1月の『The NAMM Show』で話題になったIK MULTIMEDIAから発表されたiLoud MTMを紹介します
iLoud MTM
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iLoud MTM
2016に発売された iLoud Micro Monitorはコンパクトなサイズから出す低音域の再現力と正確なサウンドで様々な宅録ユーザーやエンジニアに大きな支持を与えました
今回はそのiLoud Micro Monitorのコンセプトからさらに磨きをかけ、正確かつコンパクトで誰もが扱いやすいモニタースピーカーiLoud MTMがリリースされたということです IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iLoud MTM IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iLoud MTM
iLoud MTMの大きな特徴の一つに僕も普段から愛用している音場補正システム、ARC Systemテクノロジーを本体に搭載しています
音場補正プラグイン:ARC 2 Systemが革命を起こしてくれた⇦ARCがわからない人はこの記事へどうぞ
本体背面にあるARC MIC INに付属されたARCマイクロフォンを繋いで測定を行い、制作環境にあったベストな音場補正をかけて信頼できるモニタリング環境を構築することができます

モニタースピーカーにマイクを挿して音場を測定し、USBでPCと接続し専用ソフトウェアで最適なモニタリング環境に補正ができるスピーカー、そして一番のウリであるコンパクトさはそのままにといった。DTMer歓喜のモニタースピーカーですよね。
まさにスピーカーが持つポテンシャルを最大限に引き出してくれる機能が付いています
というわけでIK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iLoud MTMでした!
ではまた
関連記事:低域がしっかりモニタリングできないとMIX、マスタリングで沼にハマる説は濃厚
スポンサードリンク