最近近所の居酒屋に行き始めたのですがそこの大将の作り料理がひたすらにおいしい
tatemono_izakaya
話を聞くと25年間一人で店を守り続けてきたようでバイトも基本雇わない
バイトを雇ったとしても日雇いで店のクオリティが下がると思ったら「明日から来なくていいです」っときっぱり断ってしまうほど徹底されたこだわり
syugyou3_tatsujin
特に手作りの餃子はついつい連続で頼んでしまうくらいの中毒性を誇っている
それほどのクオリティと25年間、一人で店を続けてきた大将に色々お話を聞いたのですがもはや料理人というよりは職人でありクリエイター。その中で印象的だった部分を紹介します

今できる全てを惜しみなく出し切る

自分がおいしいと思った物しかお客さんに出したくないという
純粋にクオリティを求め続けた結果なだけでお店の利益うんぬんの問題ではないと熱く語っていました
居酒屋はどこも冷凍食品で簡易的に作られたものが多いが
「お客さん一人一人を大事にしたいからこそ出す料理も今できる全てを材料からこだわって惜しみなく出し切るからこそやりがいがあるのだ」という
これをDTMに置き換えるとするならばひたすらに録り音や素材音源にこだわれということなのだろうか
大将の場合は25年という長いキャリアがあるからこその完璧主義が出来上がっている
僕はどちらかといえば完了主義派ですが完了主義の中でも積み重ねたものがあればそれを日々アップデートすることで完了主義と完璧主義を組み合わせた何かが出来上がっていくのだろう
完了主義をアップデート⇨完璧主義へと成長していくという発想なのかもしれない
関連記事:

周りと同じことをしても似たり寄ったりになって面白くない

IMG_2982
この餃子はひたすらに何年もかけて一から材料もたくさん試し続けついに出来上がった渾身のオリジナル餃子と言っていました
「周りと同じような餃子を出しても面白くない、やるからには自分のオリジナルで勝負してこそだ」
まさに職人の域と感じるほどのこだわりっぷり
実際にこの餃子は本当に他で食べるものとは違う、歯ごたえがあってそれでかつジューシーなのです
ありふれた物はあくまでも予備知識として持っておいてオリジナル要素をいくつ持つことができるか僕も日々の研究でそれを意識していきたいと感じます

クオリティが落ちるならば邪魔なものは容赦無くやめる

IMG_2990 2
一時期居酒屋以外にも仕事をしていた時期があったみたいなのですが半年ほどでやめたみたいで理由を聞くと
お金は確かに多く得ることができたが自分が意識していなくても疲れが溜まっていたりして、お客さんに不機嫌な対応をしてしまうことがあった。それでは店のクオリティが落ちる。そう思った瞬間にすぐに辞めた
大将からすれば店を続けることこそが生きがいであり価値のある時間なのだという
自分が価値を感じるものや時間を犠牲にしてしまうくらいならば邪魔なものは捨てていくという発想となります
まさに好きなものややりがいのあるものに徹底的にこだわり続けたからこそ容赦無く行動に移せるのかもしれない

終わりに

基本的に何を頼んでもおいしいのですがその裏側には大将の徹底されたこだわりが隠されていました
今後もこの居酒屋には通うことになると同時に大将から学んでいくことがたくさんありそうです
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク