zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

 Subliminal Pain「境界線」⇦最新曲
1st EPの購入はこちらから⇨Subliminal Pain CD

DTMで作った最新曲や告知を当ブログで宣伝したい!という方はツイッターからDMへどうぞ
意見やアドバイスが欲しい!という場合もお気軽に.。゚+.(・∀・)゚+.゚
質問や記事リクエストはこちらへ(´∀`*)⇨Peing質問箱

2019年01月

先日My New Gearを果たしました
数年ぶりにコンパクトエフェクターを導入しました
こちらはギターのハウリングやノイズを取り除くためのエフェクターでございます
先月くらいから実機アンプを宅録で使い始めました。音はすごく良いのですが唯一、ハウリングとノイズに困っていました
演奏中は気にならないのですがギターから手を離した瞬間にサーッ!とかピーッ!とか鳴るノイズ
決してそこまで歪ませていない状態でもノイズが発生してしまっていたので今回導入してみました

ISP TECHNOLOGIES ( アイエスピーテクノロジーズ ) / DECIMATOR II

ISP TECHNOLOGIES ( アイエスピーテクノロジーズ ) / DECIMATOR II
ISP TECHNOLOGIES ( アイエスピーテクノロジーズ ) / DECIMATOR II
効果としては絶大のクオリティです。ノイズゲートやノイズリダクション系のエフェクターやプラグインは僕も今まで色々使ってきましたがDECIMATOR IIのノイズの取り去り方はすごくキレイです
びっくりするくらいにハウリングやノイズをキレイに取り除いでくれました
バイパス状態と聴き比べても僕の耳では原音の劣化を感じませんでした
「ノイズリダクションって音痩せするんじゃないの?」今までこういった体験をされている方も多いと思いますがDECIMATOR IIはそういった違和感がありません

つまみは一つだけ!難しい操作なし

ISP TECHNOLOGIES ( アイエスピーテクノロジーズ ) / DECIMATOR II
ISP TECHNOLOGIES ( アイエスピーテクノロジーズ ) / DECIMATOR II
操作はめちゃめちゃ簡単です。つまみは一つだけなのでThresholdを回すだけです
12時くらいの位置がちょうど良いと感じております
それ以上までいくと音が途切れてしまうことがあります
ノイズがキレイに取れる位置まで設定してやれば手を離した状態でもサーッ!やピーッ!といったノイズが無くなります

終わりに

7DF357DC-ADFF-4BFF-A712-E76B399A54BA
久しぶりにコンパクトエフェクターを買ったのでなんだか懐かしい気分になりました
以前はプラグインばかりでしたが最近になって自分の中でハードウェアブームがきています
ノイズに困っているギタリストの方にDECIMATOR IIをオススメします
というわけで今日はこの辺で!ではまた

vivip New Year!!2019というライブイベントにてMCで参加させていただきました
ライブイベントにMCという形で参加させていただくのは初でした
c14c661671c15134e41b57a200e6ae13f_39171148_190115_0013
出演バンドが10バンドでジャンルも多彩でバラエティ豊富なイベントとなりました
充実した1日となりましたので記事にしておきたいと思います

ライブハウス:gate Black


竪町ストリートから歩いてすぐの場所にあります
ギターショップBIG BOSSさんの目の前、Patioの横で覚えるとわかりやすいです

ジャンル多彩の10バンド

トッパーは聴きやすいメロディーラインのロックバンドPiece of cakeさんからスタートです
2/16日にCDをリリースとのことです
4人ともオリジナル曲を作ることができるATEMさん、一人一人の個性が出ている楽曲でした
疾走感のある曲調が印象的でした
ジャンルとしてはジャパメタということで土屋アンナ、SHOW-YA、REBECCAのコピーをされていました。remiendoさん。バンド全体がすごくパワフルなライブでした。ボーカルの方の声量の強さが印象的でした
J-POPをコピーされている青いバンドさん。キラキラ、君という花、いとしのエリー、バンザイを演奏されていました。君という花は僕もコピーをしたことがあったので懐かしく感じました
ジャンルとしてはメロディアスロックということでオリジナル曲を4曲演奏されていました
3曲目のPARADISEという曲が個人的に好みでした。
結成して2ヶ月とは思えない良いライブをされていました。今後の活動に期待です!
黒夢のコピーバンドでSEから雰囲気がしっかりと出ていてボーカルの方のステージングが素晴らしかったです。同期音源も使われていて本格派のコピーバンドでした
7人編成のボーカルが3人、TK(小室哲哉)プロデュース作品のコピーバンド
元々小室哲哉のコピーバンドをしていたボーカリスト3人が集結して結成されたバンドだそうです
コーラスワークが特に印象的でした。
今回で3度目のvivipに出演です。アニソンのコピーバンドでした
知っているアニソンばかりで楽しませていただきました。
北陸で活動中のアイドルグループ、北陸アイドル部のお父さん達を中心に結成された。まさにPTAです
個人的に一番印象に残っています。ステージとフロアの暖かみがすごい。僕もこの先ずっと音楽を続けていきたいと改めて感じさせていただきました。

終わりに

裏方の面白味を感じる1日でもあったのでまたライブイベントでMCで参加したいと感じました
やはりどのライブイベントでもその1日を通して様々なドラマがあるのでこのような形でイベントに寄り添えるのは嬉しい限りです
すごく有意義な1日でありました!というわけで今日はこの辺で!ではまた

ここ最近ドラムRECを研究しております
ドラムRECの研究を始めた理由としては
・地元バンドのドラムレコーディングをする体制を作り上げる
・音源制作のクオリティを上げるために実践でさらなる知識を身につける
・生ドラムと打ち込みドラムがどれくらいの差があるのか

などです
昔に何度か生ドラムのレコーディングをしたことがありますが今の機材と能力でどれくらいのクオリティになるのかということにも興味がありました
場所はvanvan V5さんのセルフレコーディングスタジオを使っています
ここまでくるともはや宅録ではなく普通にスタジオを使い始めました

8chのIFを使ってドラムREC

IMG_0644
ドラムをマルチチャンネルでレコーディングするためにUR824を使ってRECをします
8chのセッティングとしては
・キック
・スネア 表
・スネア 裏
・ハイタム
・ミドルタム
・フロアタム
・OH L
・OH R

といったセッティングにしました
ハイハットにマイクを立てていませんが理由としてはOHで十分に音が入るのとスネアのマイクにも被るからです
IMG_0653
12chほどあればさらに細かくマイクを立てられますが今回は8chのためこのようなセッティングにしています
関連記事:Steinberg UR824:様々な場面で活躍するIF!アナログ入出力8in8out 最大24in24out

マイキングによる音の変化

↑スネアのマイキングについての感想
↑キックのマイキングについての感想
今回でマイキングはオーバーヘッドが一番難しいんじゃないかという結果になりました
立てる場所と角度でもかなり質感が変わりますし、位相の問題も発生してきます
コンデンサーマイクを使っているため繊細な技術が必要となります

終わりに

家に帰ってから調整をしてみましたが生ドラムとドラム音源ではわけがまるで違います
やはり生の音だからこそ情報量が多いためEQやコンプの変化は露骨に出ると感じています
お世話になっているエンジニアさんとの会話でも「いかに我々はドラム音源という扱いやすく加工された音を使っているか」といった話もありました
BFD3でMIX沼にハマった!というのを僕も過去に経験していますが生ドラムのMIX沼はまるで冥界レベルです
だからこそ生ドラムは録りの段階で勝負というのがカギになってきそうです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

先日地元バンド、Ace On DawnさんのHP作成のお手伝いをさせていただきました
金沢の若手バンドのライブイベントへ!:Ace On Dawnのライブを見てきました
↑ライブにも遊びに行かせていただいております
何度かブログ内で地元の音楽シーンを盛り上げていきたいということを記事にしていますがどういった考えが原動力として動いているのかということを記事にしておきたいと思います

生活の楽しみを増やしていく

coworking_space
「今後自分の生活はどうなっていくのだろう?」こういった不安は誰しもが感じていることだと思います
。僕自身も常に考えていることです。だからこそ考えたことはどうせ不安感が付き纏うならば
自分が楽しいということや、やりがいを感じられることを生活の中に増やしていくということです
今自分が楽しいと感じることを生活の中に増やしていけば納得がいくという発想です

楽しみを人々と共有することで得られるものがある

youDSC_0044_TP_V
2018年に学んだことの大きなモノの一つはこれです
・楽しみを人々と共有することで得られるものがある
語り出すと長くなってしまうので割愛する部分もありますが学んだ経緯として大きい出来事はバッティングコーチの仕事をしている時に一緒に楽しみながら学ぶということをしてから技術が向上していった子達が増えたということがありました。この中で
・一緒に楽しみながら学んでいくということは同時に自分も何かを学んでいることがある
と感じられる瞬間も多くありました
発見や学びに新鮮さを感じ、楽しさとして感じている自分としてはお金では代えられないモノをこの出来事から学んだと認識しています
・1人だけで楽しみ得られるもの
・楽しみを人々と共有して得られるもの

今後はこの2種類を生活の中で得られるようにしていきたいと考えてます

バンドマンが必要とするモノを近い目線に立って作っていきたい

IMG_2824
6年ほどのバンド経験があるのでなるべく近い目線に立って話を聞き、必要とするモノの提供と活動の提案ができると感じています
必要とするモノはCD、ライブ映像、写真、デザイン、HPなどです
これらをバンドマン側で準備するっとなると限られた時間内での作業になるためストレスとなります
僕は音源やHPなどの作成となりますが、ライブ映像はさきもプリン(@TheARi_skmprn)写真とデザインはタキ(@taki_tad)の3人で制作していきたいと考えております
作ったモノを地元特化のメディアとして発信していければ地元シーンはもっと盛り上がるという発想の元、動いていきたいと考えております
これは都会ではなく開拓されきっていない地方だからこそのやりがいと面白いみがあるのだと思います

終わりに

全ては生活を面白くしていくため、これが原動力なのです
自分たちで作っていくからこその面白いみを感じながら生きていきたいと感じています
なるべくあっさりめの記事にしてみましたがまだまだ想いがあります
というわけで今日はこの辺で!ではまた

これからバンドサウンドの音楽を色々聴いてみたい!という人に向けて完全に僕の趣味で
オススメのジャンルとアーティストを紹介させていただきます
メジャーアーティストは知っているけれどもインディーズバンドはあまり知らないという人にも色々聴いてみるきっかけになればいいかなぁと思います
bg_music_live_stage

疾走感を感じたいならばメロディック・ハードコア

band_three_man
走り出したくなるような疾走感を感じたいならばメロディック・ハードコア一択です
略してメロコアと言われています。ちなみにメロコアは日本のみのジャンルです
海外ではパンクやポップパンク、イージーコアなどのジャンルがありますがそもそも海外にはメロコアという概念がありません
シャウトやデスボイスも基本的には無く、聴きやすいメロディーラインが特徴的です
そして疾走感を感じる!というくらいなのでBPMは170~210とハイテンポです
バンド自体はV系のような派手なメイクや衣装では無くTシャツ1枚に短パンやジーンズといった、非常にシンプルな見た目であります
だからこその漢らしさを感じるのも好きなポイントであります

Northern19


メロコアといえば「ウォー!!ウォー!!ウォー!!」っとシンガロングするのも特徴の一つでもあります
特にNorthern19の「STAY YOUTH FOREVER」はライブで会場全体でシンガロングするシーンがあります
こちらのバンドも基本ハイテンポで疾走感に溢れる曲ばかりです
僕も何度もライブに行きましたが毎回サークルモッシュをしてしまいました
(サークルモッシュとは円を描くように走り出す動きです)
学生時代に憧れていたバンドの一つでもあります
特にオススメの曲はやはり「STAY YOUTH FOREVER」です

OVER ARM THROW


こちらのDear my songsのサビから入る美しいメロディーラインがたまらない
どの曲も聴きやすいかつコーラスワークによる掛け合いが素晴らしい…
DTMを始めて4年ほどになりますがもう一度初心に戻ってメロディーラインの重要さを考え直すきっかけにもなったのがこちらのバンドでもあります
複雑なコード進行や展開を使って曲を作るのも大事なことではありますが自分にとって根本的に音楽的に大事だと思うのは何かを振り返ることができました
特にオススメの曲は「Dreaming of you」です。コーラスとの掛け合いが最高です…
スリーピースバンドのかっこよさをOVER ARM THROWのサウンドで是非とも味わっていただきたい

FOUR GET ME A NOTS


第一印象が「ドラムが凄まじくうまい…」学生の頃にライブで見た時は革命的でした
「何なんだこのかっこいいフィルインは…」今でも音源を聴いて思うばかりです。
ギターの智恵さんの豪快なライブでのパフォーマンスが凄まじいです
男女ツインボーカルでもあり、華麗に重なるコーラスワークも特徴的あります
特にオススメの曲は「Heroine」という曲です
サビの切なさを感じるメロに男女ツインのボーカルによる鮮やかさが美しいです

Knotlamp


日本語歌詞のメロディック・ハードコアです
LAST TRAIN-新しい朝は「遊☆戯☆王5D's」オープニングテーマでもあります
学生の頃、初めて聴いた時に衝撃が走ったのを覚えています
バンドスコアを全部買いました笑。「遠くへ」のギターソロをコピーしたのを懐かしく感じます。それくらい好きです
メロコアなのにギターソロまで入っていて僕の好きな要素を盛り込んだバンドです
英語詞だけでは無く日本語詞も聴きたいという人には是非ともオススメします
特にオススメの曲は「遠くへ」です

終わりに

紹介したいメロディック・ハードコアのバンドは山のようにありますが今回はここまでとさせていただきます。
王道のバンドは紹介せずともみんな知っているだろうということもあり、あえてインディーズバンドを紹介させていただいております
改めてこの4バンドを聴いてみましたが懐かしさとともにいつ聴いてもかっこいいなぁと感じます
僕のオリジナル曲でも2ビートが入るのは間違いなくメロコアの影響であります

是非とも一度ご視聴ください。
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ