レコーディングでガヤ録りをすることがありました。複数人数のRECの仕方を記事にしておきます。
簡単なので複数人数でレコーディングする際の参考になると嬉しいです。

合唱やガヤ録りをする時は複数人数で一度にレコーディング

IMG_1432
↑一度に2人でレコーディングしている様子。
合唱やガヤ録りをする際には複数人数で一度にレコーディングすることをオススメします。
なぜなら1人だけオケが聞こえている状態では複数人でレコーディングしても何に合わせて良いかわからない状態になります。わかりやすく言うとカオスなレコーディングになってしまいます。
1人ずつレコーディングをしてあとでMIXで調整する方法もありますが単純に時間がかかるのと一体感としてはやっぱり複数人数で一度にレコーディングした方が良いです。
単品ワントラックずつで録ればあとでタイミングを調整したり小回りも利きますがやっぱりレコーディングはみんなで楽しんでやるものだと僕は考えています。

ヘッドホンアンプを使ってレコーディングする

BEHRINGER ( ベリンガー ) / HA6000 6chヘッドホンアンプ
BEHRINGER ( ベリンガー ) / HA6000 6chヘッドホンアンプ
↑実際にレコーディングでもこの製品を使っています。
複数人数で同時にオケを聴く場合にはヘッドホンアンプを使うことをオススメします。
BEHRINGER ( ベリンガー ) / HPS3000 密閉型ヘッドホン
BEHRINGER ( ベリンガー ) / HPS3000 密閉型ヘッドホン
ヘッドホンは密閉型で音がそれなりに聞こえるものであれば問題ありません。
例えば4人同時にレコーディングをしたい場合にはヘッドホンアンプに4つヘッドホンを挿して使えば4人とも同じ音を聴くことができます。こうすることで快適に複数人数でのレコーディングが可能となります。
くれぐれも一つのヘッドホンを使って音漏れを聴いてみんなでレコーディングをしようという原始的な考え方はやめましょう。管理人は6年前くらいにやっていたバンドでレコーディングをした際にその音漏れをみんなで聴いて録る方法でやったことがありますが効率が悪すぎました_:(´ཀ`」 ∠):

終わりに

レコーディングのお仕事が少しずつ増えてきているので嬉しい限りです。
とりあえず今日はこんな感じで!ではまた
スポンサードリンク