僕が実は一番最初に買ったプラグインバンドルが
WAVES ( ウェーブス ) / Gold Bundle です
WAVES ( ウェーブス ) / Gold Bundle
バンドルということでプラグインメーカーの老舗Wavesのお役たちプラグインがごっそり入っています
一度は見たことがあるプラグインがいくつも入っていることでしょう
WAVES ( ウェーブス ) / Gold Bundle
それくらい有名かつど定番とも言えるバンドルなのです
その中でオススメのプラグインを5つ紹介します

Vシリーズ(V-EQ,V-COMP)

38
21
GOLDの中で僕は一番使用頻度が高いプラグインです
V-EQはざらっとした質感とハイの抜けが良くなります
V-COMPはパンチのある太い音になります
ドラムに使うことが多いのですが
特にスネアに使うことで脳天を突き破るかの如くの抜けになります
いまいちドラムにパワーが足りないとか抜けが悪いという場合にぜひオススメしたいです
INPUTの位置によっては質感が結構変わるので素材データに応じて調整が必要です
そのハイ抜けの良さによってはギターやボーカルには向かない場合もあるので癖のあるプラグインとも考えています

H-COMP

19
Bussトラックに使うことが多いH-COMPです
アナログとデジタルの両方の旨味を兼ね揃えたハイブリットコンプレッサーです
僕はドラムBussトラックに使うことが多いです
普通のCOMPにはない機能でリリースをBPMと同期させて使うことができます
各パラメーターの説明は割愛させていただきますがこのコンプこそ耳で聴いて直感で使え!と言った感じで使っています
癖も少なく綺麗にトラックをまとめてくれるので重宝しています

Vitamin Sonic Enhancer

48
マルチバンドエンハンサー&ステレオイメージャーのVitaminです
謳い文句にあらゆるトラックに栄養を補給するとあります
使える用途としては様々なのでまさに万能とも言えますが
個人的には素材音源にこだわりたいからこそエンハンサーとして使うよりは各帯域ごとのステレオ感の調整で使うことが多いです
低域は狭めて逆に高帯域は広げるといったことができます
S1 Stereo ImagerもGOLDバンドルに入っていますが僕は用途に応じて使い分けています

Maxx Bass

22
低域に倍音を付加してくれるMaxx Bass
類似の物で
Renaissance Bassがありますが僕はMaxx Bassの方が好みです
Renaissance Bassは狙った帯域に直下型で低域の倍音を付加するイメージです(デジタル系のサウンドに相性が良い印象)
Maxx Bassの方は狙った帯域を軸に低域の倍音を塗すといったイメージで使っています(アナログ系のサウンドに相性が良い印象)
僕は基本ベースにのみ使います
倍音を付加することで存在感のある低域になるためより迫力のあるバンドサウンドになると感じています
しかしこのプラグインはかけ過ぎてしまうと低域がブーミーになり過ぎてしまうので気をつけましょう

Renaissance Axx

42
竿物(ギター、ベース)専用コンプRenaisannce Axx
単体でかけることよりもギターをダブルトラッキングしたBussトラックにかけることがほとんどです
基本パラメーターが3つだけで簡単操作で自然なコンプレッションが得られますので速攻でギタートラックのコンプ処理が終わります
かかり方も癖もなく自然にかかってくれるので原音を活かしたままダイナミクスを滑らかに整えてくれます
ちなみにRenaisannceシリーズで一番好みです

終わりに

どれも毎回使っていますがGOLDの中で特にお気に入りはVシリーズです
少し癖のあるプラグインですが使い慣れてくるとこのパンチ力と音抜けの良さがやみつきになります
GOLDバンドルの中では他にもオススメはたくさんありますが今回はこの辺にしておきます
ではまた!
スポンサードリンク