zunx2の暇つぶしDTMブログVer

アマチュアDTMerが宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

カテゴリ: DTM機材/プラグイン

お疲れっす。仕事の合間見て作っていきます。
今日はデジタルEQで定番とも言われているWavesのQ10を紹介します 
単体でも売られていますがWaves GOLDバンドルに入ってます
 14
デジタルEQだと大体は4〜6バンドなのですがこれは10バンドあります
10バンドってデジタルにしては結構多い方なんじゃないかなーと思ったりしてます
バンド数が多いのでより細かい調整ができます (*^・ェ・)ノ
私が使って見て感じているのは利き方のキレがいいですね
削る、足すの効果がわかりやすいと思います
43
ざっと見た目を説明しますと
緑枠:+−値
赤枠:帯域
青:input or out outの音量 
ピンク: タイプ、GAIN(ブースト量)、Ferq(位置)、Q
これといって難しい見た目ではないです
しかしアナライザーがこれはついてないです 
10バンド全て使うというのはあまりないですが細かい音の作り込みにはもってこいだと思います 
 ボーカルやギターソロなどのMIXでよくやるEQ使い方としては
05
というのをやったりします。
またボーカルMIXでラジオボイスを作るときに使ったりしています
25
 ローパス、ハイパスを極端にガッツリとかけて中帯域だけを残すことで
まるでラジオボイスのような効果を出すことができます 
他にも使い方の例としては
・ドラムのバスドラをベチベチ言わせたい
・ギターの音をメタル風にしたいなんて場合は

いわゆるドンシャリという設定にしたりもできます
07
低域と高域をガッツリと持ち上げてやって中帯を下げてやることでできます
※あまりやりすぎると中帯域が少ないので音のコシが失われてしまいます 
ちなみに私はあまり好きではないです^^; 
このようにデジタルEQで10バンドだからこそ細かい音作りができるので色々と面白いことができます
アナログEQではできないことができたりしますね 
Q10は利き方が鋭いので使ってみると効果がわかりやすいです 
唯一これが欲しかったなぁというのはアナライザーでしょうか(´Д⊂)
とりあえずそんな感じでQ10でした
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

お疲れ様です。休日なので出先でmac book proを使って記事を書いてます
今日は1ヶ月ほど前に購入したボーカルのためのチャンネルストリッププラグイン
izotope Nectar2 Production suiteを軽くどんなものか記事にしようと思います
ざっくりに言いますとボーカルMIXに特化したエフェクトが一通り入ってます
もっとわかりやすく言いますとこれだけでボーカルMIXは完結できます
もちろん元の音声データがしっかりしたものであることは最前提です
33

 上から順番にエフェクがずらっと並んでます
・Pitich(自動ピッチ補正)これが一番良かったです。あまり不自然さを出さないようなかかり方
・Gate(小さい音をバッサリとカット)キレのあるゲート感
・Harmony (主旋律に対して自動でハモリを作る)cubaseのハーモニー生成と比べるとこちらの方が好きでした
・Saturation(歪み)音を太くするというよりは暖かみを出す程度
・EQ(デジタルEQ)最大8バンドデジタルEQ、細かい処理が可能、デジタルらしいキレがありました
・Comp(ダイナミクスの最適化)綺麗なデジタル処理
・De-Esser(歯擦音を気にならなくする)不自然なかかり方のしない綺麗なディエッサー
・Limiter(音圧を上げる)普通のリミッター、癖のないかかり方
・FX(コーラス・フランジャー・フェーザー)※いわゆる飛び道具系
・Delay(デジタルディレイ、エコーのようなもの)インサートでかけてもなかなかいける
・Reverb(奥域を作る)奥域を作るならばSENDでかけた方がいいかなぁという感じ
11個もあります。チャンネルストリップということでたっぷり入ってますね
個人的に私が使ってみたイメージを述べてみました
プリセットも豊富なのでプリセットをぶち込んで微調整するだけでもかなりいい感じになります
実際に使ってみて一番良かったなぁと思ったのが自動ピッチ補正でした
自動ピッチ補正は私の勝手なイメージですが友達をライブハウスに誘って
「行けたら行くわ!!」ぐらいの信頼度だと思ってたのですが
そのイメージをぶち壊してくれるくらい良い聞き具合でした
キーを選んだらメジャーとマイナーのスケールを選ぶのみなので初心者にも使いやすいかなぁというイメージです
25
他にもピッチを自動ではなく手動で補正できるエディターもついてます
オーディオデータを再生して読み込ませる式です※waves tuneのような感じ
個人的にはバリオーディオの方が見た目と操作性も好きでしたが
これもかなり細かいところまで処理できました 
もちろんこちらでもキーとスケールを選んで自動補正もできました
52
ブレスの音声だけ除去するエフェクトも入ってました
これも綺麗にブレス部分の除去が可能だったので
とりあえずネクターをぶっ挿してみるというのをやってみるだけで初心者の方でも良い感じにMIXになるんじゃないかなぁーというイメージがしました
ずらっと簡単にですが中身を紹介させていただきましたが
これからボーカルの処理をやってみたいという人は
Nectar2があるとだいぶ心強い存在になるのではないでしょうか
必要なものは一式入ってると思います
私も買って使ってみた感じは困った時の奥義として使いたいなと考えてます
そんな感じでざっくりでしたがizotope Nectar2 Production suiteを紹介させていただきました
ではまた! 

お疲れ様です
最近ボーカル系のプラグインばかりを紹介してますね
今日もボーカル系のプラグインです。
まさに簡単、単純明快で最適なボーカルコンプレッションを!っていう感じのプラグインを紹介します
Renaissancse Voxというものです
ボーカルのコンプ具合がわからない!って方にはもってこいのプラグインかなぁと思います
使い方はすごく簡単です
真ん中のCompって書いてあるバーをいい感じの音だなぁ!と思うところまで下げてやるだけです

24
本当にこれだけw
左にGate右にGainとありますがとりあえずはCompを下げてやって
音量が変わったと思ったらGainで調整してやるといいです
Gateは簡単にいうと歯切れの良い音にするかどうかって感じです
私はあまり使いませんがかける場合は薄めにかけてやるとちょうど良いと思います 
リダクションも真ん中のバーに表示されるので薄くかけているのかがっつりかけているのか使ってみるとすぐわかるかなぁと思います
プリセットも優秀なのでプリセットを基準に設定してみても良いかもしれませんね
というわけでRenaissancse Voxの使い方の説明はこれだけです
まさに単純明快!Renaissancseシリーズは他にもあるのですがどれも使い方は単純なので他のものもチェックしてみると良いですね
私もよく使っていますが本当に簡単に良い具合のかかり方をしてくれるので是非おすすめです 
というわけで今日はこの辺で!ではまた 

昨日一昨日とwavesさんがセールを行っていたVocal Riderを軽く紹介させていただこうかなと思います
どういうものかといいますとボーカルデータのボリュームの上下をオートメーションで書く作業
ボーカルMIXでは必要になってきます。それを手コンプといいます
コンプをきつくかけることでダイナミクスを無くしていくこともできますが
それだと音質の劣化が起きてしまうので一度手コンプしてからコンプをかけたりします
しかしそれではかなりの時間を使うことになってきます
その時間さえ無ければ!他の時間に使うことができるのになぁと思うことが私もあったりしました
それを自動で一瞬にして最適なボリュームオートメーションにしてくれるのがVocal Riderです
ボーカルライダー2
使い方は簡単
・Targetでボリュームの基準値
・Rangeでボリュームの上下の値
・Fast、Slowでアタックの速さ
・Sensitivityで感度設定です
ボーカルライダー3
そんなに触るツマミがないのでTargetとSensitiviyを少しいじるだけでも十分効力を発揮してくれます
このプラグイン自体が軽いのでインサートでそのまま挿して使って問題ないと思います
私は最終段に挿して使ったりしてます
ボーカルライダー4
下のオートメーションって書いてあるところで実際にオートメーションを書き込んだりできるので細かくオートメーションを自分で調整することもできます
一瞬にして良いボリュームオートメーションになるのでかなり聴きやすくなると思います
ぜひ導入してみていいと思います!
ではまた


おはようございます。絶賛PC復旧中です
今日は仕事の空き時間があるのでモニタースピーカーについて記事を書いていきます
まずモニタースピーカーはPCのモニター内臓のスピーカーではありません
たまに誤解されてる方がいるのですがこれは全然ものがちがいます
簡単に言いますと入力された音をなるべく原音に忠実に再生するためのスピーカーです
原音
そしてミニコンポなどの鑑賞用のスピーカーは
入力された音をリスナーが良い音として捉えさせるように味付けされて再生しています
原音2
これがどういうことを示すかというと
鑑賞用でMIXやマスタリングなど行った場合原音に忠実ではなくあらかじめ加工された音でMIX処理しているわけなので
自分の家では良い音だ!と思っても
車のスピーカーやイヤホンなんかで聴くと低域が弱い…広がりが狭いといったことが発生してくる
友達に自分の音源を聴いてもらったときにあれ!?こんなのじゃなかったんだけど…ってなります
また、モニタースピーカーの場合、鑑賞用では聴きとりにくい帯域などがクッキリと聴こえます
特に低域が鑑賞用でMIXするとでは全然違います
まるで目の前に音の形があるようにPANの調整もしやすいです
各帯域に万能なEQの処理がしやすくなります
なのでステレオ感、広がり、帯域の住み分けなどを重視したいのであれば
モニタースピーカーのほうが鑑賞用と比べるとMIXの調整がうまくいきやすいです
こういき3

たまにPC内臓のスピーカーでMIXを!なんて方がいますが
それはプロでも難しいと思います
なぜならPC内臓のスピーカーはモニタースピーカーと比べて再生できる帯域のレンジ(範囲が狭い)ので
EQやコンプの処理がやりにくいです
特に低域が露骨に違います
目隠ししながら調整しているというような感覚だと思います
もしある程度大きい音が出せない環境の場合はモニターヘッドホンでも良いと思います
・各帯域を原音に忠実な音で再生できる
・再生される帯域のレンジ(範囲)が広い
・ステレオ感、広がりを確認できる

というのがモニタースピーカー又はモニターヘッドホンを使う上で大事なことなのかもしれませんね
良質なプラグインを使うのも大事ですがまずはモニタースピーカーを大事にして考えたほうがいいとおもいます
というわけで今日はこの辺にしたいと思います
ではまた

↑このページのトップヘ