2ヶ月ほど前ですが楽曲提供依頼にて
レギュラーチューニングからキーを+2することがありました
そのため家にあったカポを使ったのですがピッチの安定感が頼りなかったため
IMG_0947
(ゴムと木でできてるカポはRECでは不安になる)
新しいカポを買いました
IMG_0944

こちらがREC時に活躍してくれたので
オススメのカポということで記事にしておきます

SHUBB(シャブ)C1

SHUBB ( シャブ ) / C1
簡単な操作で確実なカポが可能な1タッチ・クランプ方式を採用した、世界トップレベルのカポタストです。機能性はもちろんのこと、ギターに装着したときの姿も美しく、アマチュアからプロ・ギタリストまで幅広く愛されるカポです
いわゆるねじ式(1タッチ・クランプ方式)ってやつです
いつもお世話になっているお店に行った時に
カポだけでもたくさんの種類があってどれが一番REC時にしっくりきそうなのかわからなかったので
「一番ピッチが安定するカポを買いたいです」と聞いたのですが
すると店員さんが迷わずオススメしてくれたカポがC1でした

着脱がめっちゃ楽

IMG_0946
「どのカポでも着脱の差なんてそんなに変わらねーよ!」と言われそうなんですが
木とゴムでできたカポを使っていた時よりも僕は着脱がめっちゃ楽だと感じました
ねじ式って言葉だけ聞くとなんか難しそうって感じがしたのですが
実際に使ってみると初見で使ってもすぐに理解できました
さらにがっちりホールドしてくれるので締まりが甘いんじゃないかな?という不安感がないです

ピッチの不安感が一切無くなった

SHUBB ( シャブ ) / C1
さすが世界基準と言われているくらいなのか
カポを使った時のピッチに対する不安感が一切無くなりました
まさに信頼できるカポといった感じです
レコーディングで使う場合に抜群の効果を発揮してくれると体感しています

終わりに

楽曲提供依頼の時に久しぶりにカポを使って
それ以来カポを使う頻度が多くなりました
ギターは簡単にキーを変更できるので素晴らしいです
ギタリストやアコースティックギターを使われている方でカポを使う時があると思うので新しくカポを買う!ってなった時にぜひ考えてみてください
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ
スポンサードリンク