数年前からずっと睡眠の質の悪さに悩まされていました
6時間以上寝たはずなのに寝起きが悪かったり、日中眠くなる
終いには睡眠質の悪さからせっかくの休日も眠さが常に付き纏って制作にも支障が出るということもあっりました。これは何とかして睡眠の質を改善せねば!ということで
思い切って11月にオーダーメイド枕を導入してみました
IMG_0255
じぶんまくらという体を専用の機器で計測して枕の高さや材質を自分に合ったものにするという枕です
1ヶ月ほど使ってみたので睡眠の質が上がったのか、使ってみた感想を記事にしておきます

1ヶ月じぶんまくらを使ってみた感想

1ヶ月じぶんまくらを使ってみてズバリ結果を言いますと睡眠の質が改善されました
特に一番効果を感じられたのは首と肩こりが改善されたことです
日中の眠気も無くなり、昼休憩全てを使って仮眠を取るというのも無くなりました
店頭で店員さんは「枕は高さがとにかく重要です!」ということを熱く語られていて自分の姿勢に合った高さにしてもらいました
その結果、枕は高さが重要ということを身をもって体感できました
睡眠の質が悪い原因の一つとして今まで使っていた低反発枕の高さが低過ぎたみたいです。
それもそのはず普段枕を使っていて高さ調節をする発想がありませんでした
僕と同じで高さ調節という概念がない人は一度、今使っている枕でもタオルか何かで高さを調節できるなら試してみてください
自分の姿勢にあった枕の高さになるだけでも睡眠の質が変わるかもしれません
じぶんまくらの場合は適切な高さに調節した後、枕のへたりで高さが下がってしまったり、違和感がある場合は何度でも無料で店員さんが調節してくれます
デスクワークが多く、首や肩こりがひどい人には特にオススメです

睡眠の質を高めることは今後の自分に対する投資でもある

PJMIMGL0285_TP_V (1)
実際のところ、オーダーメイドの枕を買うとなると値段的には¥25,000円ほどになりました
正直なところ最初はめっちゃ高い!っと感じていましたが
睡眠を取っても疲れがなかなか取れない状態で365日生活していくのと効率の良い睡眠で365日生活していくのとではパフォーマンスに大きな差が出ます
日中あくびをしながらの作業では集中力がなかなか続きませんがスッと起きれて活発に動けるようになると集中力の保ち方が違うと感じています
長い目で見て効率の良い睡眠が取れる枕を導入することは今後の自分に対する大きな投資でもあります
休日の過ごし方を予定を立てていたのに眠気によってその通りになかなか動けないという事がよくありましたがそれも改善されてきました

DTMerは目の疲れに特に気をつけて

ADIMGL6708_TP_V
DTMerは特に目の疲れには気をつけましょう
僕もドライアイで悩まされてから常にカバンに目薬を常備しています
目の疲れは睡眠の質を向上させたとしても回復力が上がるのとはまた別だと感じているので
寝る前の1時間前にはデスクから離れて目薬を差してから寝るということをしてから目の疲れも減ってきました
制作作業は脳をフル回転させているため思っている以上に脳が疲れてしまうと言われています
体も脳も回復させてこそ真の睡眠なのかもしれませんね
僕も夜遅くまでの作業はなるべく避けるように心掛けていきます

↑普段使っている目薬がこちらです
ドライアイで日頃から目が疲れていると感じている人にオススメです
関連記事:DTMerはドライアイに気をつけて!
関連記事:徹夜でのDTMの作業が良くない3つ理由

終わりに

じぶんまくらの他にみんなのまくらというのがあるというのを職場の同僚から聞いてそれも気になっています
人間の生活の3分の1が睡眠とも言われていますので、その睡眠の質を高めることで日中の作業効率も高まるならば寝具にこだわるというのも必要なことなのかもしれないと感じました
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク