先日iRig Nano AMPを使用する機会があったのでレビューいたします。
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
Amplitube4 MAXを普段から使用していることもあり、あのアンプサウンドが手元で手軽にスマホを通して出せたら良いなぁと思っていました。こちらのiRig Nano Ampを使えばあの本格アンプサウンドが出せちゃいます。

手のひらサイズで持ち運びが楽

  IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
サイズ感としては手の平サイズで手軽に持ち運びできます。ポケットに入ってしまうくらい小さなサイズです。
使用方法としてモードがAMPモードとDEVICEモードの二つがあり、単体で使用する場合はAMPモード。スマホに接続してAmplitubeを使用する場合はDEVICEモードにします。
DEVICEモードにしてiPhoneからAmplitubeのアプリを通せばこの小さなサイズにしてちゃんと本格派のアンプサウンドが鳴りますよ。
さらに外部スピーカー・キャビネットへの接続が可能、ヘッドホン出力も可能なので大音量で使用したり、深夜の自宅練習にも最適できます。
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Nano Amp
このように背面にスタンドも付いているので立たせて使うこともできます。気が利いた設計ですね。
実際に音を出してみましたが小さなサイズだからといって、音割れすることもありませんでした。
Amplitubeを使用して音を出してみましたがいつものあのサウンドがちゃんとこのサイズで鳴ってくれます。値段もリーズナブルだし、GarageBandを起動して使用した場合もIFとして使えます。AmplitubeもGarageBandと連携して使用できますよ。PCがないけどスマホで楽曲制作を楽しみたいという人に最適なアンプ&IFです。電池駆動なので出先での使用も可能。

おわりに

このサイズ感で普通に良い音が鳴るのでびっくりしました。キャビネットに接続できるのも面白いですよね。お使いのスマホによってはイヤホンジャックが付いていないものがあるのでその場合には変換端子が必要になります。というわけで今日はこの辺で!ではまた。
スポンサードリンク