先日のRienさん(@rien_kagamineee)さんのツイッター歌ってみた動画のMIXを担当しました
その時に使ったハモリを擬似ダブルトラッキングする技を紹介します

同じ音源を複製して左右に振るだけではステレオにはならない

3a134e25-s
サビのハモリの音源は一つだけしかなかったので理論上このまま左右にPANを振ってもステレオにはなりません

ステレオとモノラルについて理解してないと広がりを作れない!?
(↑理由はこちらを参照してみてくださいステレオとモノラルについて以前記事にしています)
この理論でいけばステレオにするのであれば
左右別々の音をスピーカーから出したいので単純に考えれば同じ歌い方をしたハモリ音源が2つ必要になります
ですが今回は1つしかありません
これを擬似的にステレオ化して広がりを出そうというわけです

擬似ステレオ化の原理

広がりはこうやって作る!ステレオ効果(実験)音あり
↑擬似ステレオ化について記事にしてあります
この再生を少しだけズラすということをダブラーやステレオディレイを使ってやります

Reel ADTを使ってナチュラルなステレオ感を演出

26
ダブラー系と聞いて真っ先に思いつくのが名前のまんまのWavesのDoublerですが
50
Reel ADTはさらにナチュラルな広がり感を演出できます
設定としてはプリセットのClassic VocalからLR100ずつに振りDRVはゼロにするだけにしています
これだけでも綺麗にステレオ感が出て広がりが演出できますので
ぜひReel ADTをお持ちの方は試してみていただきたいです
脳筋のわいでも「これはええぞ!」っと感じたWavesプラグイン 5選
↑(Reel ADTも以前記事にて紹介しています)

ステレオディレイでも擬似ステレオ化ができる

56
↑Super Tap
26
↑Doubler
02
↑ステレオディレイ
ほんの少しのディレイ(遅延)を起こしてやれば再生位置にズレが起きますのでそれをLRに振るような形にできるプラグインであればなんでも良いです
ディレイについて
(↑ステレオディレイについても以前記事にしています)

終わりに

理論的にはハモリを2回録るのがベストなのだと思いますが
実際は2回録るのは結構大変です
(ギターのクアッドトラッキングは修行僧の如く大変)
ステレオディレイやダブラーを使うことで擬似ステレオ化し
時短になります
大体僕もボーカルMIXの依頼の時はハモリは1つだけのことがほとんどです
ぜひハモリに広がりを出したいという場合にやってみてください
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ
スポンサードリンク