zunx2の暇つぶしDTMブログVer

アマチュアDTMerが宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

カテゴリ: DTM機材/プラグイン


先日My New Gearしました
今までずっと渋っていた吸音材をついに導入してみました
理由としては
・デッドなモニタリング環境の構築
・部屋の見た目をもっとDTMしてます感を出したい
・部屋に入った瞬間にDTMがしたい!というようにモチベーションを上げる
この3つです
特にデットなモニタリング環境の構築というのが1番のきっかけです
スピーカーやウーハーは思ってる以上に壁の反射によって音がぶつかり合い散らばっているため正確に音を聞こうとしても壁の反射音が原因で音作りに集中ができないこともあります

AURALEX ( オーラレックス ) / Studiofoam Wedges 2

AURALEX ( オーラレックス ) / Studiofoam Wedges 2″24枚 30cm x 30cm 厚さ5cm
AURALEX ( オーラレックス ) / Studiofoam Wedges 2″24枚 30cm x 30cm 厚さ5cm
24枚入りで¥14800円(税抜)という驚きのコストパフォーマンスの良さです
壁に貼り付けて実際に自分の部屋でモニタースピーカーからの音を聴いてみましたが劇的というよりは微量ですが余計な低域や高帯域は鳴らなくなったと感じました
これは各部屋によって個々の差が出るものだと思うので効果が抜群に出る部屋ももちろんあるはずです
縦横に交互に貼るだけでも雰囲気が出るので個人的には見た目もお気に入りです
あとはやっぱりテンションが上がります。「さぁDTMやるか!」というモチベーションにもなりますね

AURALEX ( オーラレックス ) / SubDude v2

AURALEX ( オーラレックス ) / SubDude v2
AURALEX ( オーラレックス ) / SubDude v2
この吸音マットの低域の鳴りの変化具合に感動を感じました
今まで床に直置きで気休め程度にタオルを敷いていたくらいでしたがこれをサブウーハーの下に敷くことで余計になっていた低域の振動がタイトになるようになりました
体感的には低域の鳴りというよりはまさに低域の余計な振動を抑えるというような感覚です
そもそも一般家庭でサブウーハーを置いてスーパーローをモニタリングすること自体が珍しいのかもしれませんがサブウーハーを使っている人にはこの感動はぜひ味わって欲しいです
今までARC2.5を使って無理矢理低域の鳴りをEQで抑制していたわけですから通常時でしっかりと低域が聴けるとなると心地良さが今まで変わってきます
関連記事:

終わりに

吸音材を導入してみてルームチューニングはしっかりやらないとなぁと改めて感じさせられました
ARC2.5に頼りすぎはやはり良くないですorz
あと両面テープ類で吸音材を壁に貼ると簡単に剥がれ落ちてしまいます
ブチルテープも使ってみましたが「これ本当に大丈夫か…数時間後に剥がれるんとちゃうか…」と不安になってしまいました
現時点ではブチルテープで固定していますが今後はもっとガッチリと固定できる作戦を練ってみます
というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日新たにMy New Gearを果たしました

YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03
YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03
こちらを導入した理由はPCの音声、マイクの音を同時に録音したかったのと生配信を手軽に行いたかったという理由でした
SoundflowerLadioCastを使うことでAPOLLO TWIN MKII QUADでも類似のことはできるのですが
AG03ループバック機能を使用すればスイッチの切り替え一つだけで簡単にできます
関連記事:【初心者向け】これから歌ってみたを始めたい方にオススメのIF3選
関連記事:¥35,000円あれば歌ってみたに最低限必要な機材が揃う!?
↑宅録を始めたいと考えている人はこちらの記事もどうぞ!

ツイキャスやニコ生などの生配信に最適

YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03
YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03
歌ってみた、DTMの画面を写した制作の配信、ゲーム実況などのあらゆる生配信に簡単に対応できます
生配信の場合は基本ループバックのモードに切り替えるだけでBGMとマイクの音を同時に流せます
マイクのボリュームもフェーダーで直感的に調節できるので初心者でもわかりやすい操作感になっています

エフェクトもAG-03内部でかけられる

スクリーンショット 2018-06-18 7.33.11
AG-03にエフェクトを内蔵しているのでボタンを押すだけで手軽にかけることができます
・Comp、EQ
・リバーブ
をかけられます
UIもすごくわかりやすいです
スクリーンショット 2018-06-18 7.32.58
さらにEASYモードというUIもあります
こちらはさらにシンプルになっています
EXPERTモードでも十分わかりやすいですがEASYモードがまさに初心者用にを意識した作りになっているので宅録をこれから始めたい!という人でもすぐに始められると感じました
Cubase AIも付属しているので録音ソフトも別途用意する必要もないです

終わりに

とにかく操作がめっちゃ簡単です
難しいことは一切考える必要はないと感じました
肝心な音ですがやはりあくまでも生配信用といった感じです
APOLLO TWIN MKII QUADと比べると入力音も出力音もAPOLLO TWIN MKII QUADの方がやはりレコーディングやモニタリングに特化していると感じました
これから宅録を始めたい!と考えている人には入門用としてベストです
というわけでではまた

Wavesがついにv9⇨v10へバージョンをメジャーアップデートとのことです
v9の期間が長かったからこそやっときたか!っと感じておりました
主なアップデート内容としては
・Eletric Grand 80 PianoをGOLD以上のバンドルに追加
・Eddie Kramer Drum ChannelをGOLD以上のバンドルに追加
・Waves Tune Real TimeのCPU負荷を軽減
・その他色々なバグを改良
とのことです
正直なところ、「え、これだけ!?」っと感じた人もいるのではないだろうか…
さらにv10は基本的には無償でアップグレードではないとのことです
1年以内に買ったプラグインなど無償アップグレード対象のものは無償でいけるとのことです
ちなみに僕の場合は1年以上超えているものばかりなのでアップデートプランを適用した場合$399.90でした
日本円にして約¥40,000円ほどです

最新版のWaves Centralから自動更新が可能…しかし一旦待て!!


↑Media integrationさんより注意を呼びかけるツイート
v9⇨v10にする気がなかったとしても最新版のWaves Centralにしてしまった場合
v9のwavesプラグインがライセンスエラーを起こし使えなくなる可能性があるということです
わかりやすくまとめると
・Waves Central v9⇨v9のプラグインのみ管理可能
・Waves Central v10⇨v10のプラグインのみ管理可能

v9とv10のWavesプラグインが混在した場合が一番管理がめんどくさいことになりそうです
この場合はv9とv10のCentralを使ってライセンスの管理が必要になるようです
「(^ω^)Waves Centralの最新版がきとるやんけ!せや!わいもアップデートしとこう!」っと言ってプラグインがv9の場合は安易にクリックしてしまわないように気をつけてください

終わりに

個人的にはしばらくこのままv9で使い続けます
理由としては現時点で不自由がないのとv10にアップデートした時の利点と恩恵をあまり感じられないからです
$399払ってまでバンドルに追加されるプラグインが欲しいかと考えた場合そこまで…なのと
今のセールの状況ならば必要なら単品で買った方が安いからです
あといきなりサマーセールとかブラックフライデーで「v9⇨v10のアップデートが50%!!」とかもありえそうなのでその辺も含めて一旦様子を見ます
というわけで今日はこの辺で!ではまた

ボーカル補正系のプラグインを最近またちょいちょい買ってきているのですが
今回はこちらです

SynchroArts ( シンクロアーツ ) / VOCALIGN PROJECT 3
SynchroArts ( シンクロアーツ ) / VOCALIGN PROJECT 3
簡単に言いますとワンクリックでタイミング補正がかかります

タイミング補正が一瞬で終わる


サイドチェインを使うことでリードパートをガイドとしてハモリパートにそのタイミング補正をかけるっという非常にシンプルな使い方です
自動補正系は個人的にはあまり好みではない方なのですがVOCALIGN PROJECT3は使った瞬間に一瞬で綺麗にタイミング補正がかかったので思わず笑ってしまうくらいに良いクオリティになりました
タイミング補正によるピッチのズレもありません
簡単に使うことができるので時短プラグインといっても過言ではありません

終わりに

SynchroArts ( シンクロアーツ ) / VOCALIGN PROJECT 3
VOCALIGN PROJECT3を使うためにはiLokが必要になります
本当に一瞬でリードとハモリのタイミング補正が完了できます
個人的には今後もがっつり使い込んでいこうと感じています
というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日また機材導入していました

RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / RNHP
RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / RNHP
パッと見た感じはIF?とも感じますがモニタリング用のヘッドホアンプです RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / RNHP
導入した理由としてはウーハーの音がでかすぎると家族から言われたことです
低域の音が思ってた以上に家中に響き渡っていたみたいなので最悪は家から追い出されることになってしまいかねない…
このままでは近隣の迷惑にもなるだろうと思い、22時以降の作業はヘッドホンでやるしかない…と考えたことがきっかけであります

IFのヘッドホン出力ではヘッドホンのフルパワーを発揮していない説が浮上

music_norinori_man
RNHPを導入する以前まではほとんどがモニタースピーカーでMIXやマスタリングの調整をしていました
理由としてはヘッドホンではいまいち全体のアンビエンスの感覚や定位の見え方、低域の見え方がハッキリと掴みにくい感覚が自分の中にありました
(ヘッドホンはYAMAHA HPH-MT220を使用しています)
モニタースピーカーにはARC2.5で音場補正をかけているため信頼できる方を優先した結果
モニタースピーカーでMIXやマスタリング、音作りの80%をしていたのです
しかし、ある日ふとしたことがきっかけで本当にヘッドホンは本来の鳴りをしているのか?
モニタースピーカーも音場補正をかけるくらいなのだからヘッドホンももしかしたら本来の力を発揮し切れていないのではと考え、自分なりに調べた結果
どうやらIFに付いているヘッドホン出力はあくまでもおまけくらいの付属品でヘッドホンのフルパワーを発揮しているわけではないということが判明しました
そりゃあヘッドホンで音作りを頑張ってもしっくりこないわけだ…

定位の見え方、各エフェクトの効き方まで鮮明に聴こえるようになった

RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / RNHP
RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / RNHP
「今まで自分がヘッドホンで見ていた世界は何だったんだ」そう感じました
定位の見え方とEQやコンプなどの聴き方がよりきめ細かく見えるようになりました
ヘッドホンはモニタリングでは双眼鏡のようなものっとよく言われていますがまさにその通りの感覚です
モニタースピーカーで全体のアンビエンスを見ながらヘッドホンでより細かい調整をする
これをさらに信頼した環境で作業することが可能になったと感じています
特に面白いなと感じたのはWavesのVitaminを使ってみた時でした
今まで何となく各帯域のステレオ感ってなんぞや?っと思っていた人にはハッキリとこの効果が手にとって感じられるはずです
他にもアンプシミュレーターで音作りもしてみましたが「まだ細かいところを詰めれるところがあったじゃないか」と感じました

モニタリング環境が信頼できないことにはプラグインの力も上手く引き出せない説

IMG_2517
以前に低域がしっかりモニタリングできないとMIX、マスタリングで沼にハマる説は濃厚このような記事を書きましたが
MIX沼にハマる人ほどやはりモニタリング環境を見直した方が問題解決の打開策があると感じています
今回RNHPを導入してみてより細かい音の変化に気づけるようになったことから
MIXやマスタリングの作業がきめ細かい作業として考えるならばきめ細かい音の変化を耳で体感しやすい環境作りも大事なのだと改めて明確に感じています
音作りがうまく行かなくて自分の耳がおかしいのでは?と考えたことがある人もいると思います
僕もそう思って病院に行ってお医者さんに見てもらったことがあります^^;
しかし何の問題もありませんでした
僕はアマチュアだからこそアマチュアの人と同じ目線で言いたいのは
プロはモニタリング環境の設備も機材もハンパじゃない額を使っているからこそ見えているものがあるのでその時点でエフェクトの処理も我々と見えているものが違うのだと思います
そこに少しでも近づくためにはやはりモニタリング環境の向上をしないことにはずっと見えていないものをいじり続けて沼に浸かり続けることになります
ごく一般的な会社員の人でプロと同じ環境なんてのは宝くじでも当てるか、もしくは全ツッパで貯金もせずに有り金を全て機材費に当てるかしないことには厳しいです
アマチュアだからこそ自分たちのできる範囲内で機材を新調したり改善していければ良いのだと思います
もし日頃からMIX沼にハマっている人はプラグインよりも先にもう一度自分のモニタリング環境を見直してみることをオススメしたいです

終わりに

今回RNHPを導入してみて確かに正確なモニタリング環境に近づいたと感じていますが
ここで少し考えていただきたいのはRNHPだけで6万くらいするわけです(°_°)
アマチュアが普通の家で正確なモニタリング環境を構築して作業をするのは…敷居が高くないか…
と思いました
最初はヘッドホンを挿す場所だけで6万ってwっと思ったくらいです
いわゆる今回は業務用ヘッドホンアンプなわけですがさらにこだわっている人はケーブルや電源、防音や吸音、それから電柱まで買ってる人もいるくらいです
さらに突き詰めていくとなるとどう考えても相当な財源がないとお金が足りない((((;゚Д゚)))))))
なのでキリの良いところで自分なりに機材導入はリミッターをかけてほどほどにしておきましょう
また初心者の方は潔くMIXやマスタリングが得意な人にお願いした方が無難という考えも全然ありだと思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ