ベースのレコーディング機材を調べる事がありまして、ここにきて一つ思った事が…
「宅録でベースをアンプやDIを使って録るのに敷居ってそもそも高いのか?(`・ω・´)」
ベースのアンプシミュレーターやベース音源がここ最近増えてきていますが、もしベースのヘッドアンプのコスパが良いのであれば敷居は高いと思い込んでいただけなのではないだろうか…?
ふとそんなことを思い、調べてみました。

スタジオのど定番 HARTKE HA2500のコスパが良かった

HARTKE ( ハートキー ) / HA2500
HARTKE ( ハートキー ) / HA2500
スタジオのど定番HARTKE ( ハートキー ) / HA2500コスパが意外と良かったのです。
ヘッドアンプと聞いたら新品でも10万はいくだろう…そう思い込んでいましたがまさかの三分の一くらいの値段で驚きました。
基本どこのスタジオにも置いてあるからこそ何気無く使っていましたが思いの外、コスパが良く、敷居が低いので慣れ親しんだいつものベースアンプの音を出したいのであれば思い切って一台導入しても良いかも?と思いました。いずれ僕も導入しようと考えています。
定番だからこそこれ一台あればレコーディングも満足のいく結果になりやすいかも。

DI/プリアンプもわりとお手頃

RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / RNDI
RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / RNDI HARTKE ( ハートキー ) / Bass Attack 2
HARTKE ( ハートキー ) / Bass Attack 2 EBS ( イービーエス ) / MICROBASSII
EBS ( イービーエス ) / MICROBASSII
Radial J48
Radial J48 ↑スパイダーっちょさんのツイートからRadial J48を初めて知りました。(このように良い機材知ってるぜ!って方はリプライなどしていただけると嬉しいです。)
なにやらポールマッカートニーも使用されているDIのようです。
使用するためには48Vのファンタム電源が必要とのこと。

↑外人の方がめっちゃ力説してくれています(゚∀゚)
DIとプリアンプが一体型になっているものが多いですが先ほどのHARTKE HA2500と合わせても6万いくかいかないくらいで本格的なベースレコーディングのための宅録セットが揃うと思うと十分なコスパだと思います。

終わりに

個人的な見解なのですがベースのアンシミュはギターのアンシミュと比べてまだそこまで開発が浅いんじゃないか?と感じています。
そして、アンプシミュレーターの場合はアンプタイプも気に入ったものは固定的になる事が多く、使っても1つ~3つくらいになってくるという経験があったのでベースのヘッドやDIのコスパがいいなら思い切って揃えてしまった方が満足のいく結果になりやすいんじゃないか?と考えています。
もう一つが僕の自室にギタリストが遊びに来たり、レコーディングをする機会が少しずつですが増えてきたのですがバンドマンはアンプを使ってレコーディングをしたいのであって、アンプシミュレーターを使ってレコーディングをしたい人はDTMerという事なのだと感じております。
どっちがいいとか悪いとかそういう話ではなく、ニーズに沿う形にするにはどちらを普段から用意しておくかという事なのだと思います。
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク