ダイナミックマイクで録ったボーカル音源の場合、コンデンサーマイクと比べて
音のこもり具合、音抜けなどが良くなかったりします。
コンデンサーマイクと比べて扱いやすいからこそボーカルレコーディング初心者に人気です。
バンドレコーディングの際にバンド側からプリプロなどで簡易的に録って送られてくるボーカル音源がダイナミックマイクを使用していることが多く、
その際にダイナミックマイクを使ったボーカル音源の音質の調整としてEQやエンハンサーを使ってクリアな音質にすることがあります。
今回は定番のダイナミックマイクSHURE/ SM58を例にしていつも行なっている僕なりの調整を紹介します。
SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク
 SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク
関連記事:マイクセミナーレポート:マイクにこだわればボーカルの技術も向上!?マイクの基礎知識や大事なポイント⇦マイクの基本的な知識の記事はこちらです。

EQの設定

スクリーンショット 2019-07-21 0.37.01
↑わかりやすくデジタルEQを使っています。
個人的には低域は無闇にカットするのはしたくない派ではありますがダイナミックマイクの場合はやらざるおえないので低域をバッサリカットしています。
今回の場合は中域は十分録れているためあえてそのままにしています。
特に高帯域がコンデンサーマイクと比べると弱いので1.8K~なだらかにブーストする形にしています。
※声質は個人差があるので一概に全てこれでOKとは言い切れません。あくまでも例として考えてください

エンハンサーで高帯域の倍音成分を足す

スクリーンショット 2019-07-21 0.37.43
↑WavesのVitamin
サードパーティ製のプラグインを持っている人であれば恐らく持っているはずのエンハンサー、Vitamin
視覚的にも見やすく、マルチバンドで各帯域ごとに分けて倍音成分をプラスしてやることができます。
エンハンサーの中でも扱いやすく効果もわかりやすいので初心者にも使いやすいはずです。
この場合も音抜けを良くするために高帯域にかけてブーストしています。
エンハンサーをブースト専用のエフェクトとして考えているので高帯域の抜けがあまりよろしくない場合にボーカル以外にもかけたりすることがあります。
エンハンサーで高帯域をブーストした際には歯擦音も一緒に強くなっているためディエッサーでうまく抑えてあげてください。

T-Racks Mic Roomでコンデンサーマイク風に

スクリーンショット 2019-07-21 1.27.55
いわゆるマイクシミュレーターのプラグインです。
SM58の音をコンデンサーマイク風にします。※あくまでも風味
プリセットに58 To 87があるのでそれを適用してから色々いじってみてください。

終わりに

とりあえずはこんなところです。簡単に言うとEQで低域をカットしてエンハンサーで高帯域をブーストしてやるといった方法です。良くも悪くもよくあるやり方ですが(^_^;)
ただし、エフェクトをかけまくって音を無理やり良くしてやる!といった発想ではありません。
たまにはこういった記事も良いかなーと思ってまとめておきました。というわけでではまた!
スポンサードリンク