら日頃のDTMライフに活かすことができれば曲作りの幅も広がると感じています
というわけで今日はこの辺で!ではまた

やっと吸音材を壁に貼り付けることが完了しました
IMG_2824
やはり吸音材を壁に貼り付けると部屋の雰囲気が変わりますね
まさに作業部屋って感じになります
吸音材はAURALEXの吸音材を使用しました
関連記事:AURALEXの吸音材を導入しました:デッドなモニタリング環境作り
今回色々試行錯誤することがあったのでそれらをまとめておきます

テープ類では簡単に剥がれ落ちた

吸音材がきたその日に早速壁に両面テープで貼り付けてみましたが寝て起きたら翌日の朝には全てはがれ落ちていました

↑コンビニにも売ってるこれです
その翌日にもならばもっと強力な粘着力のものならどうだ?ということで

もっと超強力なものにしました
確かにこれは1週間くらいは持つのですが24枚吸音材を貼るにしても一つでいけても5.6枚ほどしか貼れませんでした
なのでコスパ的には悪いのと何回も買わなければいけないと考えるとランニングコストが悪すぎるという結果になりました

ブチルテープも試してみましたが翌日に剥がれていました
どうやらテープ類ではダメだったという結果になりました。両面テープは基本的に値段が高いです
自分の貼り方が悪いのでは?とも考えたのですが考え出すとキリがないなということでテープ類で壁に貼るという発想をやめました

瞬間接着剤で壁に貼るという発想


瞬間接着剤ならば簡単に剥がれないだろうといういかにも脳筋な発想なのですがこれが1番確実に壁に貼り付けることができる方法でした
しかし壁に直接瞬間接着剤を貼るのは壁紙に確実にダメージが出るので一旦壁にマスキングテープを貼りました

マスキングテープも24枚貼るためにはかなりの量が必要になります
IMG_2770
今回の場合はマスキングテープの上にさらにブチルテープを貼ってその上に接着剤で貼るという方法です
これならば絶対に剥がれないだろうという何重にも保険をかけたような方法です
実際のところかなりの労力を使います( ;∀;)
そして瞬間接着剤が一番コスパが悪いという結果になりました
貼り付けることができても最大で4枚ほどでした

ボンドという発想に行き着いた

IMG_2817
たまたまドンキ・ホーテに立ち寄った時に店員さんに聞いたら「ボンドならこいつだ」ということで
ホットグルーガンで接着することにしました

しかもテープ類や瞬間接着剤と比べると一番コスパが良いのがホットグルーガンです
接着力もテープ類と瞬間接着剤の間くらいです
最終的に残りの吸音材を全てホットグルーガンで貼り付けることに成功しました
しかしボンド自体が熱いので火傷に気をつけてください
結果として吸音材を壁に貼る時は僕の場合はホットグルーガンに行きつきました

終わりに

IMG_2818
ここまで振り返ってみると吸音材を壁に貼るのはかなりの労力になりました
個人的には内装屋とかの業者とかに頼んだ方が楽だと思いました
IMG_2823
ウーハーの裏側にも吸音材をつけました
吸音材が24枚で1万5千円ってかなり安いと感じましたがそれを壁に貼るためにもコストがかかるということを認識しておいた方がいいです
僕の場合はあーだこーだーで試行錯誤したので5千円くらいかかりました( ;∀;)
最初からホットグルーガンに行き着いていればもっと安上がりだったと思います
とりあえず新しいDTMデスクと吸音材を壁に貼れたのでよかったです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

最近ポケットWi-Fiを持っている人を持っている人が増えてきたと感じています
実は僕も2年前くらいからWiMax2+を使い始めました
text_wifi
理由としては
・通信制限によりスマホの通信速度が遅くなる生活が嫌だった
・MacBook Proを持ち運んでブログやnoteを書いたりネットサーフィンがしたかった

単純にこの二つだけです
IMG_2781
実際に僕がWiMax2+2年使ってみたを感想をまとめておきます

WiMAX2+を使ってみた感想

beacon_denpa_hasshinki
基本Wi-Fiが繋がっている状態になるので「通信制限が〜…」っという心配をする必要が無くなりました
しかしトンネルや山などの場所によってはWiMax自体が電波を拾わない場所もあります
新幹線や電車に乗ってる時にMacbookやipadを使ってブログを書くことやyoutubeを見ることもできます
(もちろんトンネルの中や場所によっては繋がらない場所もあります)
僕は基本端末がApple製品なのでWi-Fiを各端末に繋げておくことでiCloudにより写真やメモなどは即座にシームレスに使うことが可能になっています
IMG_2779
そのためWiMax2+を使うことでポケットWi-Fiの恩恵をもろに受けた生活になっています
素直にネットでの活動が快適にできていると感じています

通信速度について

website_normal
据え置き型のWi-Fiルーターと比べると速度は遅い
です
データのやり取りやネットサーフィン、ブログやHPの更新には適しています
オンラインゲームをWiMax2+でがっつりやるのは向いていません
特にPS4でFPSをやろう!と考えるとラグを感じてしまってかえってストレスになるかと思います
たまにWi-Fiエリアとエリアの谷間に入ると繋がりにくくなってしまう場所もあります
据え置き型のWi-Fiがある場合干渉しあうのか速度が遅くなることが家や会社でありました
そういった場合は素直に据え置き型のWi-Fiに繋いだ方が無難だと感じています

ポケットWi-Fiに向いている人

wifi_yes
・普段から通信制限を気にしている人
・ネットでの活動が頻繁の人(ブログ運営や動画サイトなど)
・ノートPCを持っている人
向いてない人はこの逆だと考えてください
僕の場合は月にスマホで使用できる通信容量を減らしたりテザリングをしない代わりにWiMax+2にしました

終わりに


WiMax2+にして早速会社でも持ち歩くようにした日に休憩時間とかに僕の周りに人が集まるようになりました
もちろんその人たちはWi-Fiを使いたいからなのですが通信制限難民ってやっぱり日頃からいっぱいいるんだなぁと感じました
今だと5ヶ月目で30,100円のキャシュバックだったりauのスマホと一緒に使うと毎月割引になるキャンペーンをしているみたいです
僕が使ってみた感覚としては5ヶ月はあっという間にすぎました
これだけキャッシュバックがあると一度使ってみてポケットWi-Fiがある生活どんなものか試してみる価値はあると思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日また買い物をしてしまいました…
Apple Watch Series3(GPS)42mmです
38mmは男性の手首に対しては細いと感じられたので42mmにしました
GPS+Cellularでは無くGPSにした理由はiPhoneは基本持ち歩いていますし、ポケットWi-Fiも基本持ち歩いているので月額費用を払ってまでCellularにこだわる必要がありませんでした
まだまだApple Watchを使いこなしているとまではいきませんが実際にApple Watchを使ってみてどう感じたのかレビューしてみます

スマホ依存が抑えられる

gaman_smartphone_man
いわゆるスマホ依存が自分でも感じられるほどになっていました
・特に理由もなくスマホを見る
・SNSの通知がきてないかとりあえずスマホを見る

この状態になってしまっている人もいるのではないでしょうか…
スマホ依存の理由がまさにこれだと自覚していました
この依存から自分が思ってる以上にスマホを見る時間を使ってしまっていました
特に理由も無くぼーっと眺めるのは時間がもったいないです
Apple WatchはiPhoneのあらゆる通知を見ることができるのでSNSの通知がきてないかとりあえずスマホを見るという習慣を抑えられると感じています
単純に時間を見たいからスマホを開く⇨ついでにSNSを眺めるといった流れも少なくなりました
電話もApple WatchからかけることもできますしLINEもやり取りすることができます

時間感覚の意識が変わってくる


やはり腕時計で時間を見るのとスマホで時間を見るのとでは感覚は少し違います
アナログ表記で時間を秒針の幅見るのはデジタル表記とはまた違った時間の意識の仕方になります
今までは寝坊をしてしまうことがよくあったのですがそれが改善されてきていると感じています
これは腕時計であればApple Watchでは無くても同じことだと言えますが今現在、スマホで時計を見る習慣がある方は一度腕時計を付けて数日間だけでも生活してみることをオススメしたいです
それだけでも何か新たな発見があるはずです

防水機能が素晴らしい

iPhone7は防水、耐水機能があるのでにお風呂やシャワーの時に使っていても問題ありません
Apple Watchも実は防水、耐水機能があるので腕につけたままでシャワーに入っても故障することがありませんでした
しかしいざお風呂の浴槽に放り投げてみるか?と言われると気が引けてしまいますが…
基本的にはプールでの使用も想定されているとのことなので基本付けっぱで生活しても良さそうです
※温泉は流石に危険なのでやめておきましょう

終わりに

IMG_2552

腕時計が前から欲しかったのでオーダーの枕と迷いましたが買って良かったものだと素直に感じています
通知が手元で見れるのでスマホ依存はほんとに薄れて来たと感じています
他にも便利な機能はたくさんありますがこれからもっと使い込んで行こうと思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた

GW中にクリエイター仲間の黒縁のLanさん(@lankurobuch)が
1週間で25曲のギターを弾き切るという取り組みをされていました
最初はサークル内の活動として1年で25曲という話でしたがまさかの1週間で25曲を弾くとはびっくりでした
こういった個人の取り組みを評価してくれるコンテンツはなかなかないと感じていますが僕は1週間で25曲を弾いたというその行動力に素直に感動を受けました
その中で感じたことがいくつかありましたので記事にまとめておきます

始めるのも辞めるのも自由の中で一度決めたことを完了させる行動力

ADIMGL6646_TP_V
創作活動は個人の取り組みは始めるのも自由ですが途中で何かしらの理由をつけて終わらせるのも個人の自由です
途中で何かしらの理由をつけて辞める代表的な例で「仕事の都合で〜」「体調が悪くて〜」といったのをよく耳にします
第三者からしたら始めるのも辞めるのもお好きにどうぞっといった感じですが
だからこそ達成までやり切ったというその行動力と事実は素直に評価されるべきだと感じました
僕もいくら曲は何でも良いので25曲ギターを弾いてくださいと言われても始めようと決めるまで腰は重いと感じます
雑念や様々な誘惑が創作活動の上ではありますがそんな影響を跳ね除け一度決めたことを確実に完了させるというのは始めるのも辞めるのも自由だからこそ大事なことだと感じます

堅苦しく考えすぎると制作スピードが低下する

cancanIMGL1254_TP_V
最近感じることの一つに創作活動に対して堅苦しい風潮があるということ
「クオリティーが納得いかない」「完璧なクオリティじゃなくて中傷的なコメントをされたらどうしよう」
こういったことをよくSNSで目にしますが
まずストイックにやるのと神経質になりすぎるのは別です
心配しなくても良いのは他人はそこまで自分のことを細かい所まで見ていないということです
細かく見ているとしたら相当な数のファンがいるかよっぽどなアンチがいるかだと感じます
Lanさんに通話で25曲弾き切るために工夫したことをお聞きにしました
大事なポイントは100点を毎回取りに行くのではなく60点~80点を量産することを考えたそうです
一番身近に60点~80点を量産している人は実は誰にでもいてそれは母親だったりします
例えばの話で創作とは全く違いますが
高校のお弁当を毎日作るお母さんは毎回全て手作りなわけではなくたまに冷凍食品だって混ざっていますし、冷凍食品の炒飯や唐揚げはおいしいです
このように毎回100点を取りに行こうとして力み過ぎると長続きは難しいですしコストも多くかかってしまいます
これでは長続きは難しいですし最悪の場合は嫌になってしまいます
創作の上でも毎回100点を狙い行くと体力的にも、精神的にもきついと感じてしまいますので
コンスタントに60点~80点を出すことも大事なのだと感じました
創作活動は基本自由なのだから堅苦しく考える必要もないのです

行動に勝る言葉はない

ELL86_majyonokusuridana_TP_V
「僕は本気です!」「僕は全力で取り組んでいる!」というのをたまに目にすることがあります
言葉を発することは自由ですし考えていることならば言葉にすることも大事です
なぜなら言葉や文章にすることで自分も第三者も得られる物があるからです
ですが言葉だけで終わる人もいるのも事実です
自分はギターをやっています!では今から1週間で25曲ギターを弾きます!と言って完了させるのか完了できないのかでは大きな差です
言葉は口や手がある限り発することは誰でもできるからこそ逆に行動は簡単にできません
何かを信用する際に基本の軸になる部分は一番は行動だということを再認識させていただきました

終わりに

改めて言葉よりも行動ということ、完了させることの大事さを再認識させていただきました
今後の活動においても参考にさせていただきます

↑このページのトップヘ