zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!4年目に入りました!

IMG_3023
各種ご依頼の受付しています!ご依頼はTwitterのDMまでよろしくお願いしたします!

カテゴリ: DTM機材/プラグイン

先日UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OXをレコーディング以外でライブやスタジオ練習有効活用してみたいと考え、実験してみました。 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OX
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OX
UNIVERSAL AUDIO OX:真空管アンプを最大限に活かし最高のギターレコーディングを実現する
↑そもそもOXってなに?って方はこちらをどうぞ
どうしてもスタジオに常設されているマーシャルのキャビネットの音ではイメージしている音にならず、何とかして図太いギターサウンドにしたい!と考えた結果、OXを使えば良いのでは?という考えに行き着きました。

デジタルとアンプの良いとこ取りを可能とするギタリストのための最高の機材

最高のギターサウンドにしたい!と考える方がいるのであれば僕はOXを全力でオススメします。
現代ではアンプシミュレーターがトレンドではありますがこちらは実機アンプ+アッテネーター+キャビネットシミュレーター+UAエフェクトを融合させることをOXを使うことで可能とします。
まさにデジタルとアナログのハイブリッドアンプシステムを構築することができます。
スクリーンショット 2019-10-05 2.39.48
動画から流している音は前半はミキサーからモニタースピーカーへ送り音を流していますが僕の体感では何の違和感も無く心地良い最高なギターサウンドを出すことができたと感じております。
「なんか考えてたのと少し違うんだよなぁ…」といった違和感は一切ありませんでした。
OXはIRを使ったキャビネットシミュレートではなく、ダイナミックスピーカーモデリングを採用することで本物のチューブアンプのトーンに欠かせない成分であるスピーカーのブレイクアップ、ドライブ、コーンクライをエミュレートしています。
僕としては世の中に出ているアンプシミュレーターとのサウンドの違いはこのダイナミックスピーカーモデリングにあるのだと確信しています。

LINE OUT出力で狭いスタジオ練習でも快適にモニタリングできた

ワイヤレスのイヤモニを使おうか考えるくらいにモニタリングに苦戦していましたが今回LINE OUTでミキサーからスピーカーで音を出すことでモニタリングが快適になりました。
これはOXに限った話ではなく、アンプシミュレーターを普段使われている方でスタジオ常設のアンプにエフェクトループからキャビネットを使って音を出している場合は思い切ってLINE OUTからミキサーを通してモニタースピーカーで音を出してみることをオススメします。
バンドアンサンブル内の音、いわゆる中音(なかおと)がスッキリして聞こえが良くなりモニタリングしやすくなります。
※ライブの場合は返し用に別途キャビネットを使うことをオススメします。

UA のEQ、コンプレッサー、ディレイ、リバーブエフェクトを使用可能

スクリーンショット 2019-10-05 2.40.46
↑EQ
スクリーンショット 2019-10-05 2.40.20
↑1176コンプレッサー
スクリーンショット 2019-10-05 2.40.38
↑ディレイ
スクリーンショット 2019-10-05 2.40.28
↑EMTプレートリバーブ
UAD-2のノウハウを活かしたエフェクトをOX内で使用することが可能なのは大きなメリットの一つと感じています。
特にEQやコンプ、リバーブは足元に並べたエフェクターで基本踏みっぱなしで使いたいということがありますが、OXでそれができてしまうのであればわざわざ足元に用意する必要が無くなります。
僕はApollo Twinを普段から使用しているためUAのエフェクトに信頼を置いています。そのためOX内にこのエフェクトが付いているのは非常に嬉しいポイントとなっています。
平面的なサウンドを防止するためにプレートリバーブを薄くかけて音に影を作るようにしたり、4バンドのグラフィックイコライザーでアンプのEQだけでは詰め切れなかった細かい帯域の調整をしたりしています。

おわりに

OXを持っている方でまだレコーディングでしか使用していない方は是非ともスタジオやライブでの使用をオススメします。OXの真価を体感できるはずです。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

SteinbergよりURCシリーズが新登場です。 STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
URCシリーズは3機種ラインナップしています。
  • UR22C(入出力:2in、2out)
  • UR44C(入出力:6in、4out)
  • UR816C(入出力:16in、16out)

32bit/192khzの録音再生

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
今回の大きな特徴としては32bit/192kHz録音再生に対応していることです。
AXR4Tで話題となった32bit整数での入出力をなんと今回のURCシリーズでも可能にしたのです。
圧倒的な情報量でのレコーディング&モニタリングをこの価格帯で可能としました。
次世代のサウンドを追い求めるDTMerに高い解像度と忠実なサウンドを提供します。

USB3.0(TYPE-C)での接続に対応

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
USB Type-C端子を装備するだけでなく、USB 3.0 (USB 3.1 Gen 1) SuperSpeedモードに対応。
転送速度や電源供給量が増すUSB 3.0(Type-C)は、高音質や高機能を実現するUR-Cの原動力となっています。

新開発のカスタムチップSSP3を全機種に搭載し、DSP MIX FXを使用可能

dspMixFx-URC
URシリーズの一部の機種にあったDSP FX機能を今回のURCシリーズでは全機種に搭載しています。
DSPを稼働させるための新開発のカスタムチップSSP3を使用することでDSP FXを動かす際にPCのCPUには負担をかけずにURC側でDSP FXを稼働させることができるということです。
SSP3を用いたDSP FXの使用によりレイテンシーを低減させ安定性も向上し、快適なレコーディングを可能とします。

おわりに

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C Recording Pack オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C Recording Pack オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
32bit/192khzという圧倒的な情報量のレコーディングが可能なIFが今後も各メーカーからも出てくるのでしょうか。DTMシーンの音源のクオリティもどんどん凄まじいものが出てきそうですね。
というわけで今日はこの辺で!ではまた!

なんとRolandから無償のDAWソフトが登場いたしました!
スクリーンショット 2019-09-18 13.12.09
ZenbeatsはWindows、Mac、iOS、Androidで使用可能です。
オーディオレコーディング、ピアノロールを使った各楽器の打ち込みもちろんのこと、作成したプロジェクトデータのやり取りをGoogle DriveやMicrosoft OneDriveに保存、共有が可能となっています。

さらにマルチOSでのデータでのやり取りが可能なためスマホからPCへといったデータのやり取りももちろんできます。

レッスンモードによりZenbeatsの使い方がすぐにわかる


スクリーンショット 2019-09-18 13.34.22
Zenbeatsの初心者にはありがたい機能としてあるのがレッスンモードです。
基本的な操作方法を学ぶことができて、初心者でも安心して使い始めることができます。
とりあえず使い方を覚えるときはレッスンモードでLesson1~5までやってみることをオススメします。日本語表記にも対応しているとのことです。

見た目もシンプルで視認性が良い

とにかくDTMの敷居を下げることを意識してなのか視認性が良く、わかりやすいといった印象です。
僕が18歳のころと比べるとDTMを始めるための環境はめちゃめちゃ良くなっています。
これほどビギナーに優しい無償DAWソフトは当時考えられなかったです。
これほどの無償DAWがある現代ではデータでのやり取りで楽曲制作が簡単にできる時代になったと断言できます。

FREE版⇨グレードUPで追加機能と音色を増やせる

kihon
FREE版とUNLOCK版、ULTIMAE版の違いとしては
  • 付属する音色の多さ
  • エフェクトスロット
  • ステムエクスポート
  • VST/AUプラグインのサポート
これらが違いとなります。DTM始めたての頃はFREE版で差支えないですがMIXやマスタリング、幅広いジャンルの曲を作るとなった場合はグレードアップを検討することをオススメします。

ギターやマイクを使う場合はIFが必要


ギターやマイクを使ってレコーディングをする場合はIFが必要となります。

ROLAND ( ローランド ) / GO:MIXER スマートフォン用オーディオインターフェイス
ROLAND ( ローランド ) / GO:MIXER スマートフォン用オーディオインターフェイス ROLAND ( ローランド ) / GO:MIXER スマートフォン用オーディオインターフェイス
ROLAND ( ローランド ) / GO:MIXER スマートフォン用オーディオインターフェイス
スマホ用のIFもあるのでPCがない方でもZenbeatsでDTMを楽しみことができます。

おわりに

Zenbeatsを目の当たりにして今のご時世DTMの敷居下がりまくり!といった感想です。
是非ともこの機会にDTMに興味のある方は始めてみてはいかがでしょうか。
と言うわけで今日はこの辺で!ではまた
ZenbeatsのDLページ⇦こちらからDLページへ飛べます。
関連記事:DAWのDの字も知らない演奏者は時代遅れだという認識を持ってほしい件について

ZOOMから最大22in 4outという凄まじい入力数を誇るデジタルミキサーが出ていました。 ZOOM ( ズーム ) / LiveTrak L-20R デジタルミキサー
ZOOM ( ズーム ) / LiveTrak L-20R デジタルミキサー
ZOOM ( ズーム ) / LiveTrak L-20R デジタルミキサー
えげつない入力数!これ1台あればミキサーとしてライブのPAが可能になります。
さらには9種類までミキサーの設定を保存することができるのでリハーサルなどで9バンド用のセッティングを保存しておいて出番ごとに瞬時に呼び出して音出しができてしまいますね。
さらにUSBオーディオインターフェースとして使うこともできるためレコーディングでも使うことができます。レコーディングでも使えるとなると真っ先に思い浮かぶのはドラムレコーディングです。
16chのモノマイク/ライン入力、ステレオ2chなので余裕すぎるほどのマイク数でドラムレコーディングができてしまいます。
iPadでコントロールすることができる専用のアプリがあるためリハーサル時にも便利ですね。
これだけ盛り込まれた機能性で価格帯も非常にリーズナブル。いつも思いますがZOOMの製品は本当にコストパフォーマンスがすごい。

Live Track L-20Rのスペック

 
■モノラル16チャンネル、ステレオ2チャンネルの合計20チャンネルの入力
■最大22トラックの同時録音、20トラックの同時再生
■22イン/4アウトのUSBオーディオインターフェースとしても動作
■最高24ビット/96kHzのハイレゾ音質で、SDカードにレコーディング
■内蔵コンプレッサー(チャンネル1~16)
■演奏者一人ひとりに異なるミックスを送れる6系統のモニターアウト
■6系統のモニターミックスをチェックできる、オペレーター用ヘッドフォン出力
■最大9種類のミキサー設定を保存できるシーンメモリ機能
■コーラスやディレイ、リバーブなど20種類のエフェクトを内蔵
■無償アプリ『L-20 Control』で、iPad からリモートコントロール
■別売アクセサリ:フットスイッチ(FS01)
サウンドハウスさんより引用

終わりに

これ一台あればライブのPAもレコーディングも可能になると言う優れもの。
使い道としては他にも色々ありそうですね。というけで今日はこの辺で!ではまた

DTMerの間で度々話題となるヘッドホン論争の中で必ず名前が挙がってくるのがSONY MDR-CD900ST
今でもスタジオの定番と呼ばれているくらい普及しているヘッドホンです。
MDR-CD900ST
SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン
今回なんとSONYからMDRシリーズの新作のスタジオモニターヘッドホンが登場します! SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン
SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン
※8月23日発売予定

演奏空間を忠実に再現する音像

・独自開発のドライバーユニットを採用し、可聴帯域を超えるハイレゾの音域をダイレクトかつ、正確に再現。楽器のポジジョンは音の響く空気感、残響音といった演奏空間全体を正確にモニタリングすることができ、原音の持つ表情をそのまま伝えます。

プロユースに耐えうる機能性と耐久性

・ジョイント部分にシリコンリングを採用し、体を動かした際に発生しやすいノイズを徹底的に低減。人間工学に基づいた立体裁断のイヤーパッドは、長時間の着用でも快適な装着感を維持します。 ・ケーブルの交換が可能な着脱式ケーブルを採用。ハウジング部は、収納性の高いスイーベル機構となっています。

熟練のエンジニアによるハンドメイド製造

・プロフェッショナル用音響製品を生産しているソニー・太陽株式会社にて製造。プロ用製品で培われた品質管理のもと、熟練のエンジニア達により1つひとつ手作業で丁寧に作られ、厳しい検査を得て出荷されています。

スペック

SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン
SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン
    • プロフェッショナル・スタジオモニターヘッドホン
    • 型式:ダイナミック、密閉型
    • ドライバーユニット:40mm、ドーム型(CCAWボイスコイル)
    • 音圧感度:103dB/mW
    • マグネット:ネオジム
    • 周波数特性:5~80,000Hz(JEITA)
    • インピーダンス:24Ω
    • 最大入力:1,500mW(※) (※)IEC(国際電気標準会議)規格による測定値です
    • ヘッドホンケーブル:約2.5m、ステレオ標準プラグ
    • 重量:約215g(ケーブル含まず)

終わりに

SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン
SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン
ケーブルが着脱が可能なため断線した場合にも自分ですぐに治せるのも良いところですね。
全体的にスペックも上がっているのですでにMDR-CD900ST を使っている人もこの機会にグレードアップをしてみるのも良いのではないでしょうか。スタジオの新定番になりそうな予感です。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ