最近エレキベースをレコーディングしてMIXする機会がありました。
その際に行った調整をまとめておこうと思います。

ベースレコーディングでDIを経由させると低域が綺麗に録れる

↑レコーディングを担当しているバンドさんのDI
ベースとIFの中間にDIを挟んでレコーディングすると低域が綺麗に録れます。
ベースのレコーディングをした際に何だか低域が綺麗に録れない…という経験がある方にはぜひオススメです。
AVALON DESIGN ( アバロンデザイン ) / U5 SILVER
AVALON DESIGN ( アバロンデザイン ) / U5 SILVER
スクリーンショット 2019-05-01 3.51.47
AVAKLON U5を通して録った場合にこのように低域がしっかり録れていました。
これくらい低域が綺麗に録れているとMIXの時にEQで調整が効きやすいです。
逆に低域がしっかりと録れていない場合はEQで1~5dbくらいプラスしたとしても芯のあるベースらしい音にはなりにくいと感じております。

手コンプでベースのダイナミクスを埋めてやる

ベース
ベースの素の状態はダイナミクスが大きいのでそのままだと力弱く聴こえてしまいます。
そのためダイナミクスを埋めてやる必要があります。
そこで手コンプを使ってダイナミクスを埋めていきます。
スクリーンショット 2019-05-01 3.47.16
↑ダイナミクスが大きい部分でカットし手動で調整していく。
コンプレッサーとは違って波形ごと弄ってダイナミクスを埋める方法です。
スクリーンショット 2019-05-01 3.48.13
↑プチノイズが発生する場合はカット位置の繋ぎ目でクロスフェードをかけてやります。
ベースは基本ダイナミクスが大きいのでかなりの数の手コンプが必要になってきます。
ボリュームオートメーションやWavesのベースライダーを使う方法でもOKです。
の下処理をしっかりとしてやることで仕上がりに大きな差が出るくらいに大事な工程なので根気強く作業していきましょう。安定感のあるどっしりとしたベースラインになっていきます。

使ったプラグインとEQ

スクリーンショット 2019-05-01 3.49.41
↑EQの設定。出過ぎてしまっている低域を抑えてやるイメージです。
スクリーンショット 2019-05-01 3.46.08
↑低域の倍音を強化するプラグイン。WavesだとMaxx Bass、RBassになる
関連記事:UAD-2 Little Labs Vog:低域の倍音強化で重心を落とした音を作る
スクリーンショット 2019-05-01 3.46.33
↑アナログモデリングのコンプレッサー、今回はレシオをきつめにかけてみました。

終わりに

ベースの音作りや調整は低域がしっかりとモニタリングできる環境でないと難しいです。
僕の環境ではサブウーファーを使っていますが低域の調整が快適です。
録りの段階でDIを通すと低域の録れる解像度が高いのか後のEQでの処理がしやすいと感じました。
一番大事なのはベースのダイナミクスをしっかりと手コンプなりボリュームオートメーションで埋めてやることだと感じております。
この工程をサボってしまうといくらコンプレッサーをかけても安定感のあるベースラインにすることは難しいです。
打ち込みのベース音源と同じような感覚でMIXをすると特にこのダイナミクスの大きさに戸惑うことになると思います。なので生のベースの調整は打ち込みのベース音源とは別物と考えるようにしておきましょう。というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク