お疲れ様です。実はここ3ヶ月ほど、僕のMacbook Proが不具合を起こしていました。
PKDKSPAKU2043_TP_V4
その不具合とはバッテリーが正常に充電されないことでした。この記事にたどり着いた人もきっとこの不具合に悩まされている人ことでしょう。なんとか解決することができたのでその方法を紹介します。

バッテリーが正常に充電されないと何が起きるのか

MBP9V9A8379_TP_V4
まずMacbook Proがバッテリーが正常に充電されなくなると何が起きるのかをまとめておきます。
  • 電源アダプターを挿しても充電状態ではなく給電状態になる
  • 給電状態でPCを動かすとバッテリーがどんどん減っていく
  • スリープモードにしないと充電ができない
  • 充電状態でもバッテリーの充電速度がめちゃくちゃ遅い
まさに悪夢のような不具合です。ブラウザでツイッターを眺めているだけでもゴリゴリバッテリーが消費されていきます。充電状態に入るためにはスリープにしなくてはならないかつ充電速度がめちゃくちゃ遅いため、
DTMができる時間が1日に2時間ほどしかありませんでした。全然落ち着いて作業ができないのでストレスになります。

バッテリーの不具合の末路は恐ろしい

バッテリーの不具合が深刻化した末路は恐ろしいものでした。まず電源アダプターをPCに接続しても認識すらされませんでした。その結果、そのまま放電されていき完全にPCが立ち上がらなくなったのです。
この時はMacbook本体が故障していると思っていたのですが実は一度、以前にAppleのサポート窓口で相談した時にはバッテリーには問題がないと言われていました。
なおさら何が原因でこのバッテリーの不具合が起きているのか見当がつかないため不安感がどんどん増していきます。
DTMerの方はこういった場面で心配なのはやはりSSDのデータやソフトウェアのライセンスですよね。
以前にMacbookが故障した際にはその時もかなり焦りました。このケースではそもそも充電ができないのでデータやライセンスの救出すらできないという負の連鎖が起きていました。今考えるとめちゃくちゃ恐ろしいです…。

バッテリーの状態を知るためにすること

まずはバッテリーそのものが壊れているのか正常なのかを知る方法です。
  1. メニューバーのリンゴマークをクリック
  2. このMacについてをクリック
  3. システムレポート
  4. ▼ハードウェアの電源をクリック
  5. 状態情報の状態を確認
状態情報の状態が正常になっていればバッテリーは故障していないということになります。
スクリーンショット 2020-06-14 23.30.24
このように表示されるはずなので確認してみてください。僕は「バッテリーが正常なのになぜ充電してもバッテリーが減っていく!?」と悩んでいたわけです。

解決方法その1:SMCリセット

Appleのサポート窓口ではまるで決まり文句のようにSMCリセットを試すように言われます。僕も実際に試してみました。やり方は
  1. Macをシャットダウンする
  2. Controlキー+Optionキー+Shiftキー+電源ボタンを7秒間ほど同時に押し続けて指を離す
  3. 数秒待ってから電源ボタンを押して起動
この手順でSMCがリセットされます。ちなみにこの方法で一時的に解消されたことがありますが根本的な部分の解決にはなりませんでした。

解決方法その2:電源ケーブルを別の挿し口に挿す

僕のMacbookは電源ケーブルの差し込み口がUSB-Cで4つ差し込み口があります。もしかするとその差し込み口が不良を起こしているため充電できないのでは?と思い、4つの差し込み口を全てを試してみました。もしかするとこの方法で解決することもあるかもしれません。

解決方法その3:別の部屋で充電してみる

もしかするとその部屋の電源そのものが壊れているのでは?こういった考えを持ったこともあり、別の部屋での充電を試してみました。なぜかこの方法で一時的に充電ができたこともあります。もしその部屋の電源が壊れているのであれば一体どうすればいいのやら…。もし工事になったら洒落にならない…。
電源を安定化させるためにパワーディストリビューターを導入されている方はこちらも一度別の電源タップを使うなりして確認した方が良いです。
一応僕もパワーディストリビューターが故障しているのでは?と疑ったことがあります。

解決方法その4:別の電源アダプターで充電してみる

僕の場合はこれで解決しました。
最近後輩がMacbookを買っていたので試しに電源アダプターを借りてみたところ無事に充電ができるようになりました。明らかに充電するスピードが違ったために発覚しました。まさか電源アダプターが壊れていたとは…。
バッテリーの状態を確認して、もし正常であれば電源アダプターが故障している可能性があると考えた方が良いということです。それにしても無事に解決してよかった。

Apple純正の電源アダプターを新たに購入しました。これにて解決。

解決方法その5:Appleに修理してもらう

まさに最終奥義といっても過言ではないでしょう。最終奥義にして確実な方法です。僕も一度ディスプレイの不具合でAppleCareを発動いたしました。1週間も立たずしてまるで新品同様に修理をしてくれます。
もし、これらすべてを試してダメだった場合にはAppleのサポートに相談してみましょう。

故障かな?と思ったらすぐにバックアップを取りましょう

故障の疑いがあると思ったら真っ先にバックアップを取りましょう。

大切なデータやライセンスが吹き飛んでしまうと大変なことになります。Appleに修理をしてもらう時も必ずバックアップを取るように言われますのですぐに行いましょう。
Time Machineを使ってバックアップをすれば確実ですのでオススメです。一応念のために大事なデータはさらに別のHDDにもバックアップを取り、2重で守る形にするのがベストです。
今回の件で定期的にバックアップを取ることの大切さも身に染みて感じました。

おわりに

いやぁ…実に恐ろしい事件でした。まず充電すらできないから立ち上げることもできないMacbookというのが絶望的ですよね。立ち上がらなくなった時は不安と焦りで一睡もできませんでした。
本当にこのままSSDのデータやライセンスが吹っ飛んだら大変なことになっていました。本当に大事に至らなくてよかったです。というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク