これからバンドサウンドの音楽を色々聴いてみたい!という人に向けて完全に僕の趣味で
オススメのジャンルとアーティストを紹介させていただきます
メジャーアーティストは知っているけれどもインディーズバンドはあまり知らないという人にも色々聴いてみるきっかけになればいいかなぁと思います
bg_music_live_stage

疾走感を感じたいならばメロディック・ハードコア

band_three_man
走り出したくなるような疾走感を感じたいならばメロディック・ハードコア一択です
略してメロコアと言われています。ちなみにメロコアは日本のみのジャンルです
海外ではパンクやポップパンク、イージーコアなどのジャンルがありますがそもそも海外にはメロコアという概念がありません
シャウトやデスボイスも基本的には無く、聴きやすいメロディーラインが特徴的です
そして疾走感を感じる!というくらいなのでBPMは170~210とハイテンポです
バンド自体はV系のような派手なメイクや衣装では無くTシャツ1枚に短パンやジーンズといった、非常にシンプルな見た目であります
だからこその漢らしさを感じるのも好きなポイントであります

Northern19


メロコアといえば「ウォー!!ウォー!!ウォー!!」っとシンガロングするのも特徴の一つでもあります
特にNorthern19の「STAY YOUTH FOREVER」はライブで会場全体でシンガロングするシーンがあります
こちらのバンドも基本ハイテンポで疾走感に溢れる曲ばかりです
僕も何度もライブに行きましたが毎回サークルモッシュをしてしまいました
(サークルモッシュとは円を描くように走り出す動きです)
学生時代に憧れていたバンドの一つでもあります
特にオススメの曲はやはり「STAY YOUTH FOREVER」です

OVER ARM THROW


こちらのDear my songsのサビから入る美しいメロディーラインがたまらない
どの曲も聴きやすいかつコーラスワークによる掛け合いが素晴らしい…
DTMを始めて4年ほどになりますがもう一度初心に戻ってメロディーラインの重要さを考え直すきっかけにもなったのがこちらのバンドでもあります
複雑なコード進行や展開を使って曲を作るのも大事なことではありますが自分にとって根本的に音楽的に大事だと思うのは何かを振り返ることができました
特にオススメの曲は「Dreaming of you」です。コーラスとの掛け合いが最高です…
スリーピースバンドのかっこよさをOVER ARM THROWのサウンドで是非とも味わっていただきたい

FOUR GET ME A NOTS


第一印象が「ドラムが凄まじくうまい…」学生の頃にライブで見た時は革命的でした
「何なんだこのかっこいいフィルインは…」今でも音源を聴いて思うばかりです。
ギターの智恵さんの豪快なライブでのパフォーマンスが凄まじいです
男女ツインボーカルでもあり、華麗に重なるコーラスワークも特徴的あります
特にオススメの曲は「Heroine」という曲です
サビの切なさを感じるメロに男女ツインのボーカルによる鮮やかさが美しいです

Knotlamp


日本語歌詞のメロディック・ハードコアです
LAST TRAIN-新しい朝は「遊☆戯☆王5D's」オープニングテーマでもあります
学生の頃、初めて聴いた時に衝撃が走ったのを覚えています
バンドスコアを全部買いました笑。「遠くへ」のギターソロをコピーしたのを懐かしく感じます。それくらい好きです
メロコアなのにギターソロまで入っていて僕の好きな要素を盛り込んだバンドです
英語詞だけでは無く日本語詞も聴きたいという人には是非ともオススメします
特にオススメの曲は「遠くへ」です

終わりに

紹介したいメロディック・ハードコアのバンドは山のようにありますが今回はここまでとさせていただきます。
王道のバンドは紹介せずともみんな知っているだろうということもあり、あえてインディーズバンドを紹介させていただいております
改めてこの4バンドを聴いてみましたが懐かしさとともにいつ聴いてもかっこいいなぁと感じます
僕のオリジナル曲でも2ビートが入るのは間違いなくメロコアの影響であります

是非とも一度ご視聴ください。
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク