本日vanvan V4にてこちらのイベントに遊びに行ってきました。
IMG_1281
今日のお目当ては地元バンドのAce ON Dawn(@AOND_official)とGAME CENTER(@gamecenter2000)を見にきました。
ライブハウスへ遊びにきて感じることはその都度ありますがやはり箱にいる人はみんな暖かいですね。
最近の僕としては色々と今後のことについて悩むことがありましたが改めて金沢の音楽シーンで生きていきたいと感じる日でもありました。
素直に自分が楽しいと感じられることは自分のスキルや知識を活かしてDTM講師や地元の音楽シーンを盛り上げていく活動だと考えました。
そういったことからも今の地元の音楽シーンを知りたいと考え、今日のイベントに足を運んでみたのです。

↑地元バンドGAME CENTERの曲がApple Musicから聴くことが出来ます。
続きは最近色々感じたことを書いていきます。

生活の中に「何かが足りない」がずっと続いていた

ここ4年間くらいはずっと部屋に篭りひたすらに音源制作をしていたので仕事以外の日は基本1人、部屋から出ない、会話することがあったとしてもネットを通してディスプレイの向こうにいる人に対して通話するくらいの日々でした。
ふとしたタイミングでこう思うことが増えてきたのです。生活の中に何かが足りない
何が足りないのかがハッキリしないからずっとモヤモヤしている。もちろんわからないから解決策なんてない。これをこのままずっと続けるのか…そう考えていると余計に焦りに近い感情が生まれてくる。結果としてその答えがわかったので僕に足りなかったものは
  • 人と会って何かを一緒にする
ということでした。ネット越しで何かを済ませようという考えに凝り固まっていたことに知らず知らずのうちになってしまっていたのです。(ネット文化を否定しているわけではないです。)
これは人と一緒に何かをして急に飛ばれたりして裏切られることが怖い、だから基本1人で済ませられるかつ対面しなくていいネットに居心地を感じていたのだと思います。
とはいえ新しいことをしようと考えた場合にネットだけではやることが何パターンかに限られてくると感じることが増え、「何かもの足りないんだよな…」と感じていたのは部屋に篭りネットだけに比重を置いた生活だけでは物足りなくなっていたと今となっては思います。
↑以前に作ったVOCALOIDオリジナル曲では実はその事について書きました。

地元の音楽シーンで生きていきたい

僕が退職して次はどうしよう?と悩んでいた時に相談した人が何人かいて共通しているのが
  • 地元の音楽シーンをよく知っている人
でした。何でここまで親身になって考えてくれるのだろうかと思うくらい真剣に話をしていただけて同時に地元の音楽シーンって改めて暖かい人ばかりだなと感じたのです。
恐らく自分だけで考えていたらきっとこの事にも再認識できなかったのと、関東に移住するのと地元に残るという二つの選択肢に悩む日々が続いていたと思います。
そのままだとどちらかに決まったとしてもきっとどこか疑問を持ち続けていたはずです。
今では地元の音楽シーンで生きていきたいと意思が決まりました。今日のライブイベントでも会った仲間たちの暖かさを感じられる日でした。

好きなことで生きることは最高

とある日に好きなことを仕事にしている人と話をさせていただくことがあり、その時に最初に「世間一般的には好きなことと仕事は分けるべきと言われていますけど、僕はその考えにずっと疑問があるのですがどう思いますか?」と聞きました。するとその人は真剣に話をしてくれて
「私の考えとしては好きなことと仕事を分けるべきと言う人はおそらくその道に行くことを諦めたもしくはその覚悟がない人だと考えています。好きなことで生活できたら最高に決まってるじゃないですか」

その言葉を聞いた時に何だか辻褄が合ったような気がして涙が出そうになりました。
ずっとこの疑問を抱えていてそれが晴れたと感じてスッキリしました。
僕にとって好きなこととは何か、DTM、地元の音楽シーン。ならば地元に残るという選択肢は間違いではない。
仕事と好きなことは割り切って生活していくのか好きなことで生活していくのか。子供の頃から前者の考え方をずっと大人たちに言われ続けていた。これはきっと何処の学校でも一緒だと思う。
前者のままでは例え凄まじく良いものが何か手に入ったとしてもその暮らしのままでは疑問点は残り続けてしまう
と言うことはお金では手に入らないものが好きなことで生活する中にしかないのだと考えるとどっちが面白い人生かと考えれば明らかに後者だと感じます。
これは情報収拾だけを繰り返すのではなく自分の頭で考えるということを生活の中に意識的に組み込まないと得られない結果だと思っています。

↑自分の頭で考えるということはどういうことなのかを考えさせられた本です。

正社員のメリットとデメリットを考えてみた

社会人を6年ほど経験した20代の僕の考えとしては正社員は悪いことだらけではなくメリットもあります。
  • 色々な人の考え方を知れる
  • 技能職ならばスキルを身につけることが出来る
  • 安定した給料が手に入る
  • 社会的信用が得られる
だと感じています。では正社員としてのデメリットはこちらです。
  • 年収が300万もない正社員の場合だと時給はバイトとさほど変わらない
  • 興味のない仕事だと激務の場合はただのストレスになる
  • 副業ができない会社で昇給が少ない場合は経済的に将来性がない
  • 誰でもできるような単純な作業の仕事は続けてもキャリアとして次に活かせない
  • 見なし残業手当がある場合は意地でも定時で帰らないと手当として機能しない
  • 社会的責任が付き纏う
これらを組み合わせて僕が労働条件が良くないと考える正社員の仕事の条件は
  • 時給換算して時給1000円以下
  • 昇給が少ない
  • ボーナスが少ない
  • 仕事に興味がない
  • 続けても独立を目指すためのキャリアにならない
  • 見なし残業がある
  • 風通しが悪い
これらがいくつか当てはまると正社員として働いてる意味があるのだろうかと考えます。
特に時給とボーナスが低いのであればバイトと変わらないですし、気分にバイトの方が圧倒的に楽です。仕事に興味がないのであれば内容が楽でなければストレスになっていきます。
昇給が少ない+キャリアにならない仕事は安定はしても増えることがないので年収がそもそも低い場合は経済的に将来性がないと考えられます。
明確にわかることは正社員は時給と昇給とキャリアの3つに魅力がないと労働者として将来性がないということです。さらに副業ができないのであれば最悪です。
一方、バイトだったとしても時給が高い+興味がある+キャリアとして活きてくる仕事であればパラレルワークだって好きにできますし、独立を目指すことすらできます。なので考え方によっては将来性はあるのです。特に最近ではプラグラミングのコーディングのバイトでも時給は1400~2000円とかもあります。このことから正社員という働き方はデメリットが複数重なった場合にバイトよりもひどい労働者になりうる可能性があるということです。

終わりに

IMG_1282
↑ライブの帰りに行きつけの餃子屋さんに行ってきました。
ここ最近では状況も状況なので色々と働くことや自分の生活について考えさせられることが多かったのです。僕の考えとしては好きなことで生きるという選択の方が人生は面白くなるとまとまりました。
逆に変化を嫌う考え方は生活が面白くないと思います。
僕の好きなことはDTMと地元の音楽シーンなので生活を好きなことで埋め尽くしていけたらなと考えております。というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク