GW中にクリエイター仲間の黒縁のLanさん(@lankurobuch)が
1週間で25曲のギターを弾き切るという取り組みをされていました
最初はサークル内の活動として1年で25曲という話でしたがまさかの1週間で25曲を弾くとはびっくりでした
こういった個人の取り組みを評価してくれるコンテンツはなかなかないと感じていますが僕は1週間で25曲を弾いたというその行動力に素直に感動を受けました
その中で感じたことがいくつかありましたので記事にまとめておきます

始めるのも辞めるのも自由の中で一度決めたことを完了させる行動力

ADIMGL6646_TP_V
創作活動は個人の取り組みは始めるのも自由ですが途中で何かしらの理由をつけて終わらせるのも個人の自由です
途中で何かしらの理由をつけて辞める代表的な例で「仕事の都合で〜」「体調が悪くて〜」といったのをよく耳にします
第三者からしたら始めるのも辞めるのもお好きにどうぞっといった感じですが
だからこそ達成までやり切ったというその行動力と事実は素直に評価されるべきだと感じました
僕もいくら曲は何でも良いので25曲ギターを弾いてくださいと言われても始めようと決めるまで腰は重いと感じます
雑念や様々な誘惑が創作活動の上ではありますがそんな影響を跳ね除け一度決めたことを確実に完了させるというのは始めるのも辞めるのも自由だからこそ大事なことだと感じます

堅苦しく考えすぎると制作スピードが低下する

cancanIMGL1254_TP_V
最近感じることの一つに創作活動に対して堅苦しい風潮があるということ
「クオリティーが納得いかない」「完璧なクオリティじゃなくて中傷的なコメントをされたらどうしよう」
こういったことをよくSNSで目にしますが
まずストイックにやるのと神経質になりすぎるのは別です
心配しなくても良いのは他人はそこまで自分のことを細かい所まで見ていないということです
細かく見ているとしたら相当な数のファンがいるかよっぽどなアンチがいるかだと感じます
Lanさんに通話で25曲弾き切るために工夫したことをお聞きにしました
大事なポイントは100点を毎回取りに行くのではなく60点~80点を量産することを考えたそうです
一番身近に60点~80点を量産している人は実は誰にでもいてそれは母親だったりします
例えばの話で創作とは全く違いますが
高校のお弁当を毎日作るお母さんは毎回全て手作りなわけではなくたまに冷凍食品だって混ざっていますし、冷凍食品の炒飯や唐揚げはおいしいです
このように毎回100点を取りに行こうとして力み過ぎると長続きは難しいですしコストも多くかかってしまいます
これでは長続きは難しいですし最悪の場合は嫌になってしまいます
創作の上でも毎回100点を狙い行くと体力的にも、精神的にもきついと感じてしまいますので
コンスタントに60点~80点を出すことも大事なのだと感じました
創作活動は基本自由なのだから堅苦しく考える必要もないのです

行動に勝る言葉はない

ELL86_majyonokusuridana_TP_V
「僕は本気です!」「僕は全力で取り組んでいる!」というのをたまに目にすることがあります
言葉を発することは自由ですし考えていることならば言葉にすることも大事です
なぜなら言葉や文章にすることで自分も第三者も得られる物があるからです
ですが言葉だけで終わる人もいるのも事実です
自分はギターをやっています!では今から1週間で25曲ギターを弾きます!と言って完了させるのか完了できないのかでは大きな差です
言葉は口や手がある限り発することは誰でもできるからこそ逆に行動は簡単にできません
何かを信用する際に基本の軸になる部分は一番は行動だということを再認識させていただきました

終わりに

改めて言葉よりも行動ということ、完了させることの大事さを再認識させていただきました
今後の活動においても参考にさせていただきます
スポンサードリンク