お疲れ様です
デジタルEQとアナログEQについて記事を書いてみます
基本的にはやってることは同じです
私はEQは
帯域ごとの音量を調整できるもの考えています 

デジタルEQ

19
14
デジタルEQはこのようにFreqを目で見ることができます

どこの帯域をいじっているのかわかりやすいです
初心者はまずデジタルEQを使うことをオススメします
最近のものだとアナライザーがついているものが多いので
別途アナライザーを立ち上げてなんてことをしなくて良かったりします
バンド数が多いのとFreqを自由自在に動かせるので
アナログEQと比べてより細かな処理ができます
37

アナログEQ

13
45
アナログEQはFreqがいくつかに固定されています
固定されたFreqをつまみを使って選んぶといった感じです
バンドの種類もマークで記載されているので
どれがどのバンドの種類なのかを判別して使います
普段からギターやベースのアンプを使っている人は
見方さえわかってしまえば
すぐに慣れることができるかなと思います
デジタルEQと比べて細かな処理はできません
アナログEQ特有のサチュレーションだったり
そのEQの癖が強かったりします
アナライザーが付いていないので
別にアナライザーを立ち上げて処理をします
私が持っているV-EQはハイミッドをブーストさせた時の質感がパンチ力があるのでリードギターやロック系のバスドラやスネアに最適だなぁと思い積極的に使っています
抜けが欲しい時に使うと「あぁ!!これが欲しかったんだ!」ってくらいに威力を発揮してくれます

EQによる変化を敏感に感じるにはモニタリング環境に力を入れる

私は以前にDTMをやり始めの頃
無知だった私は観賞用のスピーカーを使っていた時がありました
それを今のYAMAHA HS5のモニタースピーカーに変えてみました
YAMAHA ( ヤマハ ) / HS5
YAMAHA ( ヤマハ ) / HS5
エントリーモデルとも言われているモニタースピーカーではありますが私の中ではこのコスパにしては宅録では十分なものだと感じています
そしてHS5に変えてから音作りが自分の中で変わりました
さらに改めて明確に感じたことがありました

それはしっかりとしたモニタースピーカーで音を再生することで
EQの変化を耳で感じ取りやすいということです
再生帯域の精度の低いスピーカーやヘッドホンで
MIXなどの処理を行うと
そもそもの聴こえてくる音の精度が低いので
EQによる帯域の変化がわかりにくいのです
初心者だった私はプロのエンジニアさんのように耳が優れているわけではないのでせめてモニタリング環境だけでも良い状態にしたいと思いました
この経験から私はMIXが迷走してしまったという場合は
EQの掛け方やコンプの掛け方を考える前に
自分のモニタリング環境に問題はないのかを考えることも大事なのだと感じました

終わりに

少し余談も入ってしまいましたが私の過去に感じたことも交えて
デジタルEQとアナログEQの違いを記事にしてみました
私もEQは永遠の課題と感じるくらいにまだまだ学ぶことが山ほどあるので日々勉強をしていかなくていけないと感じています
ヘッドホンやスピーカーなどのモニタリング環境もさらに力を入れて新調したいなぁと思ったりしています
というわけで今日はこの辺にしておきたいと思います
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ 
スポンサードリンク