どうやら私は凄まじいプラグインに出会ってしまいました。UAD-2のOcean Way Studiosです。
久々に凄まじい衝撃を感じたプラグインです。自分が今まで使ってきたプラグインの中でもここまで露骨に衝撃を感じたのは久しぶりですよ…。というわけでレビューしたいと思います。 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / UAD2 SATELLITE USB OCTO CUSTOM
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / UAD2 SATELLITE USB OCTO CUSTOM

世界初のダイナミック・ルームモデリング・プラグイン


空間系というとインパルス・レスポンス(IR)をイメージする人が多いと思います。
しかし、こちらはルーム、マイクとソース・モデリングの要素を組み合わせダイナミック・ルームモデリングを使用しています。世界初の技術だそうです。なんだかそれだけでもすごい臭いがぷんぷんしますよね。実際に私も使ってみましたが結論を申しますと最高の空間モデリングと感じています。
一度使うとバンドアンサンブルの空間演出にはこれを使いたいと毎回思うはずですよ。複雑な処理を行っているためDSPの使用率も高めですがそれでもこれを挿したくなります。
私自身はOcean Way Studioに行った事はありませんがめちゃくちゃ自然な空間が再現されているというのは感じられます。というよりはむしろのきっとそのままなのでは…と思うほどですね。IRのリバーブで空間を演出するのとは違った感覚を感じられますよ。UAD-2の中でも一押しのプラグインです。

リマイク・モードとリバーブ・モード


リマイク・モードとリバーブ・モード、この2モードのどちらかを使用します。
  • リマイク・モードの場合はインサートエフェクトとして使用
  • リバーブ・モードの場合はAUXセンドリターンに挿入して使用
このように使い分けて使用します。リマイクモードはオリジナルの音の空間をOcean Way Studioの空間に置き換えるといった考え方です。そのためDryとWetをミックスして使用するのではなくWetを使うという事です。要は音源の空間を完全にOcean Way Studioの空間に変えてしまおうということです。ギターアンプでいうところのリアンプの考え方に近いです。
リバーブモードではアンビエンスとしてOcean Way Studioの空間を加えるといった考え方です。宅録の場合はこの使い方が多いのではないでしょうか。私は基本リバーブモードで使用しています。いつもドラムやギターのアンビエンスにリバーブを使用している方はそのリバーブをOcean Way Sudiosに変えてやるだけでOKです。
詳しい使い方はHookupさんがTipsを作ってくださっていますのでぜひそちらを参考にしてみてください。

最高のアンビエンスを加えることができるプラグイン

実際に使用して音源を作ってみました。今回は私の大好きなBullet for My ValentineのThe Last Fightをカバーしてみました。いかがでしょうか?Ocean Way Studiosをアンビエンスにすることで曲全体の重心がどっしりとして臨場感と生々しさがプラスされていることを感じられるはずです。
普通にリバーブを使用するだけではこの質感は得られないはずです。ギターの音もスピーカーに張り付かずにちゃんと影が作られています。ちゃんと楽器隊に前後感がありますよね。
このプラグインだからこそ得られる独特な質感だと感じています。まさに唯一無二のアンビエンスプラグイン。「もう一つ、さらに上の音質に行きたい!」という人はぜひ使ってみてくださいね。

おわりに

胸を張ってオススメするプラグインです。屈指の傑作空間系プラグインだと感じています。UAユーザーは一度デモをお試しすることを強くオススメしますよ。本当に一度この質感を味わっていただきたいです。僕は今後Ocean Way Studiosをアンビエンスとして基本使用していこうと考えています。
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク