僕自身が元バンドマンということでありがたいことにバンドマンからの悩み相談を普段からDMなりで受けることがあります
先日コピーバンドをするならどっち?というアンケートを取りました
music_band_visual
アンケート結果も出ましたのでそのことについて自分なりの考えも交えて記事にしておきます
バンドマンだけでなくDTMerからの相談などもあれば気軽にDMやPeing質問箱からでもどうぞ

67%楽しければそれでいい!エンジョイ勢

33% 全て完璧にコピーだ!ガチ勢
67% 楽しければそれでいい!エンジョイ勢
という結果が出ました
僕もエンジョイ勢側の考えでした
といった意見もありました

コピーはどう足掻いてもあくまでもコピーだという考え

music_black_metal_band_corps_paint
この結果に個人的な意見を述べますとコピーはどう足掻いてもあくまでもコピーという考えがあります
コピーは所詮他人の下駄なので芸術を生産しているかっていうと
どちらかといえば既存している芸術を消費している側になります
なので
コピーバンドはコピーバンドらしく楽しめていればそれでいいと僕は考えます
それ以外になってくると何を目的としているのかよくわからないのと
演奏力をひたすらに向上したいだけならばバンドではなく個人プレイヤーとして活動した方が良いのでは?
と考えます

Q.ライブにくるお客さんに対して完璧でない演奏でお金を取ることに抵抗は?

music_bandgal_bangya
そういった考えもコピーバンド論争の時に実際によくあります
「ライブというエンターテイメントを提供しているのにも関わらず完璧でない演奏でお客さんからお金を取るなんて考えられない!」
僕も一時期、昔はそちら側の考えの時もありました
しかしバンドから離れて冷静になって考えてみると視野が広がりました
確かにライブでは全力で演奏するのは当然です
そしてプレイヤー側が全力でライブをしないとプレイヤー自身もライブが面白くありません
ライブをしているのは人間ですしCDのような完璧な演奏でライブをするというのは本当に難しいことです
先輩バンドマンから昔、言われた言葉で印象に残っているものがあります
「ライブは生物(ナマモノ)だから何があるかわからない
それさえも楽しめてこそライブだ」
これらを前提とすれば
ライブのチケットを買うも買わないも顧客の意思によるもの
なのでライブを見る前にお客さんは価値がないと思えばそもそもチケットを買ってまで足を運ぶことになりません もちろんライブで下手な演奏すればお客さんの期待を裏切ることになります
それと同時に次のライブにくるお客さんは減ってしまいます
(それが嫌ならば演奏力を高める努力はスタジオでメンバーとコミュニケーションを取りしっかりするべきです) 極論を言えばノルマを払えばライブなんていくらでもできるわけですのでコピーバンドは楽しんでライブをしないことには何を目的としているのかよくわかりません
ライブの動員が少なくてノルマを達成できなかったー!といって赤字になり困るのはバンド側なのでそれは自己責任です
個人的には
普段からマーケティングをしてできるだけ多くの人にライブを見てもらうべきだと考えています

終わりに

コピーバンドを本気で完璧にガチ勢になる!と考えるならば服装も仕草もコピーしてこそです
そういうわけでもないのであればコピーバンドらしく楽しんでバンドメンバーとライブをすればそれで良いと考えます
というわけで今日はこの辺で!ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ
スポンサードリンク