先日シールドを新調しました
IMG_0786
OYAIDE ( オヤイデ ) / Force'77G SS 3.0です
昔からOYAIDEのシールドは何度か使っていまして、その他にも色々なメーカーのシールドを試したのですがレコーディングで使うならばOYAIDEが今のところ一番しっくりきています
ノイズ、音質、この二つは特にOYAIDEがお気に入りです
今までいくつかOYAIDEのシールドを使ってきたので紹介させていただきます

Force'77G

OYAIDE ( オヤイデ ) / Force'77G SS 3.0 OYAIDE ( オヤイデ ) / Force'77G SS 3.0
OYAIDE ( オヤイデ ) / Force'77G SS 3.0
実は過去に何度も買っているものです
音の太さとサスティンの伸びは弾いていて心地良さを感じます
ハムバッカータイプのギターでロックやメタルなどのハイゲイン系の音に相性が良いと個人的に感じております
音に力強さと太さをくれ!!っと思うギタリストにオススメ
触った感じのTHE ケーブル!!っていう質感もお気に入りです

G-SPOT Cable

OYAIDE ( オヤイデ ) / G-SPOT Cable SS/3.0
OYAIDE ( オヤイデ ) / G-SPOT Cable SS/3.0
こちらはギターの持つ音をそのままストレートに出してくれます。高帯域に対して増幅もしすぎず
特にシングルコイルのフロントPUでクランチにして弾くとクリーミーな質感を感じられました
クリーンのサウンドにも心地良さがあります。わかりやすくいうと音に安定感があるといった感じです
個人的に色が紫でお洒落なのもお気に入りです

QAC-222G

OYAIDE ( オヤイデ ) / QAC-222G SS/5.0
OYAIDE ( オヤイデ ) / QAC-222G SS/5.0
こちらは特に音抜けの良さを感じております
密度の濃さと音抜けの良さを兼ね揃えたシールドとして使っていました
音の存在感をシールドからこだわって考えたいならばオススメです

終わりに

OYAIDE ( オヤイデ ) / QAC-222G
OYAIDE ( オヤイデ ) / QAC-222G
OYAIDEのシールドは切り売りもしているので自作してみるのも面白いかと思います
音の太さと抜けの良さはOYAIDEのシールドだと定説しております
個人的に耐久性に関してはライブでの激しい演奏よりもレコーディング向けだと感じています
↓シールドの自作に挑戦してみたい方はぜひこちらの記事もどうぞ
ギタリストの節約術:シールド自作に挑戦しようぜ!
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク