NAMM 2019でIK Multimediaよりギター・レコーディングに特化された革新的なIF AXE I/Oが発表されました

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AXE I/O
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AXE I/O
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AXE I/O
NAMM 2019のニュースをSNSからチェックしていましたがその中でも特に話題になっているのはこちらのAXE I/Oです

ギタリスト特化型プレミアムオーディオ IF


ギタリスト特化型のIFは今までありそうでありませんでした
AXE I/Oの楽器用プリアンプは
・温かいサウンドを生み出すディスクリートJFET
・完全に透明で、正確なサウンドを伝えるPURE

2つのモードが搭載されています
また今までのIFではなかったピックアップ・セレクタが搭載されています
・パッシブ・ピックアップからの入力を最高のトーンで増幅するPASSIVE
・アクティブ・ピックアップ接続時に不要な回路をバイパスしてより透明な入力を可能にするACTIVE

2つのモードが搭載されています
自分のギターに合ったモードを選択することで最高のトーンでレコーディングをすることが可能ということです
さらに今回革新的な機能のZ-TONEでは
ギターやピックアップに合わせて入力インピーダンスを連続的に調整が可能です
これらの機能を駆使してギターに最適化されたレコーディングは今までのIFに搭載されたHi-Z入力だけでは難しかったのです。
ギタリストにとってはもう一つ嬉しい機能があります。
それはAXE I/O本体にチューナーが搭載されいます。そのためレコーディング時の細かなギターチューニングを本体で済ませることができます

Amplitubeシリーズとの相性も抜群

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / AmpliTube MAX
AXE I/OにはAmpliTube 4 Deluxeが付属されています。
プリセットの切り替えや値の調整をフロント・パネルのつまみを使って操作が可能です
また外部ペダルを接続しての操作も可能ですのでAmpliTube シリーズとの連携をシームレスに行うことができるのです
関連記事:Amplitube4 MAX:著名ブランド公認のハイクオリティアンプシミュレート!自由度、満足度ともに満点

終わりに

まさにギタリストのためのIFと言っても過言ではないでしょう
搭載されている機能の一つ一つがギタリスト目線で必要とするモノをまとめていると感じられます
というわけでAXE/IOでした!ではまた
スポンサードリンク