最近ベーシストの友人からDjent用の良いベースプリアンプを教えていただいたので記事にしておきます

DARKGLASS ( ダークグラス ) / Microtubes B7K Ultra
DARKGLASS ( ダークグラス ) / Microtubes B7K Ultra

Microtubes B7K Ultra

DARKGLASS ( ダークグラス ) / Microtubes B7K Ultra
DARKGLASS ( ダークグラス ) / Microtubes B7K Ultra
■ベース用エフェクター
■プリアンプ
■コントロール:マスター、ブレンド、レベル、ドライブ、BASS、LO MIDS、HI MIDS、TREBLE
■ダイレクトアウト
■アタックスイッチ:アタック時の高域の強さを切り替えられます。
■グラントスイッチ:低域の強さを切り替えられます。
■LO MID、HI MID 周波数帯切替え可
■9VDCセンターマイナス
サウンドハウスさんより引用

ゴリゴリのベースラインかつ埋もれないサウンド


Djentやハードコアなどのジャンルでゴリゴリのベースラインを作るときにバンドアンサンブル内で全体の中で抜けなくなり埋もれてしまうといったことがありました
しかしB7Kの場合はゴリゴリに歪ませても抜ける!とベーシストの中で好評のようです
僕がライブハウスにいたときはゴリゴリに歪ませるならSANS  AMPが鉄板でした
関連記事:【定番ベース用プリアンプ】SANS AMP BASS DRIVER:フリープラグインでモデリングあり
最近ではこのB7Kがトレンドのようです
BASS、TREBLE以外にLOW MIDS、HIGH MIDSの周波数帯域を3種類から選ぶこともできるので細かく音作りもできます
また歪み量をDRIVE以外にもBLENDで調整することができるので感覚的にゴリっとしたベースラインを作れます
そしても見た目的にもいかにもDjentって感じがしてます(o^^o)

終わりに

歪みをバイパスして使った際にももっちりとしたクリーントーンになるみたいなので使い勝手が良さそうだなと感じています
SANS AMPはまさにゴリゴリ専用だ!って感じですがB7Kは幅広く使えそうですね
というわけで今日はこの辺で!ではまた
スポンサードリンク