zunx2の暇つぶしDTMブログVer

元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます

カテゴリ: 生活

最近夜遅くまでDTMで作業することが増えました
beatsPAKU2891_TP_V
時間としては深夜の1時まで作業し、
就寝は2時〜6時なんてこともありますが
(睡眠時間が4時間ほど)
特に最近夜遅くまでやる作業は良くない!と改めて思いました
その理由を3つ記事にしておきます

寝不足により体調を崩す

ZOM83_nanikaomouzombie20140503_TP_V
一番良くない理由がこれ
です
作業時間を増やすために睡眠時間を削って…という発想は
確実に次の日に悪影響を及ぼす
ことになります
会社に着いてからひたすらに眠たいですしお昼休憩に仮眠を取ることが増えました
僕の場合は元々喘息持ちで体調を崩した結果、喘息の発作がおきてしまいました
さすがに体が心配になって会社を早退して肺のレントゲンまで取ったりなんてこともありました
体調を崩してしまうと元も子もないです

パフォーマンスが悪くなる

IMARIC20160805310323_TP_V
眠たさや疲れと戦いながらする作業は集中力をキープするのが難しい
ですし結果的に質の悪い作業時間になってしまいます
翌日の朝に音源を聴いたら「あれ、こんなつもりじゃなかったんだけどなー」と思うこともありました
それはどう考えても眠気との戦いによる長時間の作業によりパフォーマンスが落ちていると感じます
結果的に質も生産性も悪くなってしまうので集中力を保つ努力も日頃から気をつけたいところです
クリエイターとして生産性を上げるためにランニングをやってみたんだが…
↑以前に作業中に集中力を持続させるために基礎体力を上げる取り組みをした記事です

ドライアイになる可能性

OZPA87_megaitaindesu20130707_TP_V
これがかなり厄介です
一度ドライアイになると癖になってしまうのか治してもすぐにドライアイになってしまいました
眼の疲れが通常の2、3倍くらいに感じます
ドライアイがきっかけで眼精疲労がたまり、肩こりになったり頭痛になることもありました
しかもどれだけ睡眠を取ってもそもそも目が乾いてるわけだからすぐに目に疲れがきてしまいます
これにより目薬を常に持ち歩くようになりました
画面を長時間見ながらの作業になるので自分の中で1時間おきに休憩を取るなどルールを決めるといいかもしれません
DTMerはドライアイに気をつけて!
↑以前ドライアイについて記事を書いています

終わりに

深夜の場合だとさらに近所迷惑になったりする恐れもあります
作業が捗ってくるとつい遅い時間まで作業をしてしまう気持ちもわかりますが
睡眠時間が削れてしまって次の日に悪影響が出てしまうのが怖いところです
僕も日頃から気をつけて作業していくことを心がけていきます
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

僕が去年から始めたDTMブログがやっと
zunx2の暇つぶしDTMブログVer
目標にしていた月間1万PVを突破できました
これは今年に入って目標にしていたことだったので素直に嬉しいです
単純に1日350PVくらいは最低でも必要な計算になります
1日100PVくらいだったのが今月に入って3倍近くになったと考える嬉しいことです
暇つぶし感覚で始めたブログが1年以上続いているのも読んでくれている方々のレスポンスがあるからだと感じています
1万PVが出て色々感じたことを記事にまとめておきます

ブログは日々の情報を整理をして保管できる場所

gori0I9A9910_TP_V
何をするにしても毎日たくさんの情報が入ってきます
特にSNSからの情報は凄まじいものです
その大量の情報の中から自分で
良い情報と悪い情報を選別する必要があると1年前ほどから強く感じるようになり
その大量の情報を整理できる場所が欲しいと感じるようになっていました
そこでブログをやってみるか!ということになり今にいたります
ブログの良いところは文章にして整理ができるだけではありません
SNSは情報が流れていってしまいますが
ブログは情報を保管することができると考えています
そのため「DTMのここを教えてほしいんだけどー!」と友達に言われた場合にもわかりやすく記事にして保管しておけば
毎回電話だったりメールで説明する必要が無くなります
説明の手間を省くことで時間の効率化にもなるわけです

ブログ経由での人との繋がりが増えた

IRIS16011448_TP_V
僕はDTMでVOCALOIDオリジナル曲を作っています
ですが最近は「オリジナル曲から知りました!」よりも
「ブログから知りました!」が増えてきています
どちらかというとアーティスト目線で考えればオリジナル曲から知りました!の方が嬉しいのかもしれませんが
繋がりはどういう形であれ、人との繋がりが増えることは素直に嬉しいものです
よくSNSで「とにかくフォロワーがほしい!」というのを目にしますが
フォロワーがほしい人ほどSNSだけではなくブログにもぜひ挑戦してほしいです
良質な情報を記事にしておけば自ずとフォロワー数にも反映されてくると感じているので
ぜひ今すぐにでもブログを始めていただきたいです

日常系の記事よりも誰かの為になる記事を書く

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V (1)
普段の生活のことを日記としてブログを活用するのではなく
誰かの為になる記事を書いて保管する場所としてブログを活用することを心がけるようにしました
僕は本当にその辺になるただの凡人なので芸能人でも有名人でもありません
ただの凡人の日記をネットで公開したところが誰に需要があるのか?と思うようになりました
実際にただの日常系ブログではなかなか良いレスポンスはかえってきません
日々自分が感じたこれは役に立つ!有益な情報だ!ということを記事にしていくようにしました
すると少しずつですがPV数が増えるようになっていきました
SNSからだけではなく検索エンジンからのアクセスも増えていきました
そして結果的にそのお役たち記事たちが積み重なって月間1万PVという数字になったのかもしれません
これからブログを始めたいという方は自分の得意分野の生活のお役たちブログから始めてみるとレスポンスもしっかりかえってくるのでオススメです

1万PVでの収益

bitcoinIMGL1749_TP_V
1万PVぐらいいったらどれくらいの収益が発生するのかなー?と思っていたのですが
いざ目標の数字にいってみて収益を確認すると僕の場合は大した額にはなりませんでした
おそらく僕のやり方が悪いと思うのですが今現在ではギターの弦を買えるぐらいです
ブログを運営するからにはそれなりにも収益が発生するとモチベーション維持にも繋がると思うので収益性もより高められるように日々精進していきます
しかしブログ経由での制作の依頼というのは増えたので間接的ですが収益に繋がっていると感じています

終わりに

タスクマネージャーすら開けなかった僕がブログで1万PVを達成できたのでこれからブログを始めてみたいなぁと感じている人はもっと早く1万PVを達成できるかもしれません
次は3万PVを目標にして頑張っていきます!
ということでではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

最近外出も増えてきてネット、リアルどちらの生活でも会話が以前より増えて来ました
面白い人だなー!と思った人の共通点がいくつかあったのでまとめておきます
面白い人はギャグセンスが高いだけの人を言っているわけではありません
TSU_NY5841dis_TP_V

とにかく実行力がある

OZPA_omaenoiine_TP_V
何でも思い立ったら即行動、自分がこれをしたい!と考えたらすぐに行動に移しています
とりあえずやってみて壁にぶち当たったらその時にまた対策を練る
今、自分がやってみたいことはすぐやってみる!という発想の人は会話が続くことが多いです
逆にネガティブな「どうせ俺なんかじゃ…」という考え方では会話したとしても長続きしません
失敗しようがどうなろうが実行しないよりマシです

真面目すぎない

GREEN_HO20140125_TP_V
とりあえずどんな方法でも良いから自分の達成したい目標を超えようとしていると感じます。だから失敗を恐れていない
真面目すぎる人は「やらなくて良い努力を頑張ってる」ので遠回りが多い
僕も以前までバカ真面目に働いていた時期がありましたが
意外と細かいプロセスの部分は見られていないことがほとんどでした
結果が良くて完了できてしまえば何をしようが良いわけです
もちろんルールの範囲内
です
わかりやすい例でゲームで例えると
・ポケモンをレベル100にするために一人でちまちま頑張って1ヶ月かけて100にするのか
・誰かに手伝ってもらったり、先駆者にノウハウを有償でも良いから教えてもらって1週間で100にするのか
というような違いです
真面目すぎない人はとにかく効率が良いですよね

具体的に次に何をするのか決まっている

Green5_bite20141123160246_TP_V
面白い人は今自分がどうなってて課題に対して次をどうしようか決めている人が多い
です
何をするにしてもとにかく現状と次どうするのかが決まっていないと行動を起こそうにもなかなかできないですよね
具体性のない話は着地地点が定まっていないので会話の内容もあやふやなことがほとんどです
自分がやってみたい!と感じることをじゃあそれをするための次の一手はどうするのか?具体的に詰めて行けたら話がどんどん膨らんでいきますよね
まずは
・現状の自分はどうなっているのか
・自分は何をしたいのか
・そのために何をする必要があるのか
この3つを明確にするだけでも全然変わると思います
何をする必要があるのか?で答えがなかなか出ない場合があると思いますがその時は先駆者に聞いてみるのが良いかもしれませんね

終わりに

TRTM9296_TP_V
面白い人をまとめると
良い意味でバカで行動が早くて次のことを明確に考えている人
なのかもしれませんね
ドラゴンボールで例えると魔人ブウです
魔人ブウはバカだけど自分がこうなりたい!と思ったら行動が早いですし次どうするのかを常に考えています
さらに失敗しても死ぬわけでもないし何とでもなるだろといった考えなので悩むことが少ないです
というわけで今日はこの辺で!ではまた!

最近バンドがどうのこうのっていう話をツイッターで目にすることがあるので
僕がここ数年で感じたことのトップ3のうちの一つを記事にしておきます

打ち上げに行かないバンドマンがさらに増えている

djrtfguhj_TP_V
僕がまだライブハウスに出入りを頻繁にしている時期に特に感じていたことで
ライブ後の打ち上げに出ない地元バンド多すぎw
僕はバンドをやめてからというもののツアーバンドから打ち上げにこいと言われてご一緒させてもらったり
ライブハウスとの付き合いで打ち上げに参加させてもらったりしていました
はじめは打ち上げに出ない地元バンドはたまたまなのかなー?と思っていたのですが
気がついたら毎回地元のメンツで打ち上げに出てるのが自分と数人だけじゃないか!と感じることが多々あった
ひどい時は当日出演者でもないバンドマンが地元バンドマンとして打ち上げに二人だけ出ている時があったほどです
↑(地元バンドの出演者で打ち上げに出る人が本当に少なかったから)
ツアーバンドもその時はさすがに呆れていました

打ち上げは繋がりを持てる絶好のチャンス

TAKEBEIMGL3836_TP_V
打ち上げが第二の本番と言われるほどに大事な交流の場です
ツアーバンドは意外と地元バンドのことをライブの時からよく見てくれているので地元バンドとの交流を楽しみにしてくれていることが多いです
僕もノリで参加した打ち上げでツアーバンドと仲良くなって今でも連絡を取り合っています
「zunx2さんが新しくバンドを始めたらぜひ対バンしましょう」と言ってくれたりしています
これがどういうことかと言うと
出演者でもない僕でさえもこのような関係をツアーバンドと構築できたのだから出演者の地元バンドが打ち上げに出ればもっと交流ができるはずと言うことです
ツアーバンドとの繋がりが増えると各地に音楽が仲間ができることなので
自分がツアーをしたい!県外でライブをしたい!と考えた時にもツアーサポートという形で協力してくれます
なので打ち上げはバンドとして繋がりが持てる絶好のチャンスなのです

音楽シーンを盛り上げたいと思うなら打ち上げに出ろ

IRIS16011902-2_TP_V
「ここが僕らのホームなので全力で盛り上げたいと思います!」
と言うセリフを何回聞いたことだろうか
実際のところは地方の音楽シーンは本当にバンドの数が減っていて
ツアーサポートのブッキングを組むだけでもライブハウスが頭を悩ませているくらいです
本当に音楽シーンを盛り上げたいならば、一つ一つのライブで確実にツアーバンドと交流を取っておくべきです
それが例え今のバンドが1年で終わってしまったという場合でも音楽を続けていくならばその繋がりが絶対にどこかで活きてくることがあります
明日仕事だろうがとりあえずは打ち上げに参加して繋がりを持ち、
時間的に厳しくなってきたなと感じればそこで帰ればいいだけの話です
「ここには俺たちがいるからいつでもライブしに来いよ!」とツアーバンドに言えるくらいの繋がりを持つことの方が音楽シーンを盛り上げていると感じます

ツアーバンドが持っている情報は有益性が高いものが多い

IRIS16011912_TP_V
打ち上げになるとみんなで騒いで楽しいものですがツアーバンドは地方に持っていない有益な情報を持っていることが実は多いです
・レコーディングの情報
・各地のライブハウスの情報
・レーベルの情報
・楽器店の情報
・音作りの情報
・機材の情報
・人脈

などたくさんの情報を持っています
打ち上げは繋がりを持つだけではなくこれらの有益な情報を教えてもらえるチャンスでもあるので携帯でメモを取ってでも吸収しましょう
有益な情報がきっと今後の活動で役に立つ時があります

終わりに

時代の流れもあってか打ち上げに出ないバンドマンというのは増えているのが現実ではありますが
それにしても勿体無い!と感じます
今回記事でまとめたことを踏まえた上でもう一度打ち上げとはどういうものなのかを現役バンドマンには考えていただきたいものです
という訳で今日はこの辺で!
ではまた

先日polcaというサービスが流行ってる!という情報を聞いて
私も実際にpolcaをインストールし、プロジェクトを立ち上げてみました
自分の目標や夢を発表し、それに対して投げ銭的な感覚で応援できるというもの
他にも使い方としては飲み会でビンゴ大会をしてそのプレゼントを友達同士でクレカでのやりとりで集金出来たりもします
IMG_1005
内容は何だって良いです。彼女と旅行に行きたい!とアピールしている方もいました、そのアピールした内容が素敵だ!と感じられるならば支援がきます

自分の目標や夢は発表してこそ

僕も早速プロジェクトを立ち上げてみました
クリエイターが集まれるシェアハウスを作りたい
ぶっちゃけると本当にこれで支援なんてくるのかよwぐらいの感覚でいましたが本当にきました!
IMG_0983
開始してすぐに支援がきてビックリしました
実際にクリエイターが集まれるシェアハウスってやってみたいと考えていました
でも本当に支援がくるとは思っていなかったのでとりあえず必要な金額を¥30,000円で設定してみましたが
可能性があるから改めて明確に考え直して良いと思いました
そして始めて1日目で感じたのは自分の目標や夢を発表したことを応援してくれる人が実際にいることでした
「世の中には言うだけただ」という言葉があるように自分が考えていることは口にしてこそ意味があると思います
「どんな目標だって良いじゃないか!堂々と胸を張って言える目標ならどんどんみんなに発表しようぜ!」っと私は思えるようになりました

開始3日目にして目標金額の30%を突破

急にドカッと支援が入ってきました
IMG_1006

私の場合は1口¥500円からにしたのですがそれを複数支援していただいた方もいました
この3日間で私が試みたことを具体的に表しますと
・1日の内に複数回プロジェクトをツイッターにてアピールした
・アピールする時間は朝(9:00)、昼(12:00)、夜(19:00)、深夜になる前(22:00)
・#polcaのハッシュタグをつけてツイート、現状と今後どうしたいのかを述べた
・支援していただいた方にはpolca、ツイッターでお礼のコメントやリプライなどをした

具体的にはこの4つでした
そしてまさかのこのサービスの代表の家入さんから支援があってビックリしました
IMG_1004
目標金額は今回かなり低めに設定していてこのままで難しいものなのでとりあえず現時点での目標金額が達成できればまた再度練り直したいと考えています
3日目で30%を突破したと言うことは単純に計算すると10日で¥30,000円にいくことになります
これを1年、3年続けていくと…本当にクリエイターが集まれるシェアハウスを作ることが現実になるかもしれません
というよりは現実にするしかないだろ!

終わりに

はじめはこんなうまい話があるわけないだろwと思っていましたが実際に支援があってビックリしています
それと同時に自分の考え方が古かったのだと感じました
もし今、自分に目標や夢があるならばぜひpolcaを使ってアピールしてみてください
きっと誰か応援してくれる人がいると思います!と言うことで
今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ