zunx2の暇つぶしDTMブログVer

元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます

カテゴリ: MIX

先日のRienさん(@rien_kagamineee)さんのツイッター歌ってみた動画のMIXを担当しました
その時に使ったハモリを擬似ダブルトラッキングする技を紹介します

同じ音源を複製して左右に振るだけではステレオにはならない

3a134e25-s
サビのハモリの音源は一つだけしかなかったので理論上このまま左右にPANを振ってもステレオにはなりません

ステレオとモノラルについて理解してないと広がりを作れない!?
(↑理由はこちらを参照してみてくださいステレオとモノラルについて以前記事にしています)
この理論でいけばステレオにするのであれば
左右別々の音をスピーカーから出したいので単純に考えれば同じ歌い方をしたハモリ音源が2つ必要になります
ですが今回は1つしかありません
これを擬似的にステレオ化して広がりを出そうというわけです

擬似ステレオ化の原理

広がりはこうやって作る!ステレオ効果(実験)音あり
↑擬似ステレオ化について記事にしてあります
この再生を少しだけズラすということをダブラーやステレオディレイを使ってやります

Reel ADTを使ってナチュラルなステレオ感を演出

26
ダブラー系と聞いて真っ先に思いつくのが名前のまんまのWavesのDoublerですが
50
Reel ADTはさらにナチュラルな広がり感を演出できます
設定としてはプリセットのClassic VocalからLR100ずつに振りDRVはゼロにするだけにしています
これだけでも綺麗にステレオ感が出て広がりが演出できますので
ぜひReel ADTをお持ちの方は試してみていただきたいです
脳筋のわいでも「これはええぞ!」っと感じたWavesプラグイン 5選
↑(Reel ADTも以前記事にて紹介しています)

ステレオディレイでも擬似ステレオ化ができる

56
↑Super Tap
26
↑Doubler
02
↑ステレオディレイ
ほんの少しのディレイ(遅延)を起こしてやれば再生位置にズレが起きますのでそれをLRに振るような形にできるプラグインであればなんでも良いです
ディレイについて
(↑ステレオディレイについても以前記事にしています)

終わりに

理論的にはハモリを2回録るのがベストなのだと思いますが
実際は2回録るのは結構大変です
(ギターのクアッドトラッキングは修行僧の如く大変)
ステレオディレイやダブラーを使うことで擬似ステレオ化し
時短になります
大体僕もボーカルMIXの依頼の時はハモリは1つだけのことがほとんどです
ぜひハモリに広がりを出したいという場合にやってみてください
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

週2Twitter歌ってみた動画投稿チャレンジを達成したまるさん@simaimaru
↑週2チャレンジのクロスフェードです
こちらは僕がボーカルMIXをしました
そして今回はまるさんに3時間ほどボーカルMIXをお教えしたところ
予想していた以上に良いクオリティの仕上がりになっていたのでびっくりしました
使用したDAWソフトはURシリーズなどに付属されているCubase AIです
大まかに何をお教えしたのか紹介します

初歩的なMIXの考え方

本当にMIXのミの字も知らない知識ゼロからのスタートなので
【初心者向け】MIXの基本的な考え方
まず最初にMIXがどういう作業なのかを説明しました
フェーダーやPANの使い方、EQやCOMPってどういう役割なのかを簡単に説明
加工よりもまずはオケとボーカルの音量感のバランスの重要性をお伝えしフェーダーだけでオケとボーカルのバランスを取るラフMIXを実践していただきました

素材を活かすMIXの考え方

・無意味なインサートエフェクトはしない
(無駄にエフェクトをかけるとかえって音質が劣化することがあるので)
・ボーカルMIXは基本インサートエフェクトは4つまで
(EQ、COMP、サチュレーター、ディエッサーなど)
※特別何かエフェクトをかける必要があるときに5つ以上に
例:リバーブ、ディレイ、コーラスなど
・手応えのある素材音源になるまでREC
↑これはMIXではないですが素材を活かす大事な考え方として)
・ピッチ補正でなんとかしようという発想をしない
素材音源とMIXの関係性:MIXを時短したいなら素材にこだわるべき
(以前、素材音源の重要性を自分なりに記事にしてみました)

インサート、センド/リターンの考え方

インサートエフェクトとセンド/リターンの考え方を簡単に説明
センドにディレイやリバーブを送りボーカルに空間を演出します
順番としてはディレイ⇨リバーブ
僕の場合はリバーブ⇨ディレイではありません
いわゆる奥行きや広がりをボーカルに出すためです
インサートエフェクトとSend/Return
↑(以前記事にまとめてあります)

初心者でも扱いやすいプラグインを紹介

素材音源さえ良ければあとはなんとかなるという発想なので
逆を返せばMIXでよっぽど変なことをしなければ良い音になるということです
この仮説でいけば初心者でも扱いやすいプラグインを使ってMIXをすればなんとかなると考えました
そこで2つのWvaeのバンドルを紹介しました

WAVES ( ウェーブス ) / Signature Series Vocals

WAVES ( ウェーブス ) / Signature Series Vocals
↑有名なエンジニアをモデリングしたボーカルMIX用バンドル
WAVES ( ウェーブス ) / Vocal
WAVES ( ウェーブス ) / Vocal
↑ピッチ補正、ディエッサー、ダブラー、チャンネルストリップまで入ったまさにボーカル用バンドル
この2つさえあればボーカルMIXに必要なものは大体揃っているのと簡単な操作かつプリセットが優秀
チート級ボーカル専用プラグイン「CLA Vocals」実験(音あり)
(以前記事にしているプラグインも入っています)

終わりに

特に難しいMIXの方法はお教えしていません
基本的なMIXの考え方と初心者でも扱いやすいプラグインを紹介しただけです
要は素材音源さえある程度良ければ初心者でもボーカルMIXが可能だということです
しかしなんだかんだしっかりしたクオリティを出したいのであれば
どうしても初期投資は必要になってしまいます
フリープラグインもありますが僕はどちらかというとメーカーがしっかりと販売しているものをオススメします
ということでではまた!

バンドマン時代に使ってきたギターのエフェクターを紹介します
(DTMを始めてからコンパクトエフェクター、ヘッドアンプを全て売ったため今手元にエフェクターやヘッドアンプは一つもないです^^;)
今回はブースターといえば必ず名前が出る
EP Boosterを紹介します

XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster

XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster
XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster
歪みを増すタイプではなくクリーンブースターです
エリック・ジョンソンが愛用しているテープエコー、エコープレックスのプリアンプ効果をシミュレートしたブースター。そのコンパクトなボディからは想像もできないほどの図太く、マイルドなブースト効果が得られます
サウンドハウスさんより引用
そしてつまみがボリュームノブのみというまさに男らしい仕様

隠しスイッチにより音が図太くなる

XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster
実は背面の電池を入れるところにいわゆる隠しスイッチ
があります
これは普通に使ってたら気づきませんw
説明書を読んで初めて気付く方もいると思います
・BRIGHT SWITCH
・+3DB GAIN
というスイッチが背面の蓋を開けたところに存在しています
これを適用すると音が図太くなるのとコシが出ます

常時にONにすることもある

使い方としては主に2つで
・繋ぎ順を最後にして常時ONにしてノブを切る
・普通にブースターとして使う
挿してONにしただけの状態でもEP Boosterの質感により音が太くなります
なのでたまに2つエフェクターボードに入れている人もいます

終わりに

背面の隠しスイッチを僕は結構触ることが多かったので
当時持っていたものは裏蓋が開きっぱなしでした笑
なぜ表面にあのスイッチを配置しなかったのか
遊び心なのだろうか…というわけで今日はこの辺で
ではまた

11/3、11/4に島村楽器金沢フォーラス店にて開催の
RYOGA発売記念 ダルビッシュPさんによるエレキギターセミナーに参加してきました
IMG_1565

楽曲にギターで「エモ」を表現する


ギターセミナーはダルビッシュPさんのVOCALOIDオリジナル曲「夢幻」の楽曲データを元に進められていきました
その中で「ギターでいかにエモさを表現するか」という言葉が特に印象に残りました
ギターバッキングをする場合、単にパワーコードで弾くのではなく
・add 9thコード
・7thコード
を上手く使うことで楽曲に複雑な心地よい響き、いわゆるエモさを表現することができると解説されていました
僕も普段からオリジナル曲を作る際にはエモさを表現したいと考えているのぜひ取り入れていきたいです

ギターを始めた頃はひたすら日々練習

IMG_1578
中学2年生の頃に一度ギターを親に買ってもらい1週間で挫折
中学3年生でもう一度ギターを弾き始めてそこから学校から帰って来たらすぐさまギターをひたすらに練習していたそうです
1日7、8時間練習することもあったそうです
最近の僕はPCの前でひたすらDTMで打ち込みやMIXばかりなので
僕ももう一度初心に戻ってギターを練習しなくては!と感じました
そしていつか僕もダルビッシュPさんのような超絶ギターソロを楽曲の中に盛り込んでみたいものです

曲の開始10秒が勝負!イントロは楽曲の顔

曲を聴いて開始10秒がリスナーとの勝負
とにかくイントロ!ギターで響きが心地良く感じられやすいもので
・オクターブ奏法
が使えると解説されていました
この10秒でいかにリスナーの心を掴むギターフレーズを入れていくか、楽曲制作の中で特に大事な部分だと感じます


ちなみに僕がダルビッシュPさんのオリジナル楽曲の中で特にイントロが好きな曲は「FRAME OUT」です
イントロでリスナーの心をグッと掴める楽曲制作を心がけていきたいです

左右別々のアンプタイプを使って音作り

19
ギターの音を作っていく際に左右のステレオ感を出すために
左右別々のアンプタイプを使って音を作ることがあると解説されていました
広がりはこうやって作る!ステレオ効果(実験)音あり
↑ギターのダブルトラッキングについての僕の過去記事
僕も左を5150、右をMESAという設定をすることがあるので
他にも色々な組み合わせを試してみたいと思います

RYOGA:SpiderClawがめちゃめちゃ弾きやすかった

IMG_1573
ダルビッシュPさんとRYOGAの共同プロデュースによるモデルのSpiderClawを実際に試奏させていただきました
スペックとしては666mmスケール、フレットはステンレスフレット
PUはリアにEMG60、フロントにEMG85、ワンボリューム、トーンなしというまさにハイゲインかつ男らしい仕様
立ってストラップをつけて弾いた状態がとにかく弾きやすい
ヘッド落ちもしない、ハイフレットも弾きやすい
そして出音は心地よい歪み感かつノイズが少ないです
試奏にも関わらず長々とメタルフレーズを弾いてしまいました
IMG_1581
↑色違いのSpiderClaw
EMGピックアップによるノイズの少ない綺麗な歪み具合はメタルキッズにはぜひ一度味わっていただきたいです

↑RYOGAのSKATER、CICADA、HORNETのFirst Impressionの動画がこちら
島村楽器さんのyoutubeチャンネルより引用

終わりに

IMG_1567
すごく充実感のある2日間でした
今回紹介した以外にもたくさんのテクニックがセミナーにて解説されていたので気になる方はぜひセミナーに参加してみていただきたいです。ではまた

先日まるを。さん(@maru_28_wow)の歌ってみたツイッター動画のMIXをいたしました

その際に行った手コンプというテクニックを紹介します

素音源は音量にバラツキがある

コンプ前
通常ボーカル音源はこのように音量の大きさに差があります
※これは仕方がないこと、歌い方次第でバラツキを減らすことも可能です
06
ピンクの線で囲った部分が特に大きいところと小さいところの差がある部分です
このままでリスナーは聴きにくさを感じてしまいます
それをコンプレッサーなどを使って聴きやすくするためにこの音量差をなるべく無くします
【初心者向け】コンプレッサーをかけて音圧を上げる仕組み
ですが今回さらに手コンプという技を使いました

一番簡単なやり方はオーディオデータを切り刻む

一番簡単なやり方を紹介します
大きい部分と小さい部分でオーディオデータを一度切って分離させます。そして小さい部分を持ち上げてやります

48
これだけです
ボーカルにコンプを挿す前に手動でコンプをかけることでより滑らかにダイナミクスが整う
以前記事にもしています
これだけでもだいぶ聴きやすくなるのでぜひ試してみていただきたいです

オートメーションでもOK

オートメーションでボリュームフェーダーを操作して音量差を埋める方法でも全然ありです
32
むしろライブハウスのPAさんは現場でもこの方法を使っています
この時マウスでもいいですがフィジカルコントローラーがあると
実際にフェーダーを操作してオートメーションを書けるのでより直感的な手コンプが可能です

終わりに

ちなみに僕はオーディオデータ切り刻み式とオートメーション式の両方を使っています
サビで楽器隊が大きくなる音源はたくさんあるのでそういった場合にオートメーションでフェーダーを操作しています
手コンプを使う利点はコンプレッサーを使った際の音質劣化を防ぐことでもあります
素音源を聴いた際に音量にバラツキがあるなと思ったら手コンプを実践してみていただきたいです
ボーカルオートメーションを自動化「Vocal Rider」
ちなみに手コンプを自動でやってくれるチートプラグインもあります
というわけで今日はこの辺で!

↑このページのトップヘ