zunx2の暇つぶしDTMブログVer

人生は神ゲー!!元バンドマン、脳筋のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます

カテゴリ: 生活の知恵

GW中にクリエイター仲間の黒縁のLanさん(@lankurobuch)が
1週間で25曲のギターを弾き切るという取り組みをされていました
最初はサークル内の活動として1年で25曲という話でしたがまさかの1週間で25曲を弾くとはびっくりでした
こういった個人の取り組みを評価してくれるコンテンツはなかなかないと感じていますが僕は1週間で25曲を弾いたというその行動力に素直に感動を受けました
その中で感じたことがいくつかありましたので記事にまとめておきます

始めるのも辞めるのも自由の中で一度決めたことを完了させる行動力

ADIMGL6646_TP_V
創作活動は個人の取り組みは始めるのも自由ですが途中で何かしらの理由をつけて終わらせるのも個人の自由です
途中で何かしらの理由をつけて辞める代表的な例で「仕事の都合で〜」「体調が悪くて〜」といったのをよく耳にします
第三者からしたら始めるのも辞めるのもお好きにどうぞっといった感じですが
だからこそ達成までやり切ったというその行動力と事実は素直に評価されるべきだと感じました
僕もいくら曲は何でも良いので25曲ギターを弾いてくださいと言われても始めようと決めるまで腰は重いと感じます
雑念や様々な誘惑が創作活動の上ではありますがそんな影響を跳ね除け一度決めたことを確実に完了させるというのは始めるのも辞めるのも自由だからこそ大事なことだと感じます

堅苦しく考えすぎると制作スピードが低下する

cancanIMGL1254_TP_V
最近感じることの一つに創作活動に対して堅苦しい風潮があるということ
「クオリティーが納得いかない」「完璧なクオリティじゃなくて中傷的なコメントをされたらどうしよう」
こういったことをよくSNSで目にしますが
まずストイックにやるのと神経質になりすぎるのは別です
心配しなくても良いのは他人はそこまで自分のことを細かい所まで見ていないということです
細かく見ているとしたら相当な数のファンがいるかよっぽどなアンチがいるかだと感じます
Lanさんに通話で25曲弾き切るために工夫したことをお聞きにしました
大事なポイントは100点を毎回取りに行くのではなく60点~80点を量産することを考えたそうです
一番身近に60点~80点を量産している人は実は誰にでもいてそれは母親だったりします
例えばの話で創作とは全く違いますが
高校のお弁当を毎日作るお母さんは毎回全て手作りなわけではなくたまに冷凍食品だって混ざっていますし、冷凍食品の炒飯や唐揚げはおいしいです
このように毎回100点を取りに行こうとして力み過ぎると長続きは難しいですしコストも多くかかってしまいます
これでは長続きは難しいですし最悪の場合は嫌になってしまいます
創作の上でも毎回100点を狙い行くと体力的にも、精神的にもきついと感じてしまいますので
コンスタントに60点~80点を出すことも大事なのだと感じました
創作活動は基本自由なのだから堅苦しく考える必要もないのです

行動に勝る言葉はない

ELL86_majyonokusuridana_TP_V
「僕は本気です!」「僕は全力で取り組んでいる!」というのをたまに目にすることがあります
言葉を発することは自由ですし考えていることならば言葉にすることも大事です
なぜなら言葉や文章にすることで自分も第三者も得られる物があるからです
ですが言葉だけで終わる人もいるのも事実です
自分はギターをやっています!では今から1週間で25曲ギターを弾きます!と言って完了させるのか完了できないのかでは大きな差です
言葉は口や手がある限り発することは誰でもできるからこそ逆に行動は簡単にできません
何かを信用する際に基本の軸になる部分は一番は行動だということを再認識させていただきました

終わりに

改めて言葉よりも行動ということ、完了させることの大事さを再認識させていただきました
今後の活動においても参考にさせていただきます

先日Mac OS High Sierraにアップグレードしたところ不具合が発生しました
内容としてはApp Store以外からダウンロードしインストールしたアプリの
セキュリティ・ブロックを許可できないためにMacでの使用ができないといった不具合
が起きました
18
おそらくHigh SierraからApp Store以外のアプリやソフトウェアに対しての取り締まりが強くなったということなのでしょう
今までスムーズにできていたのに急に不具合を発生するようになったため正直僕もかなり混乱しました
この時に対処した方法をまとめておきます

再起動しセーフモードにしてから許可

セーフモードにしてセキュリティとプライバシーから許可する
という初見では絶対に突破できないような仕様でした
それでアプリやソフトウェアを再度インストールすることで無事に使うことができました
今回の場合はギターのエフェクターをPCに認識させるためのUSBドライバーでしたが
他のソフトウェアでも十分に有り得そうなので今後も同じことをする必要がありそうです

終わりに

Mac OS High Sierraにしてから他のソフトウェアでも不具合がちらほら起きています
今現在、動作が安定していてHigh Sierraにアップグレードを考えられている方はもう少し様子見をした方が無難だと感じています
PCでの作業のストレスになるのは避けたいところなので安定性を考えるならば様子見しましょう
というわけで今日はこの辺で!ではまた

どこの会社で働いたとしてもうざい上司がいたり、休日日数がやたら少なかったり労働時間が12時間以上だったりする会社は少なくはありません
いわゆるブラック企業は僕も一度経験し、退職しましたが当時を振り返ると最悪な労働環境だったなぁと感じます
その結果、僕も一度鬱を経験しています。そしてなんとか復活しました

今の会社でもうざい上司はいますが仕事上の最低限のコミュニケーション以外は取らないようにしてストレスをなるべく少なくするようにしています
極論はやりたくもない仕事をやめて好きな時間に起きて好きなように働くことですが
そう簡単にすぐにうまくいくものではないのが現実です
そこで僕はとりあえず好きなことや得意なことで正社員としての収入の3/1を稼げるようになることを目標にしてみました

得意なことのバイト

つい最近ですが会社の元同僚から野球のバッティングコーチのバイトをしないか?という誘いが舞い込んできました
実は僕は小学校から高校まで野球を9年間経験していて知識やノウハウは学んでいました
これは得意なこととして自分の中にあったので迷わずノリ良く、じゃあ明日から行きます!と言って決めました
得意なことで自分の時間と知識やノウハウを売るという考え方の場合は自分主体で働けるのでストレスが少ない状態で対価をいただけるということだと考えています
その辺のコンビニのバイトで適当に時間と労力を売って収入にするよりは全然有意義なバイトです
得意なことのバイトがきたのは僕も予想外でしたが個人的にはリアルでもネットでも何かしら絶対にこういった誘いはどこかのタイミングでくると考えています
バンドマン時代はバンドの物販制作会社の営業をしないか?と誘われたこともありました
少しでも良いなと思える誘いがあれば見切り発車でもいいから実行してみることをオススメしたいです

大人になってから好きなことに真剣に、そして素直になることの大事さを感じた

バッティングコーチのバイトを始めて一ヶ月が経ち感じたことは子供は好きなことに真剣で素直だということでした
小学生の頃の自分を振り返ってみれば確かに好きなことに真剣で素直でしたし
「好きなことくらい真剣になれ!」と親に言われたこともあります
大人になってからもそれは忘れてはいけないですし
普段やりたくもない仕事に追われているのであればこそ好きなことくらい真剣であるべきだと感じます 

終わりに

最初から仕事を好きなことや得意なことにして生計を立てるというのはハードルが高いので
まずは現在の収入の10/1を目標にして一つ一つクリアしていってみてはどうでしょうか? 
今すぐにでもやまてしまいたいくらいの仕事の状態であれば明日にでもすぐにやめて次の仕事を探すことをオススメします 


好きなことで稼ぐ手段は色々あるのでぜひストレスの少ない生活の構築を考えてみはどうでしょうか?
関連記事:得意なことを収益化⇨機材投資のループで強くなれ!:オススメのサービス3選 
ということでではまた

少しずつですが僕も好きなことでマネタイズができてきました
楽器が弾けたり、曲が作れるのは昔にバンドをやっててよかった!と感じることが多いです
現役バンドマンでもマネタイズすることは可能なのでは?と感じましたし、もしできるのであればバンド活動はより活性化されていくと思います
CCC9V9A9995_TP_V
・スタジオ練習
・ライブのチケットノルマ
・物販制作費用
・音源制作費用
・交通費

などこれら以外にもバンド活動はとにかく出費が多いですし、できれば抑えたいものです
僕の当時のバンドメンバーにも電気と水道が止まってバンドの出費が生活を圧迫してしまったというケースもあります。しかしこれは絶対に避けたいものです
今回は僕なりの現役バンドマンにもぜひ実践してみていただきたいマネタイズ方法を紹介いたします

マネタイズの前に…

tsuchimoto0I9A6617_TP_V
マネタイズの前に一つだけ必要なものを挙げさせていただきます

バンドマンもDTMは今後必須なスキルだと認識していただきたいということです
理由としては今は本当にDTMの敷居も必要な機材を揃える費用も下がっています
さらにはネットで調べたらいくらでもノウハウや情報を手にすることができます
(昔は全然情報がなかったから調べるのがマジで大変だった)
しかしDTMを極めろ!というわけではなく本当の初歩的な部分だけ身につけるだけでも活動の幅がグッと広がっていきます
C754_mixer_TP_V (3)
・ドラムの打ち込み
・ギター、ベース、ボーカルのレコーディング
・基礎的なMIX(PAN振り、ボリューム調整など)
これらができれば十分です
今はDTMを始めるにはめちゃめちゃ好条件な時代なので始めないのは損なくらいです

↑ちなみにこれは僕がアコースティックギターとシェイカーのみを使ってELLEGARDENのMissingという曲をカバーした音源です
これに関しては打ち込みは一切していません。レコーディングのみで作りました
関連記事:アコースティックサウンドに必要なものと作り方
関連記事:脳筋系バンドマンだったわいがDTMをやった結果ww
関連記事:今だからこそバンドマンにDTMをオススメしたい

得意なことを売買できるココナラで収益化



ギターやベース入れ、ボーカルの仮歌など普段バンドマンがスタジオ練習や個人練習でしていることで収益化を狙うことができます
基本無料で利用できますし、逆にバンドのロゴマークをイラストレイターさんにお願いすることもできます
DTMに慣れてきたバンドマンの方で作曲から編曲、そしてMIXで依頼を受けている方もいるようです
とりあえず登録だけしてしまって募集を常にかける又は行けそうな案件があればそこに飛び込んでみてはどうでしょうか

無料でネットショップを持って収益化


こちらも基本無料で年会費などもかかりません
バンドのデモCDやステッカーなどの物販が現在あるのであれば会場限定で販売だけでなく
ネットショップを持って手広く販売も始めた方が収益化の可能性も広がります
今現在、もし物販がないのであればBASEはオリジナルの物販も作ることもできるのでとりあえず一度登録して目を通してメンバーとミーティングするなりで戦略を練ってみることをオススメします

基本何でもを販売することも可能なのでギター入れや仮歌入れ、作詞、作曲なども選択肢の一つに入れても全然OKです

BASEのHPはこちらです

ブログやバンドHPで収益化

BOSEIMGL3147_TP_V
バンドのブログやHPがもしあるのであればそれでも収益化を狙うことはできます

僕の場合はlivedoorブログを使っています
基本無料ですし気軽に始めることができます
その際に独自ドメインは絶対に取得してしまった方があらゆる面で有利になります
ブログ運営:個人ブログを始めるならば独自ドメインは必ず取得しよう
↑ドメインに関してはこちらで詳しく記事にしています
ある程度記事数が増えてきたらアフィリエイトサイトに登録して広告を提携すれば
そこから成果が発生すると報酬として収益化することができます
アフィリエイトと聞くと胡散臭いと感じる人もいますが僕の場合は良いサービスや良い楽器の機材などを紹介するついでにリンクを貼ってるだけの感覚です
なのでそこまで周りの目を気にする必要はないと感じています
実際に記事を見て参考になった!と言ってくださる方もいますからね
ではそのアフィリエイトサイトを2つ紹介しておきます
続きを読む

3/18に金沢gateblackさんで開催されたvivip spring vol.12にDTMセミナーで参加させていただきました
DTM教室でお世話になっている@courseK_CUBASEさんと共演させていただきました
ETO_4008
持ち時間30分のため、内容としては
・Cubaseで何ができるのか?
・Cubaseの基本的な機能の紹介
・コードトラックを使った楽曲制作の方法
・ギターRECの実演
大まかにこの4つですが他にも様々なテクニックや機能を紹介させていただきました
ワンコーラスできるまでの流れをライブイベントで実演というのは滅多にないと思いますし
僕は主にギターRECの実演でしたが個人的にもすごく良い経験をさせていただきました

インストラクターとしてセミナーに参加できたのは大きな自信になった

1521540160864
DTMを始めてかれこれ3年になりますが始めたての当初はセミナーにインストラクターとして参加するというのは想像もしていなかったので自分でもびっくりです

バンドを終えて音楽生活も終わりだと思っていた時期もありましたが今でもDTMという形で楽曲制作やセミナーをできていることを誇りであり自信になったと感じています
バンドやユニット、アイドルなどの活動が何かの理由で終わってしまい音楽活動に悩んでいる人がいるとすれば僕は真っ先にDTMをオススメしますし個人でも音楽活動は全然できるということを感じていただきたいです

終わりに

今回は非常に貴重な経験をさせていただいたのですが次回のセミナーの予定も決まっています
ぜひたくさんの方に足を運んでいただいてDTMによる楽曲制作の楽しさを感じていただきたいです
またネットでの個人レッスンも考えていますので興味のある方はリプライやDMなどどうぞ
ということでではまた

↑このページのトップヘ