やっと吸音材を壁に貼り付けることが完了しました
IMG_2824
やはり吸音材を壁に貼り付けると部屋の雰囲気が変わりますね
まさに作業部屋って感じになります
吸音材はAURALEXの吸音材を使用しました
関連記事:AURALEXの吸音材を導入しました:デッドなモニタリング環境作り
今回色々試行錯誤することがあったのでそれらをまとめておきます

テープ類では簡単に剥がれ落ちた

吸音材がきたその日に早速壁に両面テープで貼り付けてみましたが寝て起きたら翌日の朝には全てはがれ落ちていました

↑コンビニにも売ってるこれです
その翌日にもならばもっと強力な粘着力のものならどうだ?ということで

もっと超強力なものにしました
確かにこれは1週間くらいは持つのですが24枚吸音材を貼るにしても一つでいけても5.6枚ほどしか貼れませんでした
なのでコスパ的には悪いのと何回も買わなければいけないと考えるとランニングコストが悪すぎるという結果になりました

ブチルテープも試してみましたが翌日に剥がれていました
どうやらテープ類ではダメだったという結果になりました。両面テープは基本的に値段が高いです
自分の貼り方が悪いのでは?とも考えたのですが考え出すとキリがないなということでテープ類で壁に貼るという発想をやめました

瞬間接着剤で壁に貼るという発想


瞬間接着剤ならば簡単に剥がれないだろうといういかにも脳筋な発想なのですがこれが1番確実に壁に貼り付けることができる方法でした
しかし壁に直接瞬間接着剤を貼るのは壁紙に確実にダメージが出るので一旦壁にマスキングテープを貼りました

マスキングテープも24枚貼るためにはかなりの量が必要になります
IMG_2770
今回の場合はマスキングテープの上にさらにブチルテープを貼ってその上に接着剤で貼るという方法です
これならば絶対に剥がれないだろうという何重にも保険をかけたような方法です
実際のところかなりの労力を使います( ;∀;)
そして瞬間接着剤が一番コスパが悪いという結果になりました
貼り付けることができても最大で4枚ほどでした

ボンドという発想に行き着いた

IMG_2817
たまたまドンキ・ホーテに立ち寄った時に店員さんに聞いたら「ボンドならこいつだ」ということで
ホットグルーガンで接着することにしました

しかもテープ類や瞬間接着剤と比べると一番コスパが良いのがホットグルーガンです
接着力もテープ類と瞬間接着剤の間くらいです
最終的に残りの吸音材を全てホットグルーガンで貼り付けることに成功しました
しかしボンド自体が熱いので火傷に気をつけてください
結果として吸音材を壁に貼る時は僕の場合はホットグルーガンに行きつきました

終わりに

IMG_2818
ここまで振り返ってみると吸音材を壁に貼るのはかなりの労力になりました
個人的には内装屋とかの業者とかに頼んだ方が楽だと思いました
IMG_2823
ウーハーの裏側にも吸音材をつけました
吸音材が24枚で1万5千円ってかなり安いと感じましたがそれを壁に貼るためにもコストがかかるということを認識しておいた方がいいです
僕の場合はあーだこーだーで試行錯誤したので5千円くらいかかりました( ;∀;)
最初からホットグルーガンに行き着いていればもっと安上がりだったと思います
とりあえず新しいDTMデスクと吸音材を壁に貼れたのでよかったです
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク