ボーカルRECをする場合にリフレクションフィルターを使う場面があります。↑こういうモノ
布製のものが何もない部屋だったりすると壁と反射して反響音がマイクに入り込んでしまうことがあるのです。
その余計な反響音を抑えてくれるのがリフレクションフィルターです。
反響音が入っているといくらMIXで調整しようが良い仕上がりにするのが難しいのです。
(補正をかけるプラグインもありますが最初からそれに頼るのはよろしくありません)
今回コストパフォーマンスに優れたCLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900 を導入してみました。
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
他のリフレクションフィルターと比べるとコスパはかなり高いです。
実際に使ってみましたので紹介します。

反響音を抑えることは十分可能

取り付けに少し手間取りましたが設置して音を録ってみました。
録り音を聴いてみると違和感なく反響音を抑えてくれていました
MIXしてみても問題なしのクオリティです。
コスパがかなり良いのでとりあえずで買っても問題なく反響音を抑えてくれると感じています。
音は正常に反響音が無く録れている音として考えてもらえればいいです。
最初の1台目にはちょうど良いリフレクションフィルターと感じています。
宅録を楽しむ分には十分なクオリティです。2年以上レコーディングで使ってみましたがクオリティは今のところ、全然問題ありませんでした。

初心者は取り付けで少し戸惑うかも

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
個人的にはリフレクションフィルターの取り付けはマイクスタンドの使い方を把握していないと難しいです。宅録初心者の人は「え!?これ、どうやって取り付けんの!?」ってなります。

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド
↑マイクスタンドの先端のこの部分に取り付けると考えておいてください CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CAR900
↑最終的にこのような感じになります。

終わりに

十分に反響音を抑えてくれるので宅録で使うならば問題ありません
取り付けだけ少し戸惑うと思いますが慣れればすぐに設置できると思います。
スタジオを使ってボーカルRECをする時は持ち運びをする際に衣装ケースを使うとその他諸々の機材も一つにまとめることができるのでオススメです。
キャスターがついているタイプのものだとさらに楽チンです。

物販を運ぶ時なんかも便利なので一つ持っておくと良いと思います

折コンも良いみたいですよ(^ ^)折りたたみができるのでコンパクトにできます。
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク