10/15 日曜日 名古屋国際会議場にて開催の
VOCALOID PARADAISEに参加してきました
VFC(バイオレンスフードクラブ)のCDを

ももんちゅさん(VFC管理人)のブースに一緒に置かせていただく形でしたが1st.Album「暴飲暴食」を販売させていただきました
IMG_1491
DMなりいただけると¥1,000円にて対応いたします

大賑わいのビックイベント

もちろん会場にはたくさんのお客さんが来られていました
IMG_1453
まさにVOCALOID好きによるVOCALOID好きのためのVOCALOIDイベントといった感じです
我々のサークルのCDも少なからずですが手にとっていただいたお客さんもいて素直に嬉しかったです
しかしやはりもっとたくさんの人に自分たちの音源を手にとっていただき聴いてほしい!と感じました
実際に長蛇の列が発生しているブースもありました
いつかこのようにならなくては…(`・ω・´)

もっとたくさんの人にCDを聴いてもらうために

yuka0I9A1561_4_TP_V
自分なりに次、どのように改善するのかを考えてみて
1番大きな改善点はこれだと感じました
・ブースの見栄えを良くするべきだ
とにかくまずは見た目が大事だと感じたのと
実際にお客さんが足を止める確率が高いと感じたブースは
ブースの外観がとにかく華やかでした
まずは興味を持たれるような見た目にしないことには近寄ってもらえない
・パッと見て何が売りのサークルなのかがハッキリわかる状態
をまずは作らないことには同じステージにすら立てないということを感じさせていただけたので良い経験となりました
次回、別のイベントにサークルとして出展した際にはまずはここを改善したいポイントです

CDが売れることで活動費に余裕が生まれる

Green5_bite20141123160246_TP_V
CDや物販をさらに充実させたいと考える場合
お金がないところから勝手にグッズが生まれるわけではない
ということは最初は自分たちでお金を出し合ってそれを活動費にするわけです
これは僕がバンドマン時代からも同様のことですが
物販が売れればそれを活動費に当てることができます
自分たちがもっとCDを作りたい!Tシャツを作りたい!など考える場合
毎回自分たちからお金を出し合っていれば当然制作費(コスト)がかかってしまうので
さらに自由に活動を広げようと考えるのであれば
物販売を売るための努力も必要ということになります

終わりに

イベント自体も色々なブースがあり全て見ることはできませんでしたがサークルの1つ1つに個性があって楽しいイベントでした
IMG_1492
ツイッターにてお世話になっている書店太郎さん@shotenteki_ore)のサークル(B.E.R)のCDも買うことができたので満足です
また来年の名古屋のボーカロイドパラダイスに参加したいです
スポンサードリンク